「ほっ」と。キャンペーン

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2010年 11月 ( 220 )   > この月の画像一覧

日本も民主党も、「成功体験」が変革を妨げ、焦りを招く

日本は高度成長期からバブルにかけて経済的に、極めて成功したように見えました。その残像が、年配の一定以上の地位の人には特に強烈に残っていると思います。

だが、なまじ、その成功体験が強すぎるために、その時代と同じような仕組みでなんとかなるだろう、という意識が特に年配のエライ人(政治家、官僚、財界人など)には強くあるように思われます。

そして、彼等は、ここまで貧困が広がっても、依然、貧困なのはその人の自己責任、という理屈で逃げ切ろうとしているようにおもえます。

そこまでの悪意がなくても、問題はある。

例えば、民主党は、政権獲得当初、低所得の家庭の子どもがどういう負担があって教育を受けにくくなっているか、想像ができなかったのではないか?

民主党の高校授業料無償化政策も、授業料無償化だけに留まれば、その謗りは免れない。幸い、民主党でも多くの議員が子どもたちの貧困問題に取り組もうとしてはいます。だが、新政権のスタート時点で、なぜ、低所得の家庭の子どもの問題にもっと配慮できなかったのか?という悔しさはわたしもあります。やはり、主には、中間層以上が基盤であった民主党の限界はそこにあった。やはり、バブル期くらいまでうまくいっていたように見えるシステムの受益者が支持基盤に多かった。

一方、庶民の暮らしは、デフレが続く中で、改善せず、失業率も悪化しています。お互い、他人のことをおもいやる余裕もなくなっている。さらに、NPOなど、新しい公共を民主党は重視しているが、一方で残念ながら、デフレの中で財政難のNPOも多いのです。

そうした中で、個人個人が孤立した状態になりがちです。そういう時代には、誰か叩きやすい人間を叩くような政治家が喝采を浴びがちです。例えば、名古屋市の河村たかし市長や、大阪府の橋下徹知事は、そういう傾向がある。プロが成功体験を捨てられぬ中で、素人くさい暴走を演出するのが、ウケるわけです。アメリカでいえば、ティーパーティーがそうです。自民党もダメ、民主党もダメ、という雰囲気がさらに広がれば、彼らが日本の政治で台風の目になるでしょう。

しかし、例えば河村たかし市長のいうとおりに市民税を減税しても、庶民には恩恵が少ないでしょう。
サービスの低下のリスクの方が庶民にとっては大きいのではないでしょうか?

一方で、このように、国内政治が不安定になったとき、権力を握っている側は、世の中の不安定さを見越して、無茶苦茶をやりたい誘惑に駆られることはある。特に、対外的にわざと緊張を高め、権力への求心力を高める手法は古今東西取られてきました。だが、それは、結局は亡国を招いたケースも多いのです。

刹那的に、何か叩きやすいものを叩いて溜飲を下げてもらうのは簡単です。

国外に敵をつくって求心力を高めるのも手っ取り早い。

しかし、こういう政治家は、勇気がある政治家とは言えないと思います。

国民生活を立て直そうとすれば、「自己責任論者」からの非難もあるでしょう。個別施策の実施に当たっては、施策の対象外となった人からも不満は出るでしょう。

例えば子どもへの施策は、子持ち家庭には支持されてもそうでない家庭にはウケないかもしれない。失業者への施策は、そうでない人の冷笑を買うかもしれない。それでも、やらねばならないのです。

また、デフレ脱却のため財政を出動させることにも、教条的な反対が多いのは確かです。マスコミが永年、財政赤字はけしからん、ばかりを言ってきたので仕方はないのですが。

刹那的な非難を浴びても、デフレを脱却し、国民生活を立て直す政治家。
弱腰と批判を浴びても、最終的には平和を維持できる政治家。


こういう政治家にこそ、敬意を払いたいと思います。というか、これだけできれば、まあ合格点ですよ。

そして、なるべく政治家をそういう方向に持って行かねばならないのです。
by hiroseto2004 | 2010-11-30 22:18 | 新しい政治をめざして | Trackback
海上自衛隊が、米韓演習に参加しているのではないか?という情報があります。

大津留公彦さんのブログをどうぞ!
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-45f7.html


演習に直接参加しないまでも、近くに自衛艦派遣、ということは十分あり得ます。

とにかく、今、一番まずいのは、国内での失地回復を外に求めることです。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-11-30 17:56 | 国際情勢 | Trackback

---
今、「待機児童解消」という名目で進められようとしている「幼保一体」「子ども園構想」が、日本の福祉を崩壊させる大変危険な流れであることを、このネットに繋がるみなさんにお知らせしたく下記の会の参加を呼びかけます。(「子どもの権利条約を進める神戸の会/DCI神戸セクション、事務局 池見宏子」)



「子どもの権利条約を進める神戸の会](DCI神戸セクション)

第5回総会と記念講演のお知らせ

趣旨:

早いもので、みなさまの支えで発足しましたDCI神戸セクション[子どもの権利条約
を すすめる神戸の会]は、このたび5年目を歩んでおります。

子育てにとってますます厳しい社会環境の中で、この実態を何とかしたいと、国連
子どもの権利委員会へNGOとして報告書を届ける活動に参加させて頂きました。

今年度は、その声が反映された「国連から政府への勧告」が出され、それをどう読
み解き、私たちの活動に活かすかが問われることになります。特に、このたびの「勧
告」では、これまでの「子どもが育つシステムを全面的に見直せ」というもので、今
までそれぞれが個別に取り組んできた課題を、〈子どもの発達を保障する観点〉から
総合的に検討することが求められています。

したがいまして、第5回総会は、その課題を確認し、取り組めるようなテーマ「子ど
もの最善の利益を求めて」を設定した「総会と記念講演」を予定しています。

時:12月4日(土)

Am9:30~12:00 〈受付9:15~  

場所:  神戸市勤労会館 2F多目的ホール  資料代:500円 

プログラム

�  総会・「申し合わせ事項・活動方針」

� 記念講演(提案):増田百代さん:(県保育所運動連絡会会長)

《「新システム」⇒幼稚園、保育所一体の「子ども園」から「福祉崩壊」の危機へ》

� 質疑応答:テーマ・「子どもの最善の利益」を求めて!

少しでも市民のみなさんが、「子どもの権利」(実は大人の問題)に対して、

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2010-11-30 17:49 | 教育 | Trackback
by hiroseto2004 | 2010-11-30 17:39 | 広島県政(広島県議会) | Trackback(1)
民主党は福岡市長選挙で現職を推薦してKO負け。

和歌山県知事選挙では、失神KO負け。

一方、参院選沖縄県選挙区、沖縄県知事選挙では不戦敗を喫しました。

今の、民主党は、一言で言いあらわすと、残念ながら、「成功体験が変革を妨げ、焦りを招いている」いえましょう。

日本全体をみると、やはり、高度成長期からバブルくらいまでの成功体験が邪魔をしている傾向があります。

たしかに、高度成長期には、「まあまあ頑張りさえすれば、それなりに幸せに家庭が築ける」というイメージがあった。当時は慢性的な供給力不足だったわけです。だから、頑張りさえすればよかった。国全体でも、官僚や政治家が業界を保護し、企業が世帯主を保護する。自治体も道路と工業団地さえつくっておけば、まあまあ潤う。そういう時代が確かにあったのです。

しかし、それは、1980年代にはだんだん通用しなくなっていった。そこで、中曽根政権以降は、アメリカへの輸出に頼る体制を築いた。バブル崩壊後には、労働力を使い捨てることで、企業が儲かる方向へと向かった。小泉政権でそれは頂点に達した。しかし、それは、2008年の世界経済危機で吹っ飛んだ。

だから、「国民の生活が第一」という民主党が、2009年総選挙で自民党を打倒したわけです。

しかし、まだまだ、年配のエライ人の中には、自分達の若い頃と比較して「近頃の若いやつは」と若者をこき下ろす人もおられる。また、若者は、自分達の親の世代から刷り込まれた価値観と、現在の経済状況、社会状況のはざまで、苦しむことになっています。「こんなはずではない」という思いがある方も多いでしょう。例えば自分達の母親だと専業主婦も多いが、今の社会経済状況では、難しい。そのあたりのギャップで、非婚化も進むというわけです。

一方、民主党も過去の成功体験を引きずっていないか?

民主党は、2005年総選挙を除けば、一貫して議席を増やしてきました。しかし、それは、民主党が素晴らしかったからではないと思います。

第一に、今までの体制を形作ってきた主な勢力である自民党が、人々から見放されて行ったからです。小泉さんも、結局は、一時的なカンフル剤にすぎなかった。

第二に、いままで社民党や共産党を支持してきた人も「ここはそうはいっても政権交代のために民主党」と思い詰め、民主党に流れたからです。小選挙区制度がこれを加速した。

これらの条件により、民主党は、連合に加えて無党派層、旧左翼支持層も加えて、自民党を凌駕するに至ったのです。

ところが、政権が交代したあとは、これらの条件は吹っ飛びます。

まず、地方選挙レベルでいえば、たしかに、自民党による締め付けはなくなった。だがそれで民主党が強くなるかといえばそうではない。

さらに「何としても、政権交代のために民主党」という層の熱気も冷めます。

しかし、熱気があった時代の感覚のまま、選挙に臨めば「KO負け」も当たり前です。

また、民主党が実際に実施する政策も理念としてはよくても、実施される段になると、自民党政治=高度成長期の成功体験を引きずった政治の色彩が強くなっていた。

高校無償化は結構だが、それで一番恩恵を受けるのは、自民党政治、高度成長期でもそれなりに恩恵を受けていた中間層以上だったりします。本当に困っている人には既に授業料は免除されていたのですから。

エネルギー政策に至っては、自然エネルギーの固定価格での全量買取はされず、むしろ原発を海外に売りまくるという方向に進んでいる。そもそも、日本は貿易黒字国なのに、これ以上、黒字を増やしても、円高が進むだけになりかねない。1980年代までのやり方で成長させようというのが間違っているのです。企業団体献金禁止、取り調べ全面可視化も進まない。基地問題では沖縄県民の期待を裏切った。

こうした中で、民主党への期待がしぼむのはやむを得ない。

しかし、そうした中で、今度は「中央とのパイプ」を地方選挙で強調してしまったりする事例が見られます。それは、自民党時代に、例えば岩国市長選挙で福田良彦さんの陣営が使ったのと同じ手法です。何のために政権交代したかわからなくなる有権者もおられるでしょう。

時代の変化を読めずに焦る。
焦りのあまり、権威主義的な態度を取る。
それが傷を深める。
その悪循環に日本(の特にエライ人たち)も民主党も入っている。

沖縄県では、民主党は、参院選候補も知事候補も擁立できない状態まで悪化してしまった。

とにかく、まず過去の成功体験は脇においておくこと。そして、現状の課題は何なのか?
感情はさておき、冷静に考えること。民主党も、日本国民も取り組まねばならないのではないでしょうか?


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-11-30 08:10 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)

真冬並みの冷え込み続く

実況(6時40分)
気温 1.9℃
降水量 0.0mm/h
風 北東2m/s
湿度 79.3%
気圧 1024.1hPa
----------------
11月30日
日出 06:54
日入 16:58
----------------
11月30日
月齢 23.9

明日からは12月。寒いですね。広島県南部平野部でも昨日に続き、霜です。
by hiroseto2004 | 2010-11-30 07:18 | 歳時記 | Trackback
広島県知事の湯崎英彦さん。今日で知事就任一周年です。

以下は、26日の知事ブログです。

NHK番組にも出演しました。

いままでは「仕込み」。これからは「実行」ですね。


http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1290760587974/index.html

 9時から,東京都内のホテルで開催された,県選出の国会議員に対して行う,国の来年度予算編成に向けての提案説明会に出席しました。

 

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2010-11-29 17:55 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
黒瀬茂子さんという、わたくし・さとうしゅういちの友人が、このほど、福山市駅家に、DV加害者再教育施設をオープンさせました。

読売新聞も取り上げています。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20101123-OYT8T00023.htm

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2010-11-29 17:48 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
by hiroseto2004 | 2010-11-29 17:35 | 経済・財政・金融 | Trackback

真冬並みの寒さ

実況(6時40分)
気温 0.1℃
降水量 0.0mm/h
風 北北東1m/s
湿度 80.8%
気圧 1024.3hPa
----------------
----------------
11月29日
日出 06:53
日入 16:58
----------------
11月29日
月齢 22.9
by hiroseto2004 | 2010-11-29 07:19 | 歳時記 | Trackback