エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
蓮舫さんが都議選を前に、小池ファーストに甘いことを言っていたら、議員を引き抜かれましたよね?
前原さん。同じことをまた繰り返すのですか?
小池ファーストとしては、民進党本体とは組みたくない。
ただ、民進党の小池ファーストへの甘い姿勢に便乗してこれさいわいと引き抜きを掛ける。
そういうことでしょう。


# by hiroseto2004 | 2017-09-24 13:25 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
今朝、相模トラフ付近の伊豆大島近海でM4.1の地震が発生。最大震度3を記録しました。

大正関東大震災の震源の一番南東側の端に当たる地点です。

元禄地震では、相模トラフのうち、房総半島南東沖と大正関東大震災で動いた相模湾の区間が同時に動きました。
しかし、大正関東大震災では相模湾の区間しか動いておらず、逆に言えば、房総半島南方から南東沖にかけての区間は動いておらず、ひずみはたまっているとも言われています。


平成29年09月24日06時12分24日06時08分頃伊豆大島近海M4.1震度3
平成29年09月23日17時31分23日17時28分頃茨城県北部M3.1震度1
平成29年09月23日17時12分23日17時09分頃秋田県内陸南部M2.7震度1

# by hiroseto2004 | 2017-09-24 10:52 | 事故・災害・事件 | Trackback

武装難民?!

麻生副総理の「「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」発言。

しかし、そもそも、朝鮮政府軍が難民の振りをして、攻撃してくる可能性があるならば、それはゲリラ兵ではないのか?

もちろん、武装した人たちが難民として来ると言う事例はないわけではない。

ある国の反政府武装勢力が旗色が悪くなって、隣国へ逃げる、というのは、中東ではよくある。

しかし、そもそも、統制が取れた独裁国家の朝鮮にそんな反政府武装勢力があるわけがない。

そして、今回の麻生発言で、日本は難民を殺せという国だ、と勘違いされかねない。

余りに危険な発言である。そんな国がオリンピックを開いて良いのか?と言う問題にもなる。



# by hiroseto2004 | 2017-09-24 10:38 | 国際情勢 | Trackback
【備忘録】コンパクトシティーが悪いとは言わないが【2017衆院選を前に】

「コンパクトシティー」が悪いとは言わない。

だが、現実には
1,安倍政権の「地方再生」も「追い風」に、中心部への人口誘導のための投資が過剰になっていないか?
2,他方で、未だに人口減少にも関わらず山を切り開いて宅地新規開発は進んでいるのではないか?
という疑問点がある。

これでは、環境破壊を進める一方で、税金を無駄遣いするという旧来の構造と変わらない。

しかし、そもそも「コンパクトシティー」は撤退戦略である。人口が減る時代に、宅地が余るのは当然で、総体として、どこかを放棄しないといけなくなるのは当たり前である。

そうしたときに、わざわざ、中心市街地に過剰に投資をするのもいかがなものか?

そもそも「撤退戦略」なのだから、どちらかといえば、たとえば、新規宅地開発を全面禁止する、撤退する対象地域では、新築を禁止する、くらいのことをして、十年単位で撤退を図っていく、と言うことで良いのではないか?

なお、広島でいえば、土砂災害危険地区を撤退の重点地区とし、撤退後は果樹園などに転用するという選択肢はありだと思う。砂防ダムなどの整備費用と比較してと言うことになるし、当然、住民投票などを経た合意が必要であるが。

日本は、人口が横ばいなのに、住宅地を新規に開発しまくるという無謀なことを何十年もやってきた。そのツケが空き家問題でもある。(他方で、分配の問題として、住まいの貧困の問題もある)。

安倍政権の暴走の是非が今回の選挙の重大な争点ではある。
しかし、いまいちど、土地政策、住宅政策について大まかな方向性でも良い、各党の見解も伺いたいものだとも思う。




# by hiroseto2004 | 2017-09-24 10:19 | 環境・街づくり | Trackback
常識的には「起訴相当」までいかなくても、「不起訴不当」くらいかな、と思っていました。
それが「不起訴相当」とは?!

残念ながら
「一人で男と会うのがいけなかった」と、被害者に責任を帰す価値観が広くあるし、それがまた、刑事事件の判断も左右してしまっているのではないか?

そのように思えるのです。




More
# by hiroseto2004 | 2017-09-23 21:33 | 事故・災害・事件 | Trackback
M3.0だと核実験にしては小さすぎますね。

朝鮮半島は地震がないわけではなく、むしろ地震活動が活発な時期には大きな被害も出しています。

実際、日本の江戸時代にあたる1681年6月28日には、M7.5の地震があり、江原道で大きな被害が出ています。

最近では韓国領になりますが、M5.8の地震が昨年起きています。
朝鮮北部領域だとM5.0の地震が1980年に起きています。

朝鮮半島の地震活動は最近活発化しています。
小さな地震が大きな地震の前震となることもあります。
阪神大震災ではM3.3の前震のあとにM7.3の本震が来ています。

韓国には原発もある。大きな地震なら朝鮮半島北部が震央でも断層の破壊が南へ向かうことも十分あり得る。

そういう意味でも、真相が、気になるところです。

 【ソウル=峯岸博】韓国気象庁によると、23日午後5時29分(日本時間同)に北朝鮮北東部の咸鏡北道吉州郡でマグニチュード3.0の地震を観測した。吉州郡には核実験場があるが、同庁は「自然地震と分析される」とした。その理由について、韓国の聯合ニュースは、韓国気象庁関係者の話として(1)韓国内の音波観測所で音波が感知されなかった(2)地震発生の場所が3日に6回目の核実験を実施した位置から南東に20キロ程度離れている――などと伝えた。

 韓国大統領府関係者も「核実験など人工的なものではなく、自然地震とみられる」と語った。

 中国地震局も23日、北朝鮮でマグニチュード3.4級の地震があり、爆発の疑いがあると速報した。震源は核実験場に近く、深さは0キロとした。北朝鮮が7回目の核実験を実行したのか情報は錯綜(さくそう)している。



# by hiroseto2004 | 2017-09-23 20:42 | 事故・災害・事件 | Trackback

昨日から今日の地震

昨日からの地震です。
目立つのは鳥島近海でのM5.3の地震。日本海溝沿いです。すなわちフィリピン海プレートと太平洋プレートの境目付近です。
一説では1605年の慶長地震は南海トラフではなく日本海溝沿い、という説もあるくらいです。
平成29年09月23日17時31分23日17時28分頃茨城県北部M3.1震度1
平成29年09月23日17時12分23日17時09分頃秋田県内陸南部M2.7震度1
平成29年09月23日08時54分23日08時49分頃鳥島近海M5.3震度1
平成29年09月23日01時20分23日01時16分頃秋田県内陸南部M2.2震度1
平成29年09月23日00時24分23日00時20分頃岩手県沿岸北部M4.0震度2
平成29年09月22日14時07分22日14時04分頃熊本県熊本地方M2.8震度2
平成29年09月22日10時36分22日10時33分頃熊本県熊本地方M3.1震度2
平成29年09月22日09時27分22日09時23分頃トカラ列島近海M4.2震度3
平成29年09月22日07時48分22日07時45分頃熊本県阿蘇地方M3.3震度2

# by hiroseto2004 | 2017-09-23 19:15 | Trackback
  • トランプ大統領
    トランプ大統領

アメリカの新聞ワシントン・ポスト紙の2人の政治評論家が、朝鮮半島での緊張の激化の原因はアメリカのトランプ大統領にある、としました。

政治評論家のアン・ギーラン氏と、サイモン・デンヤー氏は、ワシントン・ポスト紙において、「トランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン労働党委員長に反対する立場をとることで、アメリカと北朝鮮の間の緊張を煽っている」と語っています。

この2人の政治評論家によれば、朝鮮半島の緊張はトランプ大統領が北朝鮮の完全な破壊を示唆し、同国に対する追加金融制裁を定めた時から始まっているとされています。

ギーラン氏とデンヤー氏は、アメリカの対北朝鮮戦略は全て、不透明で紛らわしいものだとしています。

アメリカの民主党支持派も、トランプ大統領による北朝鮮への軍事攻撃の示唆以来、情勢に暗雲が立ち込めてきていることを懸念しています。


# by hiroseto2004 | 2017-09-23 19:02 | 国際情勢 | Trackback
「対イラン」でのアメリカの孤立ぶりがここでも目立っています。

開発途上国で形成された77ヶ国グループに加盟している134カ国が、声明を発表し、イランと6ヶ国による核合意を支持すると共に、イランに対する一方的な制裁の解除を求めています。

イルナー通信によりますと、国連総会の傍らで開催された、77ヶ国グループの外相会合は、国連総会の議長や国連のグテーレス事務総長が出席する中、22日金曜、終了声明を出し、これは全会一致で採択されました。

G77は、この声明の中で、「核合意は、実質的で建設的な模範であり、世界の重要な問題の解決における多極主義の成果である」と語りました。

また、一方的な対イラン制裁を反発し、この制裁の早急な解除を求めました。

G77は、1964年、アジア、アフリカ、ラテンアメリカの開発途上国77か国によってスイスのジュネーブで形成されたグループです。

アメリカのトランプ大統領は、19日火曜、国連総会で、演説を行い、繰り返し、核合意は恐ろしい合意だとしました。


# by hiroseto2004 | 2017-09-23 18:53 | 国際情勢 | Trackback
イラン外相が「アメリカとの話し合いは無意味だ」と言いました。
ちょっと腹を抱えて笑ってしまった。

イランがせっかく、米英仏露中独と核合意をしても唯一アメリカだけが核合意を破る。
だから、「アメリカとの話し合いは無意味だ。」
というわけです。

トランプにこびを売り、朝鮮との話し合いは無意味だという安倍総理への皮肉とも取れなくもないですが。

しかし、イランの立場からすればアメリカと話し合ってせっかく合意してもアメリカから勝手に破棄してくるではないか、という話もなる。

そして、朝鮮だって、そんなアメリカの対イラン姿勢を見れば、開き直りの口実にするでしょうに。そのことを一生懸命イラン外相は日本に伝えようとしている、のかもしれません。

ちなみに、イランが開発しているミサイルは中距離ミサイル。標的はあくまでサウジアラビアでしょう。アメリカになんぞ届くわけがありません。

さらにイランは核兵器禁止条約賛成国です。
【9月23日 AFP】イランは23日、新たな中距離ミサイルの発射実験に成功したと発表した。イランの核開発をめぐる合意の破棄をちらつかせた米政府の警告を無視した形だ。
 イランの国営テレビは、22日に行われた軍事パレードで初めて披露された「ホッラムシャフル(Khoramshahr)」ミサイルが発射される様子と、ミサイルの先端部分に取り付けられたカメラがとらえたとみられる飛行中の映像を放映した。





More
# by hiroseto2004 | 2017-09-23 18:49 | 国際情勢 | Trackback