エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:女性と政治キャンペーン(過去)( 4 )

□■市民社会フォーラム第14回東京例会■□
ガザ この現実
「たたかうジャーナリスト」志葉玲・緊急報告会

日 時 2月28日(土)19:00(18:30開場)~21:00
会 場 伊藤塾高田馬場校
参加費 500円
協 賛 リアルグループ老人党護憲+

司 会 増山麗奈さん(「桃色ゲリラ」)

 昨年末から22日間続いたイスラエルによるパレスチナ・ガザ地区への無差別攻撃では、子ども400人以上も含む1300人以上が死亡し、停戦に至った現在でも、国境封鎖は解かれておらず、150万の人々は恐怖の日々を過ごし、水や食料、医薬品が不足しています。
 国際人道法に反するガザ攻撃の被害について、現地取材したフリージャーナリスト・志葉玲さんの緊急報告会を開催いたします。

◆会場アクセス
JR・営団地下鉄東西線・西武新宿線 高田馬場駅早稲田口より
徒歩3分
地図URL http://www.itojuku.co.jp/15sch_baba/map/213.html

TEL. 03-3204-0117
住所〒171-0033 東京都豊島区高田3-14-29

■志葉玲(しば れい)さんプロフィール 
 1975年東京生まれ。大学卒業後、番組制作会社を経て、2002年春から環境、平和、人権をテーマにフリーランスジャーナリストとしての活動を開始。
2003年のイラク戦争で、「人間の盾」として滞在しながら民間人の空爆被害を取材したのをはじめ、頻発する自爆攻撃や、米軍の「テロ掃討作戦」によるイラク市民の被害、自衛隊の活動などについて取材しつづける。
著書 に『たたかう!ジャーナリスト宣言―ボクの観た本当の戦争』(社会批評社、2007年) 。
 志葉玲さん公式サイト http://reishiva.jp/

お問い合わせ先 市民社会フォーラム
    メール civilesocietyforum@gmail.com
------------------------------------
____________________________
※※※※※※※※※※※ 転送歓迎 ※※※※※※※※※※※
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆『ガザ』現地報告 by 志葉玲 & トークジャム ◆

村上春樹さんのエルサレム賞受賞スピーチに溜飲が下った方も多いと思います。あのニュースは、ガザ侵攻に違和感を覚える人が意外に多く存在するということも教えてくれました。

そのスピーチでは、市井の人は「卵」に喩えられていましたが、まだまだ「卵」の側に立った報道は大勢といえない状況にあります。そうした中、停戦後すぐのガザに入ったジャーナリストの志葉玲さん。 そこで彼が目にした現実を、 既存メディアが伝えられない事実を、明らかにしてもらいます。

さらに!トークジャムとは?
後半は、意見や疑問を気軽に出し合う時間をたっぷり取り、
フラットな場で「卵」の知見を集めたいと考えています。


◆イベント詳細

日時:2月28日(土) 15時~17時
会場:ふろむあーすカフェ・オハナ
ゲスト:志葉 玲
料金:入場無料+1ドリンク・オーダー
※投げ銭感覚のカンパ歓迎。今回の取材費に充ててもらいます

アクセス:東急 田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅 南口Bより徒歩2分
三軒茶屋駅から、246通りを駒沢方向に進み、栄通りの入り口を過ぎ、
レンタカーやさんの5~6軒先。246通り沿い、1Fです。
地図:http://www.cafe-ohana.com/access.html住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F

主催:pono2(ポノポノ)
共催:ふろむあーすカフェ・オハナ

★最新の情報/問い合わせ
http://www.pono2.jp/ / aloha(at)pono2.jp

☆シバレイのblog
http://reishiva.exblog.jp/
☆(参考)しあわせのかたち:「村上春樹スピーチ全文和訳」
http://d.hatena.ne.jp/sho_ta/20090218/1234913290

☆プロフィール
志葉 玲(ジャーナリスト)
1975年生まれ。番組制作会社を経て2002年からフリーに。
2002年12月~2008年3月まで計6回イラクを現地取材、2003年、
2009年1月にガザを現地取材。地球温暖化などの環境問題、共謀
罪など国内政治まで幅広く取材、講演活動も多く行っている。

____________________________
※※※※※※※※※※※ 転送歓迎 ※※※※※※※※※※※


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-02-23 12:09 | 女性と政治キャンペーン(過去) | Trackback
10月の廿日市市長選挙は、市議の井上さちこさんと真野前副市長が立候補表明されています。

私は、井上さちこさんを応援します。

私の政治スタンスは以下です。

中央政府に対しては、
1、国民経済を守るルールづくり
2、現金給付のセーフティーネット
3、マクロ経済政策
をもとめます。

一方、地方には
1、医療、福祉、教育など密着したサービス提供
2、地場の経済のソフト的な振興策

3、地域密着公共事業

4、地方自治体だからやりやすい市民参加

をもとめます。

マクロで景気を良くするのは基本的に国の仕事。地方で大型事業をやったとしても国が動かないと、東京の会社が儲かるだけです。

このスタンスから、
中央政治では
小沢さん・民主党、亀井さん・国民新党を支持し、景気浮揚と現金給付のセーフティーネットへ政権交代を実現します。

地方では
秋葉広島市長、無党派女性議員ら改革派を応援します。

その延長上で、廿日市市長選挙では井上さちこさんを応援します。


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペーン)
e0094315_14464876.gif



介護福祉関連記事(ブログピープル)


e0094315_22384821.gif

e0094315_20553942.gif

(上のバナーは弊社作成)



e0094315_15595897.gif


e0094315_1601023.gif


e0094315_12202265.gif


e0094315_21123260.gif

(以上4つは「雑談日記」ご作成)
by hiroseto2004 | 2007-09-15 14:42 | 女性と政治キャンペーン(過去) | Trackback(1)

廿日市市長選挙について

廿日市市長選挙について(さとうしゅういち)

10月の廿日市市長選挙は、現副市長と市議の井上さち子さんがいまのところ立候補表明をしておられます。

私さとうしゅういちは市民派市議で女性の井上さんを応援させていただきます。

市民派として女性政策などに力を入れてこられた一方、市職員の経験も長く、行政のトップとなられた場合でも副市長に遜色ない手腕を発揮されると確信します。


なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

by hiroseto2004 | 2007-09-02 18:54 | 女性と政治キャンペーン(過去) | Trackback
河野美代子さんのブログがアップされています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_5162.html

「選挙はもうこれまで書いた通り、政党優先となっており、無所属ではとてもやりにくい。まず、街のあちこちに張ってある、二人ポスター、三人ポスター、これは政党の人にしか許されていない。確かに、ポスターというのは、顔や名前を知ってもらう上で有効なものである。が、それが出来ない。それから、選挙カー、市長選の時には、無所属でも選挙の確認団体としての「みこし連」の車を走らせることが出来た。でも、今回はなぜなのか、何の根拠か分からないままに、「確認団体」として認められなかった。だから、車は選挙カーの一台のみとなった。比例区などはもっとひどい。最低10人は立候補しないと党として認められない。だから、個人では立候補出来ない。もし一人でも通りたいと思ったなら、自分以外に9人お願いして立候補してもらわなければならない。比例区の供託金は600万円だから、6000万円のお金を供託しなければならず、そしてそのほとんどが没収されてしまう。既成政党以外の人はお金の有る人しか立候補は不可能だ。

 それから、名前を書いたのぼり。こんなのは、どこの陣営も立てている。まだ選挙戦に入る前、私たちには、名前を書いたのぼりは違反だからと言われ、すぐに取りやめた。が、他の陣営は続けている。現職の大臣も、民主の候補者も共産党の人も。党派の人だからいいのかと思ったら、無所属の女性も大量ののぼりを立てて、歩いている。なぜうちだけいけないのか、さっぱり分からない。それどころか、選挙戦に入って、これで私たちも名前ののぼり立てられる、と思ったら、県庁前で演説している所に、県庁から選管の人が飛んで来て、のぼりは違法だと言われた。他の人たちもみんな立てているのに、なぜ私だけ違法なのか、さっぱり分からない。

 ある地元の新聞社があまりに悪質なので、抗議をしたら、「党派の人を優先するのは当然だ」と言われた。でも、それは正しくない。だって、党派優先なのなら、共産党の人にも同じ対応をしなければならないはずなのに、明らかに異なっていた。また、同じ女性の無所属に女性の優遇ぶり、特に写真の掲載の仕方など、全然扱いは違う。私が怒ったことはその新聞社の人たちに知れ渡ったようだ。何人かの人たちに笑いと共に言われたから。でも、落選した他の候補者達、供託金没収組と私とを投票当日まで十把一絡げにしたあの扱いについては、私は決して忘れない。」


本当に供託金が高すぎて「参入障壁」となっていると思います。政治家たちは、「規制緩和」「市場原理」などと言っていますが、参入障壁を高くして、政治を「規制産業」にしておいて、何を言うか、笑止千万ではないか、と思います。

e0094315_12281914.jpg


「こんなことは、負け惜しみと言われるのが落ちだから、これまで大きくは言わなかった。しかし、政治が二大政党制となって、選挙もそれに準じたやり方となっていることは、今回自分自身が闘って見て、本当に良く分かった。以前、PKOの時、栗原さんが当時の民社党の現職をひっくり返して当選したことがある。あのとき、私は後援会長をし、県下、候補と共に走り回ったのだが、その時と比べてはるかに選挙はやりにくくなっていた。マスコミもしかり。世論調査など、堂々と、「あなたは自民党と民主党とどちらに多数を占めて欲しいですか」と言うような、他の党や無所属など眼中にない問い方をしている。マスコミの中でも少数意見は切り捨てられている。そのような選挙中の世論調査の仕方が投票行動に影響を与えないとも限らない。」

負け惜しみではないと思います。

実は、「自民党」などというのは、早急にご退場願わないといけない政党です。

政権から転落すればかならず空中分解する政党です。

 「二大政党」をマスコミが強調するのは、実は自民党を温存したいがためではないか、と私はかんぐっています。冗談ではない。自民党は「野党自民党」ということはありえない政党です。

 自民・民主で政権交代というのはありえない。

 現状でも自殺行為をしまくりの政党なのです。何とか持っているのはもはや、「与党であること」そして「公明党が支えていること」だけです。

 もはや「平成の北条高時」自民党は歴史的役目は終えました。歴史を紐解いても、鎌倉幕府滅亡後、歴史に北条氏は出る幕はなく、群雄割拠時代になったのです。
(あの時代を「南北朝」時代というのは乱暴すぎて、むしろ第一次戦国時代というべきでしょう。)。

政治・「北条高時」にもなりきれなかった安倍総理
http://www.janjan.jp/government/0708/0708020220/1.php

 ですから、現代でも、むしろ今後は二大政党ではなく、投票先を失った自民党支持層の受け皿が必要になってくるでしょう。河野さんに自民党で比例代表に入れた人が10万程度入れていることが推測されます。この人たちの受け皿となる政党が比例区にあればと思います。

自民か、民主かなどという聞き方は結局「自民延命策」なのです!

ともかく、河野美代子さん、私たちの思いの受け皿になってくださってありがとうございました!

河野美代子さん!ありがとう!と思ったら下をクリック!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-08-17 12:27 | 女性と政治キャンペーン(過去) | Trackback(1)