エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:東日本大震災( 210 )

これも虚構新聞ではありません。
自主避難者は自己責任だ、というのです。
唖然、呆然です。
だったら、復興庁なんていらないではありませんか?
そして復興大臣などいらないのではありませんか?
今村大臣、あなたはすぐに大臣をお辞めなさい。




by hiroseto2004 | 2017-04-04 20:15 | 東日本大震災 | Trackback
e0094315_15511526.jpg
東電と安全規制を怠った国に責任あり。
前橋地裁の判断です。
大津波は予見可能だったとしました。


東京電力福島第1原発事故で福島県外に避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、前橋地裁でありました。原道子裁判長は津波の予見可能性があったと認め、国と東電に総額3855万円の支払いを命じました。同様の訴訟は全国で約30件、約1万2千人が参加しており、集団訴訟としては初めての判決。各地の裁判に大きな影響を与えるものになります。


写真

(写真)原子力事故損害賠償請求集団訴訟で全国初めての一部勝訴を知らせる群馬弁護団=17日、前橋地裁前

 前橋地裁前に各地の訴訟原告団・弁護団が駆けつけ「国の賠償責任を認める」などと書かれた幕が掲げられると拍手が起きました。

 原告は福島県から群馬県に避難した45世帯(避難指示区域25世帯、“自主避難”20世帯)の計137人で、1人当たり1100万円の損害賠償を求めていたもの。

 原告は、▽政府の地震調査研究推進本部が2002年に「長期評価」でマグニチュード8クラスの地震が起こりうると指摘、東電は08年に15・7メートルの津波到来を試算していた▽防潮堤設置や非常用電源設備の高台設置で事故は防げた―などとして、「国、東電は津波を予見し、事故を回避することができた」と主張していました。

 判決は、▽東電は遅くとも02年7月から数カ月後の時点で事故の予見が可能だった▽国は遅くとも07年8月の時点で、東電の対応では事故対応が達成されることは期待できないとの認識があった―として、「事故を防ぐことは可能で、国が規制権限を行使しなかったことは合理性を欠き、違法だ」としました。

 原告の丹治杉江さんは「国と東電の責任を認めさせました。心からうれしく思います。提訴から3年半。原告になろうか悩みました。自主避難者が損害賠償を求めることに抵抗がありました。福島から避難してきて『カネ欲しくて逃げてきたのか』と言われつらかった。この賠償額で納得できるのか今後のことを考えていきたい。夢中で6年間生きてきて、たたかってきたことは良かったと胸を張れます」と述べました。



by hiroseto2004 | 2017-03-18 15:50 | 東日本大震災 | Trackback
e0094315_13575564.jpg
e0094315_13580949.jpg
e0094315_13582175.jpg



本社社主・さとうしゅういちは、2017年3月12日(日)、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を行いました。
東日本大震災の犠牲者の皆様に哀悼の意を表するとともに、「震災も原発事故もいまだ現在進行形であることに心が痛む」
と申し上げました。

その上で、安倍総理が「6年経って節目だから」という理由で記者会見をしなくなることに疑問を呈しました。
そして「記者会見だけでなく、自主避難者への住宅支援まで打ち切るとは薄情に過ぎないか?安倍総理は原発輸出のためには外国に1兆円とか何千億円とか平気でばらまけるのだから、被害者への支援くらい続けられるだろうに。」
と疑問を呈しました。

その上で
「そもそも、原発というシステムそのものに(ボクシングにたとえれば)タオルを投入すべき時だ。ロボットを何台も投入しても廃炉作業が上手くいかないという。事故が起きたらお手上げなものについて、再稼働も輸出もあったものではない。」
と断じました。

続いて、サウジアラビア国王・サルマン被疑者が来日することを紹介。
「サルマン被疑者が、イエメン戦争でクラスター爆弾を使うなどして大量殺戮を行っている」
「国内的にも国そのものが王家のものであるという凄まじい専制体制である」
と強調。
その上で、
「平和憲法を持つ日本の安倍総理は、戦争を止めろとサルマン容疑者に進言すべきだが、残念ながら、いまの安倍総理ではサルマン被疑者にへらへら迎合するだけになりそうだ。国を私物化する首脳同士で意気投合しそうだ。」
などと懸念を表明しました。

その上で、「アッキード事件」に言及。
「籠池理事長は辞任し、小学校の認可申請は取り下げたが、問題は終わっていない。なぜ、9億円の土地が8億円も値引きされたのか?廃棄物は適正に処理されているのか?また、総理夫妻が教育勅語を強要する森友学園を持ち上げたり、稲田防衛大臣にいたっては、教育勅語は正しいなどと言い出していることなど、問題は山積だ。」
と指摘。
「特に教育勅語は1948年に排除と失効が両院で決議されている。戦争への反省からそうしている。そもそも日本は戦争の反省をして国連に入れてもらっているだけだ。防衛大臣が戦争への反省がないと見なされると、中韓はもちろん、(中国以外の常任理事国の)米英仏露などからも白い目で見られかねない。稲田大臣は直ちにお辞め頂くべきだ。」
と懸念しました。

また、南スーダンからの自衛隊撤退については
「撤退そのものは当然だ。しかし、自衛隊員の命を総理はもてあそんでいるとしか思えない。今後は、きちんと今回のことを総括した上で、(どちらかに荷担する形での)自衛隊の海外派兵ではなく、人道支援に徹する路線を確立すべきではないか?」
と訴えました。

さらに、アッキード事件「岡山ー今治ルート」に言及。
「(総理肝いりの成長戦略の)国家戦略特区とは、36億円の土地がただで手に入ると言うことだ。しかし、総理のお友達という条件付きだ。」
と(安倍昭恵さんが系列園の名誉園長を務める)加計学園が獣医大学を今治市に建設するために36億円の土地を手に入れたことを皮肉りました。
 その上で、
「批判を浴びながらも安倍総理たちは、庶民には教育勅語のような態度で説教し、自分たちと仲間はうまい汁を吸う。そういう日本へ突き進んでいる。」
「そういう日本が嫌なら安倍総理に、いまこそタオルを投入しなければならない。」
とボルテージを上げました。

関連記事


by hiroseto2004 | 2017-03-12 14:02 | 東日本大震災 | Trackback
by hiroseto2004 | 2017-03-11 12:09 | 東日本大震災 | Trackback
本日は、東日本大震災が7年目に突入しました。
亡くなられたみなさまに心から哀悼の意を表します。
7年目に突入した、と言う言い方をしているのは、「まだ、現在進行形」だからです。
12万人が避難を余儀なくされている。
原発事故は、燃料デブリ取り出しの見込みすらない。
そんな状態ですので「6年が経った」というよりは、「6年間、現在進行形で7年目に突入した」と表現すべきだ
と思うのです。
そして、前向きに教訓を活かすことが、大事だと思う。
そうでなければ、犠牲者も浮かばれないと思うのです。
ポルトガルでは、1755年にリスボン大震災が発生しました。
欧州人は、以降、非合理主義から合理主義へと転じていったのです。

日本人が、震災を契機にむしろ非合理主義に転じてしまったら、それは愚かなことだし、
多くの犠牲はなんだったのか?と言うことになると思います。

残念ながら、非合理主義的な方向へ日本は突き進んでいる面が多々あるのではないか?
そう思うのです。




by hiroseto2004 | 2017-03-11 09:37 | 東日本大震災 | Trackback

フクシマを忘れない!さようなら原発ヒロシマ集会が3月10日、原爆ドーム前で行われました。
福島市在住で福島原発告訴団の佐々木慶子さんが挨拶をされました。
佐々木さんは
「福島に引っ越してくる人には10万円を補助するなど手厚い一方、自主避難者には冷たい。支援継続を求めても、内堀福島県知事は会ってくれなかった」
となどと福島県政の現状を訴えました。
そして、
「福島第一原発二号機ではすでに一億円もするロボットが10台投入されたがうまくいかなかった。何十年かかるかわからない。」
などと原発事故が全く終わっていない実情を報告しました。
そして、改めて広島と連帯しながら原発をなくしていく決意を表明されました。
集会後、参加者は中国電力本店までデモ行進を行いました。
e0094315_22470330.jpg


by hiroseto2004 | 2017-03-10 22:36 | 東日本大震災 | Trackback
福島県沖でM5.6最大震度5弱
原発に異常は確認されず、とのことです。
正確に言えば「新たな異常」は確認されなかったというべきでしょう。
しかし、ヒヤリとさせられました。
震源がやや深い地震でも、建物を壊しやすい周波数の地震動(キラーパルス)が生じることはままあります。本当にヒヤリとさせられました。


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170228/Jiji_20170228X464.html?_ga=1.38242211.1202369926.1461237180

宮城、福島で震度5弱=原発異常確認されず 時事通信社 2017年2月28日 18時55分 (2017年2月28日 20時00分 更新)


 28日午後4時49分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、宮城県岩沼市と福島県南相馬市、双葉町などで震度5弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは52キロ。地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定される。
 気象庁の青木元・地震津波監視課長は記者会見で、2011年に発生した東日本大震災の巨大地震の余震との見方を示し、「引き続き注意していただきたい」と呼び掛けた。
 東京電力によると、福島第1、第2原発で各施設や放射線量に異常は確認されていない。東北電力によると、停止中の女川原発(宮城県)で異常は確認されなかった。
 宮城、福島両県警によると、地震による被害情報は入っていない。JR東日本によると、東北新幹線は地震による停電で、一時運転を見合わせたが、安全確認が取れ、午後4時56分に再開した。
 主な各地の震度は次の通り。
 震度5弱=宮城県岩沼市、福島県相馬市、南相馬市、楢葉町、双葉町
 震度4=宮城県名取市、角田市、福島県いわき市、富岡町、大熊町、浪江町
 震度3=青森県階上町、岩手県釜石市、山形県米沢市、水戸市、栃木県大田原市。 
by hiroseto2004 | 2017-02-28 20:15 | 東日本大震災 | Trackback(1)
3.11原発事故の被害者の人権を守る国際署名


by hiroseto2004 | 2017-02-16 15:35 | 東日本大震災 | Trackback
一時間あたり、650シーベルト!?

ヒロシマの爆心地でもガンマ線123シーベルト、γ線35シーベルトだったですよ⁉

ロボットもこれじゃあ使いものにならないのは当たり前です。

正直、現代の技術では「地道な廃炉作業」は無理ではないのか?

当面、チェルノブイリのように、石棺で固めるよりほかないのではないか?

そう思うのですが・・。


 東京電力は9日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内調査に向けて、堆積物除去ロボットを投入し、撮影した画像を解析したところ、速報値で毎時650シーベルトを推計したと発表した。福島第1原発で確認された過去最大の値で、人が近づくと数十秒で死亡するレベル。ロボットのカメラも途中で暗くなったため、作業を中断し格納容器から取り出した。高線量で故障したとみられる。

 毎時650シーベルトを推計したのは、月内にも投入を検討している調査用ロボットが通るレールの上。真上の空間では2日にも毎時530シーベルトという放射線量が推計されており、東電の木元崇宏原子力・立地本部長代理は「この近くに何らかの線源があると推定される」とした上で、溶融した燃料(燃料デブリ)が含まれている可能性については「溶けた燃料が傾斜しているレールを上ってくるとは考えにくい」と述べた。

 今回投入したのは、調査用ロボットを入れる前にレールを掃除するためのロボット。レール上には長さ約5メートルにわたって堆積物があり、このうち約1メートルを除去した時点でカメラが暗くなった。



by hiroseto2004 | 2017-02-10 16:37 | 東日本大震災 | Trackback

530シーベルト/時!

凄まじい放射線量ですね!
広島の原爆の爆心地でもγ線123シーベルト。中性子線35シーベルト。
500mで35シーベルト、6.4シーベルトということです。

8シーベルト浴びれば全員死ぬ、4シーベルト浴びれば半分が死ぬと言われています。
1分も立たないうちに全員が死ぬ。おそらく、機械なども、予測できないダメージを受けるでしょう。
廃炉はめどが立たないというのも当然です。
何年かかるのか?全く分かりません。



530シーベルトの衝撃 福島2号機、見通せない廃炉

朝日新聞デジタル 2/3(金) 0:23配信

 炉心溶融事故を起こした東京電力福島第一原発2号機は、原子炉圧力容器の外側でも毎時530シーベルトという高い放射線量だった。人が近づくと死に至る強さで、調査用ロボットを入れる予定だった場所は高熱で穴が開いていた。想像を超える高い放射線量とひどい損傷で、廃炉作業の困難さが改めて浮かび上がった。

【写真】原子炉圧力容器直下には巨大な穴が開いていた

 2号機の内部では1月30日、溶け落ちた核燃料の可能性がある黒い塊が撮影された。東電がこの画像を調べた結果、内部の様子が明らかになってきた。

 原子炉圧力容器の底部には制御棒の駆動装置などの機器やケーブルが見える。機器や足場には、燃料や部品などが溶けて混じり合ったとみられる黒っぽい物質がこびりつき、水がしたたり落ちていた。

 東電によると、毎時530シーベルトという放射線量は運転中の原子炉圧力容器内と同程度の放射線量にあたるという。これまでは事故後の2012年、2号機の格納容器内で毎時73シーベルトが観測されたのが最高だった。


by hiroseto2004 | 2017-02-04 18:03 | 東日本大震災 | Trackback