エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2013年 06月 ( 93 )   > この月の画像一覧

e0094315_8542438.jpg

【大町西一丁目で、安佐南区を見渡す】
安佐南区大町西で、広島瀬戸内新聞に最新の緑の党グリーンズジャパンとさとうこうじさんのチラシを折り込み、お届けしました。新しい団地から、参院選選挙区用掲示板越しに安佐南区を見渡しました。
ちなみに新聞の裏は『三十年後、団地がどうあるべきか』の考え方をお示しし、地域の皆様に、ご自身の老後やお子様方の未来を考えていただく内容になっています。
by hiroseto2004 | 2013-06-30 08:54 | 参院選2013 | Trackback
広島ブログ
e0094315_1272391.jpg

■田口まゆさん講演、参加者で議論盛り上がる・・・クオータ制の実現をめざす会ひろしま総会
クオータ制の実現をめざす会ひろしまの総会が、6月29日(土)、広島市男女共同参画推進センター
ゆいぽーとで行われました。
クオータ制とは?
議会など意思決定の場において、一方の性が一定割合を下回らないよう割り当てることです。(これは差別がなくなるまでの暫定的な措置です。)
ノルウェーでは政党が自主的に取り組んでいるほか、韓国では比例代表部分の候補者は女性が半数以上と定められています。フランスでも
比例代表選挙では立候補者の半数を女性にするよう政党に義務付けています。日本でも政府が2020年までに指導的地位に占める女性の
割合を30%以上にするよう閣議決定しています。しかし、残念ながら、日本の女性国会議員(衆院)の比率は7.9%(2012年衆院選後)。
主要先進国でも断トツの最下位です。「クオータ制の実現をめざす会ひろしま」では、そうしたマイノリティの声が政治に届かない日本の
政治を改め、一人一人が大事にされる男女共同参画社会の実現のため、活動をしております。

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-06-30 01:26 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
e0094315_19444163.jpg

【終了後、本通りで街頭演説】
田口まゆさん講演会終了後、緑の党とさとうしゅういち後援会メンバーは、本通り付近で街頭宣伝を行いました!
田口さんから『誰もおきざりにしない社会、追い詰められない社会をつくりたい』と訴えました。そして、貧困・格差をなくすため、『教育無償化』『医療格差是正』に取り組みたいなどと訴えました。

わたくし、さとうしゅういちは『緑の党は市民の市民による市民のための政党だ!』『田口まゆさんは本当に困っている人に耳を傾けている。【まゆゆチャンネル】という動画をネット検索していただければわかります。』『元福祉担当の役人、そして平和都市広島市民として、差別や貧困をなくし真の平和を作るため田口さんをバックアップする』などと決意表明しました
by hiroseto2004 | 2013-06-29 19:44 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
【古市橋、祇園、横川駅前で『原発輸出より被災者支援を』と訴える】わたくし、さとうしゅういちは、昨日夕方、広島市安佐南区古市橋駅前、今日午前中は安佐南区祇園出張所付近と西区横川駅前で街頭演説を実施しました。
野田、安倍両二大政党政府のもと、原発事故子ども被災者支援法の基本方針ができず、福島被災者が見捨てられる一方で、官僚や一部大手企業の目論見どおり、原発輸出が進められている、と指摘。これは、六十年前、広島市でも起きたことで、政府は被爆者を見捨てる一方、原発予算はつけていた、ことを紹介。こうした政治の構造自体を改めよう、と呼びかけました。それには市民による手作りの政党が必要で緑の党はまさに手作りの政党だということ、市民からのカンパのおかげで供託金も無事集まったことを報告。その上で、供託金をなくすとともに議員報酬は半減し、特権身分の議員から市民に奉仕する議員に変えよう、と呼びかけました。さらに、緑の党目玉の住民投票や国民投票充実に言及し、市民参加で広島市が抱える課題を前進させよう、と訴えました。そして、緑の党の選挙は市民参加の場であり、市民の皆様も勝手にマイクを握ってほしい、と呼びかけました。
自転車の若い男性や年配男性ら多数の方が足を止めて聞いてくださり、また、激励の言葉もたくさんいただきました。
by hiroseto2004 | 2013-06-29 11:34 | 参院選2013 | Trackback
e0094315_7425739.jpg

【拡散大歓迎!いよいよ今日十四時!田口まゆさん講演会inひろしま(ゆいぽーと)】
NPO法人セレニティ代表・田口まゆさんの講演会『誰もが置きざりにされない社会へいま、必要なことは?自死をめぐる課題から考える』が十四時から広島市中区の男女共同参画センターゆいぽーと(広島電鉄鷹野橋から徒歩三分)であります!
誰がいつ、追い詰められるかわからない現代日本。誰も追い詰めない、置きざりにしない社会にするにはどうしたらいいのか?
父親を十三歳で亡くし、いまは遺族NPO代表として活躍するた田口まゆさんと語り合います!
十七時半から街頭宣伝、十九時からお好み村で交流会です!
よろしくお願い申し上げます!
ご連絡はさとうまで!
by hiroseto2004 | 2013-06-29 07:42 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
広島ブログ

田口まゆさん講演会IN広島 誰もが置きざりにされない社会へ いま何が必要か?
~自死をめぐる課題から考える~

https://www.facebook.com/events/372357356199104/
e0094315_22444687.jpg


とき:2013年6月29日(土)14時半~16時半
(14時からクオータ制の実現をめざす会ひろしま総会)
ところ:ゆいぽーと(広島市男女共同参画推進センター) 5F研修室4
〒730-0051広島市中区大手町5丁目6番9号 [TEL]082-248-3320広島電鉄「鷹野橋」下車、徒歩3分
ゲスト:田口まゆ さん 自死遺族NPO セレニティ代表
... 司会・進行:さとうしゅういち 広島市男女共同参画審議会委員・クオータ制の実現をめざす会ひろしま会長
主催:クオータ制の実現をめざす会ひろしま (090-3171-4437)
資料代:500円

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-06-28 22:45 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
広島ブログ




まゆゆチャンネル第11回配信しました!
「弁護士 河邉(こうべ)優子さん~ホームレス支援を行う理由~」
http://youtu.be/slCp6VziCGk


つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-06-28 12:48 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
e0094315_7234299.jpg

【田口まゆさん講演会inひろしま、いよいよ明日です!大拡散歓迎!】

自死遺族NPOセレニティ代表・田口まゆさんの講演会。

いよいよ、明日に迫りました!奮ってご参加ください!


17時半~街頭宣伝
19時~「お好み村」で交流会です!

■誰もが置きざりにされない社会へ いま必要なことは?自死をめぐる課題から考える

とき:2013年6月29日(土)14時半~16時半
(14時からクオータ制の実現をめざす会ひろしま総会)
ところ:ゆいぽーと(広島市男女共同参画推進センター) 5F研修室4
〒730-0051広島市中区大手町5丁目6番9号 [TEL]082-248-3320広島電鉄「鷹野橋」下車、徒歩3分
ゲスト:田口まゆ さん 自死遺族NPO セレニティ代表

司会・進行:さとうしゅういち 広島市男女共同参画審議会委員・クオータ制の実現をめざす会ひろしま会長
主催:クオータ制の実現をめざす会ひろしま (090-3171-4437)
資料代:500円
日本は自殺率が先進国でも高い国です。昨年こそ自殺者3万人を切りましたが、14年連続自殺者3万人を超える
自殺大国の日本。その周辺には5人遺族がいると言われています。
また、最近では子どもの虐待、介護殺人・心中、親子の餓死など、追いつめられる人が多くなっています。 
日本は「先進国」といわれています。しかしながら、いまの日本は様々な困りごとに直面している人たちを置き去りにし、追いつめてしまっているのではないでしょうか?
そして、いまや、高齢社会化、地域社会の希薄化、経済状況の悪化なども背景に、だれがいつどのように追いつめられてもおかしくない状況なのではないでしょうか? 誰も置きざりにされない、誰も追い詰めない、そんな社会にするにはどうしたらいいか?
自身も、父親を13歳の時に亡くし、現在は自死遺族NPOセレニティ代表として、自死遺族の支援に尽力されている田口まゆさんと、「男女共同参画月間」最後の週末に考えます。
by hiroseto2004 | 2013-06-28 07:23 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
e0094315_19345232.jpg

【さとうしゅういちも「脱原発」姿勢ブレた自治労幹部らを告発!『労働貴族』発刊】

深笛義也さん著『労働貴族』が2013年6月25日、鹿砦社から発刊されました。
「志を忘れ、カネと利権を手に入れた労働組合幹部は労働貴族となった。
その醜悪な姿を様々な角度からルポすることによって浮き彫りにし、これに抗う人々の生の声をすくい上げた渾身のドキュメント!」

わたくし、さとうしゅういち(佐藤周一)も、31ページの第二章『電力総連に強いられて「原発推進」に鞍替えした、「自治労」』に登場します。
被爆地・広島の自治労が、電力総連に譲歩し、いかにして「反原発」の旗を投げ捨てていったか?
自治労が柳田稔・元法相ら原発推進議員への応援をいかにして強制したか?
そして、自治労・電力総連推薦議員による県政への横槍など、わたくし・さとうしゅういちが実際に体験したり目撃したりした、被爆地ヒロシマの恥としか表現のしようがない自治労・電力総連・民主党原発推進派議員の腐敗と堕落が告発されています。
本書後半では、まともに組合が機能しない産経やトヨタで立ち上がった労働者の闘いが紹介されています。

関連記事
「労働貴族」について取材を頂く
http://hiroseto.exblog.jp/17922786/

やはり、経団連とも労働貴族ともしがらみのない、市民の市民による政治勢力がこの国には必要なのです。それが、わたしが、民主党を離党し、広島県庁も辞して、「緑の党」に合流したゆえんです。
by hiroseto2004 | 2013-06-27 19:34 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
広島ブログ


緑の党非公式CM。
恥ずかしながら、その第2弾を作りました。
よければご笑覧ください。

http://youtu.be/EULUB6TOSWw

7月の参院選に向けた本番直前の夏期講座の2限目。
今回は、本番でミスをしやすい、
「みどりの風」と「緑の党グリーンズジャパン」の違いについて、
勉強していこうという内容です。

前回に比べてちょっと地味になってしまいました。
長髪は相変わらずうっとうしいです。


つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-06-27 17:50 | 参院選2013 | Trackback