エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:片目失明者友の会( 46 )

片目失明者友の会総会

e0094315_14154336.jpg

【片目失明者友の会総会】
2015年4月19日(日)、東区二葉公民館で「NPO片目失明者友の会」の第二回総­会が開催されました。
国会議員10人からお祝いのメッセージをいただきました。
久山公明代表は、地元での土砂災害にお見舞いの言葉を述べた後、厚労省への陳情や国会­審議で取り上げられるなどの昨年度の活動成果を報告。そのうえで「片目失明の苦しみは­当事者しかわからない」「いつか、片目失明が障がい者認定されるよう奮闘する」などと­力を込めました。今年度は、国会議員と連携して法制化へ前進を図ること、そして当事者­同士の交流を深めることなどの運動方針を採択しました。なお、今年度からは、さとうし­ゅういち本誌社主が、顧問を降板させていただき、妻が事務局次長として­、役員に入りました。
今後とも、一会員としては積極的に活動を支えることには変わりはありませんが、
男女共同参画の観点からも、役員比率を男女半々にすることが必要と考え、役員
からは、わたくしが引いた次第です。

by hiroseto2004 | 2015-04-19 14:15 | 片目失明者友の会 | Trackback
片目失明者は、片方の視力が0.7以上あると、障碍者として認定されず、反面、大型二種免許など
就職に関連する面では不利な立場におかれています。
こうした不条理の是正を求め、NPO片目失明者友の会は、片目失明者の障害認定を求めています。
https://www.facebook.com/katameshitumeisyatomonokai
2013年に発足した同会は、フェースブックなどを通じて会員拡大や署名運動を展開。
2014年6月には厚生労働省に署名を提出しました。
今年は、国会での追及も受けて厚生労働省も検討会を開きます。
久山公明同会代表に今年の抱負を伺いました。
http://youtu.be/5UJqmZaiEfU


by hiroseto2004 | 2015-01-25 19:42 | 片目失明者友の会 | Trackback
10月30日、28日に続き、参議院厚生労働委員会で茨城県選出の藤田幸久議員が私達片目失明者の事を取り上げて質問して下さいました。
その中の内容は、まず昭和25年制定の、現在の視覚障害法は随分古くなったものだなと塩崎大臣は認めております。
その上に立って、今の基準がどういう問題が有って、どういう事を考慮しないといけないのか、専門家(眼科医他)の意見をしっかり聞いて検証化されるべきで、検証化委員会を早急に実施する。と答弁しております。
早急にが、いつになるのかは良くわかりませんが、藤田議員が早い時期に段取りして下さるものと確信していますし、今日の塩崎大臣の発言を聞いて、われわれ当事者とのヒヤリングもそう遠くない時期に実現できるものと確信しております。
藤田議員、28日の質問に続き、本日もご質問頂き、誠に有り難うございました。
これからも宜しくお願い致します。
by hiroseto2004 | 2014-11-08 15:07 | 片目失明者友の会 | Trackback

 「片目失明者友の会」からのお知らせです。

https://www.facebook.com/katameshitumeisyatomonokai


 本日厚生労働委員会に於いて、民主党茨城県選出の参議院議員・藤田幸久さんに片目失明者の事を取り上げて頂き、塩崎厚生労働大臣相手に質問して頂きました。
あの短い時間の間にすばらしい質問をして下さいました、藤田
幸久議員に誠に有り難うございました。
次の段階として、藤田議員のアドバイスにより、日本眼科医会会長高野繁先生にご協力頂くべく、要望書を本日郵送させて頂きました
これからも皆様方のご支援宜しくお願い致します。


藤田幸久参議院議員による視覚障害者の障害者認定について質問

友人の奥さんが、脳外科の手術をした後、片目が見えなくなった。ところが、片目失明に伴い、もう一つの目の視力がよくなったために、片目失明であるにもかかわらず、障害者手帳がもらえないというおかしな制度の存在を知らされた。

○6月3日に「NPO片目失明者友の会」代表の久山公明さん他が、
「片目失明者を障害者に認定すること等を要望します」という厚生労働大臣宛の要望書を佐藤茂樹厚生労働副大臣に提出した。3万6千人以上の方々の署名が添付されていた。
要望項目は以下の3点である。
1. 片目失明者を障害者に認定して下さい。
2. 現行の視覚障害者の認定基準を見直しするか、新たに身体障害程度の等級を設定して下さい。
3. 要望の趣旨の各項目に記述した事項等について、正しい方向で見直して福利厚生の改革に着手して下さい。
これに対する塩崎大臣の答えを伺いたい。
○片目失明であっても、もう片方が0.6を超えていれば、そもそも障害者6級にすら該当しない。この基準は、片目失明者の障害性と生活の苦闘の実態を反映していないのではないか?片目失明者は幼稚園や学校からの入学拒否や就職拒否、学資保険加入拒否、いじめ、といった障害者扱いを受けている。障害者基本法には、「障害者とは、身体障害、知的障害又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者」と定義が書かれている。片目失明者は、障害者として認定されるべきではないか?
○航空機パイロット、電車等の運転士、タクシーなどの自動車第二種免許の場合には、両眼での一定の視力が必要とされている。従って「 就職においても、警察官、自衛官、消防士、JR他、片目であることを理由に制限を受け、随分と敬遠されているのも現状です。このように、 片目失明者に対して、社会的な制限が設けられているなら、逆にそれに対する社会的保障が設けられても日本国憲法の理念に照らしても、当然と思います。」と要望している。また、見える目に神経が集中してしまい、眼精疲労が発生し、「目のかすみ」・「頭痛」・「嘔吐(おうと)」などを引き起こす。遠近感覚がつかめず、まっすぐ歩く事すらままならない。更には、片目失明者とわかると様々な不利が生ずるので名乗れない人も少なくないとのこと。塩崎大臣、この問題の解決に向けての決意と対策を伺いたい


by hiroseto2004 | 2014-10-28 12:45 | 片目失明者友の会 | Trackback
【片目失明者 障害認定へ 民主・藤田幸久議員が質問へ】
「片目失明者友の会」(本部事務局・広島市安佐南区 久山公明代表)では、先だって6月3日に厚生労働副大臣宛に片目失明者を障害者認定してほしいと言う要望書と、全国から寄せられた、36,119筆の署名を持って提出して参りましたが、今般厚生労働委員会に於いて、私たちの事を塩崎厚生労働大臣相手に質問して頂く事になりました。
質問に立たれるのは民主党茨城県選出の参議院議員藤田幸久さんです。
質問は、10月28日(火)朝10時から10時半までの厚生労働委員会です。
テレビ中継はありませんが、インターネット中継でご覧になれます。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php




by hiroseto2004 | 2014-10-27 20:10 | 片目失明者友の会 | Trackback
e0094315_19215486.jpg
片目失明者は、片方の視力が0.7以上あれば、障碍者とは認定されません。しかし、実際には、就職上も含め、様々な困難に直面しています。そこで、片目失明者の障害認定などを求め、片目失明者友の会は活動しています。

このたび、全日本民主医療機関連合会の機関誌・「いつでも元気」2014年10月1日号の巻頭エッセイに久山公明・片目失明者友の会代表のコラムが掲載されました。
http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/genki/2014/276/img/mokuji276.pdf


by hiroseto2004 | 2014-10-12 19:27 | 片目失明者友の会 | Trackback
e0094315_21262591.jpg

【片目失明者友の会代表・久山公明さん講演会】
片目失明者友の会代表・久山公明さんによる講演会が、6月28日、広島市中区のゆいぽーとで行われました。
片方を失明していても片方が0、7以上だと障害認定されず、片目失明者は法の谷間で苦しんでいます。
6月3日、久山さんらは、片目失明者の障害認定を求め、厚生労働省に36000以上の署名を添えて要請を行いました。


久山さんによる報告の後、参加者から一人づつ感想や自己紹介。片目失明した経緯もうまれながら、幼いとき、そして、年をとってから、と多様です。


義眼への補助も、自治体によってかなり差が激しいこともわかりました。こういうことも、格差是正を国に求めていこう、ということになりました。

また、地方圏では特に、「片目失明者友の会」からの郵便が来るだけでも、周囲に知られてしまうのが困る、
というお話もあり、それぞれのおかれた状況の厳しさを実感しました。

今後は、眼科専門医の皆様などのご協力も仰ぎながら、法制化へ向けて奮闘してまいります。
引き続きのご支援よろしくお願いいたします。


by hiroseto2004 | 2014-06-28 21:26 | 片目失明者友の会 | Trackback

片目失明者友の会役員会

e0094315_13185341.jpg

【片目失明者友の会役員会】
今日、午後は片目失明者友の会役員会です。
6月3日に久山公明代表らが厚生労働省に要望を実施してから初めての役員会です。
また、6月28日(土)14時からは、クオータ制の実現をめざす会が広島市中区大手町のゆいぽーと四階研修室に久山代表をお招きし、報告をしていただきます。
よろしくお願いいたします!
by hiroseto2004 | 2014-06-07 13:18 | 片目失明者友の会 | Trackback
日頃は当会の活動にご理解、協力を賜り誠にありがとうございます。

本日、6月3日午後2時より、久山代表ほか5名の当事者と小松典子顧問(司法書士)が、厚生労働省を訪問。
https://www.facebook.com/katameshitumeisyatomonokai/photos/pcb.276377489207478/276377185874175/?type=1&theater

皆様の思いのつまった約3万6000人分の署名と法改正を求める要望書を、厚生労働省副大臣室に於いて、久山代表から佐藤厚生労働副大臣に直接手渡しました。

詳細につきましては後日あらためてご報告させていただきます。


今後とも、法制度の整備へ向けて、皆様のご協力・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

片目失明者友の会 事務局長 さとうしゅういち


by hiroseto2004 | 2014-06-03 22:07 | 片目失明者友の会 | Trackback
【片目失明者に障害認定を!~誰もが置きざりにされない社会へ~
クオータ制の実現をめざす会・ひろしま総会記念講演】

日時・2014年6月28日(土)14時
場所・広島市男女共同参画推進センターゆいぽーと四階研修室1(広電鷹野橋徒歩3分)
http://www.yui-port.city.hiroshima.jp/
〒730-0051
広島市中区大手町5丁目6番9号
[TEL]082-248-3320
[FAX]082-248-4476
講師・久山公明さん(片目失明者友の会代表)
https://www.katame.org/
内容・片目失明者を障害認定へ!厚労省要請行動報告
片目失明者は、片方の視力が0.7以上だと、障がい者として認定されません。
しかし、現実にはさまざまな不便に直面しており、就職などにおいても制約があります。
一方で障がい者としての支援はなく、義眼などの費用負担は重くのしかかります。
こうした制度の谷間に置かれた不条理に対して、広島から久山公明さんが立ち上がり、片目失明者友の会を結成しました。
そして、署名活動を全国各地で行い、厚生労働省に署名を提出します。
「クオータ制の実現をめざす会」は、片方の性が四割を意志決定過程で下回らないクオータ制度の実現を目指しています。
しかし、その本来の趣旨は、「困っている人の声が切り捨てられない世の中にする」ということにほかなりません。
今回は、今まで置きざりにされてきた片目失明者の先頭にたっておられる久山さんをお迎えし、会の活動について詳しくお話をうかがいます。
そして、誰もが置きざりにされない社会にするにはどうしたらいいか?共に考えましょう!
連絡先:さとう 090-3171-4437 facebook :satoh.shuichi

久山公明さんプロフィール
1950年3月1日生まれ 64歳
1968年3月年柳井学園高等学校普通科卒業
1972年3月亜細亜大学法学部法律学科卒業
会社員として営業一筋に渡り歩き現在に至る。
現在任意団体NPO片目失明者友の会代表 全国の会員数北は北海道から南は沖縄迄360名
公明写真.jpg

by hiroseto2004 | 2014-05-10 14:22 | 片目失明者友の会 | Trackback