エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2013年 12月 ( 120 )   > この月の画像一覧

【ろうそくが燃え尽きる直前の輝き】
自民党政治は官僚から大手企業へ補助金や租税特別措置によるばらまき、また、ハコモノ整備による企業誘致を行い、その効果が中小企業や労働者に回るという「ビジネスモデル」でした。
経営者が自民党を、労働組合が日本社会党、民社党を応援する55年体制だった。
しかし、右肩上がりが終焉し、それがうまくいかなくなった。
広島県内でも、檜山俊宏議長(当時)が上記モデルの牽引車でしたが、90年代末には広島県財政はパンク寸前になっていた。十五年前、自民党県議団の要求でついに職員の給与を定期昇給先送りの形でカットしました。かくのごとく、自民党政治のモデルの変更は、十五年前から必要だった。
民主党は、一定程度はモデル変更への意欲は感じられました。
租税特別措置廃止などを実施。また、個人への再分配も高額所得者に有利な控除を整理し、手当に移行する制度設計を目指していた(間違っていたら指摘して下さい)。
しかし、自民党は、それをやめ、消費税増税を実施する一方で、またぞろ大手企業に金を渡す、ハコモノをつくりまくるモデルに先祖帰りしようとしています。民主党が途中でぐだぐだになったのは国民の不信を買った。しかし、東京の大手企業やグローバルな外国企業ばかりが儲かりそうな「経済対策」では、右肩上がりが終わった今、社会的不公正を拡大するだけです。しかも、長年のデブレと就職氷河期のツケで、人材が育っていない。カネを企業に渡すより人材を育て直す方が先の状況です。しかし、教育格差是正などには、及び腰、労働者使い捨てだけを拡大する派遣法改悪などを推進していては、未来はない。わずかに重厚長大関連大手企業の正社員にのみ安倍さんによる賃上げ要請の恩恵があるかどうかという状況です。円安は結局、輸入価格上昇による貿易赤字拡大効果が強く現れています。かつての輸出大手重厚長大を優遇したらすべてよし、という時代は終了した。
そんななか、現政権は、昔の55年体制を担ったシステムに残った人たちにしか恩恵がない政治とも言えます。
しかし、古い体制が滅亡するとき、ろうそくが消える前のように一瞬、輝きをますときがあります。
今の安倍政治も日本国現体制が燃え尽きる直前の輝きなのかもしれない。
問題はそれに代わるものが現れるまで、エリツィン政権時代のロシアや、明治一桁時代、昭和二十年代前半の日本のようなカオスとなり、国民が苦しい時代が続き、下手をしたらジンバブエのようになりかねないことです。そうならないよう、空中分解寸前の日本を軟着陸させ、そして持続可能な日本へ切り替えないといけない。
by hiroseto2004 | 2013-12-18 20:01 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

残念です。福島や、海外のヒバクシャの切り捨てとも引き続きリンクし続けることになってしまうでしょう。

引き続き、ヒバクシャ切り捨てを許さない取り組みを強めましょう!


http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013121702000117.html
内部被ばく考慮ないまま 原爆症 新認定基準を決定
2013年12月17日 朝刊


 厚生労働省の原子爆弾被爆者医療分科会が十六日開かれ、がんや心筋梗塞など被爆者の病気を原爆症として認定する新基準が決まった。がん以外の疾病を認定する範囲はわずかに広がるが、内部被ばくについてはこれまで通りほとんど考慮しない。日本原水爆被害者団体協議会(被団協)のメンバーらは会見で「非常に残念。死ぬまで裁判を続けなければならない」と肩を落とし、「抜本的な改善が実現するまで、戦い続ける」と訴えた。

 現行制度は、がんなど七つの疾病について爆心地から三・五キロ以内で直接被爆した人や、原爆投下後百時間以内に二キロ以内に入った人などを積極的に認定する。

 だが現実は、がん以外は原爆放射線の影響を厳しく問う「放射線起因性」を条件として強調し、ほとんどを却下。今年六月までの約三年間で心筋梗塞は16%、慢性肝炎・肝硬変は6%しか認めていない。

 新基準では、心筋梗塞と甲状腺機能低下症、慢性肝炎・肝硬変については二・〇キロまで、白内障については一・五キロまでとした。一律に三・五キロと表現するのはやめ、現行の実質的な認定範囲を少し拡大して明確に線引きした。

 国は、放射線起因性を、主に直接被爆した時の線量でとらえ、その後、環境中に残った放射性物質による内部被ばくの影響はほとんどないという考え方で認定作業をしてきた。

 しかし、原爆投下後に広島、長崎市へ入った人にも被ばくの急性症状が出ており、却下された被爆者が各地で起こした集団訴訟では原爆症として認める判決が出ている。被爆者側は国に、放射線起因性を問う考え方をやめ、三・五キロ以内は七疾病とも原則として認定するよう求めてきた。

 集団訴訟の元原告団長で、新しく百八人が起こした「ノーモア・ヒバクシャ訴訟」でも原告団長になった山本英典さん(80)は「新基準で救われる人は少なく、被爆者を切り捨てるための新しい基準になりかねない。とても収まらない。死ぬまで裁判するしかない」と話した。

 国が内部被ばくをほとんど認めようとしないことについて、田中熙巳事務局長は「福島第一原発事故の被害者や、外国の基準へ影響するのを恐れているのでは」と話した。

 新基準は次の認定会議から適用される。


つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-12-18 12:46 | 反核・平和 | Trackback
今日は冷たい雨です。
関東は雪になる恐れがあるということ。ご注意下さい!
by hiroseto2004 | 2013-12-18 08:29 | 歳時記 | Trackback
【打倒すべき悪しき政治文化1】
日本の政治を良くするために、有権者の皆さんにも改めていただきたいことがあります。

ズバリ、「国会議員に県議の仕事を、県議に市議の仕事を、市議には町内会長の仕事を期待してしまう」政治文化です。これは止めていただきたい。

その結果、本来議員が国会議員なら法律、県議なら県の条例、市議なら市の条例の制定や改廃の立法作業や、予算とそのチェックなどに手が回りにくくなる。

有権者の代わりに議論するという「議員」本来の役目ができなくなる。

議員側ももちろん問題があります。

支持組織のしがらみにとらわれ、極論すれば何もできなくなる傾向があります。

「議員」なのだから、議論するのが仕事でしょうに、それをしない議員が多い。

下手に何か言えば、票が減ると恐れている。

ただ、有権者の皆さんもなおさら、「自分と違う意見を言う議員を打倒するのではなく、理念も政策もない、何も議論しない議員こそ打倒する」という心構えが必要です。
by hiroseto2004 | 2013-12-17 18:52 | 選挙制度・政治改革 | Trackback
広島ブログ

【声明】 「エネルギー基本計画案」は撤回へ2013/12/15
【声明】 「エネルギー基本計画案」は撤回へ
     -再生可能エネルギーと「エネルギー・デモクラシー」で持続可能な社会の実現を

2013.12.14 緑の党グリーンズジャパン運営委員会

 経済産業省の諮問機関「総合資源エネルギー調査会基本政策分科会」は、去る12月6日に政府が示した「エネルギー基本計画」の素案を昨日(13日)、了承しました。
 同計画は3年程度に一度改定されるものですが、「3.11」以来初めての計画として、本来、深刻な原発事故の教訓を学び、事故を引き起こした政治や社会、経済のあり方を根本的に見直したところから出発すべきものでした。

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-12-17 18:30 | エネルギー政策 | Trackback
広島ブログ

【本来の仕事をした「造反府議」と猛省すべき松井大阪府知事】

大阪府議会で、第三セクター・泉北高速鉄道を経営する大阪府都市開発(OTK)の株を、外資系投資ファンドに781億円で売却する案が否決されました。

南海の方が、外資の「ローンスター」よりも60億円安く株を買うけれども、運賃を80円安くする
(外資は10円)という案で公募してきました。

沿線の自治体は「それなら、南海の方がいいじゃん」ということで、議会で外資売却案に反対する堺市議会の決議が出るなどしていました。

「目先、株を高く売れさえすればいいのか?南海のほうが、府民にとってはプラスではないのか?」
「外資は、今高く買ってくれるが、売り抜けて長期的な視野で経営をしてくれないのではないか?」

原資が府民の税金である府の保有株ですから、このような疑問が出るのは当然です。

今回の否決劇は、105議席中過半数を占めている「大阪維新の会」(幹事長=松井知事)
から、4人の造反が出たためです。松井知事は幹事長として造反組を直ちに除名しましたが
(一応府議団の会議は経て)、これで、同会は過半数割れとなりました。

わたくし、さとうしゅういちは、今回の府議会の否決劇は「議会のチェック機能が働いた」
と評価しています。

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-12-17 12:01 | 大阪市政 | Trackback
広島ブログ

(以下転載)

12/17 パブコメワークショップ
「トンデモ『エネルギー基本計画』にみんなの声を」

エネルギー基本計画素案の問題点をわかりやすく解説します。
その場でパブコメを書いてみましょう!

日時 2013年12月17日(火)18:30~20:30
会場 東京しごとセンター セミナー室(5F)(東京・飯田橋)
地図 http://www.tokyoshigoto.jp/shisetsu.php?page_id=150

内容 ・エネルギー基本計画素案の問題点
・パブリック・コメントを書いてみよう!
・さらなるアクション

参加費 500円
主催・問合せ FoE Japan 
         http://www.foejapan.org/
TEL : 03-6907-7217 FAX : 03-6907-7219
協力 eシフト、原子力規制を監視する市民の会

<参考映像>
FFTV 「エネルギー基本計画にパブコメ募集中!原発ゼロの声を再び!」
【出演】松原弘直(ISEP)、吉田明子(FoE Japan)ほか 
12/12(木)21:00~22:00放送
http://www.youtube.com/watch?v=OpUQXvZDEPE

<これまでの経緯>
約3年に一度見直される「エネルギー基本計画」。2011年から始まった見直し
プロセスが最終段階に差し掛かっています。安倍政権は発足後まもなく、2012
年の「国民的議論」およびそれをもとに「原発ゼロを目指す」と書き込まれた革
新的エネルギー・環境戦略を、ゼロベースで見直すと表明しました。
前政権下の脱原発派委員が24人中8人いた審議会(基本問題委員会)は解散し、
2013年3月から旧来の枠組み(基本政策分科会(6月、総合部会から改称))の
もとで議論がなされてきました。 その中では、「国民的議論」に関する資料提示
すらないまま、
・原発はベース電源として維持すべき
・安全保障上の観点からも原発維持は必要
・原発の停止による化石燃料利用でコストが上昇、CO2排出も増加
・アジア各国や世界では原発推進が多勢
といった方向での事務局資料提示や委員の発言が相次ぎ、脱原発派委員の
コメントは「少数意見」とされてきました。

参照 エネルギー基本計画案に異議あり↓    http://www.foejapan.org/energy/news/131217.html#01

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-12-17 06:33 | エネルギー政策 | Trackback
【自民党が政権に復帰する前に企業団体献金を禁止しておけば良かった】
民主党政権でわたしが一番、悔やまれるのは、「三年以内に企業団体献金を禁止」というマニフェストを実行しなかったことです。
自民党というのは、近代政党ではなく「冷戦と右肩上がり経済を前提とした反共利権分配集団」が本質です。冷戦終了、右肩上がりが終了した時点で歴史的にはお役ごめん、だった。

そして、「ガラガラポン」で、政策と理念で政界再編されないといけなかった。

そのためには、自民党が政権から転落した時点で、企業団体献金禁止で、兵糧を断つ。
そして、自民党の議員も、理念や政策で、再編されればいい。政策も理念もない古色蒼然たる利権分配しかできない議員は、自然に有権者に打倒されるでしょう。
企業団体献金が禁止されていたら、保守系が政権を取り戻しても、たとえば、派遣労働無制限拡大などのここまでひどい大手企業寄りの案はでてこないでしょう。
また、銀行に遠慮して東電を中途半端に温存することもないでしょう。もちろん、大企業幹部も個人献金はできるなど抜け穴はあるでしょうが、個人としてなら額もたかが知れています。
次にできる非自民政権は、企業団体献金禁止は実行すべきです。
by hiroseto2004 | 2013-12-16 19:51 | 選挙制度・政治改革 | Trackback
広島ブログ

弁護士組合が考案した豆腐「やっこさんは白だな」 京都で先行販売、通販も

いいですね!

日本では、検察が起訴したらほぼ有罪、というのが「常識」になってしまっています。
裏を返せば検察側のだれを起訴するかしないかも、裁量が大きい(起訴便宜主義)。
推定無罪の原則とは裏腹に、「大岡越前」「遠山の金さん」の世界観がまだ
日本には根強く残っている。
そして、逮捕されただけで、後に無罪になっても、就職で不利になる等ダメージを受ける。
政治家なら、政治生命が失われる等の問題がある。

豆腐というツールで、推定無罪の原則を伝えるのもいいですね!

http://b.hatena.ne.jp/articles/201312/17758
京都弁護士協同組合によるオリジナル豆腐「やっこさんは白だな」が、与謝野産品
有限責任事業組合から発売されました。刑事裁判の無罪推定の原則を知ってもらいたい
との思いで企画され、京都の豆腐店が協力して開発。京都・与謝野の大豆「サチユタカ」を使い、
なめらかな舌触りの充填豆腐に仕上げられました。京都の2店舗で先行販売されているほか、
ギフトセットの通信販売が始まっています。


つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-12-16 18:21 | 司法 | Trackback
【「えらい人」の命も守る民主主義・立憲主義】
北朝鮮では、金正恩が叔父でNo.2の張成沢を粛清する恐ろしい事件がありました。
歴史的には、逆に明の建文帝が、叔父の燕王(永楽帝)に打倒され、在位した痕跡すら徹底的に消されるという事件もありました。
民主主義や立憲主義とは、一般国民だけでなく、「えらい人」に取ってもありがたいことだということを、北朝鮮の現在も、専制王朝だった明での事件も示していると思います。
弾圧とそれへのリアクションとしての恨み、そしてさらなる不信の連鎖から、「えらい人」もヒヤヒヤする。いつ自分が討ち取られるか、わからないから。
打倒されても、たかが選挙で落選するだけで、また復活の目もあるから。

いま日本で「えらい人」たちも、忘れてはいけないことがあります。

民主主義や立憲主義を破壊する立法行為、行政行為へ暴走することは、自分の首を絞めるだけだということを。
by hiroseto2004 | 2013-12-16 12:18 | 憲法 | Trackback