エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2007年 09月 ( 152 )   > この月の画像一覧

廿日市市長選まで三週間

 10月21日投票の廿日市市長選には、真野前副市長と、井上さちこ・前市議の二人が立候補を表明されています。

 私は、今日は、井上さんの応援のために廿日市まで駆けつけました。


e0094315_18494129.jpg




e0094315_18493434.jpg



井上さんの公約は、

1、財政再建のために無駄をカット。

とくに、解体する緑資源機構が工事中で県に引き受けを打診している細見谷林道は受け入れを拒否する。
入札は一般競争入札に。現市長のもとでは、旧廿日市市内の業者が優先され、合併された他地域の業者が入りにくいという実情があるので、不公平を是正する。

職員は自然減、採用抑制などで、2割減、三役の給与も2割カット。

議員や市民からの要望は情報公開する。

2、無駄を省いた財源で福祉や教育、子育てを充実。

お年寄りに対する「なんでも相談室」の創設。

3、観光事業の強化・支援による雇用の創出などきめ細かい施策も。

とくに既存建物を生かした物産館を創設し、母子家庭や障がい者の雇用を創出する。

をかかげています。

廿日市市の現状は、ニュータウンが多く、高齢化が進んでいるということです。かつての若い世代が、そのまま高齢になられ、子どもたちも出ていくという状況がある。

また、古い町並みでも、お年寄りが一人暮らしになったり、主がいない家もおおくあるということです。

高齢化して市民税も減ってくる。そうした中でどうカジ取りをとるか。

一方、真野さんは、山下現市長も決起集会に駆けつけました。自民党系は勿論、社民、新社会党系も推しているということです。

「平和」をチラシの第一項目に掲げておられました。

 たしかに、平和は大事です。物事の基礎です。

 山下市長も被爆者として力を入れてこられた。

 しかし、今の廿日市の緊急課題は、財政再建を進めることで、安心して暮らせる街づくりの基礎を作ることではないか、と思います。それなくして、平和も何もありません。極論ですが経済が破たんして内戦になっている国はたくさんあります。

 むろん、中央レベルでは積極財政でくべき、一定の大きな政府が必要、というのが私の立場ですが、地方自治体は、まず国がネオコン政治からある程度脱するにしてもまだ中途半端であろうという中で、生き延びなければならない。そしてそのなかで、きめ細かい施策をやっていくこと、市民と課題意識を共有する中でやっていくこと、ではないでしょうか?

以上の点に鑑み、私は、井上さんを全面的に応援します。


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-30 19:05 | 廿日市市政 | Trackback
格差拡大と対米従属こそが「小渕の呪い」
http://www.news.janjan.jp/government/0709/0709283117/1.php

「国債の償還期限に関連して「小渕の呪い」というフレーズが巷で流行っているようです。しかし本当に怖い「小渕の呪い」とは、経済でいえば彼が行った、労働者派遣の原則自由化と、お金持ち減税/大手企業に恩恵が大きい法人税減税です。」
もし、御気に入っていただければ、クリックを!

さて、閑休話題。

小渕さんの時代に登場した政治家に石原慎太郎さんがおられます。

彼は、いわば、他人の発言を「子供を産まなくなった女性は役立たず」と捻じ曲げ、女性を見下す発言をしました。

 一方、彼の副知事に今年就任された猪瀬直樹さん
 
 彼は2005年、政府税調委員だった時代に、「専業主婦は人生への意欲が低い」「働く女性のほうが子供を産む」として、サラリーマン増税(配偶者控除廃止)を進める議論をされました。

石原さんはいわゆる「バックラッシュ」であり、「働く女性」をたたくことで、専業主婦や男性の溜飲を下げてもらうようにもみえます。

一方、猪瀬さんの言動は、そうしたバックラッシュから「働く女性」を守るようにも見えかねません。

しかし、両者は最後には手をつなぎました。

 かくて、保守派は石原さんをアメリカに物を申すと思っていたら、グローバリストの猪瀬さんと手を組まれて裏切られ、一部リベラルはまた、猪瀬さんに裏切られたのです。

 ここに、庶民は、ことの本質を見抜かねばならないとおもいます。

なんということはない。

両者とも「ネオコン」なのです。そして、少し味付けを変えて、人々を分割統治し、ネオコン方向に人々の思想を誘導しただけなのです。

いや、「ネオコン」というよりも、ただただ、権力にしがみつきたい。それだけではないでしょうか?



なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-30 18:36 | 経済・財政・金融 | Trackback

ひとりでもアピール!

e0094315_13284654.jpg

歴史教科書問題で沖縄に連帯して岩崎さんがお一人でも行動しました!

そう。ひとりでもやることやろう。

 えひめの岩崎美枝子です。
BCC送信させていただきます。
仕事済んでから5時~6時15分ころまで、国道沿いでハンドスピーカーで、
「沖縄戦の集団自決には日本軍が関与していなかったと、高校の教科書が書き変えられたことを撤回するよう求める大集会が 今現在、沖縄県宜野湾市で10万人以上の県民と日本各地から駆けつけた人たちで行われています」その他を訴えました。 写真を撮ってくれる人がいなかったので、暗くなる前に終え、 横断幕とスタンディング用に裏表に書いたプラカードとハンドスピーカーを携帯で撮りました。


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-30 13:28 | 新しい政治をめざして | Trackback
e0094315_1847474.jpg


私の政治姿勢については、不信感をもたれる方もおられるようです。

私の説明不足による不徳の部分もあります。

基本的には国政レベルでは民主党、国民新党、社民党などによる経済レベルでの「社会民主主義」路線を支持します。

とくに地方圏の女性の代表が増えたことを喜んでいます。

一方、地方レベルでマクロの経済対策を行うのは難しい。国の政策が内需拡大になるまで生き延びねばならない。

地方自治体では、「意思決定を透明化した上での財政改革」派を支持します。

東京の企業が儲かるだけの事業は抑え、困った人にきめ細かく対応する福祉や地元企業の育成に力を入れます。

具体的にはどうしても、秋葉忠利・広島市長型の首長、無所属の女性議員が主な応援対象になります。

 一方、個別の運動や、選挙への応援は私にとって、「他者への共感」が基準にはいってきます。

 亀井静香さんはバッジをかけて闘った。だからこそ、今年の正月の決起集会に参加しました。

 三井マリ子さんは、裁判は難事業であるにもかかわらず、不正を許さぬ闘いに立ち上がったのです。
http://fightback.exblog.jp
e0094315_15514686.jpg


私は、保守でも革新でも「えらそうに批判するだけで何もしない人」はあまり評価しない。

「批判する余裕」があれば、まず、応援のため具体的行動をしていただきたいと思います。

他者への共感。

他者が不正に遭えば憤りをもつのは当然です。

これがなかったら民主主義社会はなりたたず、ただの利己主義がはびこる社会になります。

男性だから、と言って黙っていたらいいのですか?

くどいようだが他者への共感を失ったら駄目です。


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-30 13:22 | 新しい政治をめざして | Trackback
意識は確実に、変わっています。

そもそも、 「夫は仕事、妻は家庭」というのは、近代の「サラリーマン家庭」中心のもので決して「伝統的」ではないと思います。

しかし、問題はむしろ、制度です。そして、「家庭と仕事どちらを優先しているか」だけでなく、どれくらい、暮らしぶりが充実しているかと言うところではないかと思います。

たしかに女性はどちらかといえば家庭を優先しているが、一方で、最近は正社員並みの時間働くパートや有期雇用者も多いのです。

男性は男性で、依然、労働時間が正社員では減る気配はない。むしろもっと働け、と言う風潮が強いられている。

「働き方」に根本からメスを入れないと難しい。厚生労働省がもっと頑張ってもらわないといけません。労働者の働き方を健全なものにすることで、結果として効率も上がるでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070929-00000069-mai-soci<内閣府世論調査>「夫は仕事、妻は家庭」反対が過半数に
9月29日19時35分配信 毎日新聞


 「夫は仕事、妻は家庭」に反対する人が初めて半数を超えたことが29日、内閣府が発表した「男女共同参画社会に関する世論調査」の結果で分かった。内閣府男女共同参画局は「役割分担意識は変わりつつある。しかし、まだ不十分な面があり、現実とのギャップを埋める努力も進めたい」としている。
 「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という考えに対し反対は52.1%で、賛成44.8%を上回った。この質問は92年の調査から開始し今回が5回目。92年調査は賛成60.1%、反対34.0%だったが、その後、反対が次第に増え、今回過半数に達した。ただ、女性は反対が56.9%だったのに対し、男性は賛成が50.7%に上った。
 生活で家庭を優先している人は32.4%で、仕事を優先していると答えた27.7%を上回った。ところが男女別では男性は仕事40.2%で、家庭18.5%を大きく上回り、女性は家庭43.9%、仕事17.3%。実際の生活は「夫は仕事、妻は家庭」という傾向が根強いことがうかがえた。
 調査は7~8月、全国20歳以上の男女5000人を対象に面接方式で実施、3118人から回答を得た。【石川貴教】


女性も男性も安心して食える働き方を!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-29 22:30 | ジェンダー・人権 | Trackback
e0094315_1847474.jpg


すばらしく溜飲が下がる記事ですので紹介させていただきます。

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-460.html

「機会の平等」も「完全な市場」も存在しない(きまぐれな日々)

「断っておくが、私は統制経済・計画経済より市場経済の方がすぐれている、というよりまだ「マシ」だと考える人間だ。もし、「機会の平等」が確保されるなら、モチベーションが高い方がパフォーマンスは良いに決まっている。しかし、現実には新自由主義政策が格差を生み出し、それが固定化される傾向が強いから、最初から「機会の平等」などあり得ない。このような社会ではモチベーションは上がらない。だから、経済効率を重視する観点に立った場合でも、かなりの程度「結果の平等」に配慮した再分配が必要なのだ。よく再分配に「バラマキ」というレッテルが張られることが多いが、これはとんでもない話だ。たとえばテレビで田原総一朗が「バラマキ」と口にするのを見るたび、田原は自分の収入を独り占めしたい守銭奴なんだなと思う習慣をつけるのが良いと思う。右派は、では財政赤字はどうするのだ、と言い出すだろうが、その対策は簡単なことだ。金持ち減税を止めるとともに、アメリカのために使ってやっている出費を削減すればよい。たとえば、テロ特措法で問題になっている「給油活動」の正体は、アメリカに上納金を差し出すことだ。こんな無駄こそ真っ先に切り詰めるべきなのだ。 」

 全くそのとおりです。日日の暮らしに終われる人には、自らを向上させるためのチャンスが閉ざされてくるのです。介護も仕事も両方と言う人が、より良い仕事をと思っても難しい。時々起きる介護殺人の背景でもあります。

 昔はまだ、それでも流動性があったが、今はそれがなくなり、硬直化しています。

 とくに、政治家とマスコミがその頂点です。

 ある程度「結果の平等」を保障しないと、結局「機会の平等」も難しいわけです。

 具体的には、きちんと教育や医療、介護などを負担を減らし無料化する。人生の各局面でのリスクを減らし、やりなおしがしやすくする。その上で安心して仕事に打ち込めるようにしたほうが良いと思います。

 仕事場で競争原理を働かせるなら、モチベーションを上げさせるなら、実はきちんとセーフティネットを整備しないといけないのです。


「もう一つ、新自由主義で一番頭に来るのは、「完全な市場が存在する」ことを前提にした経済理論に立脚していることだ。現実には「完全な市場」など存在しない。確率論に立脚した金融理論では、リスクを最小化することはできても、大儲けできる方法など編み出せないはずだ。それは、たとえてみれば室温に置かれたコップの中の水が勝手に沸騰するようなことが起きるくらいの確率しかない。だが、現実には村上ファンドが大儲けしていたりした。これから導かれる結論はただ一つ、村上ファンドはインサイダー取引をやっているのだ、ということを、当ブログでは村上世彰が逮捕される1か月前、まだ捜査の報道がなされる前に指摘していた(2006年5月2日付エントリ「株で儲けるには」)。

つまりどういうことかというと、新自由主義の正体は、インサイダー情報を知っているものだけがトクをできる、いかさまの競争を人民に強制する思想だということだ。「完全な市場」が存在するという前提は成り立っていない。閉じられたサークルの中にいるエスタブリッシュメントたちが情報を寡占して、巨万の富を得る。」

全くそのとおりです。

株価の変動は、予測できない要素により起こる。もし、予測できる要素があればそれはすぐ反映されます。

逆に言えば、株で儲けられる人と言うのは「予測できない要素」を先回りして知るしかない。

圧倒的大金を動かせる人は実はそれだけで儲けられる。

  圧倒的大金を持つ人が、例えばある株を買うために自らが動くことが他の一般参加者にとって「予測できない情報」であれば、その人はその時点で「インサイダー」と言えるのです。

 まさに、ホリエモンと村上被告はその典型です(ただし、彼らは「青年将校」レベルです。巨悪は隠れていると見たほうが良い。)


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-29 22:15 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)

今週のお勧め他サイト

「男女共同参画」型、引っ込み思案フェミニズム?(ふぇみにすとの論考)http://d.hatena.ne.jp/yamtom/20070928/1190987514

運動について、鋭い分析です。もっと、女性、それも大学教授などの「えらい人」ではなく、「ふつうの人」が自信を持って発信していただければと私も思うのです。そういう人たちの意見が社会として反映されていないなあ、と思うのですが。

私があれこれ言いすぎるのも差し出がましい話です。

館長雇い止め裁判「不当判決」からのあれこれ(カミクズヒロイ)http://pulpdust.org/item/257

民営化すると600億円の赤字、公社のままなら1383億円の黒字?(とくらblog)
http://ttokura.exblog.jp/6512594/
このまま10月1日を迎えてしまいそうです。

それにしても、国鉄の民営化から何かおかしくなっていないか、と思うのです。
例えば、国鉄でも、線路は国で、経営は民間でなど、工夫の仕方はあったのではと今でも思われます。

父親の責任に対して世間は甘すぎないか?(広岡守穂)
http://www.news.janjan.jp/editor/0709/0709212699/1.php

全くそのとおりだと思います。母親(妻)任せにしておいて、いかがなものでしょうか?現実にどうしても、母親と同等には出来ないでしょうが、それなら、それで、やはり気遣いが必要だと思います。子どもからも夫からも責められたら逃げ場がなくなってしまいます。

カナダ:NAFTAのせいで水を失うカナダhttp://www.news.janjan.jp/world/0709/0709283096/1.php
アメリカは、世界で一番資源をむさぼる国(石油も世界一の輸入国)です。その維持のためには、なんでもありですね。それがアメリカによる、グローバリズムの本質です。アメリカ人と言うのは無駄が好きだと思うことがあります。

例:
・車でスポーツクラブに行く
・医療保険を整備しておかないで医療破産が多く、結局医療に掛かる国費もおおいし、食料切符者も多い。

こんなアメリカのまねをしていいのかどうか。日本は「質の高い経済」をめざすべき、と思います。


JPEPAの発効を阻止する連合(MJJC) 2007年9月15日
フィリピン上院は日比経済連携協定(JPEPA)を拒絶すべき

http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/basel/JPEA/MJJC_070915.html

#記事やリンク先と関係ないコメント・TBは削除させていただきますのでご了承ください。


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-29 18:44 | 勧め他サイト記事 | Trackback
私は、地方公務員として8年間、勤務しています。労働行政、福祉行政などの職場を歴任してまいりました。ちょうど、私が勤務を始めた2000年ころから、行政の業務執行のあり方は大きく変わりました。

その経験から、本事件の一審判決について、意見を述べさせていただきます。

一審判決は、いわば、行政による「説明責任」を、現代、ことに21世紀には入ってからの行政の仕事のやり方から見ても、軽視していると考えます。

1990年代、情報公開を自治体や国に求める国民の運動が盛んになりました。1999年行政機関の保有する情報の公開に関する法律(情報公開法)も制定されました。同法の第一条は以下のような条文となっています。

第一条この法律は、国民主権の理念にのっとり、行政文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関の保有する情報の一層の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるようにするとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することを目的とする。

この精神は、行政と言うものは、広く課題意識が共有化された上で行われるべきだということです。

これにより、21世紀に入ってからは、行政の業務のあるべきあり方も、国民からは不十分と言う批判をいただきながらも大きな変化を遂げました。

この法の精神は、全ての業務執行の背骨として貫かれるべきものです。

したがって、現在の行政において、「表面上、個々の行為が条文に照らして違反ではない」ということだけでは、全く不十分なのです。「国民に対して公になっても説明できないこと、納得を得られにくいようなことはしない」というのが業務執行の大前提となっています。

例えば、「功績により表彰されることが内定した人」がいるとします。その人の名前を公表していいかどうか?あるいは,受賞するなら公表することになるがよいか?そのつど,きちんと,対象の方に意向を伺うのが常識です。

このような対象者にとり「良いこと」でさえも,きちんと相手を尊重するのです。それを怠れば上司に叱責されることでしょう。これが、今の行政の業務のあり方です。

まして、対象者にとって「悪いこと」なら,なおさらです。訴訟の対象となっている事件において被告は、原告に対して「首を切る」という「致命的に悪いこと」を、原告に情報を秘匿して行ったのです。

もちろん,「重大なことだからこそ」隠した,というのが今回の事件です。そこに凶悪性があります。

一応,それなりに神経を使って仕事をしている多くの行政職員にとっても、この一審判決は、あまりに行政の説明責任を免除されすぎていると感じるのではないでしょうか?下手をすれば「今、神経を使って仕事をしている我々の努力は何なのか?」ということになりかねません。

「説明責任」は,行政職員自身も守ります。議員や市民も、法外な要求、表に出てはいえないような要求を行政に行うことは控えるようになります。

そして,「説明責任」の遂行は行政と市民、また、本件であれば、原告と被告の課題認識を、話し合いにより共有化することが、その神髄です。よりよい行政の追求の王道です。それが行われないことは、逆に言えば、現代の行政のあり方としては落第点です。説明責任を果たすこと自体が、いまや「公序良俗」の一環として定着しているのです。

一審判決は,多くの点で,「説明責任」を不問とした点が致命的な欠陥であると思います。

例えば、判決文は、「それにもかかわらず、後任館長人事に関する情報についても、同様、原告に情報を開示していなかったことが認められる( しかも、平成16年1 月10 日における山本事務局長の対応〔前記1( 9) カ〕によると、意図的に情報を秘匿していたことは明らかである。)。」
「やむなく雇止めとなる原告にとって、「すてっぷ」の事業の責任者である館長の後任候補者選びは, 最大の関心事である。山本事務局長が原告に対して、後任侯補者関係の情報を秘匿した真意については、不明といわざるを得ないが、この情報の秘匿が、後日、原告の被告らに対する不信感を募らせる最大の原因となったことは否めない。」
としているのにも関わらず、
「もっとも、被告豊中市や被告財団において、館長職を雇止めとなる予定の原告に、後任人事についての意見を聞かなければならないという義務があるとまではいえず、後任侯補者関係の情報を秘匿したこと自体をもって、違法ということはできず、少なくとも、本件組織変更の必要性を否定する事情とはいえない。」
としています。
だが、後任に誰が来るか、これは、責任ある館長だからこそ、原告にとって、とくに大事ではないでしょうか?重要な事業をどう引継ぐか、今後の事業展開戦略をどうするかなどを考えれば、後任についても、きちんと相談することが、「ベストな行政」の追求ではないでしょうか?

説明責任の遂行が欠けた行政行為は、21世紀に入ってからの基準でいえば、市民の人権を決定的に侵害しており、また、ベストな行政の追求を怠っていることになります。被告豊中市の行動は、公序良俗に反する行為であると考えます。

 説明責任を果たさず、「裏でこそこそ」と言うのは、実は、男性(一部男性文化に浸った女性)が中心になって、行政や政治を牛耳っている時代の悪しき残滓ではないかとも思います。

 これを打破するために、きちんと意思決定の場に多くの女性を送ることも必要ではないか、と思う次第です。

■判決文http://fightback.fem.jp/1sin_hanketu.pdf

■弁護団声明http://fightback.fem.jp/press07_9_12bengodan.html

■原告声明http://fightback.fem.jp/press07_9_12mitsui.html


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-29 15:52 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
景気回復は「大本営発表」 「国民生活防衛の『背水の陣』」こそ必要
http://www.news.janjan.jp/government/0709/0709263020/1.php

お気に入っていただいたらクリックをお願いします。

本当に、「何が背水の陣だ」と怒っておられる方も多いと思います。

福田さんの路線は「なし崩し的なネオコンからの転換」でありますが、一方で、思い切って国民の生活を守る、という路線転換ではないのです。

以下はお勧めです。


反対派の精神構造と思考構造・スウェーデン・バッシング (たんぽぽのなみださん)
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/against/sweden.html

新しいフェミニズムの構想
~第二次フェミニズム(女性の解放)を「含んで超える」~ (永瀬ユキさん)
http://www.n-yuki.net/essay/feminism.html


参照
メシが食えるフェミニズム宣言(案)


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-29 11:06 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(2)
民主・社民・国民新党三党は、次期衆院選で選挙協力を強化
することで合意しました。

 民主党の赤松選対委員長は、野党全体で、小選挙区の300
のうち、過半数をめざす方針、ということです。そして、社民
、国民新党との選挙協力を進めていくということです。

 逆に言えば、「全選挙区での立候補」には拘らないというこ
とです。

 共産党が、先般、全選挙区での立候補方針を放棄しました。

 これにより、以前の総選挙よりは、野党が政権を奪取する可
能性が客観的に見て増大したといえます。

 民主党も、岡田代表のころは、「単独過半数」を掲げていま
した。9.11総選挙では、「単独過半数」にこだわり、多く
の小選挙区で、社民党や郵政造反組との協力を拒みました。そ
の結果、小泉さんを利することになったのは明白です。小選挙
区での得票率は実は自公合計より野党・造反組合計のほうが上
回っていたからです。

しかし、それは当然のことでした。当時の民主党はまだ、経済
政策がネオコンよりでした。岡田さん自身は、農業への所得保
障や年金充実など今の小沢的社民主義路線に通じる部分も多々
ありましたが、前原さんら党内のネオコンを押さえ込むだけの
政治的力量がありませんでした。

したがって、社民党や亀井さんらとの協力など思いも及ばない
ことだったのです。

しかし、小泉さんが民主党のネオコンのお株を奪い圧勝。さら
に小泉さんと「ネオコン度」を競おうとした前原さんが自爆。

民主党は「社民より」になるより仕方がなかった。「ネオコン
」方面の陣地は自民党に選挙されていたからです。

そこで、社民よりに民主党はシフトし、保守層をひきつけたの
です。日本の保守層と言うのは経済政策ではむしろ「社民的」
なものを好むが、今までは、自民党がメシを食わせてくれたの
で、与党である自民党についていったケースが多かったが、小
泉さんが、郵政民営化や地方交付税カットなどで保守地盤を爆
破してしまったのです。「保守層の社民化(リベラル化9」と
言う現象が起きたのです。

一方東京は小泉政治で潤ったため、「ネオコン化」が進行、知
事選でもネオコンの石原慎太郎さんが勝ったのです。

しかし、安倍総理は、古臭いため、東京でも反発を買い、地方
でも敗れ、惨敗したわけです。

福田さんは、新自由主義一本ではなく「小泉路線なし崩し内閣
」でしょう。しかし、小沢さんは社民主義一本で行くしかない


当面は経済政策では「社民化」を競う状況が現出すると思いま
す。

また、「新憲法制定」を掲げた安倍さんが「KO負け」したた
め、「新憲法制定」自体も政治的に道連れになり、KO負けし
たといえます。

しかし、当然、小渕政権以降加速した「解釈改憲」の動きは
続いています。アメリカが日本に何らかの「貢献」を求める限
りは、「解釈改憲」を伴う行動を日本に求めるでしょう。

 そうした中で、小沢さんがある程度社民化し、また9条改憲
を「凍結」し、集団的自衛権にも慎重な姿勢をとるで、また、
社民党、また経済的には社民主義路線である国民新党との協力
も可能になり、そして、選挙での勝ち目も出てきたといえると
思います。すなわち、選挙協力と小沢さんの社民化は不可分な
のです。

 また、共産党もおそらく、以前ほどは民主党を敵視しなくな
った。決選投票では小沢さんに入れたのは注目されます。民主
党の代表が前原さんや、あるいは岡田さんでもありえないこと
でしょう。共産党が「小沢一郎」と書く。何か不思議な感じが
ありますが、この局面では良いことだと思います。

http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=11880
2007/09/27
野党3党選対責任者会議で政権交代実現に向け、選挙協力の強
化を確認

 赤松広隆選挙対策委員長は27日昼、国会内で渕上・社民党
選挙対策委員長と亀井・国民新党幹事長らとともに、次期総選
挙に向けた選挙協力に関して、野党選対責任者会議を行なった


 会議後の会見で赤松選対委員長は、次期総選挙は政権交代を
賭けた大きな意味を持つ選挙になるとの認識を示し、先の参議
院選挙の結果を踏まえて「3党間で築いた信頼関係をさらに深
めながら、次期総選挙の選挙協力について、率直に意見交換を
行なった。社民党、国民新党からも同様の考えをいただいた」
と会議の意義を述べた。

 さらに赤松選対委員長は「まず自民党の議席を減らすこと。
そのために3党が協力し、300小選挙区の過半数を取ること
を目指していく」と述べ、3党の選挙協力に関する申し合わせ
として、(1)次期衆議院総選挙における政権交代を実現すべ
く、民主党・社民党・国民新党は、3党の協力を強化していく
、(2)政権交代を実現するために、3党は次期衆議院総選挙
における選挙協力を積極的に進める、(3)3党による選挙協
力の実現に向けて、年末を目途に、今後具体的な協議を進める
――の3項目について確認したことを報告。

 最後に赤松選対委員長は今後の取り組みとして、「いつ解散
・総選挙が行なわれても良いように、様々な形で3党間の協議
をしていく」と語った。


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-09-28 21:01 | 新しい政治をめざして | Trackback