エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2012年 01月 ( 128 )   > この月の画像一覧

わたくし、さとうしゅういちは、28日、安佐南区古市橋駅前、ユアーズ大町店前、祇園六丁目交差点、祇園二丁目で街頭演説し、野田総理(柳田稔元法相、小宮山厚労相、前原誠司政調会長、はしもと博明衆院議員)を打倒することを呼びかけました。

「みなさん。25日、厚生労働省から、民主党政権初の介護報酬の改定が発表されました。
わたくし、さとうしゅういち、ひとこと感想を申し上げたい。介護では少しでも民主党に期待したわたしがバカだった。野田総理、小宮山厚労相を一刻も早く打倒しなければわたしたちは安心して年を取れない。」
「庶民向けのサービスをバサバサと切っていく内容だ。訪問介護の生活援助はいままでは60分が上限だったが今後は45分までしか保険で面倒を見ない。風呂に入れてもらって食事を作ってもらうようなサービスは90分まで利用できたのが70分に短縮されてしまう。」
「高齢者専用住宅に付属しているヘルパーセンターの収入も一割カットされる。場合によっては経営が成り立たない高齢者専用住宅もでてくるかもしれない。庶民は高級な老人ホームには入れないから、高齢者専用住宅への打撃は痛い」
「そのかわり、24時間利用出来るサービスは制度としてはできた。しかし、広島市でも広島市内で24時間サービスができるのは3つか5つの中学校区と言っている。この祇園で24時間サービスができる可能性は低い」
「介護の給料はまだまだ低い。そんな中で24時間対応でやってくれる介護職員や看護師がたくさんいるか。」
「民主党はそもそも介護職員給与を四万円上げると言ってきた。しかし、それは全く守られなかった。業種によっては下がるサービスもある」
「野田総理、小宮山厚労相、橋本博明衆院議員や柳田稔元法相はどう責任をとってくれるのか?前原誠司政調会長も二月五日に広島に来られるが、恥ずかしくて堂々と外を歩けないのではないか?」
「そして、そんなありさまで、『社会保障のために消費税を上げる』と言われても信用出来ない!」
「デフレのいま、消費税増税をすれば、とくに中小企業ほど大変になる。値段に上乗せ出来ず、潰れるところもでてくる。広島も日本もゴーストタウンのようになり、税収もかえって落ち込み、財政再建どころではない!」
「野田総理は、復興財源で苦しいはずなのに、ASEANでは二兆円を出してきたり、東電にも何兆円も投入している。」
「原発事故の賠償はぼろ儲けした天下りのえらい人や企業のえらい人でまかなうべきだ。そして東電の社員、株主にも我慢していただくべきだ。」
「島根原発二号機も停止した。原子力委員会も福島のような事故が10年に一回は起きると言っている。そんな中でもはや原発を動かす選択はない。省エネ、そして電力の改革を進めれば乗り切れる。ただ、それを邪魔しているのが電力会社の労働組合等だ」
「柳田稔元法相も橋本博明衆院議員も電力会社の労働組合ずぶずぶだ。こんな人たちに国民のための改革が出来ないのも当たり前だ。」
「このまま民主党が政権にいれば、消費税は青天井にあがり、介護は切り捨てられ、原発利権は温存される、最低最悪の政治が続く。なんとしても次期国政選挙において、野田総理、橋本博明衆院議員や柳田稔元法相を打倒しなければならない。さとうしゅういちはその先頭に体を張って立って参る」
「民主党は所詮、理念も哲学もない、政権をとりたいだけ選挙に受かりたいだけの集団だった。労働組合幹部、高給公務員や電力会社の利権しかかんがえられない集団だった。二度とこのような集団に政権を取らせてはいけない。」
「この広島、日本においても理念と哲学がしっかりした政治集団を育てなければならない。さとうしゅういちはその先頭に体を張って立つ。」
「七月にはみどりの党を立ち上げ、来年の参院選でキャスティングボードを握る。
介護難民ゼロの日本を何としても実現する。福島のような事故を二度と起こさない、原子力に頼らない日本をつくる。介護や医療、教育などで地域で若い人から高齢者まで働ける日本をつくる。農業やエネルギーを地域でなるべくまかない、雇用を生み出す日本、広島県にチェンジする。その先頭にさとうしゅういちは全力で立つ覚悟だ。」


みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-28 10:52 | 参院選2013 | Trackback(1)
「生活援助」45分に上限短縮、ニーズ切り捨ての恐れ

7 別に厚生労働大臣が定める施設基準に該当する指定訪問介護事業所において、当該指定訪問介護事業所の所在する建物と同一の建物(老人福祉法(昭和38年法律第133号)第20条の4に規定する養護老人ホーム、同法第20条の6に規定する軽費老人ホーム若しくは同法第29条第1項に規定する有料老人ホーム又は
高齢者の居住の安定確保に関する法律(平成13年法律第26号)第5条第1項に規定するサービス付き高齢者向け住宅であって同項に規定する都道府県知事の登録を受けたもの若しくは高齢者の居住の安定確保に関する法律施行規則等の一部を改正する省令(平成23年国土交通省令第64号)の施行の際現に同令第1条の規定による改正前の高齢者の居住の安定確保に関する法律施行規則(平成13年国土交通省令第115号)第3条第5号に規定する高齢者専用賃貸住宅である賃貸住宅に限る。訪問入浴介護費の注4、訪問看護費の注3及び訪問リハビリテーション費の注2において同じ。)に居住する利用者に対し、指定訪問介護を行った場合は、所定単位数の100分の90に相当する単位数を算定する。

※ 別に厚生労働大臣が定める施設基準の内容は次のとおり。
前年度の一月当たり実利用者(指定訪問介護事業所の所在する建物と同一の建物に居住する者に限る。以下この号において同じ。)の数(当該指定訪問介護事業所に係る指定訪問介護事業者が指定介護予防訪問介護事業者の指定を併せて受け、かつ、一体的に事業を実施している場合は、当該指定介護予防訪問介護事業所における前年度の一月当たり実利用者の数を含む。)が三十人以上の指定訪問介護事業所であること。


サービス付き高齢者住宅は、高齢者の住宅事情が悪いことに対応するという大義名分で、2011年秋から登録が始まっている制度です。2010年度から2011年度までは「高専賃」という制度でした。

特定施設入居者生活介護=介護付き有料老人ホームは主に高額所得者が入る場合が多い。中間層以下の場合は、なかなか手が出ません。さりとて、特別養護老人ホームには空きがない。

そういうとき、庶民の寄る辺として、高専賃、サ高住があります。

サ高住そのものには、介護保険のサービスはついていません。

しかし、サ高住を設置している事業者の多くが、建物内部に訪問介護事業所を設け、そこから、各戸の住民にヘルパーを派遣している場合が多いのです。

ところが、2012年度から、同じ建物内部の住民30人以上に訪問介護を提供している場合は、介護報酬が10%程度減算されます。

これは事業者の経営にとって大打撃です。あとは、違う建物を借りてそこからヘルパーを派遣するという形にするしかありませんが、そうなるとお金はかかります。

たしかに、介護保険の大前提は、選択の自由が利用者にあることです。そして、財政当局サイドから見れば
どんどん同じ建物内の訪問介護を満額近くまで利用されたら困るのでしょう。

しかし、一方で、高専賃(現サ高住)というのは、特養などの施設を国が作りたくないがゆえにできた「苦肉の策」ともいえなくもない。高専賃(現サ高住)なくば、「介護難民」が大量にでかねないのです。

施設不足という根本問題を改めることなしに、サ高住への「取締り」を強化したらどうなるか?
潰れるサ高住が出れば、それこそ、介護難民が大量に出かねません。

民主党政権は、介護難民を増やす気か?

そうであるならば、「介護難民ゼロ」を目指してきたさとうしゅういちとしては、民主党政権を何としても打倒する先頭に立たねばなりません。

みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-28 02:01 | 介護・福祉・医療 | Trackback
老健の「回転率重視」で介護難民増加の恐れ 介護報酬改定1

2012年度の介護報酬改定。

在宅サービスでは、訪問介護の報酬の変化が目につきます。


訪問系サービス
(1)訪問介護
身体介護の時間区分について、1日複数回の短時間訪問により中重度の在宅利用者の生活を総合的に支援する観点から、新たに20分未満の時間区分を創設する。
(新規) 20分未満 170単位/回
30分未満 254単位/回 ⇒ 20分以上30分未満 254単位/回
※算定要件(身体介護(20分未満))
以下の①又は②の場合に算定する。
①夜間・深夜・早朝(午後6時から午前8時まで)に行われる身体介護であること。
②日中(午前8時から午後6時まで)に行われる場合は、以下のとおり。
<利用対象者>
・要介護3から要介護5までの者であり、障害高齢者の日常生活自立度ランクBからC
までの者であること。
・当該利用者に係るサービス担当者会議(サービス提供責任者が出席するものに限る。)
が3月に1回以上開催されており、当該会議において、1週間に5日以上の20分
未満の身体介護が必要であると認められた者であること。
<体制要件>
・午後10時から午前6時までを除く時間帯を営業日及び営業時間として定めている
こと。
・常時、利用者等からの連絡に対応できる体制であること。
・次のいずれかに該当すること。
ア 定期巡回・随時対応サービスの指定を併せて受け、一体的に事業を実施している。
イ 定期巡回・随時対応サービスの指定を受けていないが、実施の意思があり、実施
に関する計画を策定している。。

8
生活援助の時間区分について、サービスの提供実態を踏まえるとともに、限られた人材の効果的活用を図り、より多くの利用者に対し、適切なアセスメントとケアマネジメントに基づき、そのニーズに応じたサービスを効率的に提供する観点から時間区分の見直しを行う。
20分以上45分未満 190単位/回
30分以上60分未満 229単位/回 ⇒ 45分以上 235単位/回
60分以上 291単位/回
また、身体介護に引き続き生活援助を行う場合の時間区分の見直しを行う。
30分以上 83単位/回 ⇒ 20分以上 70単位/回
60分以上 166単位/回 ⇒ 45分以上 140単位/回
90分以上 249単位/回 ⇒ 70分以上 210単位/回

① 生活機能向上連携加算
自立支援型のサービスの提供を促進し、利用者の在宅における生活機能向上を図る観点から、訪問リハビリテーション実施時にサービス提供責任者とリハビリテーション専門職が、同時に利用者宅を訪問し、両者の共同による訪問介護計画を作成することについての評価を行う。
生活機能向上連携加算(新規) ⇒ 100単位/月
※算定要件
・サービス提供責任者が、訪問リハビリテーション事業所の理学療法士、作業療法士又は言
語聴覚士(以下「理学療法士等」という。)による訪問リハビリテーションに同行し、理
学療法士等と共同して行ったアセスメント結果に基づき訪問介護計画を作成しているこ
と。
・当該理学療法士等と連携して訪問介護計画に基づくサービス提供を行っていること。
・当該計画に基づく初回の訪問介護が行われた日から3ヶ月間、算定できること。
② 2級訪問介護員のサービス提供責任者配置減算
サービス提供責任者の質の向上を図る観点から、サービス提供責任者の任用要件のうち「2級課程の研修を修了した者であって、3年以上介護等の業務に従事した者」をサービス提供責任者として配置している事業所に対する評価を適正化する。
サービス提供責任者配置減算(新規)⇒所定単位数に90/100を乗じた単位数で算定
※算定要件
2級訪問介護員(平成25年4月以降は介護職員初任者研修修了者)のサービス提供責任者を配置していること。
(注)平成25年3月31日までは、
・ 平成24年3月31日時点で現にサービス提供責任者として従事している2級訪問
介護員が4月1日以降も継続して従事している場合であって、
・ 当該サービス提供責任者が、平成25年3月31日までに介護福祉士の資格取得若
9
しくは実務者研修、介護職員基礎研修課程又は訪問介護員1級課程の修了が確実に見込まれるとして都道府県知事に届け出ている場合に、
本減算は適用しないこととする、経過措置を設けること。
③ 利用者の住居と同一建物に所在する事業所に対する評価の適正化
サービス付き高齢者向け住宅等の建物と同一の建物に所在する事業所が、当該住宅等に居住する一定数以上の利用者に対し、サービスを提供する場合の評価を適正化する。
同一建物に対する減算(新規)⇒ 所定単位数に90/100を乗じた単位数で算定
※算定要件
・ 利用者が居住する住宅と同一の建物(※)に所在する事業所であって、当該住宅に居住
する利用者に対して、前年度の月平均で30人以上にサービス提供を行っていること。
・ 当該住宅に居住する利用者に行ったサービスに対してのみ減算を行うこと。
(※)養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、旧高齢者専用賃貸住宅
(注)介護予防訪問介護、(介護予防)訪問入浴介護、(介護予防)訪問看護、(介護予防)訪問リハビリテーション、夜間対応型訪問介護及び(介護予防)小規模多機能型居宅介護(前年度の月平均で、登録定員の80%以上にサービスを提供していること。)において同様の減算を創設する。
④ 特定事業所加算
社会福祉士及び介護福祉士法の一部改正によって、介護福祉士及び研修を受けた介護職員等が、登録事業所の事業の一環として、医療関係者との連携等の条件の下にたんの吸引等を実施することが可能となったこと及び介護福祉士の養成課程における実務者研修が創設されることに伴い、特定事業所加算について、要件の見直しを行う。
※算定要件(変更点のみ)
・重度要介護者等対応要件に「たんの吸引等が必要な者(※)」を加えること。
・人材要件に「実務者研修修了者」を加えること。
(※)たんの吸引等
・ 口腔内の喀痰吸引、鼻腔内の喀痰吸引、気管カニューレ内部の喀痰吸引、胃ろう又は腸ろうによる経管栄養及び経鼻経管栄養

「身体介護」で20分未満のサービス提供を設けたのはよい。

しかし、問題は「生活援助」、そして身体介護に引き続き生活援助を行った場合の時間の上限引き下げです。

生活援助は45分(従来60分)、身体介護に引き続き生活援助を行った場合は70分(従来90分)を超えても、介護報酬は上がりません。当然、事業者は、それ以上はサービスの提供を渋るか実費を請求することになるでしょう。

厚労省は、生活援助の平均利用時間は30分だということを根拠に、45分に上限を引き下げた。
しかし、乱暴ではありませんか?「平均30分」と言っても、ばらつきがあるはずです。ばらつきを無視して、上限を引き下げられたらたまったものではありませんね。

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2012-01-28 01:37 | 介護・福祉・医療 | Trackback(1)
今日、中国電力島根原発二号機も停止しました。

これで、中国電力管内で稼動している原発はゼロになりました。

もともと中国地方は原発なしでも電力に余裕がありました。

まして、上関原発も島根原発三号機もいりません。

省エネそして再生可能エネルギーをこの中国地方でも進めて行きましょう。

それしか進む道はないのです。

みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-27 19:41 | エネルギー政策 | Trackback
老健の「回転率重視」で介護難民増加の恐れ 介護報酬改定1

わたくしさとうしゅういちは、介護難民ゼロの広島県、そして日本をめざして参りました。

県庁職員時代はずっと介護や医療関係の仕事をしていました。介護殺人や介護心中のニュースを聞いたり、さらには現場の厳しい労働条件を仕事を通じて肌で感じるたびに心を痛めてきました。

現在は、民間企業で介護や医療関係の経営の仕事をしております。介護分野にはこだわりがあり、再就職のときも願書の送り先はほとんどが介護事業所でした。

現場の労働条件が改善し、そしてなにより、介護するご家族も苦しまないで住むようになって欲しい。そのように願っております。

民主党政権については、この点では期待はしていました。マニフェストでは介護労働者の給料を4万円上げるという。

しかし、その期待は、今回2012年の介護報酬改定で見事に打ち砕かれました。

老健では、自宅に無理矢理送還したほうが、介護報酬がよくなる仕組みが導入されました。
ホームヘルプでは、生活支援の時間の上限が一時間から45分に切り下げられました。
施設から在宅へ、というけれど、在宅の目玉の地域包括ケアはなかなか業者にとっても手がでないような仕組みになっています。24時間対応で働いてくれる看護師を確保するなど至難の技です。

欧州では労働組合の力で例えば公務員とヘルパーの間でも同一価値労働同一賃金と言っておなじくらいしんどい職務にはおなじ給料が出るのです。

日本はそうはいかない。では政治の力で変えるしかないのです。

民主党が変えてくれるとおもったけど、結局は民主党も高給公務員や一部大手企業の労組の味方にすぎないのだ。民主党に「お任せ」していていも、ダメだ。そのことを強く確信しました。

そして、やはり、ここは同一価値労働同一賃金を掲げるみどりの党(仮称)が参議院でキャスティングボードを握り、さとうしゅういち自身がその中で介護労働者の処遇改善、そして家族介護者支援に体を張って取り組むしかない、という思いを一層強くいたしました。

どうぞ、今後ともさとうしゅういちに対するご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。



みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-27 18:42 | 介護・福祉・医療 | Trackback
福島の事故を1回とみるか3回とみるかによりますが、今後10年以内ないし30年以内に必ず福島並みの事故が起きる、という試算が原子力委員会から昨年出ています。

原発の寿命は40年とか悠長なことを言っている場合ではない!

http://www.fsight.jp/article/11147?ar=1&page=0,0&ar=1


安易な原発再稼働で「10年以内に再び過酷事故」という原子力委試算
2012/01/24
塩谷喜雄 Shioya Yoshio
科学ジャーナリスト
0
0612>最後印刷/
全文一括表示
工業用内視鏡で撮影された2号機の格納容器内の様子。核燃料の位置や状態は今も分からない[東京電力提供](c)時事

 このまま日本で原発を再稼働させたら、今後10年以内に、東京電力福島第一原子力発電所と同じような事故がまた起こる――。
 原子力推進政策の総元締めともいえる政府の原子力委員会(近藤駿介委員長)の小委員会が、日本の原発が過酷事故を起こす「事故発生頻度」を試算したところ、抜本的な安全強化策を施さないまま、原発を安易に再稼働させると、最悪の場合、日本にある原発のどれかが、10年以内に放射性物質を大量に飛散させる過酷事故を起こすという、衝撃的な結果が出た。
 福島第一の事故を踏まえて、過酷事故のリスクコストを試算し、原発の発電原価に反映するのが目的だったが、その計算過程で、とんでもない副産物が飛び出してきたことになる。これが現在の日本の原発が抱える事故リスクの科学的評価だとしたら、ストレステストに合格すれば、原発の再稼働はOKなどという、おままごとみたいな手続き論は、もはや全く意味を持たない。

「試算詐欺」に隠れていた驚きの前提
 昨年の10月25日、原子力委員会の原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会 (鈴木達治郎座長)が、 「原子力発電所の事故リスクコストの試算」 を発表した。過酷事故を起こした場合の、損害賠償や除染にかかる費用をはじいて、それを原発の発電原価に乗せようという試算である。
 賠償や除染の費用は、最大でも1kWh当たりの発電原価を1.6円上昇させるだけ、という結論だった。もともと原発の発電原価は、政府と電力会社が費用を過小に見積もって「創作」したモデル試算の産物だ。1kWh当たり5-6円というその値に、1.6円を上乗せしても、依然として原発は他の電源に比べて割安、ということになる。原子力ムラの懲りない面々による予定調和の図式に、ぴったりはまる結論だった。
 それゆえに、メディアの扱いも軽く、賠償費用を含めても原発は割安と強調するか、過酷事故では発電原価が2割以上上がるとするかの違いはあっても、あまり細部には突っ込まなかった。
 試算は福島第一の賠償や除染費用を5兆円と見込むなど、常識的な予想の10分の1にも満たない過小な想定をしていた。それを見て筆者も、例によって例のごとくの、原子力ムラの得意技、現実を隠すための「試算詐欺」とみなし、熟読しなかった。
 昨年末に知人と一杯やった時、結論よりも試算の前提、事故発生頻度の評価が「ミソ」だと示唆された。

発生頻度についての5つの試算
 周辺環境に大量の放射性物質を放出する過酷事故は、どれくらいの頻度で起きるのか。それを決めないと、事故リスクコストは算出できない。検討小委は、条件を変え、5つの場合を想定して、過酷事故の発生頻度を試算している。この中に、日本の原発は10年に1度、過酷事故を起こすという刺激的な数値が隠れていた。
 第1は、IAEA(国際原子力機関)が、安全目標として掲げているもの。放射性物質を外部に大放出する事故の頻度をこれ以下に保つべき値は、「10万炉年に1回」としている。
 第2は、世界中の原発(431基が稼働中)をひとまとめにして事故頻度を計算する方式で、福島第一で運転中の原子炉3基が起こした事故を、津波による1回の事故、とみなす場合だ。発生頻度は「5000炉年に1回」となる。
 第3は、同じく世界ひとまとめだが、福島の事故をそれぞれ独立の3回の事故だとして計算する。頻度は「3000炉年に1回」。
 第4は、日本の原発(54基)だけに限定して計算し、福島の事故は1回とみなす方法で、発生頻度は「1500炉年に1回」となる。
 第5は、日本の原発に限定し、福島の事故は3回とみなす計算で、頻度は「500炉年に1回」である。
 ここに出てくる「炉年」というのは、それぞれの原発ごとの稼働年数を合計したもので、運転実績といってもいい。原発の事故頻度などはこの数字をもとに計算されることが多い。
 例えば、A国に100基の原発があり、そのうち50基は20年稼働し、残り50基は10年稼働していたとしよう。A国の原発運転実績は、50×20と50×10を足して、1500炉年となる。この時点で大事故が1回発生すれば、A国の原発の大事故発生頻度は、1500炉年に1回、となる。
 個別の原子炉1基、1基が大事故を起こす頻度は、それぞれ1500年に1回に過ぎない。しかし、A国の原発全体では、大事故が発生する頻度は、個々の原発の事故頻度を100基分積算した値、1500分の1という個別の事故頻度に、原発の数である100を掛けた数字、15分の1になる。
 事故を起こすのがどの原発かは特定できないが、15年に1回は、A国内で原発の大事故が起こるということを、この数字は示している。大事故の経験を踏まえて、A国が全ての原発に、格段の安全策を施さない限り、この発生頻度は変わらない。

第5の条件が示す「10年に1回」という頻度
 そこで、検討小委が示した第5の発生頻度に注目していただきたい。日本の原発の過酷事故の頻度は、500炉年に1回という数字である。日本の原発50基(福島第一の1-4号機は廃炉になるため除外)が全部再稼働すれば、日本全体での事故発生頻度は、500分の1に50を掛けて、10分の1になる。これから10年に1回は、放射性物質を大量に撒き散らす過酷事故が、日本で発生するということだ。
 福島第一の1-4号機の廃炉には、今後40年かかるとされている。その間に日本では4回も原発の大事故が起こるという話である。10年に1度、どこかで原子炉建屋が爆発して、周辺地域を放射性物質で汚染するという事態を、日本国民は甘受しなければならないのだろうか。この数字が科学的に見て妥当な数字なら、日本にとって原発の再稼働という選択肢は全く「あり得ない」ことになる。
 福島第一原発で本当に何が起きたのかは、ほとんど解明されていない。検討小委が、運転中だった1-3号機の事故が、津波による1つの事故だったとする場合と、それぞれが独立の事象で、事故は3回起きたとする場合に分けて検討していることは、合理的であり評価できる。運転中ではなかったが、原子炉建屋の上半分が吹っ飛んで、即発臨界の可能性がある大量の核燃料が管理できないまま放置されている4号機も事故に含めて考えるべきだ、とは思うが、話が複雑になるので、1回か3回かでここはよしとすべきだろう。
 福島第一の事故を1回とカウントする検討小委の第4の想定では、大事故の発生頻度は1500炉年に1回である。これも日本全体の発生頻度に直すと、30年に1回は、日本のどこかで、原発が過酷事故を起こすことになる。
 今や女性の平均寿命は90歳に迫っている。日本人は生涯で3回も、福島第一並みの原発大事故を経験しなければならないのだろうか。


みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-27 06:56 | エネルギー政策 | Trackback
わたくし・さとうしゅういちが、不退転の決意で国政選挙復帰を決めた理由の一つには、「地方を変えるにも国の法律を変える必要がある」という点です。

地方議会をより、民主的なものにするにはどうすればいいか?

もちろん、個々の議会での議会基本条例などもあります。

もうひとつは議員の選び方を変えることです。

しかし、これは実は地方ではできない。

国の法律=公職選挙法を変えないとできません。

わたくし、さとうしゅういちは、地方議会を会派別の比例代表にしたらいいと思います。

たとえば、広島などは同じ自民党でもたくさん会派が分かれてわかりにくい。だったら、最初から会派の表示をして有権者に判断材料を与えたらいいのです。

また、そもそも、県議会議員の選挙区が市議と同じ狭い範囲というのはおかしなはなしです。県全体の代表であるならば、選挙区もそれに合わせて広い範囲にすればいいのです。市の代表は市議がやればいいのですから。

これらを変えようと思ったら、しかし、地方ではできない。国でやるしかないのです。


みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-27 06:41 | 緑の党・ひろしま | Trackback
東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。
たびたび失礼します。[転送・転載歓迎/重複失礼]

東電福島第一原発事故の発生から1年となる3月11日(日)に東京で行う
合流(希望!)アクションが決まりました!

詳細は今後検討していきますが、【3・11は午後5時に国会包囲の「人間
の鎖」】と覚えていただき、午後に各地で行われるアクション終了後にぜひ
「国会囲もうヒューマンチェーン」への合流を呼びかけます。また、ぜひ各
地でも可能な形で「ヒューマンチェーン」に取り組んでいただければと思い
ます。よろしくお願いします!

アクション名称:
◆3・11原発ゼロへ!国会囲もうヒューマンチェーン

※「人間の鎖」(1回目)は午後5時(予定)

実行委員会の名称:
3・11再稼働反対!全国アクション

・コース(予定:詳細は今後検討)
社会文化会館(三宅坂)に集まったうえで、二手に分かれて進み国会議事
堂を両側から囲い込む→★17時に「人間の鎖」(1回目)→首相官邸前に
移動して抗議アクション(アポイントを取って要請書を手渡すことも)。
※参考 社会文化会館地図 http://www.tokyohomeless.com/body2-20.html

<趣旨など>
・午後のアクションと夕方早めの各地からの合流アクションという二段構
えで取り組む。

・フランスの脱原発ネットワーク発の「世界各地でヒューマンチェーンを」
の呼びかけに呼応して、今まで試みていないシンボリックなアクション
(参加者が集まりやすいもの)として、国会を「人間の鎖」で囲み、後半に
首相官邸付近に集まり、声を届ける。

・メーリングリストやホームページ http://nonukes.jp/ などで告知を開始
し、ブログやツイッター、フェイスブックなどでの広報を呼びかける。

みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-27 06:33 | イベント情報 | Trackback
平成24年度介護報酬改定 発表

2012年医療・介護報酬同時改定

介護報酬の改定について

基本的考え方

地域包括ケアの基盤強化

医療・介護の役割分担と連携強化

認知症にふさわしいサービスの提供

質の高い介護サービスの確保

全体として
・急性期、医療区分重度者、認知症重度者への対応強化と機能分化
・国全体としては、療養病床などに貼り付けていた医療資源を、「急性」、「重度者」、「認知症者」向けと「在宅医療」にシフトする方向性
・「施設から在宅へ」の流れ

全体で+1.2%
在宅分 1.0%
施設分 0.2%

介護保険地域区分単価の変更
大都市部に手厚く上乗せ。その分、基本単価は0.6%引き下げ!
広島市 特定施設入居者生活介護 1単位
乙地:10.23円→5級地(2012-2014年度):10.27円

介護報酬:基本単価の見直し
地域区分単価改定(全体で-0.6%)
デフレによる物件費引き下げ
「施設から在宅へ」の流れ
処遇改善交付金(自民党政権時代)は廃止
(特定施設の場合)3%の処遇改善加算を設置(手続きは、従前の交付金に類似)。

サービス別加算率
訪問介護 4%
訪問入浴介護 1.8%
通所介護 1.9%
通所リハビリテーション 1.7%
短期入所生活介護 2.5%
短期入所療養介護(老健) 1.5%
短期入所療養介護 1.1%
特定施設入居者生活介護 3.0%
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 4.0%
介護老人福祉施設 2.5%
介護老人保健施設 1.5%
介護療養型医療施設 1.1%

つづきはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2012-01-26 20:36 | 介護・福祉・医療 | Trackback(2)

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-fa3b.html

中学生の妊娠⑭
 中学生の来院、実は、毎日あります。同時進行で彼女たちのことを話すことはできませんが、やはりあまりに無防備なところにおかれているといわざるを得ません。

 私が中学生に話すとき、なんといっても相手は中学生です。分かりやすく、抽象論ではなく、具体的に。

 「女性の皆さん、将来皆さんに好きな人が出来たとき、そしてその人と一対一のお付き合いが始まったとする。好きな人とお付き合いが出来るというのは、本当に大きな喜びで、世界が輝きますよ。そして、そのお付き合いが続くと、と言っても、今の若い人は、それがとても短くて、まるで付き合うということはセックスもすること、見たいに捉えられていて、疲れてしまうのだけれど。付き合いが進んでいくと、きっといつか彼に求められるときが来ますよ。君を抱きたいって。

 今、大人たちは若くて性行動を取る人は、一部の家庭的に恵まれない寂しい子、または不特定多数と、薬物を伴ったり、援助交際だったりと、まるで一部のツッパリさんがすることと捕らえています。そういう子もいるけれど、それはそれで私から見たら、かさかさの砂漠の中で一滴の水を求めてさまよっている、つかの間のふれあいを求めて、そして、そのためにさらに傷ついていくような痛々しい子なのだけれど、そんな子は全体の一パーセントにもなりません。

 では、どうして若者が行動を取っているかというと、それはやっぱり恋愛なのですね。私から見たら、甘いなあと思うのだけれど、彼ら、彼女たちなりに恋愛関係の中での性だといえるでしょう。その恋愛関係の中での性、いざ、好きな人と一対一で向き合ったときの性は、これだけ女が積極的になった、強くなったといわれても、やはり彼が求め、彼女が応じていくというパターンをとっています。

 もし、君を抱きたいと迫られたら、女性の皆さん、自分で自分に問いなさい、私は今、ここで妊娠してもいいのか、したら産めるのか、育てられるのか、学校に言っていたら、学校はどうなるのかと。本気で考えなさい、行動取る前に。後で考えたのでは遅いのです、その前に。そして、もしダメだと思ったら、それを口に出しなさい。少なくとも、妊娠は困るくらいは言わなければいけない。

 それが言えないのですって、好きな人には。言えなかった、言えなかったといいますよ。言えなかったのではすまないのです。自分のことなんだから。自分の体のことなんだから。言いたいことも言わないで、黙って彼の言いなりになるのがかわいい女、いい女とおもったら大間違い。これからの女性はね、自分の頭で考え、自分の言葉で語る、自分自身をはっきり主張しなさい、好きな人の前でこそ、自己主張しなさい。そうして、初めて彼と話しあいながらのいい関係が出来るでしょう。

 男性の皆さん、いつか好きな人が出来て、彼女とお付き合いが進んでいくと、彼女を抱きたいと思う時がくるかも知れない。そのときには、男性の皆さんは彼女の体を考えなさい。結果が起こるのは、彼女なんだから。彼女は今、妊娠してもいいのか、したら産めるのか、育てられるのか、もし彼女が学校に通っていたら、学校はどうするのか。それに対して自分はどう関わっていけるのか。

 それを本気で考えなさい。行動取る前に。後で考えたのでは遅いのです。もし、ダメだと思ったら、彼女の体に対して責任が取れる行動を取りなさい。

 要するに、身ごもる性を持っている女は自分の体に責任を持て、身ごもらせる性を持っている男は、女の体、彼女の体に責任を持て、それが性の関係を考える原則なのです。それが言いたくて、私は「さらば悲しみの性」も書いたのです。」

 私は、女の味方をしすぎるという批判があります。でも、この性の関係を考える上での大原則、それは「女のみが身ごもる」という、おそらく未来永劫、変わらないであろう科学的事実から来る原則なのですね。

 そろそろこのシリーズも終わります。いろいろなコメントありがとうございます。今、記事書くのに精一杯で、お返事を書いていません。一息ついたら、必ずお返事書きますので、ごめんなさい。



みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-01-25 23:55 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback