エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:ジェンダー・人権(DV・性暴力)( 119 )

これでは、被害者が被害を訴えにくいのも当たり前。

今回の事件は
1、総理腹心の山口敬之被疑者の逮捕状を内閣官房経験者の中村格刑事部長が握りつぶした疑惑。
そして、性暴行事件においていつも発生している
2、被害者が訴えにくいような捜査の在り方。
の双方を浮かび上がらせています。
いずれにせよ、警察の現状の在り方でいいのか?
公安委員会が市民の立場できちんと監督していればおきないはずのことですが現実に起きているわけです。



「捜査員のみなさんから、『処女ですか?』と質問されました。『なんのための質問ですか?』と聞いたら、『聞かなくてはいけないことになっている』と。捜査のガイドラインに載っているんだと思いますが、そうならとてもおかしいことだと思います」

そう話すのは、元TBSのジャーナリスト山口敬之氏(51)から、レイプ被害を受けたと訴えているジャーナリストの詩織さん(28)。詩織さんは5月29日、山口氏が不起訴処分になったことを受け、検察審査会に不服申し立てをしたあと“実名・顔出し”の記者会見を行い、注目を集めた。

記者会見後は、「売名行為だ」といったバッシングもあり、「1週間ほど固形物が喉を通らなかった」と言うほど、詩織さんは強いストレスを受けていた。しかし、冒頭のような警察の捜査態勢をはじめとする、性犯罪被害者がバッシングを受けるような状況を「変えないといけない」という強い思いから、記者会見から約1週間後の6月7日、詩織さんは再び心境を語る決意をした。

「捜査の過程では、被害者として耐えられないことがたくさんありました。所轄の高輪署では、男性警官がいる前で私が床に寝転がり、大きな人形を相手にレイプされたシーンを再現させられました。さらにそれを写真に撮られるんです。口頭で説明すれば状況はわかることなのに、なんでこんな屈辱的なことをしなくちゃいけないのか。ほんとうに苦しかった……」

詩織さんの口からはまさに“セカンドレイプ”のような捜査の実態が語られた。8日、性犯罪に関する刑法の厳罰化に向けた法改正が衆議院で可決された。しかし詩織さんは「こういう捜査の方法から変えていかないと、被害者が警察に届け出できない。いくら性犯罪の法律が厳罰化されても救われない」と指摘する。

とくに詩織さんのように知人からレイプ被害を受けたと訴えた場合、「合意があったのでは?」と被害を受けた側が疑われ、被害届を受理されるのすら難しいという現実がある。

今回はホテルの防犯カメラの映像をチェックした警察が、事件性があることを認めた後ですら「君の経歴に傷がついてしまう。いままでがんばってきた勉強も全部水の泡。あなたも傷つく、家族も傷つく」などと言われ、詩織さんは何度も、警察から被害届を出すのを思いとどまるように説得された。

「私は被害を受けた時点で十分傷ついています。そこを受け入れてもらえないと知ったときは、もっと残念に思いました。日本には、性被害について語ることは“タブー”っていう空気があって、被害者自身が話せない状況が作り上げられている。このタブーを壊して話せる社会にしないと被害者は助かりません」

こうした無理解に加え、大きな問題なのは、社会に根深く残る性犯罪被害者に対する“偏見”だ。5月29日に行った記者会見のあと詩織さんは、着ていたシャツの「胸元が開きすぎている」と非難を受けた。つまり「そういう隙のある服装をする被害者が悪い」という被害者に責任を押しつける風潮があるのだ。詩織さんは、幼いころにも同じような非難を受けたことがあった。

「10歳のとき、母に初めて買ってもらったビキニを着て友人と波のプールで泳いでいたら、男性に後ろから体を触られたんです。でもそのとき友人の母親から『そんなのを着ているからよ』と言われて、とてもショックでした。着ているもので責められる。日本の性犯罪被害者に対する認識はいまも遅れたままだと思います」

気丈な詩織さんだが、「家族に心配や迷惑をかけるのは、本当に辛かった」と話す。

「けど、私がだまっていたら現状を変えられない。将来、自分の子どもや大切な人に同じことが起こったら、すごく後悔すると思ったんです。いまここで、なぜきちんとこの話を伝えて、変えようとしなかったんだろうって。まちがっていることは、まちがっていると、きちんと話せる社会にしたいんです」

(取材・文/和田秀子)


by hiroseto2004 | 2017-06-09 17:38 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
総理、身内による準強姦事件を握りつぶしておいて、何が「すべての女性が輝く社会づくり本部」ですか?あなたの「女性」には、詩織さんは入っていないのですか?

旅券に旧姓、届け出制に=女性活躍へ19年度めど-政府方針

政府は6日、「すべての女性が輝く社会づくり本部」(本部長・安倍晋三首相)を首相官邸で開き、女性活躍分野に関する2018年度の重点方針を決定した。パスポートへの旧姓併記の要件を緩和して届け出制とする方向で検討し、19年度をめどに制度改正を目指すことを打ち出した。
 パスポートへの旧姓併記は現行制度でも可能。ただ、外国で旧姓での活動実績があるなど、特別な場合以外は認められていない。席上、首相は「結婚後も仕事で旧姓を使い続ける方々の便宜のため、届け出により旧姓を併記できるよう、手続きを簡素化する」と明言。今後、諸外国の事例なども参考に準備を進める。(2017/06/06-10:35)

by hiroseto2004 | 2017-06-06 11:03 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback

アメリカ国防総省が、同国軍での道徳的な腐敗がこれまでにない規模で増加していることを明らかにしました。

プレスTVによりますと、アメリカ国防総省は2日火曜、「アメリカ軍における性的嫌がらせに関する報告の件数は、2015年の6083件から、2016年には6172件に増加した」としています。

アメリカの国防長官補佐官は、この問題に関して、「アメリカ軍内において、今だに性的虐待や暴行は継続されている」と語りました。

2年に一回実施されるアメリカ軍職員に対する調査の結果、性的な嫌がらせやの犠牲者の58%が、性的暴行を受けたとして訴えた後、加害者からの報復を受けたことが明らかになりました。


by hiroseto2004 | 2017-05-04 06:24 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback


刑法性犯罪を「テロ等準備罪」より先に審議して、一人でも多くの被害者を守れる社会に!! #刑法性犯罪が先


性犯罪被害者の多くは子供や若い女性です。市民にとって一刻も早く必要なのは、まだ起こってもいないテロを取り締まる議論よりも、3分に一件の割合で起きている性犯罪※の厳罰化ではないでしょうか?

4月3日、自民党と公明党は、刑法改正案より後に閣議決定されたテロ等準備罪を先に審議するということにし、刑法改正案の審議は後回しにしました。このように審議の順序を入れ換えることは国会でもほとんど例がなく、普通ではないことだそうです。

今の刑法性犯罪は110年前の明治時代、女性が選挙権ももっていない時代にできた古いもので、被害者を十分に守れないものとなっています。今国会に提出された刑法改正案は、例えば、親から被害を受ける子供をより守れるような形にしたり、これまでは被害者は女性だけとなっていた部分を、男性も被害者になると認めるなど、一部変更し、より多くの被害者を助けるための大切な一歩を踏み出すものです。被害者の苦しみを知る者として、私たちは、この改正案が今国会で成立することを強く願ってきました。

「テロ等準備罪」については野党が強く反対しており、審議には時間がかかることが予想されます。 この状況で審議の順番を入れ替えたのは、審議が難航することが予想されるテロ等準備罪の審議を早く進めるために、性犯罪規定改正案を利用しようとしているとしか考えられません。

「早くテロ等準備罪を成立させないと、刑法改正案の審議もできないのだから、早くテロ等準備罪を成立させよう」と言っているようです。

本当に刑法改正案を重要と考えているなら、あえて順序を入れ換えて審議を後回しにすることなどしないはずです。

他の法案を成立させるために、性犯罪規定改正案の早い改正を望む被害者たちの声を利用するというのは、許すことができません。このようなやり方には強く抗議します。

平成29年3月29日の朝日新聞の記事によると、当初、公明党は、性犯罪被害者の強い希望があることを理由として挙げて、テロ等準備罪の審議よりも、政府が先に提出した、性犯罪規定刑改正案の審議を優先するよう求めていました。この公明党の姿勢に私たちは期待していたにも関わらず、4月3日、公明党は、性犯罪規定改正案の審議を後回しにすることに合意してしまい、強い落胆を禁じ得ません。

なぜ、法案提出順に従って審議順を決めるという慣例にあえて反してまで、性犯罪規定改正案をテロ等準備罪の審議よりも後にしたのか、自民党公明党両党に対し、誠実な説明を求めます。

今この瞬間にも性犯罪被害に遭っている方がいます。性犯罪規定が改正されれば救済される被害が、改正されないままでは救済されないということもおおいにあり得ます。

一刻も早く性犯罪規定改正案を成立させることと、この私たちの声を他の法案成立のために利用しないことを強く求めます。

ご賛同いただいた皆さま、ぜひ #刑法性犯罪が先 というハッシュタグをつけて拡散をお願いいたします。

2017年4月10日

性犯罪規定改正を望む有志一同

平成28年版犯罪白書によると、平成27年の強姦罪の認知件数は1,167件で、強制わいせつ罪の認知件数は男女合計で6,755件、合計すると7,922件です。

内閣府の「男女間における暴力に関する調査」(平成26年版 )によると、「異性から無理矢理に性交された経験(女性のみ)」があると回答した女性のうち、「警察に相談した」のはわずか4.3%です。

警察に相談する人の割合は強制わいせつ罪も同じと仮定して計算すると、実際に発生した強姦罪・強制わいせつ罪の件数は年間18万件程度あると推測できます。

日本のどこかで、3分に1人の割合で、強姦か強制わいせつの被害に遭っているということになります。なお、この数字には痴漢や盗撮(条例違反として処罰されるもの)や言葉によるセクハラは入っていませんので、広い意味での性暴力はもっと多く発生しているといえます

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 自由民主党
  • 公明党

by hiroseto2004 | 2017-04-14 21:47 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
広島の産婦人科医・河野美代子先生も登場しています。




by hiroseto2004 | 2017-04-09 11:43 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
NHK記者の弦本康孝被疑者(被疑者は推定無罪)が、複数の性的暴行をしていた疑いとのことです。
NHKも、身内だからと言って甘くならないよう、しっかり視聴者はチェックをしていかなければなりませんね。



by hiroseto2004 | 2017-02-07 21:31 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
これはいけませんね。


 名古屋市などが後援した2015年の環境啓発イベント「アースデイ」の中で、ストリップショーが屋外の簡易テントで行われていたことが分かった。市は11~16年に後援名義の使用を認めてきたが、市民の指摘を受け今年は後援を中止する方向だ。

 アースデイは、市民団体などによる実行委員会が名古屋市中心部の公園で毎年春に開いている。ストリップショーがあったのは15年5月。「地球秘宝館」をうたった簡易テントの下でプロのストリップダンサーとみられる女性が音楽に合わせて踊りながら、浴衣を脱いで肌を露出していった。当時の様子がネットの動画投稿サイトに投稿され、26日現在も閲覧可能になっている。

 動画によると、女性は胸など体の一部を布などで隠して踊っていた。縄で体を縛るパフォーマンスもしていた。本人とみられるナレーションで、劇場では胸を触ったり写真を撮ったりできると話し、「いつか劇場で会ったときには、楽しんでください」と呼びかけていた。


by hiroseto2004 | 2017-01-27 08:31 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
1年前の記事ですが、慰安婦像(少女像)をつくった夫妻が、韓国軍によるベトナム人虐殺の被害者を慰霊する像も建立されたそうです。
自国軍による加害もきちんと総括し、行動に移す。
非常に公平な態度に、純粋に頭が下がります。

韓国軍のベトナム戦争虐殺、被害者を慰霊する銅像を建立へ 作ったのは「慰安婦像」の夫妻

ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺を謝罪し、被害者を慰霊する像が、ベトナムと韓国に設置される。正式名称「ベトナム・ピエタ」は、2011年、ソウル中心部の駐韓日本大使館の向かいに建つ慰安婦像(「平和の少女像」)をつくった彫刻家のキム・ソギョン(51)、キム・ウンソン(52)夫妻が構想した。「ベトナム・ピエタ」は平和教育と市民募金を経て、2016年中にベトナムで民間人虐殺があった地域と韓国内に設置される予定だ。

ベトナム戦争の歴史的な責任を追求する団体「韓国・ベトナム平和財団建立推進委員会」の関係者は1月15日、「今年、ベトナム中部のいくつかの村で、虐殺50年の慰霊祭が行われている」として「この行事に合わせて、謝罪と慰霊のために『ベトナム・ピエタ』を贈ろうと、各村やベトナム政府と接触している」と明らかにした。


by hiroseto2004 | 2017-01-19 21:08 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する「少女像」。
日本側は、「日韓合意違反」だとして、大使と総領事を一時帰国させています。

しかし、くどいようですが、そもそも、民間人が設置したものについて、民主主義国家の
韓国政府はどうにもしようがないのです。

法的根拠もなく、勝手に撤去すれば、強盗罪か器物損壊罪ではありませんか?

それなのに、日本政府が韓国政府を責めたところで問題は解決しない。

そもそも、政府間で解決しようというのが無駄な話です。

日本政府が、被害者と直接交渉し、決着を付けるしかないのです。

それにしても、日本政府は、アメリカやロシアや中国に対して、こんな強気の態度に出ることはないでしょう?

結局韓国を「格下」だと思って、舐めていると言うことですね。



by hiroseto2004 | 2017-01-10 08:22 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
山田兼輔被疑者は、先祖代々の法曹エリート一家です。


 千葉大学医学部の男子学生3人が女性に性的暴行を加えたとして逮捕された事件で、千葉県警は新たに医師の藤坂悠司容疑者(30)が関与した疑いが強まったとして準強制わいせつの疑いで逮捕しました。
 千葉県警はこれまで、集団強姦傷害の疑いで逮捕された男子学生3人については氏名を公表していませんでしたが、今回の逮捕に合わせて3人の氏名を明らかにしました。3人は、吉元将也容疑者(23)、山田兼輔容疑者(22)、増田峰登容疑者(23)です。(05日20:50)

関連記事



by hiroseto2004 | 2016-12-05 22:44 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback