エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2008年 07月 ( 181 )   > この月の画像一覧


そんなに必要?1兆ドルの外貨準備は国民のために活用を!
http://www.news.janjan.jp/government/0807/0803313960/1.php

この話はずっと前からしてきたのですが・・。2004年3月15日の憲法調査会広島公聴会の場で言ったのがはじめてでしょう。

もし気に入っていただければ記事下部のボタンのクリックよろしくお願いします。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-31 22:53 | 新しい政治をめざして | Trackback(4)
広島で劣化ウラン問題関連の集会二つ/8月5日・6日


下記のように、今年も、劣化ウラン問題関連の集会が広島で、8月5日・6日に開催されます。奮ってご参加ください。

ICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)運営委員

・嘉指信雄(NO DU ヒロシマ・プロジェクト代表)

・振津かつみ(ヒバク反対キャンペーン/DU担当)

・森瀧春子(NO DU ヒロシマ・プロジェクト事務局長)

[1]第5回NO DU(劣化ウラン兵器禁止)全国交流会
—クラスター爆弾禁止に続け! 国連決議(’07/12)採択後の課題—
日時: 2008年8月6日(水)12:45~15:20

場所: 広島市まちづくり市民交流プラザ北棟5F研修室A,B,C

(会場:アクセスマップ/住所:広島市中区袋町6番36号/電話:082(545)3911)

主催: NO DUヒロシマ・プロジェクト/ICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)

特別ゲスト:イ・シウ(李時雨)氏(韓国のフォト・ジャーナリスト)

資料代:500円 

プログラム

(開場/12:30)

12:45 開会(司会:森瀧春子)

12:50  イ・シウ氏による特別報告

「『国家保安法』を問う裁判/ICBUWヒロシマ大会以降の闘い」(仮題)/質疑応答

13:50 南山大学学生によるプリゼンテーション

「劣化ウラン弾に見る、消えない戦禍・消えゆく未来 

〜無知が閉ざすイラクの子どもたちの生きる道〜」

14:10 (1)ICBUW運営委員からの報告・提案(嘉指信雄・振津かつみ)

「今後の取り組みに向けて/対日本政府交渉を中心として」

(2)日本各地での取り組みの報告/意見交換   

15:20 閉会

* 連絡先/森瀧春子(NO DUヒロシマ・プロジェクト事務局長):090-9064-4705

毎年、8月6日の午後、開催しております「NO DU全国交流会」も、早いもので、今年で5回目となります。昨年12月の国連総会での決議採択を受け、DU問題は、いよいよ今秋の国連総会で正式議題として取り上げられることとなりました。NGOと被害者の大きな運動の成果でクラスター爆弾の禁止条約が採択され、世界は非人道的兵器の禁止に向けて新たな一歩を踏み出しました。次は、ウラン兵器の禁止を!と、その一日も早い実現のため、全国の皆さんの力を改めて一つに合わせ、「被爆地」ヒロシマから広く訴える機会としたいと思います。

今年は、特別ゲストとして、フォト・ジャーナリストのイ・シウ氏が韓国から来てくださいます。ご存じのように、氏は、一昨年8月、広島で開催された ICBUW国際大会で、韓国や日本の米軍基地におけるDU兵器貯蔵問題について貴重な報告をしてくれましたが、昨年4月19日、韓国において「国家保安法違反」などの嫌疑で突然逮捕されました。氏自身による、48日間という長期間に及ぶハンガーストライキ、そして、即時解放を求めるアピール・支援活動が韓国の内外から行われました。私たちも、昨年のNODU交流会から、氏の逮捕に抗議し、即刻の釈放を求める要請文を韓国政府に送りました。その結果、昨年9 月14日、氏は保釈され、今年1月31日には、ソウル刑事地方裁判所で開かれた第一審公判宣告において、「全容疑について無罪」の判決が下され、私たちも「無罪」判決を心から喜びましたが、1ヶ月程後、「検察側控訴」の知らせが届きました。一方、イ・シウ氏も、没収されたフィルムが傷つけられたため、損害賠償請求裁判を起こすとともに、「国家保安法」の廃止を目指して闘い続けることを表明しています。私たちは、イ・シウ氏への心からの敬意と支援を表すため、今一度、来広を請うた次第です。

とても困難な闘いを続けておられるイ・シウ氏へのカンパをお願いいたします。下記郵便振替口座まで、「イ・シウ氏へのカンパ」とご明記の上、お振り込みください。いか程でも大変有り難く存じます。何卒宜しくお願いいたします!

カンパ振込先:郵便振替口座名「ICBUW・国際キャンペーン」

口座番号「01310−1−83069」

加えて今年は、一年かけてDU問題に取り組んで来ている南山大学藤本ゼミの学生の皆さんが、その成果をパワーポイントで発表してくれます。奮ってご参加ください!



[2]「被爆63周年原水禁世界大会・広島大会」での「ひろば:劣化ウラン兵器禁止を求めて」
なお、交流会前日の8月5日の午前中には、「被爆63周年原水禁世界大会・広島大会」でも、下記の劣化ウラン兵器に関する「ひろば」を持ちます。「ウラン兵器問題は初めて」という方にも参加して頂けるような内容も盛り込んで、ウラン兵器被害の実態、禁止に向けた世界の動きと「被爆国」日本での取組みなどを報告し、討論します。あわせてご参加下さい。

「ひろば:劣化ウラン兵器禁止を求めて」

日時:8月5日(火)9:45〜12:30

場所:広島市まちづくり市民交流プラザ北棟5F研修室
(会場:アクセスマップ/住所:広島市中区袋町6番36号/電話:082(545)3911)


報告:

1. ウラン兵器が使用されたイラクの実態:森瀧春子

2. ICBUWヒロシマ大会(’06/8)以降の動き/主にアメリカでの状況をめぐって:嘉指信雄

3. クラスター爆弾禁止から劣化ウラン兵器禁止へ/「被爆国」日本での取組み:振津かつみ

「ひろば」担当:ヒバク反対キャンペーン/ICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)

問合せ:090-3941-6612 振津かつみ(ICBUW運営委員/「ヒバク反対キャンペーン」DU担当)




e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-31 22:38 | 反核・平和(ウラン兵器禁止) | Trackback
民主党代表選挙を前にあるべき民主党(野党連合)の政策を提言します(案)

民主党代表選挙を前に、あるべき民主党(野党連合)の政策を考えてみました。みなさんも是非考えていただけますでしょうか?

よろしくお願いします。

1、食料、エネルギー、交通、医療、介護、教育、子育ては地方レベルで保障します

クルマ・原発からクリーンエネルギー・自転車へ!

JR在来線は、地方政府による公営鉄道とします。

地方生活者軽視で納得できないJR西日本のダイヤ「改悪」
http://www.news.janjan.jp/area/0806/0805318399/1.php


市民によるクリーンエネルギーの生産を補助金を出して奨励し、電力会社による買い取りを義務づけます。

農業の所得保障、とりわけ、小規模の有機農業に対して手厚く所得保障を行います。

道路新規建設は減らし、道路整備については、電線地中化や自転車道整備を優先します。

経済への効果

地元から東京のコンサルタントやゼネコンに流れていたお金が地方で循環し、豊かになります。

エネルギー自給率が上がり、アメリカへの従属が和らぎます。

近くを車で済ませた人が自転車を利用し、健康になります。


2、医療、教育、介護、子育てに従事する公務員を増やします。

学生に不人気の幹部候補公務員(そんなに優秀な人は民間に行く)は、不人気に便乗し、減らします。

行政職のえらい人は減らし、現場サービスに従事する公務員を大幅に増やします。

特に女性が多い非常勤を大量に優先的に採用します。年齢制限は撤廃し、新風を吹き込みます。もって大幅に男女共同参画を進めます。

「非常勤は21世紀の奴隷制度」――祇園祭の京都で「2人のマリコ」裁判報告会
http://www.news.janjan.jp/area/0807/0807262913/1.php


同一価値労働同一賃金の原則を導入し、賃金カーブは民間並みにフラットにします。

中曽根・小泉的民営化路線は否定します。

国立大学も再び国営にします。授業料は無料にしますが、卒業は難しくします。


3、国民全員に税法式の年金・セーフティネット

誰もが暮らせるセーフティーネットを!

社会保険は税方式にします。雇い主負担分は法人税に振り替えます。

事務手続きを簡素化しまた、社会保険負担による正社員採用回避を防ぎます。

また、介護保険料は逆累進的なので、所得税に統合することで、弱者にやさしくします。

税方式なので医療も介護も年金もうけはぐれがなくなります。

介護する人を応援する「介護者支援法」をつくり、介護する人の人権を保障します。

介護のために自分の人生を楽しめなければ、それは人権侵害
http://www.news.janjan.jp/living/0803/0803283787/1.php

4、横断的な労働市場と漏れなきセーフティーネット

派遣は専門職以外禁止します。

同一価値労働同一賃金を徹底します。

企業横断的な労働市場を形成します。

雇用保険の受給期間を欧州並みに伸ばします。

これらをあわせて、労働者を移動しやすくし、かつ正規社員にしやすくします。

5、地方への補助金は全廃。消費税を地方に移管します。

消費税は安定的な財源なので地方に移管します。
そもそも欧州の小国で消費税が国税なのは、国が小さいからで、そうみると、日本なら地方税でいいといえます。アメリカはちなみに消費税は地方税です。

国が札ビラでほっぺを叩く補助金は廃止します。

国が地方を縛るための省令や通知は廃止します。

6、衆議院の小選挙区制を廃止し、中選挙区比例代表併用制にします。

小選挙区制は、「若殿」や「姫君」を自民党で増やしただけでした。

中選挙区のときのほうが自民党でも個性的な人が勝ち上がっていました。

また、社民党、共産党、国民新党、新党日本にもきたるべき総選挙で民主党の小選挙区候補者に、すんなりご協力いただくためにも多様な民意が反映する制度にします。

基本は比例代表としながら、同一党内では、中選挙区で勝った人から議席を得る仕組みとします。また、無所属議員も当選しやすくします。

また候補者の四割以上はかならず男女どちらかが占めるようにします。

また参議院は、地方代表だけにします。地方交付税についてのみ優越を参議院に与え、他は衆議院を優先します。

総務(旧自治)官僚の権限を剥奪し参議院に与える形にします。

7、地方議会の機能を大幅強化します

官僚から権限を剥奪し、議会の政策立案能力・監視能力を高めます。

地方分権化で多くの権限が地方に行きましたが、例えば、保育園の担当課が、親しい同僚がいる保育園の監視をするような場合もあります。これでは緊張感を欠きます。議員に監視機能を与えます。そのかわり議員の口利きなどは禁止し、役割分担を明確化します。

地方議員は給料を減らす代わりに人数を増やします。

8、財政運営

景気回復までは積極財政。長期金利5%になるまで続けます。

当面は埋蔵金の活用と政府貨幣の発行でまかないます。(∵国債はお金持ちへの所得逆再分配になるので抑制します。 )

年金積立金を取り崩します(∵貯蓄がたくさんあっても、現在の経済状況では運用に困るだけです)。

累進課税を復活させます。

長期には、環境税を検討します。。

9、外交

アメリカ従属の外交から、バランスの取れた外交に転換します。

アメリカの力の後退をにらみ、米軍基地の整理・撤廃を視野に入れます。

集団的安全保障の枠組みをアジアに構築します。

ロシアや中南米などとも関係を強化し、エネルギーの確保を磐石にします。
(参考:すでに福田政権はベネズエラからの石油確保に動いている)。

核兵器廃絶の先頭に立ちます。

世界中の人々の暮らしを脅かす投機資金への課税を主導します。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-31 22:19 | 新しい政治をめざして | Trackback(3)
言い古された言い方ですが、「貧すれば鈍する」ということなのでしょうか?

経済的貧困、そして社会的な貧困が続くと、人間性も崩壊してしまうのか。。

しかし、私も経験がありますが、疲労しきった人は、能面のような顔をしていることがあります。

それが慢性化している、ということなのでしょう。

『貧困大国ニッポン』~2割の日本人が年収200万円以下~
遠藤美貴2008/07/31

http://www.book.janjan.jp/0807/0807300280/1.php
「ワーキングプア」と呼ばれる生活状況にある人たちの声を中心に、貧困問題の実態を浮き彫りにさせている。「壮絶」であり「悲惨」であるはずなのに、その声は意外に淡々と聞こえる。貧困状態が長く続くと、感情までも失っていくのかもしれない。「人間性の崩壊」にまで及ぶ危機感を抱くのは、私だけだろうか。


以下の本もお勧めです。厳しい戦いでしたが、最後は実質的な勝利和解でした。

でも、本当に、思い込みが染み付いている世の中でそれを覆すには。。本当に、つぶさに論証していかねばならないのだと思いました。

『京ガス男女賃金差別裁判 なめたらアカンで! 女の労働』を読んで
林田力2008/07/24

http://www.book.janjan.jp/0807/0807212472/1.php
女性であることを理由に賃金差別を受けたとして、勤務先の企業と法廷で闘い、実質的に勝利を収めた著者が、その経過や主張を綴った。男性中心の日本の企業を相手に闘う難しさを実感させられるが、組織と闘おうとする人々にとって、その心構えの重要なポイントが示唆されている。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-31 22:10 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
☆サパテロ・スペイン首相:「脱原発」路線を継続--表明 (毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/world/news/20080731ddm007030015000c.html

首相は会見で「原発は短期的には現実的な選択だが、長期的には最良の選択ではない。原発に比重を置き過ぎれば代替エネルギー開発が遅れる」としたうえで「公約通り
段階的廃止を進め新規投資はしない」と述べた。


まったくそのとおりだと思います。まして日本は、地震超大国です。

私は改めて「地域でクリーンエネルギーを生産することによる経済活性化&環境改善」を強く訴えます。

そのための税金投入および電力会社へのクリーンエネルギー買取義務付けを改めて訴えます。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-31 20:59 | エネルギー政策 | Trackback(1)
先の6月4日の蒲島熊本県知事の突然の「荒瀬ダム撤去凍結発言」以来、地元の熊本県では、八代市民、旧坂本村村民をはじめとする流域住民や川辺川ダム反対の市民グループなどの「荒瀬ダム撤去凍結」に反対する抗議の声が高まっています。そうした中、同月17日に「荒瀬ダム撤去を実現する県民ネットワーク」(共同代表:本田進・北垣潮・出水晃)が設立されましたが、同会において荒瀬ダム撤去を求める署名がスタートしました!

■荒瀬ダム撤去に関する署名のお願いhttp://www.kumanan.co.jp/arase/post-2.html

付:荒瀬ダム撤去は県民の願い!署名フォームhttp://www.kumanan.co.jp/arase/form/form.htm

■荒瀬ダムを理解するためのチラシ(↓からダウンロードしてください)http://www.kumanan.co.jp/arase/post-1.html

■荒瀬ダム撤去を実現する県民ネットワーク
http://www.kumanan.co.jp/arase/2008/07/post-3.html

11月末までの10万人署名をめざしています。
多くのみなさまの心からのご協力を切にお願い致します。

以下、「署名のお願い」から
……………………………………………
          荒瀬ダム撤去は県民の願い! 早急な撤去を求めます!

熊本県知事 蒲島郁夫様

6月4日の蒲島知事による突然の「荒瀬ダム撤去凍結発言」は、県民に衝撃を与えました。

熊本県南を流れる球磨川に、53年前建設された荒瀬ダムによって、球磨川と八代海の自然環境は急速に悪化しました。魚貝類は姿を消し、多くの漁師や漁業関係者は泣く泣く廃業、転職を強いられ、県民にとっても干潟の楽しみは減少してしまいました。

荒瀬ダムがある坂本町は、建設以来、放流時の振動による家屋のひび割れや、ダム湖の水質悪化によるアオコ発生や悪臭などに悩まされ続けてきました。また、洪水時は、以前にはないヘドロが堆積し、却って被害は増大しました。

50年間苦痛に耐えた地元や漁業者の強い要望をくんで、2002年に潮谷義子前知事が下した「荒瀬ダム撤去」の英断を、流域住民は諸手をあげて歓迎し、その日の到来を1日千秋の思いで待っていました。粛々と撤去工事開始に向けて準備作業が進んでいた矢先、住民の思いや撤去に至る経緯を無視した蒲島知事の独断ともいえる発言は、民主的な合意形成を否定したのと同様です。 

豊かな漁場の消失は、建設前2000人以上いた球磨川の専業漁師の生活を奪い、八代海の漁業者も3分の1に減少させました。年間100億とも200億とも言われる球磨川・八代海の漁業・観光の経済価値を消失させ、流域の疲弊を招きました。ダム存続費用60億円に対し、撤去費用72億円の差額は12億円であり、県の主張する電力収益1億円と合せても、凍結の理由にはならないはずです。

水力発電はCO2排出の少ない発電かもしれませんが、荒瀬ダムのような大型ダムは、環境への影響が大きいためクリーンエネルギーとはいいません。世界の食糧危機が現実化する中、日本の食料自給率は下がる一方です。八代海の再生は、食料問題から考えても最優先すべき課題です。

試験的に始まった荒瀬ダムゲートの開放によって、八代海の干潟は確実に砂地が増え、アマモ場やアサリなど回復の兆しを見せています。

持続可能な社会の構築を願う県民の夢実現のために、一刻も早く

荒瀬ダム撤去凍結を撤回されますことを、蒲島知事に強く要望します。

      荒瀬ダム撤去を実現する県民ネットワーク」(共同代表:本田進・北垣潮・出水晃)
      ●主な参加団体は次の通り。(以下順不同)
      「美しい球磨川を守る市民の会」「竜ヶ岳の海と食を護る会」
      「天草の海を考える会」
      「やつしろ川漁師組合」「八代女性市民の会」
      「やまんたろ・かわんたろの会」
      「漁民有志の会」「球磨川中流域水害被害者の会」
      「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」
      「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る福岡の会」
      「清流球磨川・川辺川を未来に手渡す流域郡市民の会」
      「川辺川を守りたい女性たちの会」
      「川辺川利水原告団」
      他個人多数。
……………………………………………
……………………………………………
参考:
       「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」など4団体の
         蒲島熊本県知事の荒瀬ダムの撤去凍結発言に対する抗議文

                                      2008年6月5日

熊本県知事 蒲島郁夫様

           子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会 代表 中島 康
           清流球磨川・川辺川を未来に手渡す流域郡市民の会 会長 緒方俊一郎
              球磨川大水害体験者の会             代表 堀尾 芳人
              川辺川利水原告団                団長 茂吉 隆典



                        抗議文

 昨日6月4日、貴職は県営荒瀬ダムの撤去方針を凍結し、発電事業を継続する方向で再検討すると発表しました。代替の架橋工事等も含む撤去費用が100億円近くにかさむことなど「県財政再建」「温暖化対策」を理由に上げていますが、以下の理由で強く抗議するものです。

 まず第一に、荒瀬ダム撤去は、流域住民の間で長年、幾度も論議を尽くされた結果の、住民の意思です。これまで50年間の坂本村民や流域漁民の荒瀬ダムによる水害や振動、水質汚濁など被害やそれに対する思い。2002年6月の坂本村民による「荒瀬ダムを考える会」の発足。同年9月の坂本村議会の荒瀬ダム継続反対の意見書可決。潮谷前知事の荒瀬ダム撤去表明。そして今日までのプロセスを、貴職は認識されているのでしょうか。この住民の意思と、これまでの経緯を無視することは、許されることではありません。

 50年前に荒瀬ダムができてから出現した、水害被害地とそこに住む人々について、貴職はどのように考えておられるのですか。住民はダムによる水害と環境破壊から逃れられる日を、待ち焦がれています。旧坂本村民、球磨川の流域住民及び熊本県民が納得できる説明を求めます。

 第二に、貴職が先ほどの県知事選挙で提示したマニフェストに、「荒瀬ダムの撤去方針の凍結」はどこにもありません。マニフェストにあるのは、「お役所仕事の時代は終わりました」「県民みんなの力で難局に立ち向かう」「熊本の宝・農林水産業を活性化します」「日本一の環境立県くまもとを目指します」など、「荒瀬ダムの撤去方針の凍結」とは真反対のことばかりです。

 第三に、貴職のマニフェストにもある「県財政再建」に関してです。貴職は、荒瀬ダム「撤去」よりも「継続」のほうが県財政にとって有利であると判断されたわけですが、それは大きな間違いです。荒瀬ダムは、発電で年間1億円の利益が見込めるとのことですが、球磨川の漁業・観光資源は、少なく見積もっても30~35億円の価値があるという試算もあります。荒瀬ダムを撤去すれば、球磨川の河川環境が今より飛躍的によくなることは明らかで、球磨川の漁業・観光も繁栄するなど、有形無形で大きな公益を県民にもたらします。貴職のマニフェスト「熊本の宝・農林水産業を活性化します」は、荒瀬ダムの継続ではなく、荒瀬ダムの撤去で実現するものです。

 また、荒瀬ダムを継続すれば、今後もダムの維持管理費、ダム湖周辺の護岸や道路の補修などが、ダムが存在する限り必要となります。ダムが寿命を迎える日には、当然撤去費用も必要となります。

 熊本県にとって100億円近くの出費は極めて厳しいことは、私共も十分承知しております。一方で、川辺川ダムの建設費を3300億と見込んだ場合、県負担総額は735億円と見込まれています。このような多額の出費は、当然熊本県には無理なはずです。有識者会議などの形をとらなくても、「県財政再建」の一言で川辺川ダム建設は中止すべきです。

 現在、地球上の自然を守り、自然を回復させる必要性が叫ばれています。そのことは、「日本一の環境立県くまもとを目指します」とマニフェストでも明らにされた貴職も十分認識されていると思います。

 ダムが環境や生態系に甚大な打撃を与えることは、世界的にも常識となっています。広大な森林を水没させ、メタンガスを放出するなど、総合的に見た場合、ダムは地球温暖化の解決策になるどころか、逆に温暖化を引き起こしています。

 荒瀬ダムの撤去を、各新聞は社説などで高く評価して来ました。また、International Rivers等国際的に活動するNGOからも、荒瀬ダム撤去は環境的、社会的、民主主義的視点から先駆的事例として高い評価を受けています。貴職は、自然保護の旗手として、自然回復のさきがけとして、世界にこの日本の熊本から「荒瀬ダム撤去」を発信されるはずでした。貴職は、日本の、世界の誇りとなる栄誉を自ら捨て去られたのです。

 以上のことを勘案して、「荒瀬ダム撤去方針の凍結」を即時撤回されることが、熊本県知事として当然のことと考えます。目を覚まして下さい。

                                  以上
……………………………………………



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-31 20:55 | 声明・申し入れ | Trackback
橋下知事は、三百五十人の学校非正規職員を解雇しようとしています。

彼女らは、年収百万そこそこで働いてきました。
友人の府の教職員組みの人によると、橋下知事は労使交渉で、「イルミネーションよりも私たちが下か」と問われて、「私のビジョンの中ではそうです」と答えたそうです。

橋下知事が、今回の行革を始めた当初は、府の外郭団体で府庁から天下りした人と団体のプロパーの非常勤職員が、五倍の給料の差があることを怒っておられました。

いかにも弱者の味方の振りをしました。

そうやって人気を上げておいて、弱者の生活の糧を奪うとは何事でしょうか?

府がこんな悪いお手本を示したら、府内の自治体や民間に勤める非常勤や派遣労働者にも悪影響がでるでしょう。

「社長の趣味の支出のためには非常勤を首にしてよい」ということになります。

いや、むしろ民間だったら橋下知事の暴挙は却って許されないでしょう。

なぜなら趣味のための支出など許されないからです。

とにかくこんなことでは格差社会是正は遠のくばかりです。

大阪府民に元気がでません。

最後に最近、大阪市内で乗ったタクシーの運転手さんの話を転載します。

「橋下知事になってから景気が急に冷え込んだ。あんなことをしていたら大阪はガタガタになる。」

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-31 08:24 | 大阪府政 | Trackback

貧困はみんなの問題!

貧困はもちろん、もはや非正規雇用だけの問題ではありません。

正社員でも事故や病気などを契機に転落の危険は十分あります。

それだけセーフティーネットが貧しくなっているからです。

特に若手では正社員といえど賃金が低い人もたくさんいるし、労働時間も長い。

余裕がなくなっています。
湯浅誠さんがいうところの「溜め」がないから、いざというときにえらいことになりかねない。

もはや貧困は非正規だけの問題ではないのです。

年配の方だって、こんどは退職金で起業したがいいがすってんてんという人が多いこと多いこと。
だんだん波で島が削り取られあと少しで沈没しかねない状態に中間層もおかれている。

現状のままでは間違いなく沈没します。

早くまだ余裕があるうちに、飛躍して新しいセーフティーネットをつくらねばならないのです。

せめて例えば、以下のようにできないでしょうか?

食料、エネルギー、水、交通、医療、教育、子育て、介護は地方レベルで保証するような、また現金収入は、国がしっかり保証するようなシステムが急がれる。金がかからないような生活ができればよい。

セーフティーネットが企業だのみだと、経営が苦しい企業には重荷だし、労働者はそれにつけ込まれて、交渉力を弱めてしまうのです。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-30 17:34 | 新しい政治をめざして | Trackback(3)
東本さんの蒲島知事への批判が掲載されました。

「学者」知事という偶像崇拝とポピュリズム~蒲島熊本県知事の非民主性について~
東本高志2008/07/30
http://www.news.janjan.jp/area/0807/0807283168/1.php
「学者知事」として期待の中に登場した蒲島熊本県知事。だが、住民の多くが「清流が戻る」と喜んだ県営荒瀬ダムの撤去方針を凍結するなど、やってきた結果と学問上の実績から考えると、リベラリストというよりも、単に立身出世主義的な保守主義者と見た方が良いように思います。


なるほど!と思ったら記事下部のボタンのクリックをお願いします。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-30 12:44 | 新しい政治をめざして | Trackback
8/2@東京 第1回 フォーラム 「女性と労働」 

第1回 フォーラム 「女性と労働」 

‐実践を語る・聴く プロジェクト―

女性が働くときに吹く、向かい風。
職場のいじめ、セクハラ、不安定な雇用、低賃金…。
育児や介護など、家族の問題が女性の肩にかかってくること。
会社の吸収合併や倒産など、女性が真っ先に整理解雇の対象にされる現実。
「もう、働き続けられない」と、一人で悩んでしまうことはありませんか。

どしゃ降りの中で、ユニオンに駆け込む人たちがいます。

その人の生きてきたすじみちを、ていねいに聞き取ること。
職場での悔しかった経験、仲間とつながって動き出した取り組みを、じっくりと
語ること。あの人とわたしの経験が重なる点から、見えてくる世界があると思い
ます。

2008年 8月2日(土) 18時半~21時半
明治大学 アカデミーコモン8階 社会教育主事課程室

報告者
伊藤みどりさん(女性ユニオン東京)
生田ゆみさん(女性ユニオン東京)
佐崎和子さん(ワーキングウイメンズヴォイス)
ほか 交渉中(希望者はご連絡ください)

主催:「フォーラム 女性と労働」実行委員会
共催:働く女性の全国センター(ACW2)

聞く人,話す人を募っています。希望者は、事務局にご一報ください。

http://files.acw2.org/foram1.doc


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-30 12:38 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback