エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:国際情勢( 799 )

イスラエルのネタニヤフ首相が、ロシアに続き中国も訪問しています。
アメリカ一辺倒ではない外交姿勢が現れています。
この点は、日本も参考にすべき点です。
他方で、中国も、別にイスラエルに媚びることなく、パレスチナ独立国家が必要だと
ネタニヤフ首相に面と向かって言ってます。

中国の李克強首相が、パレスチナ独立国家を樹立する必要性を強調しました。

中国・新華社通信によりますと、李首相は21日火曜、北京でシオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相と会談し、「中国政府は、パレスチナ独立国家の樹立と中東の平和を目指し、国際社会と協力するための努力を続けていく」と語りました。

パレスチナ人は、中国が拒否権を有する国連安保理常任理事国として、パレスチナ独立国家の樹立とパレスチナ人の権利回復に向け、重要な役割を果たすことを期待しています。



by hiroseto2004 | 2017-03-22 21:16 | 国際情勢 | Trackback
朴槿恵被疑者が検察に出頭しました。
国政私物化の被疑事実です。
日本でも安倍晋三・昭恵被疑者となれば良いのですが。
そういう罪はないので、難しいですね。

【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パククネ)前大統領が21日午前、友人の崔順実(チェスンシル)被告の国政介入事件の共犯として事情聴取を受けるため、ソウル中央地検に出頭、検察が容疑者として取り調べに入った。検察が「疑惑の中心」とみてきた朴氏への聴取が憲法裁判所による罷免決定で疑惑発覚から約5カ月たって実現した。

 ソウル江南(カンナム)区にある自宅から午前9時25分ごろ、地検に到着した朴氏は、報道陣を前に「国民の皆さまに申し訳なく思う。誠実に聴取に臨む」と述べ、庁舎に入った。

 朴氏は、最大財閥のサムスングループから崔被告側への巨額支援をめぐる収賄など13件に上る容疑が持たれており、取り調べは長時間に及ぶ見通し。

 朴氏は大統領府を退去した12日、「真実は必ず明らかになると信じている」と罷免決定に不服を示すかのようなコメントを表明。取り調べでも事件への関与を全面的に否認する可能性が高い。検察が聴取後に逮捕に踏み切るか、在宅起訴にとどめるかを判断する。


by hiroseto2004 | 2017-03-21 12:59 | 国際情勢 | Trackback
イギリスではイラク戦争の検証が行われ、トニー・ブレア被疑者が謝罪しています。
他方で、日本は検証もろくに行われず、小泉純一郎被疑者は反省もないまま。
腹心の安倍被疑者が総理に昇進し、暴走しています。



More
by hiroseto2004 | 2017-03-21 10:41 | 国際情勢 | Trackback

独土関係がぎくしゃくしています。






ドイツのデメジエール内務大臣が、最近のトルコの扇動行為を批判しました。

IRIB通信によりますと、デメジエール内務大臣はトルコとドイツの最近の緊張関係に触れ、トルコ政府はドイツやそのほかのヨーロッパの一部の国に対する反対をあおっており、これは受け入れがたい行動だとしました。

この緊張は、トルコのエルドアン大統領が、トルコ政府関係者による憲法改正の国民投票関連の集会の開催を制限した、ドイツやオランダなどの一部のヨーロッパ諸国を強く批判したことを受けて起こりました。

先週金曜、トルコの政府系の新聞は、ドイツのメルケル首相にヒトラーのような髭をつけ、ナチスの軍服を着せた写真を掲載しました。

こうした中、ロイター通信によりますと、トルコのカルン大統領報道官は、19日日曜、ドイツに関して、「昨年のトルコのクーデター未遂に関する、ドイツの情報機関の長官の表明から、ドイツ政府はクーデターを支持したテロ組織を支援していることが証明された」と語りました。

カルン報道官は最近、ドイツ・シュピーゲルのインタビューで、ギュレン派を過激なテロリストだとするトルコ政府のプロパガンダに関する疑念を語っていました。


by hiroseto2004 | 2017-03-20 17:34 | 国際情勢 | Trackback

イラン暦の本日はイラン石油国有化記念日なのですね!
イランはその後残念ながらアメリカの干渉を受けますが、しかし、この国有化は第三世界に大きな勇気を与えたのも事実です。

イラン暦エスファンド月29日にあたる今日3月19日は、イランの石油国有化記念日です。

イラン石油国有化法案は、1951年3月20日、イラン国会の石油委員会の提案によって可決され、イランの石油は正式に国有化されました。

一時期、イランの石油国有化を巡って政治的な緊張が高まった後、イギリスの手はイランの石油産業から絶たれ、これは、中東からのイギリスの段階的な撤退につながりました。

イランの石油国有化はまた、中東地域の政治情勢の歴史における転換点となりました。

エジプトのナセル大統領によるスエズ運河の国有化も、イランの石油国有化を模範としたものでした。


by hiroseto2004 | 2017-03-19 18:52 | 国際情勢 | Trackback
イエメンでの戦争犯罪など、許しがたいサウジアラビア国王・サルマン被疑者。
しかし、したたかなことも事実です。
日本と中国を両天秤に掛け、支援を引き出す。
ただ、日本も、まともに、中国を包囲するんだ、と気勢を上げても、結局サルマン被疑者に
良いようにされるだけですね。

中国国家主席がサウジアラビア国王と会談 経済協力で一致

中国の習近平国家主席は、サウジアラビアのサルマン国王と北京で会談し、投資などの分野で経済協力を進めることで一致し、中国としてはサウジアラビアが取り組む石油に依存しない経済改革を後押しして、中東地域での存在感を高めたい狙いもあると見られます。

中国の習近平国家主席は、日本に続いて北京を訪れたサウジアラビアのサルマン国王と16日に会談しました。

中国外務省によりますと、両首脳は投資などの分野で、総額650億ドル(7兆3000億円余り)の経済協力を進めることで一致したということです。

中国にとってサウジアラビアは、原油の最大の輸入相手国であるほか、習主席が提唱するアジアとヨーロッパをつなぐ経済圏構想「一帯一路」における重要拠点の一つです。
会談でサルマン国王は、「『一帯一路』構想に積極的に参加していく」と述べたということです。

サウジアラビアは世界屈指の産油国ですが、原油価格の低迷で財政難が続いていて、石油に依存しないための経済改革を進めようとしています。

中国としてはインフラ整備などの経済協力を通じて改革を後押しし、中東地域での存在感を高めたい狙いもあると見られます。

一方、サルマン国王は15日までの4日間、日本を訪れて安倍総理大臣などと会談していて、サウジアラビアとしては日本と中国をてんびんにかけることで、両国から最大限の支援を引き出したい思惑があるものと見られます。


by hiroseto2004 | 2017-03-17 21:04 | 国際情勢 | Trackback
これはその通りです。
イスラム教徒が殺されても、あまり国際機関は動かない傾向は感じますね。
イエメンへのサウジの空爆。ミャンマー政府のムスリム虐殺。
あまりにも冷たい感じはします。


17日に行われたテヘラン金曜礼拝で、モヴァッヘディケルマーニー師が説教を行い、「ミャンマーやサウジアラビアのイエメンでの犯罪など、世界のイスラム教徒の殺害に対する沈黙により、人権を擁護する国際機関は信用を失っている」と語りました。

モヴァッヘディケルマーニー師は、サウジアラビア外相のイランに対する発言に触れ、「イランが地域のテロを支援しているとする主張は、サウジアラビアが2年に渡ってイエメンの人々を攻撃し、子供たちを殺害することで、この国を血の海にしている中で行われている」と語りました。

また、サウジアラビアの政府高官に対し、「犯罪や圧制の継続により、サウジアラビアは消滅に向かうだろう」としました。

さらに、イランの原則的な政策は、コーランの教えに従い、被抑圧者への支援に基づいたものだとし、「イランは、パフラヴィー独裁政権の時代、アメリカの傀儡であったが、現在は地域の有力な国になっている」と語りました。

モヴァッヘディケルマーニー師は、地域のアラブ諸国や西側諸国が人権擁護を主張しているのは恥知らずなことだとし、「人権を侵害している国々が、世界における人権の向上を主張している」と語りました。

また、イランの次期大統領選挙に触れ、選挙はイラン国民にとって大きな試練であるとし、「イランの人々は、相応しい人物に票を投じることを忘れるべきではない」と述べました。


by hiroseto2004 | 2017-03-17 20:59 | 国際情勢 | Trackback

イランには、それなりに民主主義が根付いていると言うことを、多くの国も認めている、ということでしょう。

実際問題として、イランでは、穏健派と強硬派で政権交代を繰り返していますしね。少なくとも北朝鮮とは同列ではない。政権交代がそれなりにある、と言う意味ではむしろ日本よりも進んでいる、というべきではないでしょうか?


イランのザリーフ外務大臣が、「2013年の選挙におけるイランの人々の大規模な参加により、西側は協議の席についた」と語りました。

イルナー通信によりますと、ザリーフ外務大臣は11日土曜、イランの人々は選挙に参加して、政府に力を与えたとして、「一部は、イランが2013年の選挙のあと、協議の席についたという間違った考えを持っているが、制裁がイランの人々と政権を分断することができないとわかったときに、協議の席についたのは西側、特にアメリカだった」と述べました。

また、2013年の選挙の投票率が73%だったことで、イランの代表団は6つの大国と対等に話ができ、また人々の見解や権利を協議の中で確定したとしました。

さらに、イランの人々は今年の選挙に参加することで、再び宗教的な民主主義体制を世界の人々に示すことになるとしました。

イラン大統領選挙と市町村議会選挙は5月19日に実施されます。


by hiroseto2004 | 2017-03-12 19:11 | 国際情勢 | Trackback
国王のサルマン被疑者が訪日中のサウジアラビアが、イエメンでの戦争犯罪を継続しています。
安倍総理は、サルマン被疑者に、戦争を止めるよう、苦言を呈することが出来るのでしょうか?
それとも、結局は「国を私物化しているお仲間同士」で意気投合してしまうのか?
後者の可能性が高いですけどね。



サウジアラビア軍が10日金曜、イエメン西部フダイダ州にある市場を攻撃し、これにより民間人26名が死傷しました。

アルアーラム・チャンネルが、イエメンの情報筋の話として報じたところによりますと、この攻撃で16人が死亡、10名が負傷したということです。

サウジアラビア軍の戦闘機が、地域の上空を広範囲にわたって飛行していることから、負傷者への救援やこの地域からの犠牲者の遺体の搬出が困難になっています。

サウジアラビアは、同国に同盟するアメリカなどの西側諸国やアラブ諸国の支援を得て、イエメンのハーディ元大統領を復権させるために、2015年からイエメンに対する全面的な攻撃と包囲を実施しています。

この軍事攻撃で、これまでに多数の人々が死傷し、難民となったほか、インフラが破壊されています。

サウジアラビアの攻撃により、アラブの最貧国であるイエメンは深刻な食糧・医薬品の不足に直面しており、また複数の病気が蔓延しています。


by hiroseto2004 | 2017-03-12 16:00 | 国際情勢 | Trackback
ロシアとイスラエルは最近では関係は悪くはありません。
それでもネタニヤフが無茶を言えば、それはきっちり、否定しています。


ロシアのプーチン大統領が、イランに関するシオニスト政権イスラエルの主張を否定しました。

ロシアトゥデイによりますと、プーチン大統領は、イスラエルのネタニヤフ首相が、イランはイスラエルを消滅させようとしていると非難したことを受け、「イスラエルは国際問題を現代世界の角度から見つめるべきだ」と語りました。

ネタニヤフ首相は、プーチン大統領との会談で、「イランはおよそ2500年前からイスラエルを消滅させようとし、それに失敗してきた。現在もその努力を続けている」と主張しました。

また、「イスラエルを消滅させようとするイランの努力は非常に明らかであり、そのことはイランの新聞に繁栄されている」と語りました。

プーチン大統領は、このネタニヤフ首相の主張に対し、「イランに関しては、現代の状況を考慮に入れて判断すべきだ」と語りました。

ネタニヤフ首相とプーチン大統領はまた、テロ対策、シリア危機、イランとイスラエルの敵対といった問題について意見を交わしました。

ネタニヤフ首相は、ロシアの政府高官と会談するため、モスクワを訪問しています。


by hiroseto2004 | 2017-03-11 00:29 | 国際情勢 | Trackback