エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
 原爆投下の「犯人」トルーマン元大統領の原爆投下正当化の広島市議会議長への書簡を公表した際、日本政府(駐米大使館)は元連合国軍総司令部(GHQ)のボナー・フェラーズ准将が反論するよう勧めたにも加かわらず、抗議せず黙殺していたことがわかりました。

  「原爆投下はしょうがない」という、「久間発言」は一個人の問題ではなく,根深いことを改めて思い知らされました。

  今回、明らかになったことをたとえるならば、「被害者」が,「犯人」から,「俺のやったことは正しかった」といわれて,何も反論しなかったということです。

 そうなると,その後,ずっと反論できなくなってしまう。あるいはしにくくなってしまうわけです。

 外交でも,「あのとき,反論しなかった」ことが出発点になりますから,その後「反論する」に転ずると,アメリカを刺激するのではないか?ということになる。「あのとき認めたことをいまさらあれこれ言うとはさては貴様,反米だな」といわれたくない,という心理になる。現に日本政府は、その後1度も抗議をしていません。

  原爆投下が「おとがめなし」だったことで,その後,ベトナム戦争,チリへの介入(アメリカの傀儡だったピノチェト将軍に政権を転覆させた。その日付は奇しくも9.11だった),グレナダ侵攻,ニカラグア侵攻,湾岸戦争(当時は「正義」の戦争の雰囲気があったが実際には民間人多数殺傷),ユーゴ空爆(劣化ウラン大量使用),アフガン戦争(クラスター爆弾など大量使用),イラク戦争などでの違法行為がやりやすくなったのではないか,とも思うのです。

 また,日本が、北朝鮮の核を批判しても,説得力がややもすれば弱くなってしまう。

 当時の岸総理は,第二次大戦開戦の詔勅にサインし,A級戦犯でした。その過去がありながら,アメリカに,復権を認めてもらった。アメリカにあれこれいいにくかった。むしろ,対米協力を進めるなら,原爆正当化に反対することはマイナスだと思った(アメリカが無茶を今後もするのを黙認する必要があった)。そういう背景もあったのでしょう。

 確かに、日本人の多くはアメリカによる原爆投下には反対してきた。大日本帝国が過去の戦争で行った行為についても反省するというのが政府の公式見解になっている。

 だが,盲点がある。われわれの日本政府がアメリカの原爆投下について甘い,ひいては,国連などの場でも,意外と核軍縮問題については,核保有国寄り(2000年NPT会議など)であることなどは関心が低かった(被爆者など一部の方々はのぞく)。

  この問題(日本政府の態度)については関心が相対的に右翼・左翼問わず低かったのではないかとも思います。いや,52年間自民党が「準独裁」体制を維持してきて,どこか「まあ,こんなものか」と思ってきたのかもしれない。

 しかし,その50年間ほどのつけが,いまいろいろな形で現れていると思います。

 「大日本帝国政府」はそれでも,戦闘中ですがアメリカに「全人類および文明の名」において抗議しています。


米国の新型爆弾による攻撃に対する抗議文

前略 
広島市は何ら特殊の軍事的防衛乃至施設を施し居らざる普通の一地方都市にして同市全体として一つの軍事目標たるの性質を有するものに非ず、本件爆撃に関する声明において米国大統領「トルーマン」はわれらは船渠(せんきょ)工場および交通施設を破壊すべしと言ひをるも、本件爆弾は落下傘を付して投下せられ空中において炸裂し極めて広き範囲に破壊的効力を及
ぼすものなるを以つてこれによる攻撃の効果を右の如き特定目標に限定することは物理的に全然不可能なこと明瞭にして右の如き本件爆弾の性能については米国側においてもすでに承知しをるところなり。

 また実際の被害状況に徴するも被害地域は広範囲にわたり右地域内にあるものは交戦者、非交戦者の別なく、また男女老幼を問わず、すべて爆風および幅射熱により無差別に殺傷せられその被害範囲の一般的にして、かつ甚大なるのみならず、個々の傷害状況より見るも未だ見ざる惨憺なるものと言ふべきなり。

中略 

 米国政府は今次世界の戦乱勃発以来再三にわたり毒ガス乃至その他の非人道的戦争方法の使用は文明社会の輿論により不法とせられをれりとし、相手国側において、まづこれを使用せざる限り、これを使用することなかるべき旨声明したるが、米国が今回使用したる本件爆弾は、その性能の無差別かつ惨虐性において従来かゝる性能を有するが故に使用を禁止せられをる毒ガスその他の兵器を遥かに凌駕しをれり、米国は国際法および人道の根本原則を無視して、すでに広範囲にわたり帝国の諸都市に対して無差別爆撃を実施し来り多数の老幼婦女子を殺傷し神社仏閣学校病院一般民衆などを倒壊または焼失せしめたり。

 而していまや新奇にして、かつ従来のいかなる兵器、投射物にも比し得ざる無差別性惨虐性を有する本件爆弾を使用せるは人類文化に対する新たなる罪悪なり帝国政府はここに自からの名において、かつまた全人類および文明の名において米国政府を糾弾すると共に即時かゝる非人道的兵器の使用を放棄すべきことを厳重に要求す。 『朝日新聞』昭和20年8月11日



 むろん,大日本帝国も数多くの違法行為はしているわけですが,アメリカによる原爆使用をいわば人道の観点から非難したのは評価できます。アメリカのダブルスタンダード(外国の非人道行為にはうるさく言うのに,非人道兵器を使用)を批判したのも注目されます。

 今こそ、 「人道」から出発して,問題を考え直す必要があると思います。きちんと論理的な筋を通して,日本外交を考え直す必要があると思います。

 安倍総理は,「戦後レジーム」の脱却を言っておられた。しかし,総理の方向性を延長すれば,「内政は戦前の古臭さ」に戻しつつ,アメリカの非人道行為に海外派兵して加担しまくるという,未来しか見えてきません。いや,最近の安倍総理は、それどころか,アメリカからさえもきむたがられているかもしれません。

 今、日本は、同じ「脱却」なら,総理のおじいさんの岸総理が築いてきた「自民党体制」の脱却をすべきです。

 内にも外にも,人道主義の立場に立ち,アメリカを「殿,ご乱心ですぞ!」と「諌める」外交への転換ではないかと思います。それが「真の戦後レジーム」脱却でしょう。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200708300073.html

元大統領の「原爆必要」に反論せず 日本大使館が黙殺 '07/8/30

 広島、長崎への原爆投下を命じたトルーマン米大統領が引退後の一九五八年、原爆投下は必要だったとする広島市議会議長あての書簡を公表した際、元連合国軍総司令部(GHQ)のボナー・フェラーズ准将が反論するよう勧めたにもかかわらず、在米日本大使館は事実上「黙殺」していたことが、三十日付で公開された外交文書で明らかになった。

 久間章生元防衛相の「しょうがない」発言などで原爆投下に対する認識があらためて問われる中、第二次大戦を早期に終結させ犠牲者を最小限にとどめたとして原爆投下を正当化する米側の主張に、当時から直接反論してこなかった日本政府の対応ぶりをあらためて浮き彫りにしている。

 トルーマン氏は五八年二月に米テレビで、原爆投下に「良心のとがめを感じなかった」と発言。同三月には、抗議する広島市議会声明に反論する当時の任都栗司議長あての書簡を公表し、無条件降伏を求める四五年七月のポツダム宣言を日本がすぐに受け入れなかったと批判した。その上で、原爆投下により、連合国側と日本側双方で計百五十万人が死や身体障害者となることを免れたと主張、投下は「必要だった」と強調した。

 当時の朝海浩一郎駐米大使から藤山愛一郎外相あての三月二十日付の「極秘」公電によると、GHQで天皇制存続に尽力し、その後、帰米したフェラーズ准将が同十七日に朝海大使を訪問。昭和天皇は原爆投下の数カ月前に降伏を決めていたと述べてトルーマン氏の主張を「事実に反する」とし、「何等(なんら)かの処置に出てはどうか」と勧めた。准将は、当時の大統領が原爆投下に批判的なアイゼンハワーだったことから、トルーマン発言に抗議しても日米関係が損なわれる恐れはないとも指摘した。

 これに対し、朝海大使は「好意的勧告としてアプリシエート(感謝)する旨答えておいた」と報告。聞き置くにとどめ、具体的対応はしなかった。

 日本政府は米国の原爆投下について、交戦中の一九四五年八月十日、スイス政府を通じて米国政府に抗議文を提出したことはあるが、戦後は一度も抗議していない。




なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-30 08:25 | 反核・平和 | Trackback(2)
古くからの友人・若狭利康さんが中国新聞の社会面にでておられる。

広島市民球場跡地利用問題でのインタビューです。

先般市が跡地利用案で最優秀はなしという結論をだしたことを受けてです。

若狭さんは「憩い」を重視する意見が多いなか、市民球場の集客力と使用する飲食費効果を補うなら「憩い」では難しい、と指摘されていました。
たしかにイベントが広島無視で大阪から福岡へ通過することも多い。

そういう意味からすればあの場所は活用したいですね。



なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-30 08:09 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
安倍改造内閣関連記事:まとめ

安倍「貧乏くじ」政権 前途多難な船出(佐藤弘弥)
http://www.news.janjan.jp/government/0708/0708281429/1.php

権威を格差主義を温存した安倍改造内閣(弊紙主筆さとうしゅういち)
http://www.news.janjan.jp/government/0708/0708271383/1.php

もし御気にいってっていただけたら記事下部の「この記事が気に入ったらクリック」お願いします!

「安倍内閣支持率上昇」はマスコミの自作自演だ:きまぐれな日々
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-433.html

「しかし、新聞もテレビも、改造数日前から新しい閣僚の顔ぶれなどを予想しては紙面や番組でぶち上げて、あたかも政治について語ることはそれくらいしかないかのような報道姿勢であった。これでは、新聞の見出しとテレビ番組からしか物事を判断しない人たち(いわゆる「B層」)が内閣支持に回って当然だろう。そしてメディア各社は、自らが作り上げた通りのトレンドになっていると、嬉しそうに「世論調査」の結果を発表するのである。 」

「とにかく、コイズミ的なるものとアベシンゾー的なるものは両方退治しなければ日本に国民のための政治を実現させることはできないだろう。「カイカクファシズム」に対抗するためには「政治右派」とも手を組め、という主張に与することは、私にはできない。 」

e0094315_17451310.gif


右下的(安倍的)なものも、右上的(小泉的)なものも、両方撃たねばならない。そういうことだと思います。左下も信用はできませんが。


日本を壊した男・小泉純一郎 入門編 【2】:らんきーブログ
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/blog-entry-653.html


中身の期待できない「福袋」改革のお話と、公務員にていねいに電話で問い合わせたらすごまれたお話。:村野瀬玲奈の秘書課広報室
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-383.html

期待はずれの内閣改造が市場に影響:カナダde日本語
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-594.html

リンク先の以下の記事が出色です。
http://special.reuters.co.jp/contents/nikkei_article.html?storyID=2007-08-28T150034Z_01_NOOTR_RTRMDNC_0_JAPAN-275962-1.xml
海外勢の期待外れた内閣改造、サブプライムの霧晴れず
2007年08月28日 15:00

| 記事を印刷する [-] テキスト [+] [東京 28日 ロイター] 28日の東京市場は、サブプライムローン(信用度の低い借りて向け住宅ローン)問題がくすぶる中で、こう着感を強めている。一部の海外勢に期待感を持たせていた内閣改造は、改革に向けた強いメッセージがなかったため、海外勢からの力強い買いは陰をひそめた。サブプライム問題の霧が晴れないために、各市場ともしばらく様子見の展開が続くとの見方が広がっている。

<買い意欲あった海外勢、改造人事で拍子抜け>
28日の日経平均は、市場参加者が少なく薄商いの中、狭いレンジでもみあう展開。27日の英国市場が休場だったこともあり、寄り前の外資系証券の注文動向は売り2000万株、買い1490万株で売り買いとも今月最低水準だった。「海外勢からの注文がほとんど入らず開店休業状態。投資家の間には30日発表の米4―6月住宅価格指数を見極めたいとのムードもあるようだ」(欧州系証券売買担当者)との声が出ていた。

27日の市場では「安倍晋三首相の改造人事にサプライズがあれば、日本株を買いたいというファンド勢がいる」(外資系証券)との声が出ていたものの、「10年以上前の派閥均衡人事に戻り、買いたがっていたファンド勢も手控えている」(外資系証券)という。

ある国内証券の関係者は「額賀福志郎財務相に代表されるように、どういう政策を打ち出すのかメッセージが弱すぎる、という声が海外勢を中心にマーケットでは多い。改革後退の懸念も出ており、海外勢の買い意欲はトーンダウンしている」と指摘する。

また、「支持率の本格的な回復は困難だろう渡辺喜美行革担当相が金融担当相を兼務することになったことで、金融行政が厳しくなるリスクがある」(米系証券ストラテジスト)との声も出ていた。

大和証券SMBC・エクイティ・マーケティング部部長の高橋和宏氏は「参議院での過半数割れなど『ねじれ現象』を是正しない限り政策を打ち出しても可決されない公算が大きく、期待していない。株式市場への影響はほぼないに等しい」と述べている。

他方、「信託銀経由で国内長期資金が押し目買いを入れているとの観測が出ているほか月末にかけて投信設定が多いことなどが需給面での下支え」(大手証券エクイティ部)となり、日経平均は大きく崩れる展開にもなっていない。

ただ、ある国内投信のストラテジストは「市場はいったん落ち着いたようにみえるが、サブプライム問題が解決したわけではなく、市場参加者の手が出ていない。米銀行の決算が明らかになるまでは神経質な展開が続く」と話している。

安倍改造内閣が海外勢の投資意欲を刺激することはなかった。


米司法長官アルベルト・ゴンザレスが辞任:カナダde日本語
http://minnie111.blog40.fc2.com/tb.php/593-f5ae92d2

「ゴンザレスの辞任劇は、安倍政権と一緒で「レームダック(死に体)化が進むブッシュ政権」には痛い失点となった。このままいけば、ブッシュ政権も安倍政権も一緒に沈没間違いなし。 」

まさに、ブッシュ大統領も安倍総理も「北条高時状態」ですね。

参考:「世界版・北条高時」ブッシュ大統領の「滅亡」に巻き込まれる日本
http://www.news.janjan.jp/government/0708/0708231212/1.php

「広島瀬戸内新聞ニュース」内

国権自民か、民権野党か
http://hiroseto.exblog.jp/6359110/
安倍総理が大人しい程自民有利
http://hiroseto.exblog.jp/6357432/
総理の「高時化」が際立つ改造
http://hiroseto.exblog.jp/6356110/
改造内閣でも脱出困難 安倍総理の「北条高時状態」
http://hiroseto.exblog.jp/6353847/
厚労大臣としては「よりまし」
http://hiroseto.exblog.jp/6355583/


なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-29 17:46 | 政治一般 | Trackback(11)
以下の河野美代子さんのブログ記事を読んでいただきたいと思います(強調部分はさとう)。


http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_62ac.html

新閣僚 気が重い
 安倍内閣の新閣僚が発表されて、気が重い。閣僚というよりも、首相補佐官の留任だ教育担当の山谷えり子、新聞を見ても、タカ派、教育再生会議がどうにもならなくて、その無能ぶりが取りざたされたのに留任となったと、書いてある。本当にがっかりだ。でも、無能であっても、安倍首相と考えが同じタカ派で、その意を汲んで動く人が必要なのだろう、と、夫は言う。この人の悪行はだいぶ知れ渡ってはいるけれど。教育再生会議が何をしたか。中教審、これもほめられたものではないけれど、それを放り出して、教育基本法をねじ曲げた。そして、教育三法案をも強硬採決した。これから、教育現場は、ますます大変になるだろう。

 特に、性教育については、彼女は本当にひどい嘘、でっちあげを次々と首相に吹き込んで、文科省を動かした。言葉が使えなくなったのも、この人が吹き込んだことが大きい。自民党の性教育のアンケートなるホームページには、「避妊具の使い方を実習して、全国の小学校の保護者から悲鳴が上がっています。」なんて書いていた。私は、全国性教育指導者セミナーで、「小学校でコンドームの付け方を実習している方、または、その様な実習をしている所を知っている方」と呼びかけたが、誰一人として、そんな人はいなかったし、みんなは失笑していた具体的な証拠のないままに、数々の事をでっちあげたのが彼女だ。
 私は、今回の閣僚の入れ替えにかすかな望みを持っていた。彼女が教育担当の補佐官から消えれば、また、性教育にも少しは芽が出てくるかも知れない、と。いくらなんでも、再生会議であんな醜態をさらしたのだから、よもや残ることはないであろう、と思っていたが、本当にがっかりだ。

 先日の長崎では、教育委員会の人から「ご相談があります」と言われた私たちは、性教育が必要であると、十分に分かっています。でも、議会がいろいろと言って来るのです。どのように議会に切り返したらいいのでしょうか、と。私の知っている範囲でいろいろと例をお話したのだが、最近、どこの地方に行っても同じような事を聞く。

 が、ある地方では、逆に私から教育長に「大丈夫ですか。議会はうるさくありませんか。そろそろ、性教育もできなくなるのではありませんか。」と聞いたら、「議会に教育内容に口を出させたらいかんのです。議員にはいろいろな立場の人がいるのですから、教育が混乱します。」と、きっぱりと言われて、感激した。そういう気骨のある教育長や校長がいるところでは、性教育も引き続きできる。でも、議会を気にする所では、全くダメだ。

 がっかりしたけれど、仕方がない。覚悟を決めて、出来る範囲で、しこしことめげないで続けて行かなければ、と憂鬱なままにそう思う。



一時,小泉さんなどの影響で「改革」が吹き荒れた。

やたらめったら行政を叩くことが善のように言われるような雰囲気が
かもし出された。

政治家もそれに乗った。

公務員や教員を叩いて溜飲を下げてもらうことが「改革」であるかのごとく
勘違いした議員が出た。

そもそも,議員の役目は行政が住民に奉仕するようチェックすること。

そういう方向での批判ならよい。しかし,自分の支持者を満足させるため
ときにはデマまででっち上げて,教育たたきに奔走する議員が出てきた。

そして,そういう議員が,分を超えて,教育に介入するのである。

そもそも,警察と教育は,戦前の苦い教訓から政治権力が介入しにくい
ようにしています。

警察法
(警察の責務)
第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、
犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全
と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。

2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、
その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも
日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を
濫用することがあつてはならない。

教育基本法
(教育行政)
第十六条  教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定める
ところにより行われるべきものであり、教育行政は、国と地方公共団体との適切な
役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。

2  国は、全国的な教育の機会均等と教育水準の維持向上を図るため、教育に関する
施策を総合的に策定し、実施しなければならない。

3  地方公共団体は、その地域における教育の振興を図るため、その実情に応じた
教育に関する施策を策定し、実施しなければならない。

4  国及び地方公共団体は、教育が円滑かつ継続的に実施されるよう、必要な財政上
の措置を講じなければならない。

旧教育基本法

(教育行政)第10条 教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に
責任を負って行われるべきものである。

2 教育行政は、この自覚のもとに、教育の目的を遂行するに必要な諸条件の整備確立
を目標として行われなければならない。

私は本来は教育は「旧基本法10条」によるべきと思いますが,よしんば新基本法16条でも,
「議員が上からああせいこうせい」とはいえないわけです。

そういう基本的なこともわきまえずに,えらそうに介入する議員はいかがなものでしょうか?

 昔のような,利益誘導のねたが減ったので,古臭いイデオロギーを振り回したり,教師を叩いて「改革派」ぶって,ネオコン支持の無党派層の票を取ろうとするのでしょう。

しかし,自分の威信維持のために,教育を混乱させないでいただきたいものです。

 さて,性についてはこれだけ,情報が氾濫しているだけに,正しい知識がないと大変なことになりかねないのです。昔のように,情報が少ない時代に逆行するわけにはいかないのです。

 「議会に教育内容に口を出させたらいかんのです。議員にはいろいろな立場の人がいるのですから、教育が混乱します。」という教育長さん,がんばってください。


なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-29 12:11 | Trackback(1)
今朝の中国新聞では、安倍内閣支持率は四割に回復。

しかし「総理退陣=平成の北条高時切腹」は過半数が求めています

 支持の理由も「他に適当な人がいない」が34パーセントで、それを加味すると,積極的に内閣を支持するのは26パーセント程度です。

 総理退陣を求める人が過半数を超えているのは、総理が改造内閣の「一番の弱点」ということです。

http://minamiminamiminami.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_3c65.html「安倍総理は新内閣で「安定」を目指されたのでしょうが、安倍総理が一番「不安定」に見えるのは私だけでしょうか?
」(素人政治評論家 円 成一の「これが言いたい!」)に同感です。

 また内閣支持率についてはある程度ケインズ主義者(ないし,安倍色が薄い)が揃った閣僚は期待できるが、安倍さんへの強力な支持ではないということだと思います。

 そして安倍さんが「上の都合」としてしか格差是正を捉えられないなら、早晩失望されるでしょう。

 例えれば、せいぜい高時が宴会の残飯を困窮する人に投げ与えるレベルです。

 「国民の生活が第一」(民主)「正々堂々、抵抗勢力」(国民新党)に野党がそれぞれてっしきれれば、安倍さんの自滅で政権は転がり込んできます。

http://www.asahi.com/politics/update/0828/TKY200708280452.html
改造内閣支持33%、不支持なお53% 本社世論調査
2007年08月28日22時48分


 安倍内閣の改造を受けて朝日新聞社が27日夜から28日夜にかけておこなった全国緊急世論調査(電話)によると、内閣支持率は33%で、過去最低だった参院選直後の前回(7月30、31日)の26%から上がったが、不支持は53%(前回60%)と引き続き半数を超えた。改造によって支持をやや持ち直したものの、依然として低水準だ。改造に伴って首相の評価が「よくなった」は18%どまり。「悪くなった」は9%で、66%は「変わらない」と答えた。秋の臨時国会で最大の焦点となるテロ対策特別措置法の延長に「反対」は53%と過半数を占め、「賛成」の35%を上回った。

 改造内閣は自民党各派閥の会長らベテランを多く取り込んだ布陣だが、「人材がそろっている」との見方は30%で、「そうは思わない」が39%と評価は必ずしも高くない。ただ、個々の閣僚には期待感もある。厚労相に起用された舛添要一参院議員に「期待する」人は73%に達した。地方対策の目玉として総務相に就いた増田寛也・前岩手県知事に対しても「期待する」が41%と、「期待しない」の30%を上回った。

 新しい内閣で一番力を入れてほしいことは「年金問題」39%、「地域格差の問題」20%、「財政再建」19%、「経済成長政策」17%の順だった。

 安倍首相の自民党総裁の任期は残り2年。任期切れまで首相を続けてよいと思うかを聞くと、「続けてよい」は41%、「そうは思わない」は47%だった。「続けてよい」と思う人のうち、72%は「ほかにふさわしい人がいない」を理由に挙げ、消極的な賛成が目立つ。一方、「そうは思わない」人の56%は「国民の感覚とずれている」を理由に挙げた。

 衆院で与党、参院で野党が多数を占める状況になったことを受けて、与野党の議論が進んで「よりよい法律ができるようになる」と肯定的に見る人は44%、「そうは思わない」と否定的に見る人も43%と割れた。与党支持層では否定的な見方が、野党支持層では肯定的な見方がやや多い。

 政党支持率は自民25%(前回21%)に対し、民主が32%(同34%)と、前回に続いて民主が自民を上回っている。その他の政党は公明3%(同5%)、共産3%(同3%)、社民1%(同2%)などだった。



なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-29 08:12 | 政治一般 | Trackback
日本の外貨準備は9237.18億ドル。

うち,証券は7785.82億ドルあります。
http://www.mof.go.jp/1c006.htm
大体,証券は90兆円くらいに相当します。

 今,国の借金が過去最大,などと騒がれている。これに対して日本経済の現況をつかまずに対策は立てられません。

この原因は内需不足です。

すなわち

民間の貯蓄超過+国の財政黒字=経常黒字
という関係があります。

国の財政黒字を右に移項すれば

民間の貯蓄超過=国の財政赤字+経常黒字

となる。

 民間企業とお金持ちが格差社会の中,お金を溜め込んでいる。そのお金は国内で使われずに外貨建てで運用されている。

e0094315_9414821.jpg

e0094315_9421819.jpg


 そういう中で,国と外国がお金を使ってやらないと,日本経済はもたないのです。大恐慌になってしまいます。

 外国に対して経常黒字を維持するには,円安誘導する必要があります。ほうっておけば,黒字国日本の通貨は,円高になってしまうからです。したがって,政府も外貨準備を大量に保有する。小泉政府は2003年から2004年にかけて35兆円程度のドル買い介入を行いました。

しかし,最近のドル暴落で経常黒字に頼るやり方も難しくなっています。

ですから,残されたあるべき政策の姿は,内需振興→経済発展→財政赤字縮小という形になります。

私は,ずばり,最初は,財政赤字がいったん拡大してもやむをえないと思います。

1933年就任したフランクリン・ルーズベルト大統領も,大不況時には財政赤字を
拡大させ,景気を回復させたのです。

前任者のフーバー大統領は,緊縮財政を行い,大恐慌を悪化させてしてしまいました

ルーズベルトのニューディールを今日本でやる必要があります。

国債を発行する代わりに,私は,「政府通貨の発行」を再び強く提唱したい。

日銀ではなく,政府がお金を発行し,財政支出に当てるのです。

当面は

1,最低賃金の1000円程度への引き上げと,支払いが苦しい企業に勤める人への差額保障
2,生活保護や介護での「個人単位」でのセーフティネットの整備(介護殺人,生活保護拒否などの予防)
3,年金の最低保障
4,公的教育費の増額
5,消費税の地方への移管(∵地方の財源保障→医療や介護,子育て支援を実際に担うのは地方)
6,法人税率引き下げではなく,(むしろ法人税率は本則に戻し,)やるなら中小企業に手厚い投資補助金やソフト面での支援充実
7,農地の断固維持。エネルギーの確保。

を行う。

そのための財源を年間15兆円程度政府通貨の発行で6年間(参議院議員の任期程度)まかなう。
その政府通貨は保有する外貨準備を裏づけとすればよいと思います。

15兆円内需を底上げすれば,それだけで3%程度経済規模が底上げされますが,実際は,
波及効果もあり,8%-9%程度は成長する。

ほかの先進国は,一人当たりGDPがきちんと伸びています。伸びていないのは日本だけです。

e0094315_9423746.jpg


思い切ったニューディール政策により経済を浮揚させる。そうすると,6年後には1.6倍くらいに経済は成長します。800兆円。税収も80兆円程度にはなる。すくなくとも「政府債務の対GDP比」は下がります。

いまのままだと経済は成長せず,ずるずると「政府債務の対GDP比」だけが上昇します。

なお,景気対策はやるなら,思い切ってやることです。「戦力の逐次投入」は第二次世界大戦での日本軍と同じことです。

撤退するなら撤退する。やるならやる。安倍総理のようななしくずし政策転換が一番よくない。

山一證券危機の際の田中の角さんのように「すべて株を買い上げる」くらいのことを
宣言するのがよいのです。


私は,民主党,国民新党には自民党による「ばらまき」批判にひるまないでいただきたいと思います。

自民党こそ,外貨準備を増やすために借金をしまくった「ばらまき」です。一部大手企業の輸出援護射撃のために外貨準備を増やしたのです。そして,労働法制を改悪し,派遣やアルバイトを増やしたのです。

「改革」といいながら,安倍総理,小泉総理と親しい一部の経営者に規制緩和をやらせ,自分で儲けさせた「北条高時政治」です。

 むろん,官僚には「問題ありまくり」であることはたしかです。「地方分権」とはなばかりの,地方を過剰に縛る「省令」「通知」,天下り,度重なる薬害への対応,年金問題隠し・・。

しかし今の自民党ネオコン幹部による官僚批判は,「えらい人」の利権漁りのためであることを,想起しなければなりません。

 逆に言えば,野党は,こうした自民党政治(=利権アサリの「改革」+緊縮財政)と正反対のこと(=国民の生活を立て直すための行政改革と積極財政政策)をしていただきたいと思います。


なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-29 06:32 | 経済・財政・金融 | Trackback(1)
三井裁判 in ひろしま

「日本女性会議+ONE 三井裁判 in ひろしま」に参加しよう!
時:2007年10月21日(日)午後1時
所:WEプラザ(広島市女性教育センター)
主催:ファイトバックの会@ひろしま

上の会は、「日本女性会議2007ひろしま」の拡大プログラムとして行われます。「日本女性会議2007ひろしま」は2007年10月19・20日(金・土)に行われます。 詳しくは、日本女性会議2007ひろしま実行委員会
http://www.hiroshima2007.info/       

日本女性会議とは、1975年の国際婦人年をきっかけとし、国内の 女性問題などの取り組みを推進するために、1984年名古屋市で第 1回大会が開催されました。以来、各都市の持ち回りで開催されてきました。

広島大会は第24回大会となります。

今回の日本女性会議は、いままで行政中心に運営されてきましたが、民間の女性 たちが企画運営をするはじめての試みです。

みなさん、平和宣言都市広島で、民間の女性たちの力を結集して行われる男女平等を進める大会にぜひぜひ協力をお願いします。

三井裁判は、非正規雇用職の使い捨てと、男女平等を嫌うバックラッ シュに反撃する女性問題の2大テーマを扱っています。私たち三井裁判を支援するファイトバックの会は、男女平等 を進める日本女性会議への協力と連帯を心から願っています。

そこで10月21日、広島で、館長雇止め・バックラッシュ裁判の9月12日の判決を受けて、みなさんと歴史的裁判がどうこれからの女性に影響を与えるのかについて報告会を持つことにしました。

題して「日本女 性会議+ONE 三井裁判 in ひろしま」です。ふるって参加ください。

9月12日の判決に、大阪地裁に来れない方、また広島近辺の方、10月21日「日本女性会議+ONE 三井裁判 in ひろしま」で、お会いしましょう!

上 田 美 江(ファイトバックの会代表)



興味がある!と思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-28 17:45 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
 恥ずかしながら昔、二十万円で買った絵がなんと二万円の価値しかなかったという事件がありました。


大変恥ずかしいのですが、人間、なれないものは、本当に慎重にならないとだまされます。

e0094315_12494084.jpg


これは、絵の証明書です。

e0094315_12494690.jpg


これが、絵の現物の写真です。

額が50センチかける50センチ程度。絵そのものはもっと小さいです。

2001年6月のはじめ,私は広島市中区の路上を歩いていた。

すると,若い女性に声をかけられた。

忙しいと通り過ぎようとするが,「絵を見ませんか」としつこい。

仕方なしにつきあってやるか,と思い女性に案内されるまま入った。

そこは,一週間の週代わりで,テナントが変わる場所である。

私も,ときどき,応援する候補者の選挙事務所としてこの手の場所は
使用する。

怪しいと思いつつも,「一週間限定でしか実物を見る機会がない」と言われる。

「うーん。今見るしかないのか?」
そう思ってしまった私は,いろいろ絵を見る。

「どれか気に入った絵をひとつ選んでください」

などという。

「ああ,これかな」などと,絵を選んでしまう。

「ドラクロワ」の「猫」である。

なぜか,いつのまにか,絵を売りつけられる話になっていた(この間の記憶は定かではない)。

「いや,この絵でも20万円と高いじゃないですか。」
私は,当時は,今よりもかなり若く,給料もだいぶ低かった。手取りで14万ちょっとの私が20万円の絵など。。

ところが,売りつけようとする人はうまいものである。

「年を取ったら子どももできるし,もっと年をとれば親の介護でお金がかかる。絵は今しか買えない」などと半ば脅す。

いつのまにか夕暮れである。

「長時間とらせてしまったので買わなければいけない雰囲気」が醸し出された。

「まあ,売りたいときには手放せばよいか」と思った。そう。「貯金」代わりのつもりで。
10回払いのローンを組んで買うことになった。

その後,多忙が続き,絵のことなど忘れていた。

平和運動,政治活動,祖母の介護などいろいろ押し寄せ,とてもではないが,絵など
省みる余裕もなかった。倉庫の隅に放置してあった。

絵のことを思い出したのは,6年たった今年のことである。祖母の介護費用など佐藤家の財政も苦しくなったので,金に換えるものがないかと家中,目をさらにしていた。

絵があったではないか。20万円の。せめて半分で売れれば,これは,かなり助かる。そう思い,ネットで検索すると,東京・中央区の信用できる老舗の美術商がヒットした。

絵を売りたい人用のメール送信フォームがあったので,必要事項を入力する。8月14日ごろだった。

画廊が盆休みをあけた16日。

「メール内容だけでは,わかりかねます。もし売却されたいなら,お送りいただければ」
ということ。

そして,宅急便で絵を送った。

20日のことだった。衝撃の電話がかかってきた。画廊の店主と思われる中年の
女性の声だった。

画商「この絵は,(画商が消費者に売る)相場では2.5万円から3万円程度ですよ。」
私「!!!」
目の前が真っ暗になった。信じられない。
画商「でもそれでお引取りしたんじゃあ,損が出てしまいます。大体二万円くらいです。
メールで振込口座をお教えいただければ,お振込みいたします」
私「お願いいたします」。

20万円がいつのまにか2万円に。「小売価格」である3万円を考えても17万円の大損害である。当時の私の月給の手取り分以上がぶっ飛んだのです。

今,広島で私に絵を売った大阪市の会社を一生懸命検索するが,どこにもそんな会社は
出てきはしません。たいてい,「とんずら」したのでしょう。

冷静に考えればおかしいのです。

大阪の画商が,なぜわざわざ広島まで出張してくるか?

推測するには,最初から安物を高く売り付け,「とんずら」するという狙いではないのか?

 地元で「悪さ」をすれば「面」がわれるからそれはできない。

 大体,「大阪」というのも本当に「大阪」なのか,信用できない。というのは,私に絵を売った女性もほかの店員もとくに大阪弁ないし,関西なまりっぽくなかったからです。

 ひとしきり儲けたら,とんずらする一味ではないのか?はっきり言ってしまえば詐欺ぎりぎりです。

もう6年もたっているので,会社は解散しても,人々にわかりはしません。

まず,この事件での私の教訓は

1,美術品がどの程度の価値があるかもわからずに買ってはいけない。

 鑑識眼もないのに,高いものを買うべきではない。株を買うのでもどんな会社かも知らずに
買うのと同じで危険極まりないのです。まして,絵など本当に余剰資金で買うべきもので,
借金をしてまで買うべきではないのです。

2,相手の都合などどうでもよい

時間を取らせたからって買う必要のないものは必要ないのです。たとえ,時間をとっても
「何人か引っかかってくれれば」それで十分相手(業者)はペイするのです。

3,若いときは,余計なものなど必要ない

「年をとったら子どもが」とか「親が」いるから,余裕がなくなる,と脅す業者。
だが,どうせ,年配者が相手だったら別のフレーズを使うだけでしょう。
「子育ても終わったら,そろそろ自分の趣味にお金をかけましょう」とか。

このような方々に一々付き合っていれば,身が持ちません。無視しましょう。

みなさん。「自分だけは大丈夫」と思っていたら大間違いですよ。

とにかく,価値のないものをあるかに見せかけてうりつける方々のすることです。気をつけるに越したことはありません。



なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-28 12:53 | 生活 | Trackback
一にも二にも雇用の安定。住居の確保。

それから「個人レベルでのセーフティネット」だと思います。

20代の場合はとくに「親がいたら生活保護が受けられない」,ではなく,むしろ就労支援を前提に生活を保障することではないでしょうか?

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007082802044561.html
20代26% 50代23%  ネットカフェ難民5400人
2007年8月28日 夕刊

 住む家がなく寝泊まりのためにインターネットカフェなどを週三-四日以上、常連的に利用している「ネットカフェ難民」が全国で約五千四百人以上いるとみられることが、厚生労働省の初の実態調査で分かった。二十代の若者だけでなく、五十代も20%を超えていた。非正規労働者が半数を占め、不安定な雇用が背景にあることも明らかになった。

 厚労省の調査(いずれも推計値)によると、五千四百人のうち、非正規労働者が約二千七百人と半数を占め、次いで失業者約千三百人、仕事を探していない人約九百人、正社員約三百人と続いた。非正規労働者では、短期派遣労働者(約六百人)よりも、日払いの建設作業員やアルバイトなど直接雇用契約する「短期直用労働者」(約千二百人)の方が多かった。

 五千四百人の八割以上が男性で、年齢別では二十代が26・5%、五十代が23・1%と二つの山があった。非正規労働者では九割が男性で、二十代が27・3%、五十代が26・5%を占めた。

 全国の二十四時間営業のインターネットカフェ・漫画喫茶のオールナイトの利用者は、平日一日当たり全国で六万九百人で、週三、四日以上利用する常連的利用者は二万千四百人と推定。さらに、八十七店舗の協力で得られたアンケート結果などから、住居がなく寝泊まりするために利用している常連的利用者は約五千四百人という推計値を算出した。

 一方、厚労省は一カ月未満の雇用契約で働く「短期派遣労働者」約七百人についても調査。男性は58%、女性は40%。一日単位の日雇い派遣が84%と最も多かった。平均月収は十三万三千円。今後希望する働き方は「現在のままでよい」(45・7%)が「正社員」(29・6%)より多かったが、二十五-三十九歳の男性は、正社員を希望する人が多かった。

 厚労省は「住所がないために安定的な就労ができず、そのために住居を確保できない悪循環に陥っている。民間非営利団体(NPO)やハローワークなど各窓口が連携した支援を考えなければならない」としている。


なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-28 12:41 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

国権自民か、民権野党か

安倍改造内閣を、今朝の新聞やテレビなどは「重厚な布陣」と評しています。

たしかに改造前に比べれば「重み」はありそうな面々です。

だが重みとはなにか?

「保守層」奪還のための布陣

一言でいえば「旧来自民」的な人が多いということです。

例の座標分析でいえば左下に近いひとたちです。


e0094315_8522988.gif


安倍総理は、どうやら小泉純一郎さんが獲得した右上を切り捨て右下は山谷えりこさん、町村信孝さんを登用しつつも、左下に見える額賀財務大臣、高村防衛大臣を登用しました。麻生幹事長もここ。

一方、舛添要一厚生労働大臣は左上に近く、増田総務大臣も左上に近い。

安倍さんは、民主党に奪われた左下を奪還しにいきました。

彼なりには考えてはいる。

民権野党と国権自民

ただ安倍さんは政策を「地方にも改革の成果を」とか、「痛みを和らげる政策を」とかいう。

「上」からの恩恵としての「ケインズ主義」に見えます。

初閣議での合意事項の一つは「やる気のある地方に必要に応じた支援」というが、これも「上様」による「恩恵」の感が強い。

それは単に時計を15年戻しただけの感がある。

 やはり「平成の北条高時」の限界です。

 私はこれを「国権的ケインズ主義」ないし「えらい人中心」ケインズ主義だと思います。

 「えらい人」のご機嫌や都合で変わってしまう。地方の保守層もこういう印象を最近は自民党に抱いている。

 たとえば,伊吹文部科学大臣も急に教職員増加や大学予算増加を打ち出しました。

 参院選でネオコンが否定されて,やっと「安心して」,本音を復活させたのがあまりに見え見えです。(官僚の方針転換もあるでしょうが)。

 かくも,「えらい人」のご機嫌や都合で変わってしまう「おらが地元の先生」。地方の保守層もこういう印象を最近は自民党に抱いている。

 津島派など「抵抗勢力」でもいざとなれば小泉純一郎さんや安倍さんの味方をして地方をいじめる。なぜなら,彼ら,彼女らのケインズ主義も「えらい人」のための利権アサリですから,小泉さん,安倍さんが強い,となればそちらへ流れるからです。

 こういう不信感が,当然地方の人々にもある。

一方野党は、「国民の生活が第一」という民主党のマニフェストに見られるように、一応「民」の目線である。

依然残る中央省庁の縛りをの撤廃(民主党)、あるいは消費税収入の地方への移管(国民新党)。あくまで、「民」や「地方」の視点です。

 国権的な中途半端なケインズ主義になし崩し的に流れた自民党に対し、民権野党が対決する構図になります。

「旧来自民勢力」も「北条高時」

 しかし繰り返します。自民党の左下政治家(旧来自民的な津島派など)も実は「北条高時」状態です。彼ら,彼女らは,本音はケインズ主義がいいと思っても結局,持ち前の「権威主義」から,大勢に順応して、小泉純一郎さんや安倍さんを支持しまう。その結果,小泉安倍政治でひどいめにあった,保守層の信頼を失っているのです。

 そうでなければ,津島派の参院議員が片山虎之助さんらを筆頭に討ち死にするはずがありません。

 そんな彼ら,彼女らが,いくらいま立ち位置を左に戻しても信用されないでしょう。

 自民全体としても,出直し総裁選で民主的に政策を社会民主主義にシフトすることを決めたなら別ですが,「なし崩し」転換は信頼されないでしょうし、有権者も信頼してはいけないと思います。


 舛添さんは,「タレント」ではなく,むしろ「マクロを考える頭脳」と,お母様の介護体験から来る「生活感覚」を併せ持った,厚生労働大臣には最適な人材でしょう。官僚は生活感覚が欠けがちで,族議員はマクロを考える頭脳が欠落しがちですが,そのどちらも持つ人です。

むしろ,彼と安倍さんで総裁選をやって,負けたほうが勝ったほうにさわやかに従う。これくらいをできれば,自民党も再生できるでしょうが,それができない自民党はだめだ。と私は考えます。所詮,「北条高時政治」(一握りの「えらい人」が,会社経営者も審議会委員も兼務し,自分で規制緩和し自分で儲ける)を維持したいのだから,小泉さんを総理にしたのが限界なのでしょう。



なるほどと思ったら下をクリックお願いします!





e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)

# by hiroseto2004 | 2007-08-28 08:21 | 政治一般 | Trackback(3)