エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2009年 12月 ( 156 )   > この月の画像一覧

2009年の弊紙主幹および関連団体の活動報告です。

家と職を失う人が大量に出た2008年末から2009年始。世界同時不況だけではなく、日本の自民党政治の化けの皮がはがれたのです。

とにかく、今は出来る限りの助け合いをしながら、政権交代などを通じ、「仕組み」を変えていこう。
そして、「エライ人だけ」で物事を決めてきたつけが今回っている。その結果、声が届きにくい人の声はますます届かず、格差は広がる。また一部の人で仕切ることで、多くの人の能力が活かされていない。そういう状況を国でも地方自治でも取り組んでいかねばならない。そう考えてきました。

「助け合い」では
・「岡山・野宿生活者を支える会」の活動に通年参加させていただきました。

「裁判闘争支援」では
「なごやボランティア・NPOセンター」問題、「館長雇止め・バックラッシュ裁判」「京都大学非常勤職員雇い止め(くびくびカフェ)」などを支援させていただきました。

「街頭行動」では、
2月から3月には、男女平等の政治を訴え、「女性と政治キャンペーン」に広島市、廿日市市、県外大阪市で街頭宣伝。
5月2日には、「生存のためのメーデー広島」を2008年に続き実施。
10月には、「みんなであたらしい広島県をつくる会」として、街頭宣伝を実施しました。

また、5月3日、東京における「自由と生存のメーデー」、11月28日から29日には「反戦と抵抗の祭<フェスタ>09」に参加させていただいています。

また1月には、大阪及び京都でガザ虐殺に抗議する行動にも参加しています。

10月には、「脱原発」とエネルギー政策の転換を訴える東京での集会・デモに参加しています。

このほか、屋内での集会には多数参加しています。

また、「公正な司法」を求める取り組みもしてまいりました。秋田県では元鷹巣町長・岩川徹さんの不当逮捕事件、大阪府柏原市では生活保護を手続きを記録しただけで逮捕される事件、前東京都議が、文書違反容疑で逮捕される事件などが起きています。また、西松建設をめぐる疑獄事件では、検察の捜査が与党に甘いのではないかと思われる状況がありました。このため、二階ルートについても追及してまいりました。千葉県知事森田健作被疑者による「完全無所属詐称」事件では、森田被疑者を「森田健作氏を告発する会」に参加して告発。森田被疑者が不起訴処分となった後は、検察審査会に申し立てています。

■自民独裁崩壊

政治闘争では、主に民主党を中心とした連立政権への政権交代を目指して参りました。

また、地方選挙でも、従来型政治からの転換を目指し、取り組んでまいりました。
広島県知事選挙では、主幹自身の民主党公認ないし推薦での立候補も含めて検討しましたが、最終的に湯崎英彦さんを支援し、湯崎さんは県民へのメッセージ発信を重視する県政運営に心がけています。広島県においては「自民、世襲、大富豪」で、「疑惑」にまみれた知事による政治がようやく終了しました。

8月30日執行の第45回総選挙で自民党は惨敗し、政権交代が、細川内閣の一時期を除き、約60年ぶりに実現しました。麻生総理(当時)のおじいさんの吉田茂率いる自由党が圧勝して以来、60年間実質的に続いた自民党の事実上の独裁政治は崩壊しました。

■国民が物申していくことが大事

もちろん、「政権交代即生存権確立」というわけではありません。

政権交代前、現与党は野党として、自民党政府の無策を批判してきた手前、生活保護を受けやすくする、相談窓口を設けるなどの政策は取っています。一方で、窓口の使い勝手は悪い、派遣法改正は不十分で、労働者使い捨ての温存ではないか、といった批判もあります。また、事業仕分けでは、財務省主導で新自由主義的な路線の復活ではないかと思われる場面も見られました。

このように、一朝一夕に政治が変わるものではありません。その点は、労働運動、生存権を求める運動、情報公開を求める運動、環境保護運動、少数者(数が少数ではなく声をあげにくい人という意味)などなどにより、国民の代理人=議員に対して物申していく、キチンとしごとをさせていくことが決定的に重要です。

■地方自治でも自民党政治の打破を!

 ただ、確かなのは、政権交代のおかげで、日本国や広島県を暗雲のように覆っていた「エライ人だけ」で仕切っていた仕組み=自民党政治が崩壊していくことは確かです。今後は、国政だけでなく、地方政治でも自民党政治の重石を打破していくことが必要です。

地域経済に効果が回らないような補正予算を提案するような首長、そしてそれを諾々と通してしまうような自民党系議員のみなさんには、どんどん退場していただく必要があります。

霞ヶ関への陳情を背景に地域で影響力を持ってきたようなタイプの議員の存在意義は今後なくなります。こうした情勢を受け、「エライ人だけでつくる」自治体から「みんなでつくる」地方自治へ転換をしていくことが、2010年から2011年の統一地方選挙にかけて求められる作業となります。

2009年活動報告(1月から5月まで)
http://hiroseto.exblog.jp/10376060

2009年活動報告(6月)
http://hiroseto.exblog.jp/10388451

7月4日(土)
みんなで新しい広島県をつくる会初会合
関連記事
http://www.news.janjan.jp/government/0906/0906245734/1.php

7月5日 (日)
連合中国ブロック総決起集会
http://www.news.janjan.jp/government/0907/0907066508/1.php
岡山・野宿生活者を支える会炊き出し
http://www.news.janjan.jp/area/0907/0907076552/1.php

7月18日(土)~7月21日(火)
秋田三区 京野きみこ予定候補の支援
http://www.news.janjan.jp/government/0907/0907247699/1.php

7月26日(日)~31日(金)
韓国視察研修「子どもや女性への暴力防止をともに考える6日間の旅」

2009/08/11 13P
「男女共同参画」に取り組む韓国の市民はいま(4)
http://www.news.janjan.jp/world/0908/0908070415/1.php

「男女共同参画」に取り組む韓国の市民はいま(3)
http://www.news.janjan.jp/living/0908/0908018062/1.php


「男女共同参画」に取り組む韓国の市民はいま(2)
http://www.news.janjan.jp/living/0908/0907307958/1.php

「男女共同参画」に取り組む韓国の市民はいま(1)
http://www.news.janjan.jp/living/0907/0907297890/1.php


8月5日(水)
被爆64周年原水爆禁止世界大会広島大会分科会
http://www.news.janjan.jp/living/0908/0908098514/1.php


8月6日(木)
平和記念式典、原水禁大会まとめ集会。


原爆の日 報じられなかった麻生さんの「忘れ物」
http://www.news.janjan.jp/government/0908/0908068356/1.php

8月8日(土)~9日(日)
全国フェミニスト議員連盟夏合宿(松江市)

http://www.news.janjan.jp/living/0908/0908108535/1.php
http://www.news.janjan.jp/living/0908/0908128641/1.php
http://www.news.janjan.jp/living/0908/0908138700/1.php

8月16日(日)
みんなであたらしい広島県をつくる会第二回会合


8月23日(日)~24日(月)
衆院秋田3区入り


失業者や若者らが応援弁士に・秋田3区
http://www.news.janjan.jp/election/0908/0908249229/1.php


【検証・総選挙】秋田から戦後2人目の女性議員・京野さん
http://www.news.janjan.jp/government/0909/0909029688/1.php


8月30日
衆院選投票日


中川秀直氏も小選挙区で苦杯【詳報・広島4区】
http://www.news.janjan.jp/election/0908/0908319517/1.php


民主大勝の陰に共産党「協力」の大きな影響
http://www.news.janjan.jp/government/0909/0908319520/1.php

92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党
http://www.news.janjan.jp/government/0909/0908319562/1.php


【検証・総選挙】4年前とは一転、無風選挙だった広島6区
http://www.news.janjan.jp/government/0909/0909019585/1.php


9月

9月6日(日)
岡山・野宿生活者を支える会炊き出し


9月12日(土)
中川とも子と歩む会発足総会(宝塚市)
http://www.news.janjan.jp/government/0909/0909130179/1.php

9月13日(日)
みんなであたらしい広島県をつくる会 第3回会合
http://www.news.janjan.jp/government/0909/0909079898/1.php

http://chiroshima.exblog.jp/

9月14日(月)
反貧困ネットワーク広島役員会


9月19日
エソールひろしま大学 第三期応用講座修了式


9月20日(日)
岡山・野宿生活者を支える会 炊き出し


9月22日
非戦と反貧困のロスジェネツアー
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910061299/1.php

9月27日
岡山・野宿生活者を支える会炊き出し
http://www.news.janjan.jp/living/0909/0909210502/1.php

10月3日
放射能を出さないエネルギーへ!
NO NUKES FESTA 2009 (東京・明治公園)
http://www.news.janjan.jp/government/0910/0910031138/1.php

10月4日
岡山・野宿生活者を支える会炊き出し

10月10日
鞆の浦取材

http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910111489/1.php

10月12日
広島女性大学福山校同窓会総会

10月18日
「みんなであたらしい広島県をつくる会」福山駅前街宣・鞆の浦取材
http://www.news.janjan.jp/government/0910/0910181814/1.php

10月25日
部落解放研究集会(福山)
岡山・野宿生活者を支える会炊き出し
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910272289/1.php



11月2日 湯浅誠さん講演会 広島市国際会議場

記事:「派遣村から見える戦争と平和」湯浅誠さん、広島で大いに語る
http://www.news.janjan.jp/government/0911/0911032601/1.php

11月3日 広島県知事選取材

11月7日 広島県知事選取材
11月8日 広島県知事選取材

11月14日 WWN総会(大阪市)
記事:「EUにみる雇用のセーフティ・ネット」竹信三恵子さん講演
http://www.news.janjan.jp/government/0911/0911153187/1.php

11月21日 世界一住みやすい国ノルウェーに学ぼう(なごやボランティアNPOセンター)
記事:http://www.news.janjan.jp/world/0911/0911243539/1.php

11月22日 阿久比町・飛島村訪問(女性議員ゼロ自治体)
記事:日本には「女性が立候補できない村」がある
http://www.news.janjan.jp/government/0911/0911243543/1.php

11月28日
反戦と抵抗の祭<フェスタ>09参加(生存のためのメーデー広島・さとうしゅういち個人が賛同)
 記事:http://www.news.janjan.jp/living/0912/0911303825/1.php
いのちに関わる仕事が派遣でいいの?
記事:http://www.news.janjan.jp/living/0911/0911293790/1.php


11月29日 反戦と抵抗の祭<フェスタ>09サウンドデモ
記事:http://www.news.janjan.jp/living/0912/0911303828/1.php
http://www.news.janjan.jp/living/0912/0912054061/1.php


12月6日 岡山・野宿生活者を支える会炊き出し

12月16日 森田健作知事の不起訴処分に対し審査申し立て
記事:「森田知事不起訴処分」にNO! 検察審査会に審査申し立て
http://www.news.janjan.jp/government/0912/0912204594/1.php
森田健作知事、還暦の誕生プレゼントは「不起訴処分不服申立」
http://www.news.janjan.jp/government/0912/0912134340/1.php

12月23日 「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ!?」抗議集会開かれる
記事:http://www.news.janjan.jp/living/0912/0912244747/1.php

12月26日 広島県事業仕分け傍聴
記事:http://www.news.janjan.jp/living/0912/0912264816/1.php

12月27日
香川県議・渡辺さと子さん集会参加
記事:香川県知事選、「発言最多」県議の渡辺さと子さん名乗り
http://www.news.janjan.jp/election/0912/0912294885/1.php

岡山・野宿生活者を支える会炊き出し参加

12月30日

岡山・野宿生活者を支える会炊き出し参加


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-31 19:14 | 活動報告 | Trackback(1)
Excite エキサイト : 社会ニュース
2009年12月31日 15時44分 ( 2009年12月31日 18時26分更新 )
雪の山陽道で40台多重衝突 一時250キロ通行止め
 広島市安佐北区の山陽自動車道下り線で起きた多重衝突事故の現場=31日午前10時35分(広島県警高速隊提供) [ 写真拡大 ]
 31日午前8時10分ごろ、広島市安佐北区小河原町の山陽自動車道下り線で、乗用車やバスなど約40台が絡む多重衝突事故が起きた。この事故や降雪の影響で、山陽道は接続する中国道を含め、広島、山口の両県にまたがる最大約250キロが約5時間にわたり通行止めになった。現場は広島東インターチェンジの北東約2キロの地点で、十数カ所で次々と衝突事故が発生。男女7人がけがをしたが、いずれも軽傷。


広島市安佐北区は、大雪のようです。

冬型の気圧配置が強まった場合、同じ広島県南部でも、福山市と広島市では天気はだいぶ違います。

福山市は今日は晴れ間が多かったのですが、広島市はとくに北部ほど雪が強かったようです。

何がともあれ、明日は寒いお正月となりそうです。新型インフルエンザのピークは過ぎたようですが、風邪等引かぬよう暖かくしてすごしましょう。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-31 18:38 | 事故・災害・事件 | Trackback
名古屋市内では、役所の窓口が閉まる年末年始、越冬闘争が行なわれています。

名古屋越冬闘争3日目・街頭カンパと参加者の体験談(Esaman)2009/12/31

名古屋越冬闘争2日目・活動の成果? 市内野宿者は減少傾向 (Esaman)2009/12/30

越冬闘争始まる、雇用情勢依然厳しい名古屋

派遣村についての東京における状況については以下、田中記者が書いておられます。

政府が「派遣村を封じ込め」 失業者増大にもかかわらず (田中龍作)2009/12/30
総務省の調査(11月25日発表)によると完全失業者数は331万人と前年同月に比べ75万人増加した。労働者をとりまく状況は昨年より悪化しているのである。1月4日の朝まで食事と宿を提供するだけの「官製派遣村」では事態の改善には結びつかない。「元祖派遣村」のような「総合相談」が必要なのである。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-31 12:11 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
12月27日から1月3日まで、岡山・野宿生活者を支える会の炊き出しが連日行われています。

毎週日曜日に同会は炊き出しを行っています。
岡山カトリック教会に十六時半集合、二十時半ころ終了です。

わたしも、毎週というわけには行きませんが、総選挙で多忙だった時期を除き、ほぼ毎月、参加させていただいてきました。

他のキリスト教宗派の方や弁護士さんも多数参加されていました。

昨日29日からは、「支える会」も参加して、労働組合の方などが中心になり、「おかやま派遣村」を岡山市役所側の大供公園で開催。昼食の炊き出しや、相談活動を実施しています。

そもそもは、労働組合幹部が、「支える会」の活動に参加されたのがきっかけで、連携が強まったわけです。

また、国の緊急経済対策で、野宿生活者に対する支援として、アパートを借りてのシェルターが設置され、「支える会」が市から受託しています。

これまでに、十名近い入居があったそうです。

夏から初秋にかけては「支える会」炊き出しに五十名以上が並んでいましたが、現在はほぼ半減しています。ボランティアの増加とは反比例しているといえるかも知れません。

政権交代の影響もあってか、生活保護も受けやすくなったこと、今回のシェルター事業の利用もあり、野宿から脱する方も増えたということです。

2008年末にわたしが参加したときは「政権交代などを通じ、生存権を守る国になるまで、こうした活動をしよう」という決意でした。

野宿される方が減ってきたことは良いが、課題はあります。

東京の都営派遣村も、使い勝手が悪い、救われない人が多い、という指摘が多くあります。労働者派遣法改正作業も、政権交代したのに、労政審議会の答申は自民党時代の政府案を踏襲する不十分なものになりました。このままでは労働者の使い捨ては続きます。

現時点で、応急措置は一定できたといえるかもしれない。

しかし、(企業中心ではない個人単位での)社会保障システムの整備、日本経済の立て直しなどの本格的な作業は、2010年に持ち越されました。

かくのごとく課題は山積です。

が、岡山において、関係者の粘り強い努力により、そうはいっても野宿生活者が減ってきたことは到達点ではあります。

地元マスコミでは派遣村は大きく取り上げられました。

しかし、実際には、継続的に課題に取り組んできた市民団体が、幅広い人々の共感を集め、労働組合や行政といったより大きなものを動かしたといえます。

記事へのご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-31 09:00 | 反貧困(越冬情報) | Trackback

寒風吹きすさぶ大晦日

6時40分に
気温 2.4℃
降水量 0.0mm/h
風 西南西5m/s
湿度 51.9%
気圧 1010.6hPa
12月31日
日出 07:13
日入 17:07
月齢 14.6

大晦日は冬将軍襲来!寒くなってますね。

暖かくしてお過ごしください。

記事へのご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-31 08:50 | 歳時記 | Trackback
http://www.dpj.or.jp/news/?num=17484
2009/12/30
経済成長戦略の基本方針「新成長戦略~輝きのある日本へ~」を閣議決定

 鳩山内閣における経済成長戦略の基本方針である「新成長戦略~輝きのある日本へ~」が、30日の臨時閣議で決定された。

 内容は、政治的リーダーシップにより、「環境・エネルギー」「健康(医療・介護)」など、日本の強みを生かし、更に「アジア」「観光・地域活性化」などのフロンティアを開拓することによって需要からの経済成長をめざすもの。

 閣議に先立ち鳩山由紀夫総理大臣(代表)は、政府の成長戦略策定会議の席で、「これまでは経済のために人間が動かされてきた。これからは人間のための経済だ」と理念を述べた。また、閣議後の記者会見では、(1)環境対策など日本の強みを生かし、ややもするとマイナスの評価をされがちな少子化や高齢化を、健康・長寿な社会をつくるチャンスととらえる、(2)アジア全体を成長させていくことで日本とのウィン・ウィンの関係をつくり、国内においても地域活性化をはかる、(3)科学・技術、雇用・人材など成長を支えるプラットフォームを強化する、ーーなどとする基本方針の内容にふれ、「政権の実行力が試される」と具体化に強い意欲を表明した。

 菅直人副総理は記者会見に同席し、これまでの自民党政権下で成功しなかった経済成長戦略とは異なり、「人間のための経済という明確なビジョンがある。(鳩山政権では)強力なリーダーシップでおし進める」と、来年に向けて満を持した戦略であることを強調した。

 なお、「成長戦略の実感」(総理)を目的としたデモンストレーションが官邸内で実施され、新技術の紹介や、ロボット、電動車などが展示され、総理も試乗した。


自民党政権下では、「大手企業のアメリカへの輸出」を支える、というのが基本路線でした。小泉純一郎総理・竹中平蔵大臣のコンビは、労働者を使い捨てにしてコストを圧縮しつつ、アメリカへの輸出を援護射撃。

しかし、それには限界がありました。とにかく、アメリカへの輸出はそう、伸びがないのですから、それに対して、コスト削減をかけるしか儲けを増やす方法はない。

かくて、国民生活は疲弊していったわけです。

そうではなく、新しい分野(グリーンニューディール、ヒューマンニューディール)への進出により、所得を底上げしていくわけです。

日本は小渕政権以降、とくに小泉政権を含む約10年で、ずいぶんと遅れを取ってしまいました。

経済は1980年代の対米輸出構造。政治や外交の思考は冷戦体制のまま。
エライ人だけで仕切る国政や地方自治。全てにわたって、先進国の中で遅れを取っていたと思います。

日本人が無能というわけではない。技術力ないわけでもない。「仕組みの古臭さ」が潜在力を奪っていた、と思います。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-31 00:26 | 経済・財政・金融 | Trackback(1)
e0094315_17144127.jpg

e0094315_17144111.jpg

e0094315_17144150.jpg

岡山・野宿生活者を支える会の炊き出しに参加しました。

12月27日から1月3日まで連日。今日のメニューは麻婆丼。


また、労働組合が進めるおかやま派遣村が、岡山市役所近くにできています。

労働組合の方は、2009年正月明けに野宿生活者を支える会の炊き出しにも参加され、そのとき自分たちでもやりたい、とおっしゃってました。

派遣村と支える会で、炊き出しメニューを違うようにする、派遣村参加の方が支える会にもカンパをくださるなど、支え合いの輪が広がっています。

市民の取り組みが大きい労働組合や役所も動かしています。

炊き出しの後は、清掃です(写真)。円滑な活動には必須で、当事者も参加されました。まさに支え合いです。

岡山・野宿生活者を支える会(岡山カトリック教会)

12月27日(日)から1月3日(日)まで連日。岡山市北区の岡山カトリック教会
16時半集合。18時ころ出発、南方公園と城下地下にて炊き出しを実施。20時半頃終了。

連絡先 豊田さん 090−1353−3042 

参考記事
岡山市内でも1月4日まで連日の炊き出し 生存権を守る国めざし参加
http://www.news.janjan.jp/living/0812/0812284366/1.php



岡山市「年越派遣村」が開設されます [ 労働 ]
岡山市ではついに派遣・労働者支援センターが「年越し派遣村」を開設することになりました。ここにとりあえずのチラシを作っているようですが、
そのままこのブログに転載できないので、チラシから抜書きして紹介します。
私も出来るだけお手伝いに行こうと思っています。

2009年から2010年
岡山市「年越派遣村」
とき 2009年12月29日(火)から2010年1月3日(日)まで
ところ 大供公園(岡山市役所となり)

昨年の年末年始に「年越し派遣村」が大きな社会問題となりました。そして、その怒りによって「政権交代」が実現しました。そして、「ワンストップ・サービス」など労働者の目線で公的支援も始まっていますが、まだまだ、不十分で、この冬も全国で約24万人が年末年始を安心して過ごせない状況が続いています。
 そこで、派遣・労働者支援センターでは、公的機関の窓口が閉まる12月29日から1月3日までの間、労働相談や住居・生活相談の窓口を開設します。医療関係者や弁護士の方も参加して様々な相談にも対応します。
炊き出しや、何でも、相談、宿泊所の確保などお役に立ちます

相談フリーダイヤル 0120-303-860


派遣村「ボランティア」大募集 12月29日から1月3日までの期間で、参加可能な日時と時間を登録してください。
<ボランティアの内容>
1.炊き出しの手伝い
2.入村者のお世話
3.「派遣村」の維持管理
4.様々な相談活動

カンパと物資も大歓迎
1.毛布、カイロ
2.ハブラシ・髭剃りセット
3.コーヒー・お茶
4.カップ麺、お菓子
5.カンパ

2009年12月17日
発行:派遣・労働者支援センター
岡山市北区春日町5-6 県労おかやま内
電話086-234-2041 fax.086-221-3595


記事へのご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-30 17:14 | 活動報告 | Trackback
単純に「減税は善、増税は悪」というのはいかがなものか?と思います。

以下の「きまぐれな日々」の記事には同感です。

また、同記事にあったコメントも引用させていただきます。

(太字赤線は引用者)

「減税は善、増税は悪」という観念こそマスコミによる刷り込み
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1027.html


私などは最初から民主党政権に対しては是々非々なのだが、ちょっとでも「増税」の匂いを嗅ぐと、パブロフの犬みたいに条件反射してキイキイ反対するのを見ていると、うんざりしてしまう。彼らは、結局小泉純一郎の言う「小さな政府」を支持しているのだろう。そういえば、一部左派ブロガーたちの教祖・植草一秀が理想とするのは「良い小さな政府」らしい。「良い小さな政府」が何を意味するのか、私にはさっぱり理解できない。結局人々は小泉構造改革の失敗の原因を何も理解してなくて、同じ失敗を何度も繰り返すのだろうなとしか思えない。

歳入なくして歳出なし、歳出なくして格差是正なし、などというのはあまりにも明白なことなのだがそれにも気づかないらしい。いや、気づいたところで、増税といえば消費税しかないようなマスコミの刷り込みに騙されてしまう。テレビでは年収が億単位のテレビキャスターたちが、入れ替わり立ち代わり、「国債残高がこんなにあります。そろそろ消費税の議論を国民的にしなければならないのではないでしょうか」などと、ソフトな口調で語る。それを、国民の約半数が真に受ける。上流階級に属しているわけでもないのに、累進的な増税を嫌って逆進的な増税を受け入れる人たちの理性と感性が、私には理解不能なのだ。あるいは「人生は修行だ」という信念でも皆さんお持ちなのだろうか。

暫定税率分の維持が決まると、民主党も自民党と同じだなどと言うのだが、左側では与党・社民党も野党・共産党も暫定税率の代わりに環境税の導入を求めているし、右側では「小さな政府」論をとる「みんなの党」でさえ、環境税の導入を先の総選挙でのマニフェストにうたった。環境税にもっとも強く反対しているのは経団連である。そんなことは、これまでに何度書いたことか。

地方では車がなければ生活できないとの声もあるが、その一方で地方では年々公共交通網が猛烈な勢いで衰退していっていることは、当ブログで何度も指摘した。運転に適さなくなった年代のお年寄りとか、大都市より地方に多い貧困層にとって、公共交通網の衰退は大きな問題だ。それに、温室効果ガス25%削減の中期目標を掲げた鳩山首相が暫定税率分の撤廃をするのであれば、政策に整合性がとれない。だが、それよりも何よりも、税金といえば反射的に反対という単細胞ぶりがいけない。税収がなければ、どうやって格差是正のための再分配というか政府支出が可能なのか。減税が善で増税が悪であるかのように報じるマスコミは、その一方で強硬に消費税増税を主張している。このあからさまな矛盾にどうして気づかないのか。日頃、「マスゴミは嘘ばかり書く。真実を伝えるのはネット(ブログ)だ」などと普段言っている人たちが、どうしてマスコミや経団連の思うツボでしかない「暫定税率分の撤廃に反対」、「環境税に反対」などという主張をするのか。マスコミに騙されているのはいったい誰なのか。こう考えるとイライラが募るばかりだ。

ま、短期は損気なのかもしれない。所詮は現在の鳩山民主党内閣は過渡的な性格を持つ政権に過ぎないと、私は内閣発足当時から考えていたが、そのあとに以前の自民党が戻ってくることはないにせよ、他のろくでもない政治勢力が台頭する可能性はある。特に警戒すべきは橋下徹だろう。一昨年末、私は橋下徹が大阪府知事選に当選する見込みはほとんどないと『kojitakenの日記』に書いて大恥をかいたが、「警戒すべきは橋下」というこの予言も外れてくれれば良いのだが。

だが、往々にして良い予感は全然当たらないが、悪い予感に限ってよく当たるものだ。野暮なクリスマスの愚痴は、このくらいにしておく。


上記記事のコメント欄に以下のようなコメントがありました。

もう一つマスコミ及び経団連の刷り込みがあります。
グローバル化だから、右肩上がりに所得が、賃金が、上がることは ないという デタラメ。
2000年くらいから、刷り込みが始まり、今も続いています。


もし、上記が真実であれば、
日本以外の先進国、OECD国が、過去に一人当たりのGDPで3位<00年>だった日本を次々に追い越すことは出来ません。
日本以外の先進国だけが、グローバル化においても、所得、賃金を増やすことは出来なかったはずです。
ところが、現在日本の一人当たりのGDPは23位です。しかも、一人当たりの収入が100万円減った。
日本以外に労働者賃金を減らした先進主要国はないのです。すべて、増やしています。
1・5-2倍、所得を増やしています。それが、各国の一人当たりのGDPに現れています。

では、なぜ、日本だけが、労働賃金をデフレさせたか。
簡単です。
単純労働の外国人を入れたからです。90年から、外国人研修生、日系ブラジル人3世まで、外国人留学生、
これが、始まりで、仕上げは小泉の04年、製造業までの派遣拡大。
これで、賃金がデフレしない方が不思議、というか、そうさせるための立法。
そして、内需崩壊。

間違いです。
繊維産業を思い出してください。
日本の昭和前半は、これで、大幅な貿易利益を作ってます。しかし、60年代くらいから、中国が安い人件費で台頭します。
日本は徐々に確実に、高級品にシフトしています。
また、自動車他の輸出産業が育っている時期です。
そして、賃金のデフレはなかった。

従い、90年以降、自民は 政府補助政策の外国人をいれず、民間の運営に任せれば良かったのだ。繊維不況の時のように。
低品質、中品質なものは、中国と競争しても始まらない。繊維で学んだことだろうに。

そう意味での”小さな政府”政策ならば、正しかった。
実際は真逆の”小さな政府”の政策だった。

労働賃金を減らすことで、製造業を守ろうとしたことで、
他の先進国同様な発展が出来なかった。
ほかって置けば、民間企業、というか輸出型製造業は、新たな国際競争力のある製品へシフトしただろうし、
政府主導で、フランスのように農業の集約発展、もあっただろう、
自民は、経団連主導での大きな政府で、輸出型製造業だけを守ろうとしたことが、間違いの始まり。


マスコミ及び経団連の刷り込み
グローバル化だから、右肩上がりに所得が、賃金が、上がることは ないという デタラメ。
ひどい話の上に、今の日本がある。


全くそのとおりです。

低賃金で使い捨てることが出来るようにしたことで、企業(輸出製造業)は経営努力を怠ってしまったのです。

本来、時代の変化に合わせて、企業は食えるような分野へシフトしなければならないのに、なまじ、低賃金で働かせることが出来るようになったので、そのシフトをしなくて済んでしまった。

そこへ、今回のアメリカ発の同時不況も重なり、むしろアメリカ以上の惨状に日本は見舞われたわけです。

EUでいえば、スペインが日本と同じような失敗を犯しています。

「EUにみる雇用のセーフティ・ネット」竹信三恵子さん講演

・労働者には雇用のセーフティネットを。(労働基準監督署の執行体制も強化する)
・産業政策では、新しい分野の開拓を進める。
・財政政策では再分配を強化。

この組み合わせが必要なわけです。

今まではこの正反対を日本は行なってきました。

すなわち、お金持ちには減税。庶民には増税。その結果再分配後のほうが子どもの貧困率は高いという有様です。

そして、労働者を使い捨てることに企業の存続を求めてきた結果が今の惨状です。

2008年はその矛盾が噴出した年でした。2009年はそれに対する応急措置を取った。しかし、あくまで応急措置なんです。

2010年はそれに対する、根本治療に取り掛からないといけません。

このままでは、派遣法改正案は、はっきり申し上げて、派遣先に責任は取らなくてもいいが、労働者への指揮は強化するという、都合の良いものになりかねません。

財政政策でも、このままでは逆進性を是正できるかどうか?再分配を強化できるかどうか?

産業政策もそうです。これについては、これからは、地方レベルの取り組みが大事なのです。だが、旧態依然たる、東京にお金が流れてしまうような政策が、自治体によっては温存されています。産業政策については、地方の首長や議会を変えていく必要がありますね。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-30 11:25 | 総括2009・展望2010 | Trackback

雨を境に寒波襲来

6時40分に
気温 2.3℃
降水量 0.0mm/h
風 北北東2m/s
湿度 78.7%
気圧 1015.9hPa
でした。

12月30日
日出 07:13
日入 17:07
月齢 13.6

今日は雨を境に冬型になるそうです。

記事へのご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-30 10:44 | 歳時記 | Trackback
労働政策審議会建議に対する派遣ネットの見解を転載します。

かいつまんでいえば、審議会の建議が、
・政権を取った民社国三党案ではなく、自民党時代の政府案をベースにしたものになってしまったこと。
・派遣先が雇用責任を負わないまま、労働者への支配を強化するような内容になっていること。
など、問題点がありまくり、ということです。

この案のまま、政府案提出となれば、「何のための政権交代」だったのか?
何のための政治主導なのか、わけがわからないということになりかねません。


2009年12月28日
労働政策審議会建議に対する見解
NPO法人・派遣労働ネットワーク
                    
「偽装請負」「日雇い派遣」「派遣切り」は、労働者派遣制度の根本的構造的矛盾が露呈したものであった。雇用とは人間の生活を支えるに足りる「安定」を本質的に要請するものであり、仕事とは誇りと社会的価値の源泉であって、人間の尊厳に値する条件のもとで営まれることを要請している。こうした社会の要請を完全に否定するかのように、使用者が雇用に対する責任を放棄し、明日の生活も見えない細切れ「雇用」と最低労働基準さえ遵守されない過酷な貧困労働を拡大し、大事にされるべき働き手を機械のパーツのように使い捨てるツールとして労働者派遣制度が利用されてきた。そうした状況から決別し、労働者保護を基本とした法制へ転換することであったはずである。

しかし、本日公表された労働政策審議会建議の内容は、そうした時代の要請・期待からすれば、きわめて問題と言わざるをえない。
 第1に、旧野党共同法案を基本にするのではなく、すでに国民の支持を失っていた自民党政権のもとで政府が第170回臨時国会に提出した改正法案をベースとしており、「期間の定めのない雇用労働者については派遣先による特定を可能にする」という規制緩和が盛り込まれた。これは、雇用責任を負担しない派遣先は派遣労働者の決定権を有しないという労働者派遣制度の本質的要請を否定するものであり、これが実現されたときには、大手を振ってまかり通ってきた事前面接による派遣決定が公然と横行することを許し、「ユーザー」である派遣先の支配が格段と強化される。派遣先が、法的に雇用責任を負担しないという労働者派遣制度のうまみを享受しながら、労働者の雇用に支配力を行使し、影響を及ぼすことができるようになれば、労働者の生活と権利は、派遣先の我が儘によって翻弄され、根底から否定されてしまうことに強い懸念を抱かざるを得ない。
第2に、今回の改正に問われたものは、「雇用」の回復であり、派遣先の労働関係上の責任を格段に強化することであったが、以下の点で極めて不十分なものにとどまった。
① 派遣元の雇用責任さえかなぐり捨てた「派遣切り」の温床=登録型派遣の禁止については、「常用型」と「登録型」の区別が明確でなく、これまでの登録型を常用型と言い換えただけの責任逃れがまかり通ってしまう。
② 派遣受入範囲の再検討については、適用対象業務及び受け入れ期間制限による労働者保護に対する実効性を多面的に検証することなく、2ヶ月以内の有期雇用による派遣について大幅な例外を認めた。また、かねてから必要が指摘されていた26業務の再検討も示していない。
③ 旧野党共同法案で打ち出されていた団体交渉への応諾義務を含む派遣先の労働法上の共同責任制については、基本的に先送りして、悪質な法逸脱に対して「派遣先が派遣労働者に対して労働契約を申し込んだものとみなす」制度のみを導入した。しかし、その契約内容はあくまで派遣元の労働条件と同一の内容となっている。
第3に、派遣労働者の人間としての尊厳を確保するに足りる制度とすることも課題であったが、派遣元の均衡考慮の努力義務にとどまった。派遣労働者も派遣先に直接雇用されて働く労働者と同じ人間であり、派遣労働者であることを理由として差別されてはならないはずである。派遣労働が、雇用のあらゆるステージにおいて、完全な労働法上の権利を享受することができ、また待遇において差別されない権利を確立すべきである。

派遣労働ネットワークは、労働者派遣制度を四半世紀にわたって運用してきた歴史の節目にふさわしい真の法改正の実現に向け今後さらに働きかけを強める決意である。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-12-29 23:13 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback