「ほっ」と。キャンペーン

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:広島県政(広島県議会)( 424 )

広島県などは震度6強で倒壊する恐れがある建物を公表しました。
公共建物は所有する自治体が改修計画を立て、順次、民間が所有の場合は耐震改修を指導していくそうです。
改修が済むまでに大地震が来ないことを願うのみですね。



【広島市】
広島県庁舎(本館、議会棟)
県保健環境センター
市役所議会棟
市こども文化科学館・市こども図書館
市中央図書館・市映像文化ライブラリー
市中央老人福祉センター・市中央公民館
市営基町駐車場
安田小学校
安田女子中学校
広島共済会館
ひろしま国際ホテル
エディオン広島本店(本館)
サンモール
天満屋八丁堀ビル
ドン・キホーテ広島八丁堀店
広島アンデルセン
広島産業センタービル
総合家具センター小田億
広電会館
ゆめタウン祇園
フル・フォーカスビル

【呉市】
市体育館
クレアル
藤三広店

【竹原市】
市庁舎

【三原市】
円一町駐車場

【尾道市】
市本庁舎
因島総合病院
長江小学校
イオン尾道店
ベラビスタスパ&マリーナ尾道

【福山市】
市体育館
東小学校北棟
伊勢丘小学校南棟
トモテツビル
天満屋福山店
エム・シー福山ビル
ツネイシしまなみビレッジセンターハウス
鞆シーサイドホテル

【三次市】
県三次第一庁舎
三次ショッピングセンター

【庄原市】
協同組合庄原ショッピングセンター

【大竹市】
市総合市民会館
大竹会館

【東広島市】
西条中央病院

【廿日市市】
宮島グランドホテル有もと
弁天の宿いつくしま

【安芸高田市】
JA吉田総合病院南棟

by hiroseto2004 | 2017-02-04 20:58 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
アベコベ政治にこれ以上感染して良いのか?・・今年は広島県知事選挙

県が集中して担うべき部分

県が集中して担うべき部分
広島県においては、藤田雄山知事(当時、故人)のもとで、権限を市町村にほぼ移譲してしまっています。
このため、県が出来ることは限られてはいます。
全体としては、市町が実際のサービスの多くを行う一方で、県は市町が及ばない部分を「球拾い」的に行うというのがあるべき姿だと思います。
今の県政は、「余計なこと」(工業団地やファンド)などに手を出しすぎて、「球拾い」が出来ていないのではないか?
ちなみに「観光キャンペーン」などについても、県単位を強調しすぎするよりも、市町や民間企業・団体が県境を越えて連携して頑張ったほうが良いと思います。(例、広島市と岩国市とか、福山市・尾道市と松山市・今治市とか、広島市と島根県西部の自治体とか。)
そう思うのです。
以下に、県が担うべき部分を分解して提示します。
1,医療などの地域格差是正
 特に医療などでは大きい地域格差是正のため、県立病院を含む県の役割は引き続き重要でしょう。
 なお、広島市内よりは、過疎地になればなるほど民間の病院が多くないのだから、県としてはそちらへの支援に力を入れるべきではないか?と思います。
2,広域的な人材育成機能
 県立高校、県立大学や、生涯学習など。ある程度の広域の方が効率が良い。また、たとえば、NY州を見習って、県立大学の授業料無償化など。
3,プライバシーの観点から広域自治体が担った方が良いサービス
児童虐待、DV・性暴力被害や高齢者虐待などは、市町よりは、県の方が相談しやすいのではないか?
顔を知った関係の場合も多い市町職員よりは、県の方が相談しやすいのではないか?
なお、韓国の場合は、子どもへの性暴力被害については国がになっている。
4,市町が国に単独でもの申しにくいときに市町側を代弁する機能
 国の地方に対する政策に誤りがある場合、市町が国に対して単独でもの申しにくいときに、市町を代弁するような機能が考えられる。これまでの国の出先的な性格から、基礎的自治体の連合体のような性格に移行することになる。なお、これは、県議会議員についても同様である。
by hiroseto2004 | 2017-01-05 18:51 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
アベコベ政治への感染をこれ以上進めて良いのか?・・今年は広島県知事選挙

 日本の今の制度では、地方自治(地方公共団体)の裁量は、たとえばアメリカやドイツなどと比べても限られています。

 日本国憲法に反して、いまだに、国の出先機関的な正確を残しているし、隙あらば中央政府がむしろ法律と予算(補助金)により、自治体への掣肘をそれを強めようとしているわけです。

 そうした中で、知事の行動が、安倍晋三総理の政策に掣肘される点があることについては、理解します。

 しかしですよ。ちょっと最近、ひどくありませんか?

 1990年代に「天皇」とも「知事」とも称されたH県議会議長(当時)が君臨していた頃、広島県は、山を崩し、海を埋め立てまくってきました。
その結果、大量の土地が余り、広島県は大赤字になったのです。そうしたことへの反動から、2003年にH「知事」(天皇)は失脚。職員の給与カットや事務事業の見直しなどをせざるを得なくなったわけです。現知事も言ってみれば、H「知事」(天皇)への反省から県民が選んだわけです。わたくし、さとうしゅういちも、現知事の最初の選挙では一票を現知事に投じたし、できる限りの支援はさせていただきました。
実際、現知事も鞆の浦の埋め立て架橋問題などではリーダーシップを発揮したし、そのことについては評価します。
しますが、しかし、「当初、県民が期待したこと」からずれてきているのではないか?
 
 そう思うのです。

 現知事は、安倍総理の「地方創生」に乗っかり、工業団地を新たに造成しようとしています。
 ただでさえ、余りまくっている土地をさらにつくろうとする。現知事は選挙時に民間企業経験もアピールされていましたが、それこそ、民間企業ではあり得ないのではないでしょうか?
 本当に憤りを通り越して唖然としました。
 現知事の肝いりでつくった企業に出資するという「ファンド」。出資した企業がリストラに追い込まれるという醜態をさらしています。そもそも、そんなに良い会社なら、この低金利の時代、県がお金を出さなくても、どんどん投資が来るのではないでしょうか?
 
 子育て支援関連については一定の姿勢は認めます。ご自身が育休を取られたのもそれなりの考え方があってのことでしょう。しかし、県民がワークライフバランスを実現できるよう、具体的に踏み込むべきでしょう。県の入札において労働環境を重点とするなど、できることはいくらでもあるはずです。

 また、現知事は、安倍政治の「地方創生」に乗っかり、広島県を家事支援労働者の受け入れ特区にしました。言い方は悪いが、今の状況では、「外国人労働者(特に女性)を安く使い捨て」します、と宣言したようなものです。
 女性が外国人労働者に子育てや家事を任せて活躍できるようにするというのが眼目かもしれませんが、そもそも、人を雇えるような収入の人がどれだけいるというのでしょうか?
 さらに、女性が主に担ってきたような労働への社会的評価が低すぎるのが問題ではないのでしょうか?
 単なる労働者の使い捨てに逃げるのであれば、当初自ら育休を取られた=女性が主にになってこられた労働に従事した=ことの意義は大きく損なわれることでしょう。

 アベコベな政治にこれ以上感染した県政で良いのか?
さらに、感染から重篤な病状に進行させて良いのか?
このことが県知事選挙では問われます。

by hiroseto2004 | 2017-01-05 17:17 | 広島県政(広島県議会) | Trackback(1)
e0094315_15220370.jpg
2017年1月4日、本社社主・さとうしゅういちは、「誰もがおきざりにされない社会を」テーマに、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。広島瀬戸内新聞単独としては2017年の「マイク始め」となりました。

「原発輸出に1兆円も貸し付けるし、「もんじゅ」の後継炉には何千億円も出せる一方、国民の命を守る国保への支援金300億円は出し渋る。」
「こうしたアベコベ政治が続けば、国民の不安も医療や介護、教育などの解消せず、消費が低迷するのも当たり前だ。」
と指摘。
さらに
「税金の集め方もおかしい。庶民には独仏よりも高い食料品についての消費税を課す一方で、お金持ちや大手企業、財務官僚の中には違法ではないがセコい方法で外国に財産を飛ばし、税金逃れをしている人もいる。こうしたアベコベを是正しなければならない。」
とボルテージを上げました。
その上で、
「野党は確かに頼りないが、しかし、介護や保育現場の待遇改善法案や、被災者支援充実法案などを共同提出している。自民党がこうした野党の提案をろくに審議せずに潰していることも記憶して欲しい。」
と訴え、
「引き続き、野党・市民連合を応援する」
と決意表明しました。

さらに、11月にも執行予定の広島県知事選挙にも言及。
「湯崎英彦知事にも、安倍総理のアベコベ政治が伝染しおかしくなっているのではないか?」
と問題提起。

「知事は、ただでさえ売れ残っている工業団地をさらに造成するという。いくら『地方創生』名目で安倍さんから補助金がもらえたとしても、民間では考えられないことだ。」

「知事の肝いりの県が企業に出資するファンドもうまくいっていない。ファンドの対象企業がむしろ雇用を減らした例すらある。」
などと指摘。

こうした問題点を広島県知事選挙まで記憶しておいて欲しい、と訴えかけました。


by hiroseto2004 | 2017-01-04 15:23 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
2017年は広島県知事選挙が11月に行われます。
湯崎英彦さん、あなたは広島県知事選挙で少しはヒヤリとした方がいい。
わたくしは、最初のあなたの選挙は応援させていただきました。
しかし、時が経るにつれあなたはおかしくなっています。

あなたはアベコベ政治に感染しています。

昔、当時の県議会議長が権勢を振るった時代もアベコベ政治でした。
山を削り海を埋め立て工業団地を造成しまくり、売れのこりまくり、広島県は大赤字になった。

工業団地を造れば企業が来て、経済が活性化するなんて理屈でやったことは全て無駄になった。

それを長いことかけて改めたはずだった広島県。

しかし、湯崎英彦さん、あなたはまた安倍総理の「地方創生」に便乗し、工業団地を新規につくるという。
おかしいではありませんか?
また、湯崎英彦さん、あなたは、企業を支援するファンドを設けた。しかし、対象企業が雇用削減という醜態をさらしました。
さらに、湯崎英彦さん、あなたは育休を取ったのは良いが、多くの県民が有給休暇さえ取れないのですよ?そちらを何とかしましょうよ?知事の権限でできることは少ないがブラック企業とは取引しないとかそれくらいはできるのでは?
湯崎英彦さん、あなたは広島県知事選挙で少しはヒヤリとしてください。その方があなた自身のためでもあり県民のためでもあります。


by hiroseto2004 | 2017-01-03 14:44 | 広島県政(広島県議会) | Trackback



e0094315_12565688.jpg
2016年11月3日、広島県庁前で「打倒!安倍政権 守れ!国民のくらし、いのち、平和11.3県民大集会」が行われました。

 日本共産党の大平喜信衆院議員が連帯の挨拶。TPPの強行採決へ向け緊迫した情勢について報告と、TPP阻止への決意表明がありました。

その後、山陽高校の雇い止め問題(越智先生)、生活保護裁判、業者女性の地位向上(所得税法56条廃止)、奨学金と若者雇用、教育、核廃絶、南スーダン駆けつけ警護に反対する女性、医療などの立場からアピールがありました。

 参加者はその後、広島市内をパレードしました。
 国民大運動広島県実行委員会は3日、広島市中区の県庁前広場で「打倒! 安倍政権」をスローガンに掲げた集会を開きました。約450人が参加し、市内をデモ行進。実行委員会代表の八幡直美県労連議長は「嘘をつき、ごまかす安倍政権の戦争する国づくりを許さないため、さらに共同を広げよう」と開会のあいさつをしました。
 来賓として日本共産党の大平喜信衆院議員は「国連の核兵器禁止条約締結の交渉開始決議に反対した安倍政権に、被爆地広島から怒りの声を広げよう」と呼びかけ、民進党前参院議員からのメッセージが紹介されました。参加者は「憲法改悪・戦争法発動は許さない。労働法制破壊ストップ、TPP批准反対、原発ゼロ、社会保障充実を」との集会アピールを採択し、「アベ政治を許さない」のステッカーを、いっせいに掲げました。
 越智先生を職場に戻し民主的な山陽高校をつくる会、生活保護裁判原告団、新婦人県本部、広島市教組(全教)、民青県委員会、民商県連婦人部協議会、県被団協、県民医連の計8団体から、それぞれ訴えがありました。デモ行進では「軍事費を削って福祉にまわせ!」とシュプレヒコールをあげました。
〔写真〕
来賓としてあいさつする大平衆院議員(壇上中央)、その右は八幡議長
デモ行進をする大平衆院議員(先頭右から2人目)、八幡議長(その左)ら
「アベ政治を許さない」のステッカーを掲げる集会参加者=3日、広島市中区

by hiroseto2004 | 2016-11-03 12:57 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
シャープは三原工場を閉鎖し、福山工場に集約する方針を打ち出しました。
雇用そのものは維持するとのことです。

さて、問題は、こうした流れがある中で、広島県が相変わらず新規産業団地拡大路線を取っていることです。
シャープの三原工場も県の産業団地の中にあります。


シャープが撤退すると言うことは空き地が出来ると言うことです。

もちろん、今でも売れ残っている団地があります。
それが、藤田前知事の県政の後半(というより、「檜山俊宏時代末期」というべき※)で顕在化した県財政危機の背景です。

しかし、2015年度の補正予算以降、新たに造成するための予算を「地方創生」のために計上するなどしています。

産業団地が「供給過剰」なのに、新たに造成するのは、考えられないことではないですか?

いつのまにか、二昔前の県政に逆戻りしているのではないか?
山を削り海を埋め立て、不要な土地を造成しまくっていた、1990年代から2000年代初頭に逆戻りしているのではないか?
そういう疑念というよりも憤りを抱かざるを得ないのです。

もっと人に投資する広島県や日本を。これを先導するのが、今の政治の役目です。


ただ、首長も議員も、選挙のためには、旧来型の派手な企業誘致やハコモノ利益誘導をぶちあげるか、公務員攻撃をぶち上げるかに片寄らないと当選しにくい実態があります。


このあたりの県民意識や国民意識もも改めないと、広島も日本もお先真っ暗ではないでしょうか?


もちろん、根本的には、「地方創生」の名のもとに、こんな事業を安倍さんが奨励していることがあります。


古い経済モデルに固執する安倍総理。彼もまた、地方をダメにする元凶なのです。


※広島県では1991年から2003年まで檜山俊宏議長が君臨。事実上知事を上回る影響力を県政に持っていた。
全国的に見ても異常な規模の土木予算が補正予算で計上された。
広島県の財政赤字と環境破壊の殆どの原因は彼にあるのではと思われるくらいだった)。




by hiroseto2004 | 2016-10-25 10:27 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
 現行の広域公園に代わるサンフレッチェ広島の本拠地となるサッカースタジアムの建設問題。

広島市や広島県、経済界は南区のみなと公園に固執しています。
サンフレッチェ側は、旧市民球場跡地を希望しているのに、です。

しかし、物流業者からサッカースタジアム建設に伴う渋滞を危惧する声。
みなと公園をつぶすことへの、周辺のとくに子育て世代の住民からの不安の声。
党派を超えて、議員らに不安の声が届いているようです。

にもかかわらず、現知事、現市長、そして経済界首脳は拘っている。

非常に、不可解です。

本社社主は、一貫して、最終的に二つの案で住民投票で決めれば良いと思っていますが。

by hiroseto2004 | 2016-06-14 22:59 | 広島県政(広島県議会) | Trackback

広島県知事は6月6日、アメリカ軍による低空飛行中止とオスプレイの安全対策を防衛大臣や外務大臣、アメリカ政府に要請しました。




More
by hiroseto2004 | 2016-06-08 19:54 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
以下、つくだ守生さんによる報道です。

 広島県議会生活福祉保健委員会で、日本共産党の辻恒雄議員は19日、尾道市の産廃不法投棄疑惑で県が厳正に対応するよう求めました。

 尾道市瀬戸田町の整地された田んぼから出てきたコンクリート殻について党市議団へ「産廃が不法投棄されている」との情報が寄せられました。しかし、搬入した人物は「産廃ではない。出所は言えない」と主張しています。
 辻議員は「出所は言えないという言い分を放置すれば、産廃物の自由な埋め立てが可能になる」と指摘。梅村幸平環境部長は「事実関係の把握ができたところであり、現在文書での報告を求めている」と答えました。辻議員は「不法な産廃埋立を許さない県の姿勢を示すためにも、しっかり対応してもらいたい」と求めました。
by hiroseto2004 | 2016-05-23 20:46 | 広島県政(広島県議会) | Trackback