エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:国際情勢( 990 )

ここから先は、本格的に交渉という所でしょうか。

そもそも、アメリカにやられるのが怖くてミサイルを開発していたわけですから、グアム攻撃態勢が完了してしまえば、金正恩としては「一段落」なのです。
今後は、いかに、米朝が、朝鮮戦争を法的に終わらせること。そして朝鮮+日本の北東アジアの非核地帯化へ進むか。
それを後押しできるかだと思いますよ。


北朝鮮、グアム攻撃の威嚇姿勢を軟化

北朝鮮は米領グアムへのミサイル攻撃を見合わせることを決めた
北朝鮮は米領グアムへのミサイル攻撃を見合わせることを決めた PHOTO: /ASSOCIATED PRESS

 【ソウル】北朝鮮の国営メディアは15日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が米領グアムへのミサイル攻撃を見合わせると決めたと報じた。ただ、「米国が極めて危険で無謀な行為を続けるならば」、金氏は考えを変える可能性があるとくぎを刺した。

 先週は、北朝鮮とドナルド・トランプ米大統領との間で脅迫の応酬が見られたことで米朝間の緊張が高まっていたが、今回の報道を受け緊張は和らぐ可能性がある。

 トランプ氏は先週、米軍は「臨戦態勢にある」とし、北朝鮮は「炎と怒り」に直面するだろうと警告した。一方、北朝鮮は国営メディアを通じ、中距離弾道ミサイル「火星12」4基でグアム周辺を「包囲射撃」すると威嚇していた。

 北朝鮮の国営メディアによると、金氏は軍の指揮所を訪れ、高官が提示した軍事計画を検討した結果、グアムへの攻撃を取りやめることを決めた。だが米国に対し、現在の膠着(こうちゃく)状態が自国の利益になるかどうか「十分考慮するよう」忠告。米国には「北朝鮮に対する傲慢(ごうまん)な挑発と一方的な要求を直ちにやめ、これ以上北朝鮮を挑発しない」義務があると述べた。

 また、「米国が朝鮮半島およびその周辺で、極めて危険で無謀な行為を続け、北朝鮮の自制心を試すならば、(北朝鮮は)言明した通りに重要な決断を下すだろう」と語った。

 さらに、ミサイル攻撃計画は「いつでも実行に移せる状態にある」とし、実行した場合「米国の気管を締め上げ、その存亡を脅かす最も素晴らしい歴史的瞬間になるだろう」と述べた。


by hiroseto2004 | 2017-08-16 15:20 | 国際情勢 | Trackback
トランプになってからのアメリカのイラン敵視は異常です。
そもそも、イランへの制裁なんぞ、もはや意味が無いことを悟ったからオバマ政権も核合意に達したのですよね?
そうしたことも踏まえないトランプとは・・。


  • ローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が、「アメリカがイランに対する制裁の行使を続ければ、イランは一時的に核合意を離脱する可能性がある」と強調しました。

ローハーニー大統領は、15日火曜、指名閣僚の信任について審議する国会の会合で、「アメリカの政治家は、制裁や圧力という失敗の経験が、過去の政権を協議の席につかせたことを知るべきだ。彼らがその経験に戻ろうとするのなら、イランは間違いなく、一時的に、協議が始まる前よりもはるかに発展した状況に戻ることになる」と述べました。

また、アメリカ政府の約束不履行や口実探しは、イランが取り決めを遵守し、権利を回復していること、アメリカの拡張主義政策が失敗していることからくるものだとし、「世界の人々は、この数ヶ月、アメリカが国際的な合意を無視していること、核合意の約束違反を繰り返しているだけでなく、気候変動に関するパリ協定やキューバとの合意、自由貿易協定なども踏みにじっていることを目にしてきた」と述べました。

ローハーニー大統領は、西アジアの情勢変化に触れ、「イランはタクフィール主義グループの暴力、大国への依存による安全の確立に向けた努力を、地域の安全保障上の最大の問題だと考えており、強い決意と誠意により、地域の平和と安定を追求している」と語りました。

また、「地域の問題は地域によってのみ、解決される。イランは安定した国として、近隣諸国に友好の手を差し伸べ、平和と平穏の確立を求めている」と強調しました。

さらに、指名閣僚を紹介し、「彼らは皆、抵抗経済政策、発展、国民への奉仕、イスラム体制の理念の実現、国益の確保に向け、全力を尽くすだろう」と述べました。


by hiroseto2004 | 2017-08-16 00:26 | 国際情勢 | Trackback
朝鮮(金正恩)も、いよいよ交渉に乗り出してきた、ということでしょう。
ともあれ、最終的には、朝鮮戦争を法的に終わらせること。
そして北東アジア非核地帯。ここへ向けて関係各国の努力を!



  • キムジョンウン労働党委員長

北朝鮮が、アメリカ政府が朝鮮半島での緊張を終わらせるなら、グアムのアメリカ軍基地に対する攻撃を中止するとしました。

イルナー通信によりますと、北朝鮮のキムジョンウン労働党委員長は、同時に、アメリカが朝鮮半島で脅迫や挑発を続ければ、その決定を変更すると警告しました。

グアムへのミサイル攻撃計画

こうした中、数時間前に北朝鮮の朝鮮中央通信は、キムジョンウン委員長が、軍の司令官らとの会合で、グアムへのミサイル攻撃計画について報告を受けたと伝えました。

キムジョンウン委員長はこの会合で、司令官らに対し、必要が感じられた場合の攻撃に備えるよう指示しました。

EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表は、声明の中で、平和的な方法による朝鮮半島危機の解決を求めました。

北朝鮮とアメリカは、この数週間、激しい言葉の応酬を繰り広げています。

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮は炎と怒りに包まれることになると警告し、北朝鮮もそれを受け、グアム周辺に弾道ミサイル4発を発射する計画を検討していると発表していました。

グアムには、アメリカ軍の爆撃機などの軍備や数千人の兵士が配備されています。


by hiroseto2004 | 2017-08-16 00:20 | 国際情勢 | Trackback
韓国政府もトランプには戸惑っているようです。
とにかく、朝鮮戦争を正式に終わらせ、北東アジアの非核化を!

  • トランプ大統領

韓国のムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官が、アメリカ大統領の朝鮮半島政策を批判しました。

イルナー通信によりますと、ムン特別補佐官は、13日日曜、トランプ大統領の最近の北朝鮮に対する脅迫的な発言と地域の緊張の拡大を批判し、「アメリカ大統領がこのような脅迫的な発言を行うべきではない」と語りました。

また、「トランプ大統領の立場は明確ではなく、このような発言に、韓国政府は混乱している」としました。


by hiroseto2004 | 2017-08-15 18:09 | 国際情勢 | Trackback
朝鮮も昔のように経済的には追い込まれていない

朝鮮は実は昔のようには経済的に追い込まれていない。

昔なら、確かに追い詰められて朝鮮側が暴発ということもあり得たかもしれない。
だが、今は年3.9%の成長をしているということを韓国も認めている。
先進国と途上国で単純な比較は出来ないが、長年成長していない日本と比べても朝鮮経済は「元気」である。

もちろん、貧富の格差は大問題だが、それを言い出したら先進国にだって飢えている人はいる。

中国以外にも、いろいろな国が朝鮮の貴重な天然資源をほしがって貿易をしている。さらに、金正恩も地下経済(民衆の自由な経済活動)を黙認している。

正直、アメリカの経済的な地位の低下も大きいと思う。
イランに対しても制裁は効いていませんが、朝鮮に対しても効いていないのではないでしょうか?

むしろ、アメリカ側にも、今後は朝鮮を最後の経済成長のフロンティアと見なす力学も強まってくると思います。
安倍政権は、朝鮮危機を煽る一方である。

だが、朝鮮での戦争が正式に終結したらしたで、「ハシゴを外された」
と慌てるのは安倍ジャパンであるのは目に見えています。





by hiroseto2004 | 2017-08-14 18:57 | 国際情勢 | Trackback
  • イラン産油の輸出

インドに対するイラン産油の輸出が、日量50万バレルを超えています。

イラン石油省は、「7月、イランから日量50万2000バレルの原油がインドに輸出され、この量は、その前の月に比べて8万3000バレル増加している」としました。

また、インドに対する原油の輸出は2015年から増加の一途を辿って(おり、2017年の8月まで、イランからインドに日量平均43万8000バレルの原油が輸出された」として)います。

イランはまた、7月の一ヶ月間で、日量220万バレル以上の原油をヨーロッパやアジア諸国に輸出しました。

現在、イランの原油生産量は、日量およそ400万バレルに達しています。


by hiroseto2004 | 2017-08-14 18:41 | 国際情勢 | Trackback

アメリカ・バージニア州シャーロッツビルで、人種差別派とこれに反対する人々による衝突が発生し、3名が死亡しました。

フランス通信によりますと、シャーロッツビル市の当局者の1人、モーリス・ジョーンズ氏は、「群集に向かって進んできた自動車と衝突して1名が死亡したほか、現場付近でヘリコプターの墜落により、警察官2名が死亡した」と語っています。

今回の衝突は、右翼と人種差別派がシャーロッツビル市内の公園から、南北戦争時の南軍の指導者ロバート・リー将軍の像を撤去することに反対し、抗議デモを行った際に勃発しました。

人種差別派の人々がファシスト的なスローガンを唱え、反対派ともみ合いになったことから、バージニア州では非常事態宣言が出されています。

シャーロッツビルの市長をはじめとするアメリカの一部の政治家は、同国のトランプ大統領の行動により、バージニア州での人種差別派による緊張が助長されていると見なしています。

なお、昨年のアメリカ大統領選挙では、人種差別を支持するグループがトランプ大統領に投票しています。


by hiroseto2004 | 2017-08-14 18:23 | 国際情勢 | Trackback
ISの陰に隠れて免罪されているイスラエル・サウジ

ISの陰に隠れて、免罪されているもの。

ひとつはイスラエル。パレスチナ問題は全く終わっていない。現在進行形である。ユダヤ人による入植は続いている。

しかし、日本人も含めた国際社会がどれだけ注目しているのか?2001年の911テロ以降、全くと言って良いほど関心が低下してしまったのではないか?

もう一つはサウジアラビア。絶対王政でイスラム過激派製造装置でもある国だ。隣国のイエメンに空爆しまくりの国でもある。だが、なぜか、お目こぼしされている。それどころか、日本円で10兆円相当の武器をアメリカに売ってもらっている有り様だ。



by hiroseto2004 | 2017-08-14 10:08 | 国際情勢 | Trackback
  • ザリーフ外務大臣と、国連のシェイクアフメド・イエメン担当特使

イランのザリーフ外務大臣と、国連のシェイクアフメド・イエメン担当特使が、イエメンでの人道上の危機の収束と、その政治的、包括的な解決法の模索を求めました。

シェイクアフメド特使は12日土曜、イランの政府高官との会談を目的にテヘランを訪問し、ザリーフ大臣との会談で最新のイエメン情勢について協議しました。

シェイクアフメド特使はこれ以前に、イラン外務省のジャーベリーアンサーリー・アラブアフリカ担当次官とも会談し、食糧難に直面し全面的に封鎖されているイエメンの人々への人道支援物資の送付や、政治的な協議の再開に向けた方法について話し合いました。

ジャーベリーアンサーリー次官も、「イエメン問題の解決に向けた国連の努力と成功は、紛争の当事者同士の信頼構築に向け、国連が完全な中立を守ることにかかっている」と語っています。

また、シェイクアフメド特使も、「イエメン危機は軍事手段では解決できない」と強調し、イエメン紛争の政治的な解決法の模索と同国での平和の樹立に向けたイランの支援に謝意を表明しました。

イエメンの人道状況は、これまでの2年半にわたるサウジアラビアの軍事攻撃により、ますます深刻化しています。

現在、イエメンでは1日に120人がコレラに感染し、毎日そのうちの1人が死亡しており、さらに40万人以上のコレラ患者が存在しています。



by hiroseto2004 | 2017-08-13 17:39 | 国際情勢 | Trackback
当然、秘密裏の外交活動は行っていると思います。
最終的には
1,朝鮮戦争の平和的終結。
2、北東アジア非核地帯条約。
が出来れば良いと思います。
口先での激しい対立とは表裏に、米朝の外交活動は行われています。
ただし、問題は、日本の安倍総理や一部マスコミがいたずらに戦争危機や対立を煽る側に回っているのではないか、ということではないでしょうか?



アメリカが、数ヶ月間、北朝鮮との秘密裏の外交活動を行っています。

AP通信が11日金曜、匿名のアメリカの政府関係者の話として伝えたところによりますと、アメリカのユン北朝鮮特別代表と、北朝鮮のパク国
大使が、秘密裏の会談に参加しているということです。

この会談の一方で、アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮に対する警告を強めています。

北朝鮮もアメリカに対して、グアム島を攻撃すると警告しています。

トランプ大統領は、アメリカの軍事計画は、北朝鮮のあらゆる反応に対して準備を整えているとしています。

北朝鮮はくり返し、アメリカとその同盟国が北朝鮮に対する脅迫を続ける限り、軍事力と先制攻撃能力を強化し続けると強調しています。





More
by hiroseto2004 | 2017-08-13 17:33 | 国際情勢 | Trackback