「ほっ」と。キャンペーン

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:大阪府政( 97 )

森友学園・アッキード事件 大阪維新ルート・・「教育無償化」の狙いは?

上西小百合衆院議員は、以下のように松井一郎・大阪府知事=維新代表の矛盾を鋭く突いています。
それにしても、松井知事はそこまでして、何を隠そうというのか?
ますます怪しくなります。森友学園「だけ」を悪者にしての幕引きは許されない。
そのことは、安倍総理とともに、松井知事にも申し上げます。

https://twitter.com/uenishi_sayuri/status/835453502168023040
松井府知事は転売禁止条項がついているから転売できないと嘘をつきますが、その期間は10年。つまり実質200万円で仕入れた土地を10年後には10億以上で売る事が出来ると言う事。#森友学園

大阪府による私学認可の基準を大幅に緩和したことについて、以下のように上西議員は追及しています。

https://twitter.com/uenishi_sayuri/status/835611108513718272
他府県並?松井府知事、また大嘘ですね。私が文科省に対して質問すると、大阪は福岡と並んで最もハードルが低いと説明しました。具体的には認可の際〝運営費〟の1年分の資金を所持していなけばならないと規定する県もある中、大阪府は〝人件費だけ〟4ヶ月分あれば認可できます。#森友学園上西(うえにし)小百合さんが追加
松井一郎認証済みアカウント@gogoichiro
説明しましょう。大阪府は他の府県と比較して、私学の新規参入に高いハードルを作って新規参入を規制してきた、これでは、既存の私学が守られすぎ、新規参入を促し競争による質向上を目指して高いハードルを他府県並に引き下げたまでです。 https://twitter.com/yasooyasoo2012/status/835410682619162628 …




by hiroseto2004 | 2017-02-26 21:00 | 大阪府政 | Trackback
子どもたちのためではなく利権のため?「安倍晋三記念小学校」と「大阪維新」の「教育無償化のための改憲」の怪しい関係

言っていること自体は全くの正論です。
しかし、ご自身が代表を務めている政党の議員やその秘書が、この学校に関与していたりすることはないのか?
しっかりと、調べられた方が良いのではないでしょうか?

国有地売却 大阪府知事「疑念、国が明らかにすべきだ」

大阪府豊中市にある国有地が、土地の評価額から約8億円のごみの撤去費などを差し引いた価格で学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)に売却されたことに関し、松井一郎大阪府知事は21日、「撤去費用を誰がどう見積もったのか、国が明らかにする必要がある。土地は国民の財産なので、納税者に疑念を抱かれないようにすべきだ」と述べた。府庁で記者団に語った。

 国有地(約8770平方メートル)は9億5600万円の評価額だったが、国は地下に埋まったごみの撤去・処分費を約8億円と算出。差額の1億3400万円で売却された。現在、小学校が建設されている。松井氏は「転売禁止条項がついており、法人が転売でもうけることはできない」とも指摘した。

 一方、この問題に関し、民進党はプロジェクトチームを設置し、21日午前、辻元清美衆院議員ら5人が現地を視察。「近所の人に聞いても、数千台のダンプを使うような8億円分の工事が行われたとは思えない」などと感想を述べた。【青木純、津久井達】
by hiroseto2004 | 2017-02-21 23:57 | 大阪府政 | Trackback(1)
安倍晋三総理の妻の安倍昭恵さんが名誉校長で、本年4月に豊中市で開校予定(ただし、大阪府は
認可を出していない)の「瑞穂の國記念小學院」(当初は、「安倍晋三記念小学校」でカンパを集めていた)
の設置法人「森友学園」への国有地の売却が国会でも取り上げられています。

森友学園の理事長は日本会議大阪の代表委員で、現在は「愛国教育」で有名な「塚本幼稚園」を夫婦で経営しておられます。

日本会議大阪と聞いて思い出されることがあります。

2003年度末で、豊中市の男女共同参画推進センター「すてっぷ」の非常勤館長だった三井マリ子さんが、
雇い止めになった事件のことです。
三井さん及びすてっぷに対しては、日本会議のメンバーらにより誹謗中傷が行われました。彼らの組織内の市議の圧力に屈した豊中市は、事実上、男女共同参画条例の制定と引き替えに、三井さんの首を切るために財団の組織改編という大芝居を打ったのです。

三井さんは2004年12月に損害賠償を求めて市と財団(幹部は市役所からの出向)を訴え、一審は敗訴の不当判決でしたが、控訴審は市による三井さんに対する人格侵害を認め、2011年1月、最高裁で確定しました。

その延長線上に、今回の問題があります。

日本会議の人たちは、戦時中の日本を取り戻すという考え方です。
その考えを教育面で実践しているのが、塚本幼稚園です。

同園はイギリスの「タイムズ」から取材を受けたことを自慢しておられます。

その中で、自由主義の日本において、塚本幼稚園は、1945年にさかのぼる残忍な戦争介入や、悲劇的な敗北を齎した愛国主義へと子供達を洗脳する施設である。

と書かれていることを、同園はそのまま転載しています。要は、戦時中に戻すと言うことを堂々と自慢していると言うことです。安倍総理でさえも、表面上は「価値観外交」だ「民主主義が大事だ」と言っていますが、この幼稚園は「戦時中を取り戻す」ことを隠しもしないのです。

そういう幼稚園を安倍昭恵さんが激賞し、その法人が設立する小学校の名誉校長に就任することになったのです。

さて、その小学校への国有地売却問題については、それなりに追及の動きは国会議員も見せています。
日本共産党の宮本たけし議員、民進党の玉木雄一郎議員、元おおさか維新所属の上西小百合議員らです。

彼らによると、本来近隣にあって似たような地勢で、豊中市に売却された土地が14億円だったのに
対して、この土地は、実質的にはわずか200万円で売られたというのです。

ゴミ処理費用が8億円かかるから、というのがその理由ですが、ゴミがそれだけ除去された形跡も
今のところない、ということです。
さらに、校舎を木質建築にすることで、約6000万円の国の補助金まで出るそうです。

なお、同校はまだ大阪府の認可は下りていません。大阪府の私立学校審議会でも、
森友学園から提出された申請書の内容について「根拠がない」などという不安の声が
あがっているそうです。(玉木議員や日本共産党が入手した議事録による)。

認可をするのは大阪府。大阪維新の会代表の松井一郎さんが知事を務めています。

その大阪維新の会は、実は、上西議員に対して森友幼稚園の視察を命じています。
上西議員は現場を見て、異様だと思ったそうです。
その後、上西議員は不祥事を起こして維新を除名されます。

日本会議系の人たちは、自民党のハト派(谷垣元総裁ら)よりは、日本維新の会に
シンパシーを抱いています。

わたし自身、2012年から13年頃、日本会議所属の地方議員と話をさせて頂く機会がありました。日本会議の人たちは「自民党を右へ引っ張る」ことを、維新に期待していることが、会話を【通じて、よく分かりました。

日本(大阪)維新の会は、公約として、「教育の無償化」とそのための憲法改正を打ち出しています。

一方で、大阪市政・府政においては、お年寄りを切り捨てる政策をとっています。
具体的には交通費の補助のカットや、お年寄りの無料で利用できるプールの削減などです。

その理由の一つは、「お年寄りの既得権を攻撃し、若者の味方」をするポーズを取ることで、
自民党(お年寄りの支持者が多い)以外の無党派を取り込むことは考えられます。現実に、
それを理由に維新を支持する若者を具体的に存じています。
もう一つは、教育の無償化を突破口に、緊急事態条項挿入や9条改悪、改憲用件の緩和
などを狙っていることもあるでしょう。維新としては9条改憲は言わなくとも、自民党の別働隊として
「教育無償化のために改憲を」というムードを盛り上げる役目を担うことです。
しかし、もう一つは、上西議員が以下で指摘するような狙いでしょう。




瑞穂の國記念小学院が認可されると、2017年度からの授業料の補助金が出るのか文科省に問い合わせると、出さない理由はないが決めるのは大阪府だと答えます。大阪府に聞けば認可されれば出しますと答える。「日本維新の会」が憲法改正原案に私立小学校の無償化を紛れこませた理由がよくわかる。

塚本幼稚園については、以下のような問題が指摘されています。言ってみれば「児童虐待ではないか」という問題です。


退園保護者や近隣住民、そして幼稚園業界関係者が共通して指摘するのは、この籠池夫婦の「暴力的」とも言っていい言動だ。前出の「犬臭いを理由に弁当やカバンを捨てられた」などまだ序の口に過ぎない。そしてこうした暴力的な言動は、保護者だけでなく、園児たちにも向けられていると証言者たちは語る。証言者たちの言葉を信じるならば、「塚本幼稚園で行われていることは、児童虐待だと言わざるを得ない」と結論づけるしかない。菅野氏はそう感じたという。
『週刊SPA!2月28日号』掲載の「[軍歌を園児に歌わせる幼稚園]保護者が語った呆れた実態」では、菅野氏が取材で聞き集めた塚本幼稚園で繰り広げられる児童虐待まがいのエピソードの数々をルポとして報じている。


「愛国」を看板に、学校で商売をする。そういう人たちの利権のための教育無償化を憲法原案に紛れ込ませたのではないでしょうか?

もちろん、わたし自身も教育無償化は大賛成です。若者の奨学金地獄問題は皆さんもよくご存じでしょう。
遅きに失したとしか言えました。

そもそも、国際条約で日本は無償化はしなければいけないのに自民党政権が長年留保してきただけです。それを民主党政権が解除しています。憲法などとご大層な話ではなく、国際条約の遵守で事足りる話です。

しかし、維新や日本会議は動機が我々とは正反対ではないのか?自分たちの利権のためではないのか?子どもたちのためではないのではないか?

そう疑わざるを得ないのです。



by hiroseto2004 | 2017-02-21 23:17 | 大阪府政 | Trackback(1)

「安倍晋三記念小学校」を無料化するために、「日本(おおさか)維新の会」が「教育無償化」のための憲法改正を
掲げているのではないか?
上西小百合議員はこのように指摘しています。
そもそも、教育無償化に憲法改正はいらないと思います。日本は教育無償化のための条約を批准しています。
それはともかくとして、「安倍晋三記念小学校」のような学校も無償化するために、いかにも「教育を重視する、年寄りではなく若者の味方」の政党を装っていたとなると、呆れた話です。

安倍官邸と大阪維新、双方の思惑が、今回の不透明な動きの背景にあるのでしょう。



瑞穂の國記念小学院が認可されると、2017年度からの授業料の補助金が出るのか文科省に問い合わせると、出さない理由はないが決めるのは大阪府だと答えます。大阪府に聞けば認可されれば出しますと答える。「日本維新の会」が憲法改正原案に私立小学校の無償化を紛れこませた理由がよくわかる。
by hiroseto2004 | 2017-02-21 15:50 | 大阪府政 | Trackback

関連記事

「安倍晋三記念小学校」疑獄、法人側の実質負担額は差し引き200万円 政府も認める

森友学園の塚本幼稚園、維新も宣伝に荷担 上西議員が暴露



幼稚園児に戦前の「教育勅語」を暗唱させることで知られる学校法人「森友学園」(大阪市、籠池泰典理事長)が4月に開校を予定している小学校設立の認可適当と答申した大阪府私立学校審議会で同学園の資金面やカリキュラムについて委員から不安や疑問が出されていたことがわかりました。(大阪府・小浜明代)


写真

(写真)森友学園が4月の開校にむけて工事をすすめる「瑞穂の國記念小学院」=大阪府豊中市

 同小学校は、安倍晋三首相の妻の昭恵氏が名誉校長。小学校用地として大阪府豊中市の国有地が不透明な形で同学園に払い下げられていました。
 大阪府私学課が日本共産党府議団に提出した私立学校審議会(私学審)の議事録によると2014年12月18日の会議で府は、新校を設立する場合に文部科学省が会計基準で定めている基本金(蓄え)が「ゼロ」と報告。委員から「計画性がない」と指摘されています。初年度から黒字とするなどの学園側の収支計画についても「大丈夫か」などの不安や生徒が集まる根拠への疑問などがだされています。
 カリキュラムについても1、2年生の道徳や特別活動の時間が国基準より大幅に多く、委員からは「教育内容はなんなのか」「どちらかというと思想教育のような部分がある。少し違和感は覚える」といった懸念がだされています。
 府側は私学審での認可適当の答申を前提に15年2月に国有地の処分の是非を審議する国有財産近畿地方審議会が開かれると報告したものの、14年12月の会議では結論を保留。15年1月27日に臨時の審議会を開催。指摘された問題について学園側が提出した書類についてなお「人件費が30%いかない。相当ひどいことをしないとできない」「まずい場合は認可しかるべしを取り下げる」などの意見が出されました。しかし、学校建設にかかる工事請負契約の締結状況や寄付金の受け入れ状況、詳細なカリキュラム、入学志願の出願状況など、開校にむけた進捗(しんちょく)状況を次回以降も審議会に報告する条件付きで認可適当と認め府に答申しています。
 府教育庁によると府が3月末に認可の是非を判断する予定です。


以下は、民進党の玉木議員が入手した大阪府私立学校審議会の議事録の一部です。

委員たちも、書類について「それぞれに何の根拠もないということが散見されます。」などとばっさり。

瑞穂の國記念小學院=「安倍晋三記念小学校」の執行体制の問題を危惧されている様子が伝わってきます。



大阪府私立学校審議会の議事録を一部入手しました。森友学園から提出された資料が「何の根拠も無い」と断罪されています。認可が下りる前に、もちろん、土地の契約も成立する前に、工事の発注までして前のめりに進めていることもうかがえます。


by hiroseto2004 | 2017-02-21 10:39 | 大阪府政 | Trackback(1)

くち原府議団幹事長の政務活動費領収書問題について



くち原府議団幹事長の政務活動費領収書問題について

2016年10月16日 柳利昭・日本共産党大阪府委員会副委員長

くち原亮大阪府議会議員の政務活動費領収書のなかに、くち原氏自身が記入したものが含まれているとの報道について、党として調査を行い、報道が事実であることを確認しました。くち原議員の行動は、有権者の信頼を損なう許されないものであり、党府委員会として深くお詫びします。

 問題の領収書は2013年から15年にかけてのもので、党東大阪地区委員会で印刷した「府政報告ニュース」の代金(単価1・5円)が17枚・120万円分、同地区委員会が取り扱っている「あづま書房」の書籍代が6枚・1万5853円分です。いずれもくち原氏自身が記入していました。

 領収書の記入によって、金額を上乗せしたり、他に流用した事実はないかを、党として調査しましたが、そのような事実はないことを確認しました。

 こうした行動が二度と繰り返されないよう、大阪府議会議員に対して指導・監督責任のある党大阪府委員会が厳格な対応を行うこととしたいと考えます。


by hiroseto2004 | 2016-10-19 06:30 | 大阪府政 | Trackback
大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)が、万博誘致を打ち出しました。

要は、1964年の東京五輪の後の1970年の大阪万博の二番煎じをやりたいということでしょう。

それにしても、松井知事や彼の弟分の橋下徹さんは、単純化して言えば「自治労打倒!」「議員給料削減!」だけでバカ受けしてきたといえるでしょう。
特に、大阪が没落する中で、焦りを深め、公務員に苛立ちを募らせる中小企業者や、就職氷河期で割を食ったという意識から、「自治労」など「既得権益」に反感を持つ団塊ジュニア世代などにバカ受けしてきたといえます。

しかし、ここへ来て、自治労や議員をぶっ叩く「だけ」では、問題は解決しないことが明らかになってきた。
そこで、安倍総理の国家社会主義に屈服し、万博を誘致というえさで、大阪府民の支持を維持する。
そういう戦略に転換してきたのです。

乱暴に言えば「敵を作って求心力を高める」橋下から、「古い利権誘導で政権基盤を維持する」松井へ。
大阪維新はその性格を変えてきているようにも見えます。

新自由主義+大阪民族主義の政党から、中央では与党と連携しつつ、大阪において金城湯池の支持基盤を維持し続ける地域政党へ。

議員を多く抱えるようになり、ひとしきり府内自治体の首長ポストも奪取した今、「改革政党」から「与党補完政党」への流れは止まらないでしょう。

また、おおさか維新の大きな支持基盤の一つである団塊ジュニア世代の動向も関係するでしょう。
2000年代から2010年代初頭には、団塊ジュニア~ポスト団塊ジュニア世代は、社会の中軸の人々よりは若く、当時の中軸世代(団塊世代~バブル世代)への反感から「自治労打倒!」「議員給料削減!」に共感していたのです。

しかし、団塊ジュニア世代が40代にさしかかり、社会の中軸世代となっています。こうなると「既得権打倒!」よりは、「利権を東京から引っ張る」ことに期待をしてしまう傾向が強まるでしょう。

おおさか維新の変質は、こうしたところにも原因があるのではないでしょうか?

もちろん、橋下代表時代のような「自治労打倒!」「議員報酬削減!」だけで世の中が良くなるわけはない。
連合・自治労の堕落は本社社主も良く存じています。しかし、たとえば、自治労が原発をつくって事故を起こしたわけでもないでしょう。自治労が格差を拡大の主犯でもないでしょう。橋下時代の維新は人々の怒りのガス抜きになったといえます。

他方で、現在の「松井維新」のように、ハコモノにばかり投資をするような安倍自民党のやり方を補完する政党もまた、庶民のためになるとは思えません。

庶民の暮らしを直接応援する政治を「我々」は高々と掲げて自公・維新に対抗しなければならないのです。


by hiroseto2004 | 2016-10-08 21:53 | 大阪府政 | Trackback
by hiroseto2004 | 2015-11-22 09:20 | 大阪府政 | Trackback
広島ブログ

【府庁分裂、大阪府民はどえらい不便やないか】


大阪府庁って、大手前と咲洲に分裂しているのですね!

府民もお役人もどえらい不便やないか。



More
by hiroseto2004 | 2015-11-21 23:39 | 大阪府政 | Trackback
 2000年から2011年まで著者は広島県職員として、介護、医療などの行政を担当させていただきました。

 


More
by hiroseto2004 | 2015-11-01 00:07 | 大阪府政 | Trackback