エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:東広島市政( 4 )

明日から西条酒まつり



明日から東広島市西条駅前周辺で西条酒まつりです!
e0094315_21015939.jpg



by hiroseto2004 | 2016-10-07 21:02 | 東広島市政 | Trackback
広島ブログ

被災者県議候補・つくだ守生(安佐南区、日本共産党公認、緑の党・ひろしま推薦)。
さとうしゅういち・本紙社主も所属する『県労連』による活動を報道しています。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=626607290809241&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=1
広島県労連(川后和幸議長)は22日、安倍政権の「労働法制破壊」「戦争法案」に反対するよう求めて県内の自治体首長と議会議長を訪問する「自治体キャラバン」を開始しました。
 この日は東広島市、安芸太田町など6自治体を訪問。安芸太田町は川后議長ら4人が訪問し、応対した中山洋一副町長が「集団的自衛権の行使を容認して以降、米軍機の低空飛行訓練が増えているようだ。要請の趣旨は理解できる」と話しました。東広島市は門田勇人事務局長らが訪問しました。
〔写真〕
要請書を手渡す門田事務局長(手前左)=22日、東広島市
e0094315_03332191.jpg




More
by hiroseto2004 | 2015-05-24 03:35 | 東広島市政 | Trackback
ヒバクシャを二度と出させない広島、誰もがおきざりにされない広島を・・東広島・呉市議会議員選挙告示にあたって 談話
緑の党・ひろしま 代表
さとうしゅういち 2015年(核時代70年) 4月19日
4月19日、東広島市議会議員選挙、呉市議会議員選挙が告示されました。
わたくしたち緑の党・ひろしまは、東広島市議会議員選挙においては、社民党公認の現職・赤木たつおさんを推薦し、日本共産党現職を支持し、呉市議会議員選挙においては、日本共産党新人の久保あずまさんを推薦し、日本共産党現職の奥田和夫さんを支持します。
広島は被爆前までは陸軍、呉は終戦まで海軍の軍都と言われました。多くの若者が広島港や呉港から出撃し、ヤマト乗組員を含む多くの方々が帰らぬ人になりました。
戦後、広島も呉も平和都市として再スタートしました。しかし、両都市とも、原発メーカーや自衛隊の基地を抱え、海外への原発輸出や、イラク戦争における海外派兵の舞台になりました。また、東広島市も陸上自衛隊基地とアメリカ軍弾薬庫を抱えています。

 いま、安倍総理が、「テロ対策」を大義名分にアメリカの戦争と一緒に参加しようとしています。後方支援といっても、現代の戦争に後方も前線もありません。アメリカはすでにイラクで劣化ウラン兵器を使用しています。安倍総理の海外派兵法案がこのままできれば、原爆の爆心地から20キロメートル程度の街が、ヒバクシャを出すことに荷担します。呉市民でもある自衛隊の皆さんも、現地でヒバクすることになりかねません。

 また、安倍総理が原発輸出に進む中で、呉や広島の原発メーカーが売った原発が、輸出先でゴミを残し、また、災害などでも誘発される原発事故を引き起こし、新たなヒバクシャを産む危険が高まっています。

 被爆地である広島市に通勤する方も多い呉市ですが、本当に自分たちが済む街が戦争や原発により、ヒバクシャを出すことに荷担してよいのでしょうか?同じ呉市民たる自衛隊員が大義なき戦争に参加して、ヒバクしてよいのでしょうか?

 そして、呉市がテロの標的になる可能性も高まります。一方で、戦争がテロをなくすどころか、テロを増やしているのはイラクやシリアを見れば明らかです。

 また、呉市は土砂災害危険箇所が多くあります。
 広島市安佐南区や安佐北区で起きた災害は過去に呉市であったし、これからもあり得ます。
 
 呉市の政治家は安全保障を言うならテロ対策名目の海外派兵ではなく、災害対策、とくに被災者に寄り添った生活支援や安全確保こそ必要と国にもの申さなければなりません。

 また、呉市の経済構造も原発輸出や武器ではなく、例えば再生可能エネルギーや省エネなど、平和産業、ヒバクシャを出さない産業へ転換を進めなければなりません。

 また、国による新自由主義の一環として、東広島市も呉市も広域合併が行われました。その結果として、周辺部がおきざりにされているなどの問題もあります。国による新自由主義の中で、市民生活も厳しさを増しています。高齢化が進むなか、例えば住まいや交通など課題は多様になっています。学生が多い東広島市なら、いかに若い人が教育を受けやすい仕組みにするかも問われます。

 そうした中でいかに、市が庶民に寄り添うかが問われます。

以上の観点から、さとうしゅういちと緑の党は、東広島市と呉市においては、
1、海外派兵・原発輸出でヒバクシャを出させるのではなく、住民に寄り添った災害対策、省エネ、再生可能エネルギーを国に求められる方
2、国の新自由主義の中で、誰もがおきざりにされない東広島市、呉市をつくれる方
を推薦、支持します。
どうぞ、東広島市民、呉市民の皆様。
ご理解とご支援をよろしくお願いいたします!
ヒロシマの心活かす市民発政界再編!
海外派兵ではなく被災者支援!
ヒバクシャを出させない広島を!
誰もがおきざりにされない東広島市・呉市を!

by hiroseto2004 | 2015-04-19 10:52 | 東広島市政 | Trackback
東広島市議会議員の赤木たつおさん(社民党)は、10月20日、八本松駅前で街頭演説を行いました。
「集団的自衛権は海外でアメリカと一緒に戦争するためのもの」
「戦争参加への批判を防ぐためにできたのが特定秘密保護法」
「基本的人権の保障は国民が主権者であるために不可欠」
などと指摘。
「日本国憲法公布の日でもある11月3日、国会議員や公務員が憲法遵守義務をないがしろにしている状況に主権者として目を凝らしてチェックして欲しい。」などと呼びかけました。
赤木たつおさんとわたくし・さとうしゅういちは政党は違いますが12年来の友人です。
しっかりとした理念を持ちつづ、定期的な市内各地での街頭演説など地域に根ざした活動を続けておられます。
さとうしゅういちが最も尊敬する政治家のひとりです。今期は副議長も務めました。
引き続きがんばってください!

e0094315_07272662.jpg
e0094315_07271123.jpg


by hiroseto2004 | 2014-10-21 07:37 | 東広島市政 | Trackback