エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:岩国( 45 )

岩国とも関係ある選挙でした。大激戦の末、決着就かず、再選挙になりそうです。

米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転候補地、馬毛島(まげしま)を抱える鹿児島県西之表(にしのおもて)市の市長選は29日投開票されたが候補6人による混戦の末、いずれも法定得票(有効投票数の4分の1以上、2543票)に届かず仕切り直しとなった。

 公職選挙法は、最多得票の候補が法定得票数以上を獲得できなかった場合、当選資格を与えず、2週間の異議申し立て期間の後、50日以内に再選挙を実施すると定めている。法定得票数は再選挙の続出を受け1952年の法改正で緩和された。

 法改正後に首長選で再選挙となったのは、1979年の千葉県富津市長選▽92年の奈良県広陵町長選▽2003年の札幌市長選▽07年の宮城県加美町長選で、今回実施されれば5例目となる。

 西之表市長選はFCLP移転受け入れに反対してきた現職が引退を表明し、元市議と元新聞記者の計6人が出馬。2人が移転容認で、4人が反対と分かれた。移転容認派は米軍再編交付金などによる地域経済活性化をアピールし、反対派は騒音問題や事故の危険性を訴えた。

 FCLPは陸地を甲板に見立て離着陸を繰り返す訓練。米軍再編による厚木基地(神奈川県)空母艦載機部隊の岩国基地(山口県岩国市)移転に合わせ、FCLPも硫黄島(東京都)からの移転が計画された。政府は馬毛島を候補地とし、島のほぼ全域を所有する開発会社と交渉し昨年11月、用地買収額を確定する手続きに入った。部隊の岩国移転は今年11月以降進められる見通し。【田中韻、山下俊輔


by hiroseto2004 | 2017-01-30 09:16 | 岩国 | Trackback

岩国基地のF18戦闘機が高知沖で墜落しました。


アメリカ軍の岩国基地所属のF18戦闘機1機が、高知沖で墜落しました。     

メフル通信によりますと、アメリカ国防総省はこの事実を認めるとともに、「アメリカ軍のF18戦闘機1機が高知沖で墜落した」としました。

アメリカ軍の岩国基地に配備されていたこの戦闘機は、7日水曜、訓練中に事故にあいました。

これまで、この戦闘機の墜落原因は発表されていません。

岩国基地にはアメリカ軍兵士5000人が駐留しているといわれています。

先月にも、アメリカ軍の戦闘機2機がカリフォルニア州上空で訓練中に事故に遭い、墜落しました。


by hiroseto2004 | 2016-12-09 00:46 | 岩国 | Trackback

以下、つくだ守生さんによる報道です。

岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会(共同代表=菊間みどり氏ら)は23日、岩国基地への最新鋭ステルス戦闘機F35B戦闘機の配備計画が危険を増大するとして、県と廿日市市へ要請書を提出し、日米両政府に計画を撤回するよう求めました。同計画は22日に岩国市と山口県へ、23日に広島県へ伝達されました。
 要請書は「同機は開発途中ともいわれており、昨年7月に実践運用が始まったばかりで、今回初めて海外基地に配備され、未知の部分も多い」と事故の危険性を指摘。「岩国基地を飛び立つ米軍戦闘機の多くが、広島県上空を飛行しており県民の不安は大きくなる一方です」と訴えています。

【資料】
広島県知事 湯崎英彦 様
2016年8月23日

 岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会
 共同代表 池上 忍 菊間みどり 吉田正裕

県民の安全・安心を守るための緊急要請

 8月22日、F35Bステルス戦闘機の岩国基地配備の伝達が岩国市及び山口県に行われました。
 岩国基地に配備されるのは、垂直離着陸できる海兵隊仕様のF35Bで、艦上での運用が想定されます。配備数は16機で、2017年1月に10機がFA-18ホーネットと交代、同年8月に6機がAV8Bハリアー垂直離着陸機と入れ替わる「機種変更」と説明しています。
 しかし、同機は開発途中ともいわれており、昨年7月に実戦運用が始まったばかりで、今回初めて海外基地の配備が行われ、未知の部分も多く、事故や騒音増大の不安もあります。説明によると騒音は「岩国市街地への影響は大きくない」としていますが、FA18ホーネットにはない垂直離発着訓練も想定され、とても納得できる内容ではありません。
 しかも、今回の伝達は被害が増大する廿日市市など広島県側の自治体には何の説明もありません。現状でも岩国基地を飛び立つ米軍戦闘機の多くが、広島県上空を飛行しており県民の不安は大きくなる一方です。加えて、低空飛行訓練による騒音の増大も懸念されます。
 県民の安全・安心を守るためにも、岩国基地の強化につながるF35配備撤回を日米両政府に求めてください。

        以上


by hiroseto2004 | 2016-08-24 21:45 | 岩国 | Trackback
昨日、国は岩国市に対して岩国基地にF35が配備されることを通告しました。
しかし、岩国基地の飛行機は大竹市や廿日市市はもちろん、広島市の上空も我が物顔で飛びます。
にもかかわらず、広島県側の自治体には全く説明もありませんでした。

by hiroseto2004 | 2016-08-23 08:08 | 岩国 | Trackback
岩国大空襲から71周年です。
既に日本は降伏の意向を固めていたのですが、アメリカは追い打ちのような形で、岩国や熊谷、秋田などに大空襲を行いました。
第二次世界大戦で最後の大空襲でした。
その第二次世界大戦で最後の大空襲を受けた岩国の岩国基地が今や、アメリカ軍の基地となり、世界中で空爆する訓練の拠点となっています。
岩国を拠点にアメリカ軍は被爆地広島の上空さえ我が物顔です。
岩国大空襲から71年の歴史を今こそ検証すべきときです。

by hiroseto2004 | 2016-08-14 13:15 | 岩国 | Trackback
岩国基地で艦載機の試験飛行が昨日11日始まりました。
滑走路から500mの市の施設で97デシベル、電車のガード下並みの騒音でした。
本格的に飛び始めた場合は、当然、広島市民にとっても他人事ではありません!

e0094315_16205377.jpg

by hiroseto2004 | 2016-08-12 16:21 | 岩国 | Trackback
広島ブログ
岩国基地への艦載機移駐の是非を問う岩国市の住民投票が、2006年3月12日実施され、艦載機移駐にNOが多数を占めました。


More
by hiroseto2004 | 2016-03-12 08:51 | 岩国 | Trackback
広島ブログ
1月17日、岩国市長選挙が告示され、24日に執行されます。

広島市民にとって、岩国市長選挙は、他人事ではありません。いまや、岩国基地の米軍機が8月6日でさえも広島市上空も我が物顔で飛び回っています。

広島瀬戸内新聞は、国に対して、これ以上の基地拡張強化に反対するよう、主張してくれる新人候補を応援します!

20160120毎日新聞より
岩国市長選候補者アンケート(上)

問1 市長選の争点
問2 空母艦載機の岩国基地移転の賛否(3択)
問3 問2の回答理由と対応について
問4 普天間の辺野古移設に先行して艦載機移転が進む場合の対応策
問5 愛宕山地域開発事業跡地の利用策
問6 安保関連法の成立と沖縄の負担軽減を踏まえた基地政策

e0094315_07533405.jpg




More
by hiroseto2004 | 2016-01-21 07:58 | 岩国 | Trackback
広島ブログ
西部住民の会は、廿日市市長に空母艦載機の移駐に反対を貫くよう要請しました。
最近、広島市内でも米軍機が我が物顔で飛び回っています。廿日市市も広島市も連携してしっかり国と米軍に物申すよう、住民が働き掛けていきましょう!



More
by hiroseto2004 | 2015-12-09 11:00 | 岩国 | Trackback
広島ブログ
【岩国爆音訴訟、損害賠償一部認めるも差し止め却下】
山口地裁岩国支部で本日10月15日、岩国基地の騒音被害への損害賠償と、オスプレイなどの夜間早朝飛行の差し止め、そして艦載機移転差し止めを住民が求めた訴訟の判決がありました。



More
by hiroseto2004 | 2015-10-15 21:03 | 岩国 | Trackback