エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

<   2017年 09月 ( 221 )   > この月の画像一覧

政治がつまらない、と言う原因はいくつかある。

いま、野党の支持者の間で良く言われているのが、共闘への不満の声。
どうしても、自分たちの考えとは違う人と一緒に闘うことには、抵抗があるのは当たり前ではある。

また、若手を中心に、野党も市民運動も組織体質そのものが古い、という意見もある。

ただ、さりとて、では、今の選挙制度を前提に、しかも、先進国でも随一の高齢社会の国で若手だけで新党を、と考えても難しい。一度立ち上がっても、それを継続するのは難しい。
下手をすると、既存政党の票を割って、状況を悪化させるだけ、ということにもなる。

どうすればいいのか?

とりあえず、今回は現行制度で野党共闘で選挙に取り組むのは大前提として、今後は、小選挙区制の廃止は、自民党議員も含めて取り組んだらどうだろうか?

小選挙区制度の導入後、自民党議員も、総裁の機嫌ばかり伺う人間ばかりになってしまった。
現行制度では自民党公認を外れたら、当選は難しいからである。

小選挙区制を廃止すれば、野党支持者の不満感も、自民党議員の執行部への隷属も一定程度解消されよう。

小選挙区以外だと、過半数を制する勢力がないために不安定化する、という欠点はあるがしかし、それは「パーシャル連合」を組むことで良いと思う。ある課題ではこの政党と、ある課題では別の政党と組んで政策課題を前進させる、で良いのではないか?

また、適宜、住民投票(憲法95条に規定)や国民投票を組み合わせることで、直接民主制と間接民主制をハイブリッドさせることも進めていけば良い。

有権者も政治家も、「古い人間しか政治をやっていない」と嘆いていても仕方がない。
新しい人間が入ってこれるようなシステム改革を行えば良い。



by hiroseto2004 | 2017-09-22 13:51 | 選挙制度・政治改革 | Trackback
【旧広島市民球場並のガラガラの状況での安倍国連演説】
そもそも、旧広島市民球場の広島ー中日のゲームのそのまたレフトスタンド並みにしか人が入っていない状況での演説です。
安倍総理の演説なんぞ、世界の興味はほとんどないということです。
アメリカのトランプ大統領の演説は、それなりには注目されました。
そして、呆れられました。朝鮮云々よりもまず、アメリカ自体も参加しているイランとの核合意を破棄するなどと言って、呆れられているのです。
イランとの合意すら破棄するなどということを言ったら、余計、朝鮮は開き直りの口実にするでしょう。
そもそも、対話をするのが国連なのに、対話がいらない、などといったら、国連なんぞ要らないわけです。制裁にしても、出口は「対話」しかないでしょう?
安倍総理は、結局の所、そもそも、朝鮮がアメリカしか相手にしていない状況で、一生懸命、相手にして欲しいと割っては言っているようにも見えます、リングにわざわざ上がりたがるという状況に見えます。
安倍総理の演説の内容はもちろんのこと、「ほとんど聞いていない」と言うこと自体も痛すぎます。





More
by hiroseto2004 | 2017-09-22 10:54 | 安倍ジャパン | Trackback

昨日から今日の地震

四国沖で地震。和歌山県北部と並んで地震の発生が注目されます。
トカラ列島も地震が多い場所。
あとは秋田県、熊本、三陸など過去の強い地震の余震と見られる活動が続いています。

平成29年09月22日09時27分22日09時23分頃トカラ列島近海M4.2震度3
平成29年09月22日07時48分22日07時45分頃熊本県阿蘇地方M3.3震度2
平成29年09月21日21時38分21日21時35分頃福島県沖M4.2震度1
平成29年09月21日12時30分21日12時27分頃四国沖M2.9震度1
平成29年09月21日11時25分21日11時21分頃秋田県内陸南部M2.2震度1
平成29年09月21日01時43分21日01時37分頃三陸沖M5.9震度2
平成29年09月21日01時06分21日01時02分頃和歌山県北部M4.0震度2

by hiroseto2004 | 2017-09-22 09:45 | 事故・災害・事件 | Trackback
この人は、あまりにもいろんな国を敵に回しすぎですね。
そりゃあ、総スカンを食います。

イランと米英仏露中独による核合意を破棄するなどということを言い出すトランプ大統領。

「大統領、気は確かか?」
と言いたいが、結局アメリカという国の崩壊が、こうした指導者が選ばれることにつながっています。

日本の安倍総理も、朝鮮への強硬姿勢についてはトランプを持ち上げつつも、イラン大統領と会談するなど、対イラン外交ではトランプと距離を置く有り様です。

国連総会でのアメリカのトランプ大統領の演説に、世界各国の政府関係者が反発しています。

IRIB通信によりますと、フランスのマクロン大統領は国連総会でトランプ大統領の演説に回答を示し、「核合意の破棄は大きな過ちであり、この合意を守らないのは無責任だ」と語りました。

また、スウェーデンのカール・ビルト元首相も、「スウェーデンは核合意を支持する」とし、国連総会でのトランプ大統領の演説を非難するとともに、ツイッター上でこの演説を不当なものだとしました。

アメリカ国務省のカービー元報道官も、トランプ大統領の演説を恥ずべきものだとし、「トランプ大統領は、相互尊重や協力ではなく、衝突や対立を語っている」と述べています。

さらに、ベネズエラのマドゥロ大統領も、同国に対するトランプ大統領の表明に反応し、「トランプ大統領は国際政治における新たなヒトラーだ」としました。

アメリカのファインスタイン上院議員も、ツイッター上で、国連は、平和を支持し、高めるための場であるとし、「トランプ大統領は、国連のこうした立場を、戦争を示唆する場として利用している」と語っています。

また、オバマ政権下で大統領副補佐官を務めたベン・ローズ氏も、ツイッター上でイランに敵対するトランプ大統領の発言を批判し、「トランプ大統領は、同盟国を完全に遠ざけようとしている」と述べました。

トランプ大統領は、就任後初の国連総会において、外交的な慣習に反する異常な演説により、イランや北朝鮮、シリア、ベネズエラ、キューバなどの国に強く反対する立場を示しました。



by hiroseto2004 | 2017-09-22 01:52 | 国際情勢 | Trackback
7月に122カ国の賛成で採択された核兵器禁止条約。
9月20日、署名がスタート。50カ国近くが署名し、90日後に発効します。
日本は残念ながら議論にすら参加していません。
今後、日本が署名するよう、働きかけていかないといけませんね。

  • 世界50カ国近くが核兵器禁止条約に調印

世界50カ国近くが、核兵器禁止条約に調印しました。         

核兵器禁止条約は、今年7月、イランをはじめとする122カ国の賛成により、国連で採択されました。

フランス通信によりますと、朝鮮半島の緊張の高まりとともに、ブラジルをはじめとする50カ国近くが20日水曜、ニューヨークの国連本部で核兵器禁止条約に調印し、90日後に発効します。

核兵器を保有する9カ国は、この核兵器禁止条約に参加しておらず、イギリス、フランス、アメリカのNATO北大西洋条約機構に加盟する核保有国3カ国は、この条約に参加するつもりはないとしています。

NATOは核兵器禁止条約を現実的ではないとして、核兵器の保有国がまったく参加していない条約によって、核兵器を禁止するのは効果がなく、核兵器の保有数の削減も促進しないと警告を発しました。

核兵器の保有国がこの条約に参加する場合、核兵器とそれに関連する設備をすべて、一定期間内に廃棄しなければなりません。

核兵器禁止条約の主な目的とは、核兵器保有国を法的な形で非難する方法を整備することと、核兵器の廃絶に向けた政治的な圧力を行使することにあります。


by hiroseto2004 | 2017-09-22 01:46 | 反核・平和 | Trackback
まずは、税金の使い方を検証し、改めるべきは改めるところから、だろう

総理が、消費税を教育に使うことの信を問うための解散をするという。

もちろん、額面通りに受け取る人はあまりいないだろう。疑惑逃れ解散ということである。

しかし、総理の言い分を額面通りに受け取ったとしても問題は残る。

税金(さらには広く、国有財産、地方公共団体の財産も含む)の使い方について、きちんと検証すべきではないのか?

そもそも、消費税にしても、結局の所、大手企業・お金持ちへの減税(税率だけではなく、課税ベースを縮小する)にそのまま移行しただけではなかったのか?

さらに、安倍政権時代に限っても、介護保険制度の改悪を強行した。おかげで事業者の倒産が相次ぎ、現場は人手不足に苦しんでいる。年金のカットも、法律施行を待たずして、事実上、今年度から行われている。

総理が急に「人づくり革命」などと言い出して、取り組みだした、教育についても、日本政府が批准している国際人権A規約にも関わらず、冷淡な姿勢だった。

他方で、加計学園の獣医学部のようなことに税金が使われていく。同じ税金の使い方をするにしても、公務員獣医の不足があるにせよ、公務員獣医の待遇を改善する方が先だろう。

さらに、インドやイギリスなどに原発を売りまくり、万が一の時の保障は日本国政府がするという。フクシマのようなことがもし海外に日本が売った原発起きれば、その時点で日本はアウト、ということではないのか?!

さらには、フランスですら、後ろ向きになっているリニア新幹線について、30兆円を無利子融資するという。

こうした点について、きちんと精査されるべきであろう。
さもなくば、今後も、総理のお友達の学校法人理事長や、原発企業などにお金が流れるだけになりかねない。


by hiroseto2004 | 2017-09-21 16:07 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
今週の地震です。
本日未明、和歌山県北部を震源にM4の地震。
さらに三陸沖ではM5.9の地震が発生しています。

平成29年09月21日01時43分21日01時37分頃三陸沖M5.9震度2
平成29年09月21日01時06分21日01時02分頃和歌山県北部M4.0震度2
平成29年09月20日08時36分20日08時33分頃青森県三八上北地方M2.6震度1
平成29年09月20日05時44分20日05時42分頃福島県沖M3.9震度1
平成29年09月20日05時22分20日05時18分頃福島県沖M5.3震度3
平成29年09月20日03時00分20日02時57分頃秋田県内陸南部M1.5震度1
平成29年09月19日21時08分19日21時05分頃茨城県北部M3.5震度2
平成29年09月19日18時37分19日18時33分頃豊後水道M4.2震度3
平成29年09月19日16時31分19日16時28分頃埼玉県南部M3.3震度1
平成29年09月19日13時49分19日13時46分頃日向灘M2.8震度1
平成29年09月19日02時09分19日02時06分頃福島県沖M4.0震度2
平成29年09月19日01時39分19日01時36分頃日向灘M3.4震度1
平成29年09月18日16時24分18日16時20分頃紀伊水道M3.7震度1
平成29年09月18日13時57分18日13時54分頃秋田県内陸南部M2.6震度2
平成29年09月18日13時40分18日13時37分頃秋田県内陸南部M2.5震度2
平成29年09月18日00時34分18日00時31分頃北海道西方沖M3.7震度1

by hiroseto2004 | 2017-09-21 07:00 | Trackback

衆議院解散については、いわゆる憲法69条(内閣不信任案可決)に基づく解散以外認めな

いという立法を行った方が良いと思う。


現状では、あまりにも「解散風」を気にして、本来、議員がすべき政策立案に身が入らない。


その結果として、「官僚に舐められる議員」という状態が恒常化しているのは、事実です。如何なものか、と思いますよ。国民にとって不幸なことである。


イギリスでも、議会(庶民院=下院)が議決をしない限り、5年の任期を全うすることが法制化されています。


ドイツ連邦議会でもフランス国民議会でも途中で解散と言うことは、最近ではありません。


本来の立法府を取り戻さないといけない。与野党関係なく、これは検討すべきである。


by hiroseto2004 | 2017-09-20 22:37 | 選挙制度・政治改革 | Trackback

トランプという男は、組織が衰えるとき、いかにダメな人間がトップに座り、さらに組織をダメにしていくかという典型でしょう。

アメリカこそはそもそも、ならず者国家という側面がありました。

そして、トランプこそはそれを棚に上げて朝鮮のみならず、イランもぼろくそに言っている。核合意も破棄しろなどと無茶苦茶を言っています。

もともと、トランプは、(イランは批判するのに)サウジという専制君主国家にゴマをすっているブッシュ・クリントンらアメリカ支配層主流には批判的でした。しかし、大統領になったとたん、完全に主流に取り込まれてしまった。トランプ政府は、トランプの下品さと、ブッシュ・クリントンのいやらしさ両方をハイブリッドした最悪な状態にある。

ところが、ロシア、中国がもちろん、英仏独もイランは核合意を守っており、この合意は破棄すべきではない、としています。日本を含む各国はイランとの関係を拡大しています。孤立しているのはアメリカです。

朝鮮問題で協力を得るにしても、トランプのようにわざわざ敵を増やす手法では、「安倍ですら」全面的にはついていけないのです。

だが、もう、そんなことすら気づかない男を、やりたいがままにしてしまう。アメリカという組織がダメになっている証拠ではないでしょうか?


トランプがアメリカを壊したと言うよりアメリカが壊れているからトランプ大統領になった、というべきでしょう。

ともあれ、行き詰まりに対して自浄能力が発動されるとき、トランプ的なものもまた、排除されるでしょう。




  • イラン大統領、「核合意が損なわれるのを許してはならない」

イランのローハーニー大統領が、核合意は重要な国際合意であるとし、「一国の政府が、利己的にこの合意を損なうのを許すべきではない」と強調しました。

イランと6カ国の核合意は、昨年1月から実施されていますが、アメリカ政府は、この合意の一員でありながら、常に、この合意の実施における取り決めに違反しています。

ローハーニー大統領は、19日火曜、ニューヨークで日本の安倍首相と会談し、イランはIAEA国際原子力機関の8度の報告で、核合意の取り決めを守り、それを実行しているとされているとし、「日本の核合意への断固とした支持は、地域の平和と安定の強化に寄与する」と述べました。

また、イランと日本の協力拡大と投資の分野は数多く存在するとし、「イランは、両国のあらゆる分野における協力の拡大を歓迎している」と語りました。

さらに、東アジアの安定と治安は非常に重要だとし、「イランは、朝鮮半島の平和と安定を求めている」と語りました。

ローハーニー大統領は、ミャンマーの軍と過激派仏教徒による、ロヒンギャ族のイスラム教徒に対する最近の犯罪についても、「日本をはじめとする国々がミャンマー政府に圧力をかけ、難民や人々を支援することで、イスラム教徒の苦痛を和らげることができる」と語りました。

一方の安倍首相もこの会談で、「日本政府は、あらゆる分野におけるイランとの関係拡大を求めている」と強調しました。

安倍首相はまた、核合意を改めて支持し、「イランは中東の軸であり、日本は、すべての関係国の核合意の遵守を求めている」と語りました。



by hiroseto2004 | 2017-09-20 20:39 | 国際情勢 | Trackback
9月7日には、巨大地震がメキシコ南方沖の太平洋で発生。
海溝型の地震と見られます。90人以上が亡くなりました。
そして、今度は、メキシコシティーに近い場所での内陸直下型地震。
震源が深いと言うことで、芸予地震タイプのものかと推測されます。



More
by hiroseto2004 | 2017-09-20 17:21 | 事故・災害・事件 | Trackback