エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:勧め他サイト記事( 23 )

村木厚子元厚労局長はなぜ逮捕されたのか? その真相を追究するのがメディアの仕事というべきではないのか?
2010年 9月 12日 13:30 <事件> <法律・裁判>
東本高志

http://www.janjanblog.com/archives/15099

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2010-09-12 18:32 | 勧め他サイト記事 | Trackback
【転送歓迎】

ピープルズ・プラン研究所の山口です。

辺野古現行案への逆戻りという最悪の選択について、武藤一羊が論じた文章を緊急に掲載しました。

◆【普天間問題再・再説】最悪の中でも最悪の選択
――日米共同声明で辺野古に舞い戻るという愚行/武藤一羊

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
沖縄の問題について論じた過去の文章
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇「普天間問題」再説:政権交代が「維新」だったなら、次は「条約改正」にすすむべし/武藤一羊

◇「普天間移設」の破綻を認め原点からの出直しを
――鳩山政権の安保政策と沖縄の基地問題/武藤一羊


◇鳩山政権と沖縄米軍基地――「移設」というワナ/武藤一羊

◇移設から縮小・閉鎖へと運動の潮目が変わった!/小倉利丸


*************************
その他、最近掲載したもの
*************************

◇横断的世界史を創造している地域と、それを阻んでいる地域/太田昌国

◇「移転先」の現実――海兵隊移転にゆれる島・グアムを歩く/山口響

◇鳩山政権とは何か、どこに立っているのか――自民党レジームの崩壊と民主党の浮遊/武藤一羊

◇脱成長の経済へ――成長戦略はいらない/白川真澄

◇米海兵隊グアム移転――誰のための負担軽減なのか(3)/山口響


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-05-25 19:22 | 勧め他サイト記事 | Trackback
新政権が模索する「内政民主化革命」に共感する
国民の生活崩壊救済が最優先 納得と共感の行政が必要
櫻井智志2009/09/21

http://www.news.janjan.jp/government/0909/0909200488/1.php


ナイキに売り渡される宮下公園のサマーフェスティバルに参加
ナイキに売却された、階段の上にある奇妙で親しみやすい公園
Esaman2009/09/21
http://www.news.janjan.jp/area/0909/0909180381/1.php


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会

みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利

e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif


以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-09-21 17:37 | 勧め他サイト記事 | Trackback
赤木智弘さんは,2年前,論文「希望は戦争」で有名になったフリーターです。私と同じ1975年生まれです。

いわゆるワーキングプアの自分たち若い貧困層にとっては,戦争でしか,平等が達成されない,というわけです。当時,大変,議論を巻き起こしました。

その彼は,鋭い分析を続けておられます。

「【眼光紙背】政治的主張をするのは、おかしいのか?」
http://news.livedoor.com/article/detail/4001490/は,正論です。日本においては「男性のえらい人」以外は政治に口出しをするな,というのがまだまだ根強くあります。

女性政治家については,ちょっとしたことでも,「品がない」などと揶揄する人が多い。
そして,男性でも,庶民の労働者が声を上げたら,「政治的」と批判する。

「政治的主張というのは、いわば人間の主張であり、政治的だからと非難するのであれば、それは言論の弾圧にほかならない。
各個が利益を主張する中で、政治的に主張を行い、そればぶつかり合いながら社会がより良くなっていく。
政治的主張とは、個人が社会に対する責任を持ち、社会にアクセスするために必要な「信念」に他ならないと、私は考えている。」という赤木さんの主張は全くそのとおりでしょう。経営者も,労働者も,女性も男性も,対等に物事を主張する。そういうことが担保されないといけないでしょう。

【眼光紙背】子供を愛する親が増えたからこそ
http://news.livedoor.com/article/detail/4033759/

 確かに記事のとおりです。小渕大臣は裕福な家庭に生まれられました。ですから両立が可能。そういうことはあります。

しかし,世間一般では,まだまだ,出産を機に退職する女性が7割いる。その後,仕事を再開するにしても,パートやアルバイト,派遣しかない。男性と同じ仕事をしていても,半分以下の給料にしかならない。教育費も高い。そういう状況にある人々にとり,却って,小渕大臣をみて,心理的なプレッシャーになってしまうのではないか,という赤木さんの主張はもっともです。

 彼女のすべき仕事は,まさに,大臣としての仕事をきちんとなさることだと思います。その大臣としての仕事に,現役の母親として,女性や若者への「想像力」が働いたらいいわけです。

 もちろん,彼女はそうはいっても,割合,若者や女性の当事者の意見を聴こうと努力もしておられるところは評価できるでしょう。自分に足りない部分を自覚はしているのではないか,とも思います。


 文部科学省,厚生労働省,財務省,経済産業省・・など,関係する全ての省庁に横軸を通し「貧富の差によって子供の将来が決まってしまうような状況を変えていかなければならないだろう。」〔赤木さん〕なのです。

 実は,日本は,今までは,親の収入による教育格差は,そうはいっても,他国に比べれば小さかったそうです(元文部官僚で,教育分野での国際協力に詳しい広島大学大学院・准教授・平川幸子さんによる)。ただ,現在の雇用情勢をかんがみるに,今後危うくなりかねない状況です。
 そもそも,日本の場合,低所得者ほど教育費の家計に占める割合が大きいのです。「子どもを諦める」か,「無理をする」かの二者択一ともいえます。そうではない,選択肢を付け加えるべきだと思います。
赤木さんのおっしゃる方向での改革を進める先頭に立つのが大臣の役目でしょう。

3月3日(火)
~「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」第1回、第2回会合~
http://www.gender.go.jp/column/index.html また、工藤さんの「我が国では若者が政治や政策決定に参画することが少ない。投票を通じて、また、審議会等の場に若者の声が直接届かなければ、真に若者のための政策は生まれない。」という実感のこもった指摘が、当事者重視という私自身の日頃からの問題意識とも共鳴して、私の胸に響きました。〔引用終わり〕


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-03-09 12:49 | 勧め他サイト記事 | Trackback(1)
以下の「村野瀬玲奈」さんの記事は、秀逸だと思います。

 もともと規制緩和自体が、「日経連」が「新時代の日本的経営」を発表し、政治に圧力をかけて実現してきたものです。「経済界も責任がある」などという話ではすみません。

 また、内部留保も巨大である。これをつかって、新規事業も出来ないなら、それは経営者としての手腕不足でもあるでしょうね。せめて、吐き出して、基金を作り、責任を持つべきでしょう。

中国に移転というのも、非常に難しい。実は、JR東日本の会長さんが、中国でのビジネスには消極的な発言をされています。

製造業とサービス業の違いはあるが、やはり、そんなに「海外は甘くない」ということは「派遣切り批判派」も認識すべきでしょう。

というか、そんな「簡単にシフトできる」という認識で、中国に投資していたらそれこそ、小室容疑者ではないが、「すってんてん」ですな。

工場の海外シフトを簡単な話であるかのように平気で書き、その話を脅しとして使う財部氏の姿を見るだけで、財部氏が実務をろくに知らないか、あるいは知っていたとしてもそれを故意にねじ曲げているかがわかります。財部氏が口先だけで「派遣切り批判」を非難したいだけだということがまるわかりなのです。
何度でも言いますが、「いつでも解雇可能な雇用契約」というのは、人を切りやすいようにという企業の希望の通りに定めさせた契約です。「大企業に圧倒的に有利なように大企業が政府与党に法制化させた雇用契約の形態」というのが正しい言い方です。そのような雇用契約の形態を法制化した者が極悪非道だと言うなら、極悪非道なのは大企業か、政府与党か、それともその両方でしょうか?


まあ、実際は、経済界と、1999年施行の改悪派遣法に賛成した自民党、公明党、民主党、そして、社民党(造反も数名あったが)含むほとんどの政治家、というべきでしょうか。

それこそ、あまり洞察力が働かなかったのでしょう、残念ながら。

http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1047.html村野瀬玲奈の秘書課広報室

一方的派遣切りを正当化する論の特徴

-内容の薄い感情的言葉の多用
-労働法制の原則が確立してきた歴史的流れへの無知、無理解
-派遣切りを容易にする法制は大企業側こそが推進したという事実を都合よく忘れる不誠実さ
-労働者は機械ではなく生きた人間であるという人間的認識、人道的感性のとぼしさ
-生産拠点の海外シフトがすぐに行なえると考えているらしい、実務に対する理解のとぼしさ
-生産拠点を海外シフトするぞという、同国人に対する脅迫的態度
-企業の内部留保の蓄積や経営者の高額報酬や株主配当には触れたくないという独占欲
-「経営判断」という聖域や形式論理に逃げ込み、面倒なことは政治に押し付けるというご都合主義と、そんなに苦しんでいなくても「苦渋の選択」と言ってしまう鉄面皮

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-03 17:24 | 勧め他サイト記事 | Trackback(2)
大連立に反対、総理大臣とCIAの関係について。
神林毅彦記者
http://www.janjan.jp/government/0901/0812294417/1.php

総選挙が行われたとして、その後に予想される民主・自民の「大連立」は他の大部分の政党まで合流して大独裁政権化する恐れがある。そうではなくて、与野党が国会内で国民の目の前で厳しく相互批判する必要がある。。「平成版大政翼賛会」を許してはならない。


小選挙区制が日本の民主主義をだめにしたという意見に賛成です。小選挙区制だと、自民党か民主党公認でないと当選できない。ならば、両党幹部がどうしても強くなる。それを防ぐには、中選挙区制に戻すか、比例代表中心にするか?

比例代表中心なら、自民党や民主党を出ても、新党で当選可能です。

ある程度、国民に選択肢ががないと結局寡占企業と同じになります。

いきなり国政で小選挙区制廃止がいやなら、東京都議会でまず施行的に比例代表制度でやってみないか?これが現時点でのわたしの提案です。

小沢一郎さんの最大の日本に与えた失策は小選挙区制だったと思います。

もはや小選挙区制は失敗であり、その弊害を認めたほうがよい。

中選挙区制であった、いわゆる族議員については、贈収賄、利権あさりは論外としても、責任感、情熱をもって政策を練り上げる人は必要です。それまで否定してしまったら、政治は中身がなくなり、官僚独裁になってしまいます。

次期民主党代表選挙の話をしたら鬼が笑うかもしれないが、小沢一郎さんが小選挙区制への考えをあらためないなら、小選挙区制廃止だけでも十分な争点として、どなたか立候補されるべきではないか。

ちなみにデンマークなら、一般党員も党首に立候補できます。二十代の女性の財務官僚が党首をやったこともある【三井マリ子「ママは大臣、パパ育児」毎日新聞社】。

ここが、デンマークで他に誰も出る人がいないならわたしが以下を掲げて出ます。

小選挙区制廃止、比例代表制度へ

内閣は男女半々【かつては日本より保守的なフランスでもスペインでも実現】

審議会メンバー構成は東京中心主義を打破

所得税累進課税再強化【アメリカさえ実質的には日本より累進課税は厳しい】

安定的な消費税こそ地方財源へ

介護、基礎年金などは税方式で!

公安刑事より労働基準監督署強化!

積極的雇用政策で選べる人生を!

大学学費など教育費の無料化【ただし大学卒業は難しくしてやる気がある人だけにするべき】

持ち家主義から賃貸住宅政策充実へ!【過剰な持ち家優遇と賃貸住宅貧困が今の悲劇の一因】

原発・道路から、クリーンエネルギー、公共交通へ!【電力労組は反対するだろうが、押しきるしかない】
経済状態によっては
「国債より政府紙幣発行」を打ち出します。

まあ、与野党とも、もっと政策論争を活発にすべきでしょう。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-03 08:55 | 勧め他サイト記事 | Trackback
Excite エキサイト : 国際ニュース

旧バンコク国際空港も運航停止 反政府団体とのトラブル懸念で
 【バンコク27日共同】バンコク国際空港などの占拠を続けるタイの反政府市民団体「民主市民連合」は26日夜から、一部国内線の運航に使用されているバンコク北部の旧バンコク国際空港ターミナルへの集結を開始。トラブルを恐れた空港当局は27日朝から運航を全面停止した。国際線と国内線に利用されているバンコク国際空港も26日から運航を全面停止、首都バンコクを離着陸する空の便は完全にまひした。


タイ情勢は以下のニュースがお勧めです。

亀裂深めるタイの政治危機(続)大事なのは民主主義の中身を議論することだ~タイのスリチャイ氏が語るhttp://www.news.janjan.jp/world/0811/0811262320/1.php
大和修2008/11/27
 タイの反政府団体・民主主義市民連合(PAD)の首相府占拠は26日でちょうど3ヶ月が過ぎたが、現地からの報道によると抗議行動は国会包囲に加え新バンコク国際空港の占拠にまでエスカレートする異常事態が続き、解決の出口は依然見えないようだ。争いの背景や意味するものについてタイ・チュラロンコン大学准教授で同大アジア研究所副所長のスリチャイ・ワンゲーオ氏の話を続けたい。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-11-27 12:13 | 勧め他サイト記事 | Trackback
「人を裁きたくない」裁判員制度に反対し東京で集会とデモ
佐藤恵2008/11/24

http://www.news.janjan.jp/living/0811/0811232131/1.php
 来年導入予定の「裁判員制度」に反対する集会が「裁判員制度はいらない! 大運動」が主催して東京で開かれた。。全国の弁護士、作家・ジャーナリストらが参加し、都心をデモ行進した。「人を裁きたくないという感情は日本人の美徳だ」などと、市民に制度への不参加をよびかけた。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-11-24 14:52 | 勧め他サイト記事 | Trackback
「麻生さんのおうちを見にいこう」のどかな企画に警察暴力―関係者に聞いた現場の真実
Esaman2008/10/27
http://www.news.janjan.jp/living/0810/0810270277/1.php
26日夕刻に行われた渋谷駅前から麻生太郎首相のお宅見学に行くという、ごく平穏な企画は、警察に「無届けのデモ」と見なされた結果、3名の逮捕者を出すという異常事態に発展してしまいました。しかしこの企画は本当に逮捕に相当するようなものだったのでしょうか?現場の様子を伝える、雨宮処凛さんらの証言を紹介します。


これを見ると警察による逮捕はこじつけだ、ということがわかります。まさに、「平成の大獄」になりつつあるのではないでしょうか?「えらい人」は、人々の不満に過敏になっているのではないでしょうか?

歩いただけで逮捕!!(雨宮処凛さん「すごい生き方ブログ」)http://www.sanctuarybooks.jp/sugoi/blog/index.php?e=202

名古屋・NPOセンターの新情報誌『交流感電池』の編集長、柴田太陽さんに聞く
小宮朗2008/10/27
http://www.news.janjan.jp/area/0810/0810250191/1.php

 なごやボランティアNPOセンターの新しい情報誌『交流感電池』の編集長、柴田太陽さんにインタビューした。市民記者養成講座の狙いは、講座で育った市民記者の方に、身近な話題などを投稿してもらうことで、『交流乾電池』を本当の意味で「利用者との協同」が実現できる情報誌にしたい、とのことだ。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-10-27 12:27 | 勧め他サイト記事 | Trackback
大阪ひき逃げ事件:厳罰化が人命を奪う
上岡直見2008/10/26

http://www.news.janjan.jp/living/0810/0810240147/1.php
報道によると大阪のひき逃げ事件では、被害者は逃走を続ける車両に巻き込まれたため、死に至ったと推定されているという。これに関してある刑法の専門家は、厳罰化のため、助けるよりも逃げた方がましだと判断する人が増えたおそれがあると、注目すべきコメントを述べている。確実な事故防止対策は、公共交通を増やすなどし自動車の走行を減らすことだが、加えて、加害者を厳罰にする以前に、あらゆる側面で、人命の保護を第一義に据えた法体系を整備すべきではないか。


 「昨今、加害者に対する厳罰化が支持されているようである。しかしこれは、一見すると被害者に対する共感・同情であるように見えながら、実は逆で、大多数の人が「自分はそのような悪質なドライバーではないから……」という他人ごととして捉えているためである。」というのは、なるほど、とうならされました。

大阪ひき逃げ事件:軽微な交通違反が大事故につながる
http://www.news.janjan.jp/living/0810/0810240137/1.php
大谷憲史2008/10/26
大阪ひき逃げ事件に疑問を持ち、なぜ交差点で一時停止しないのかについて考えた。宮崎の自宅近くの交差点で、簡単な実態調査も行った。軽微な交通違反が、大きな交通事故につながるということも考えられるのではないか。



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-10-26 12:21 | 勧め他サイト記事 | Trackback(1)