エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
大統領選挙はアフマディネジャドは失格だったのですね。
資格審査についてはいろいろ意見はありますが、アフマディネジャドが本選挙に出られないと聞いて、
少しほっとしました。





今週の主な出来事です。 イラン軍の日の軍事パレードが行われ、軍の司令官らを前に、最高指導者が表明を行いました。 イラン大統領選挙への出馬資格が認められた候補者の名前が発表されました。 イラン外務大臣が、アメリカの政府高官の発言に回答しました。 また、イラン外務大臣が、中央アジア・コーカサスを訪問しました。グルジアの首相がイランを訪問しました。 この他、イラン、ロシア、トルコのシリア問題に関する専門家会議がテヘランで開催されました。

第34回コーラン国際大会が、世界83カ国から276人の参加者が出席する中、テヘランで開幕しました。この大会は、コーランの内容から取った、「一冊の本、ひとつの共同体」をスローガンにしています。


先週火曜の4月18日、ファルヴァルディーン月29日はイラン軍の日でした。


イラン軍は、8年に及んだ1980年代のイラン・イラク戦争の中で、敵に対して力強くたちはだかり、イランの消滅を狙っていた人々や侵略者に対し、侵略があった場合、一瞬たりともためらわないことを示しました。


今日イラン軍は、聖なる防衛時代の経験を支えに、大きな防衛面の可能性を有した上で、イランを力強く防衛し、抑止力としてイランの敵を、国外でも消滅させる用意を整えています。


イラン軍の抑止力は、イラン・イラク戦争後、国内の可能性と独創力を活用し、最高のレベルで拡大してきました。イラン軍の日を前に、こうした業績の一部が、ローハーニー大統領の立会いのもとで公開されました。その中には、無人機、空対空ミサイル、対艦ミサイルなどがあります。


明らかに、イランは決して、侵略者として戦争を開始したことはなく、今後もそれは変わりません。しかし、侵略された場合には、間違いなく、それに対応するでしょう。


イラン軍の日の軍事パレードでは、イランの抑止力が示されました。


イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師は、イラン軍の日に軍の司令官らを前に行った演説の中で、イスラム体制の長所のひとつは、大国の非難に対するイラン国民の抵抗と勇気だとしました。


ハーメネイー師は、「他国の国民や政府を恐れさせ、彼らに自分たちの不当な利益を確保させるための侵略的な大国の手段のひとつは、自分たちの存在を誇示することだ」と述べました。さらに、「もしイランの体制と国民が大国を恐れ、彼らに対して後退していたら、現在、イランやイラン人は跡形もなくなっていただろう」と述べました。ハーメネイー師は、「アメリカやそれ以上に大きな敵でさえも、国民とつながりがあり、国民を愛し、国民からも愛され、敵に抵抗するような体制に対し、いかなる過ちも犯すことはできない」と強調しました。


先ほども触れたように、イランではまもなく、第12期大統領選挙が実施されます。イランの護憲評議会は、先週木曜、出馬資格を認められた6人の候補者の名前を内務省に通達しました。大統領選挙は、市町村議会選挙、および、国会中間選挙と共に、5月19日に実施されます。


イラン選挙本部の発表によれば、今期の大統領選挙に出馬するのは、ミールサリーム氏、ジャハーンギーリー現第一副大統領、ローハーニー現大統領、ライースィー師、ガーリーバーフ現テヘラン市長、ハーシェミータバー氏の6人となっています。


今期の大統領選挙の候補者登録では、現在、政府や国会で活動を行う著名人を含む数百人が出馬の意思を表明しました。


イランの憲法では、大統領選挙の候補者は、政治的、宗教的な経歴を持っていること、イスラム体制の原則と国教であるシーア派イスラム教を信じていることが条件となっています。また、立候補資格の審査は護憲評議会が行います。護憲評議会の報道官であるキャドホダーイー氏は次のように語っています。


「国民の票は守られるべきである。国民は、善良でふさわしい人物に行政や立法を担ってほしいと考えている。当然のことながら、我々は大まかな形でしか互いを知らず、知っているのは、一部の道徳的な特徴のみである。候補者に対する国民の情報は非常に限られている。そのため、政治体制は、相応しい人物を国民に紹介するためのメカニズムを用意している。イランでは、それを護憲評議会が担っている。護憲評議会やその他の機関がその責務を果たさず、善良な候補者をそうでない候補者と切り離さなければ、国民の権利が踏みにじられてしまうことになる」


護憲評議会が発表した最終リストを見ると、立候補が認められた6人は、さまざまな政治グループの出身者であり、選挙に多様性が見られることが分かります。


大統領選挙は、過去20年、保守派と改革派の争いとなってきました。しかし、この2つのグループの傾向や見解に多様性があることから、イランの選挙は2極化に傾いていません。


ハーメネイー師は、選挙の問題について、常に、行政の重要性に注目した上で、根本的な点に触れています。ハーメネイー師は、大統領の責務履行の成功は、その人の能力と忍耐力にかかっているとし、大統領選挙の立候補者に対し、この点から自分自身を見つめなおし、許容範囲を超えた仕事量や問題を処理することができるという自信があれば、選挙に出馬するよう求めました。


5月19日の大統領選挙まで、出馬資格を認められた6人の候補者の間で選挙戦が展開されます。この間の活動により、選挙に参加する人の数が増加することになるでしょう。


アメリカ政府高官が先週、新たな反イランの動きを開始しました。

アメリカのマティス国防長官は、先週、サウジアラビアのリヤドを訪問した際、根拠のない発言を行い、イランが地域に情勢不安を作り出しているとして非難しました。これと同時に、ティラーソン国務長官も、「イランとの核合意は、イランの核兵器獲得の阻止を妨げた」と語りました。さらに、この合意はイランの核兵器獲得を遅らせただけだったとし、「この合意は、過去のアプローチの失敗の象徴であり、そのために我々は今、北朝鮮の危険に直面している」と主張しました。


このような発言の一方で、ティラーソン国務長官は、アメリカのポールライアン下院議長に書簡を送り、「イランは、核合意のすべての取り決めを履行しており、アメリカ政府は制裁の停止を90日間延長した」としました。イランのザリーフ外務大臣は、ティラーソン国務長官のこの発言に対し、「アメリカは根拠のない非難によって、イランによる核合意の取り決め履行を認めていることを覆い隠すことはできない」と語りました。イランと6カ国は、2015年7月14日、イランの核活動に関する合意に署名しました。この合意は2016年1月に実施されています。


現在、アメリカは、制裁を復活させ、人権侵害やミサイル能力への懸念、テロ支援といった主張により、イランへの圧力を拡大するための新たな土台作りを行っています。こうした中、合意が有効なのは、全ての関係国が、そこから利益を得ると感じられるときです。


ザリーフ外相はツイッターで、アメリカは方向を転換し、自らの責務を果たすべきだと語りました。核合意はイランとアメリカの合意ではなく、国連安保理や国際社会にも認められた数カ国による文書です。この合意のすべての関係国は、自分たちの取りきめを完全に履行することによって、それを守るための共通の責任を有しているのです。


# by hiroseto2004 | 2017-04-24 22:28 | 国際情勢 | Trackback
中東欧のNATO加盟国で軍事費の増大が顕著だそうです。
緊張を利用して、アメリカなどが武器を売り込んでいるとみるべきでしょう。

スウェーデンのストックホルム国際平和研究所が、世界で最も軍事予算が多いのはアメリカだとしました。

ストックホルム国際平和研究所は24日月曜、2016年におけるアメリカの軍事予算は1.7%増加し、6110億ドルに達し、これは現時点で世界各国の中で軍事予算の最も多いものとしています。

また、この研究所の報告では、今年の1月に就任したアメリカのトランプ大統領が、軍事予算の増額を優先させ、アメリカ軍が4月にシリアの空軍基地やアフガニスタンのテロ組織ISISの拠点を攻撃したことは、彼が暴力行使すら辞さないことを示している、とされています。

さらに、昨年の中国の軍事予算は、およそ1380億ドルとされ、今年は7%増加しており、今年のアメリカの軍事予算のおよそ4分の1となるだろうとされています。

ストックホルム国際平和研究所はまた、2016年のロシアの軍事予算は、経済危機にも拘らず、アメリカと中国についで第3位とされています。

ロシアは昨年、国防分野で692億ドルを拠出しており、これは2015年に比べて5.9%増加しています。

この数字は、ロシアの国内総生産の5.3%にあたり、旧ソ連の崩壊以降最も高い数字となっています。

ストックホルム国際平和研究所はまた、「軍事予算の増大は、ロシア経済が石油収入の減少や、2014年のウクライナ問題による西側諸国の経済制裁により、緊迫した状況を抱えている中でのことだ」としました。

この報告によりますと、西側諸国は2015年から複数のテロ事件に遭遇しており、トランプ大統領はNATO北大西洋条約機構への西側同盟国の協力は不十分だとしている中、2年連続で軍事予算を2.6%増やしたとされています。

これらの国についで、フランスが557億ドルで5位、6位はインドとなっています。

7位はイギリスで483億ドルです。

軍事予算の増大化の傾向は、特にバルト三国をはじめとする中央ヨーロッパや東ヨーロッパ諸国で顕著となっています。

全体として、NATOに加盟するヨーロッパ諸国の軍事予算は、ロシアの軍事予算のおよそ4倍となっています。


# by hiroseto2004 | 2017-04-24 22:23 | 国際情勢 | Trackback
いったいどうなっているのでしょうか?
いずれにせよ、最新の情報を冷静に確認する以外にないでしょう。
騒ぎすぎず。しかし、安倍総理がトランプに媚びを売って、結果としてトランプを「その気」にさせるようなこと
になったらまずい。そのことだけは阻止することは大事ですね。




# by hiroseto2004 | 2017-04-24 22:15 | 国際情勢 | Trackback
 森友学園事件や加計学園の問題。

要は、途上国型の口利き政治が大手を振って復活しているということです。

この手の口利き政治は、1990年代に全国各地の自治体でも排除されていきました。

このころが、日本にとって一番、先進国として最盛期だったのでしょう。

しかし、このころの浄化は新自由主義とセットだった。
このために、格差が拡大していった。そして、20年たった今、人々に余裕がなくなった。

そして、再び、籠池のおっさんのようなタイプが大手を振るようになった。
籠池のおっさんなんて、昔(1980年代)だったら地方議員にごろごろいました。

もう一つの例を挙げます。

富山市議会の不祥事です。
1990年代や2000年代前半ころなら、ああいう不祥事をやらかした議員はほぼ全員に近い割合で落選していたのではないでしょうか?ところが、今は、大手を振って8人中6人が再選されたそうです。

富山に限らず、地方議会の選挙では、正義感がある女性や若者が徒手空拳で立候補しても当選するという時代が、1990年代後半から2000年代にかけてはあったように思います。
ところが、その時代なら、例えば3000票とれたようなタイプの候補者が、それこそ、今だと1000票くらいしか
とれず、「失神KO負け」状態になる、という事態が本社社主が取材した範囲でも相次いでいます。

政治を浄化しようというパワーが、急速に低下しているのではないか?
これは感じます。

政治腐敗→不公正がまかり通る→格差拡大→人々が力を奪われる→政治腐敗という悪循環は途上国でよくあります。

おりしも、中国では習近平国家主席が経済発展を盾に、腐敗防止に熱心です。

10年後、システムの公正さでも経済でも日本は中国に大きく抜かれる。そんな事態もあり得るのではないか?
その点は不安です。




参考記事



# by hiroseto2004 | 2017-04-24 21:56 | 安倍ジャパン | Trackback
早朝のNHKの視点・論点は「単身増加社会に向き合う」

本日早朝のNHKの視点・論点でも「単身時代」の社会政策を論じていました。

要は、一人暮らしが多い時代に合わせた社会政策を、ということです。

国レベルでの社会保障充実。地方レベルでの単身者でも安心できる介護や医療のシステムの整備。全くその通りです。

我々、団塊ジュニア世代の活動家の多くが党派を問わず、、就職氷河期や非正規率の上昇を背景に、企業主義、家族主義からの転換を訴えてきた人が多いのですが、そういう流れがNHKにおいてもだんだん主流化しているのは、悪いことではないと思います。

こういうことは言えると思う。団塊世代が退くにつれて、企業主義、集団主義的なものは後退していく。他方で、確かに、戦争の記憶がなくなって危ないほうへ行くのではないかという危惧もわかる。
戦時中にたとえると、個人単位の社会政策を重視しつつ、軍事タカ派という、立憲民政党(永井柳太郎)的な方向へ行くのではないかという懸念はある。

されど、世の中の流れというのは、否定的なもの一辺倒ではありません。

個人を尊重するという流れも社会政策分野では定着してきてはいる。そして、個人が尊重されてこその平和であると思う。

総理の軍事面での暴走は防ぎつつ、個人が尊重される「新時代の社会政策」をきちんとつくっていくことが野党・市民連合側にも求められる。


# by hiroseto2004 | 2017-04-24 21:15 | 新しい政治をめざして | Trackback
これは、大嘘が混じっている記事です。




総理を「しばき主義」方向から批判する人間が総理以上にニッポンの人権を後退させているのかもしれない

わたしは、安倍総理の進める「テロ等準備罪」には反対だし、トランプ盲従外交にも反対です。

しかし、です。総理批判の記事が出たと思ったら、なんと、総理より古臭い方向からの批判でした。

リンク再掲
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51507

突っ込みどころ満載の記事です。

1、日本の場合は非正社員が激増しているため、平均労働時間が短めに出る。正社員では主要国では韓国の次に長時間労働が多い。

2、サービス残業は相変わらず多い。ヤマト運輸を持ち出すまでもないこと。

これらを無視して、「日本人はさぼっている」と叱咤激励する記事。しばき主義ですね。

そして、城南信金の脱原発で名高い吉原理事長も登場し、しばき主義を肯定する。

なるほど、安倍総理・昭恵夫妻や稲田防衛大臣らは、無責任だろう。しかし、この記事に登場する、しばき主義の経営者よりはまだいくらか、「個人を尊重する」精神があるのではないかとさえ思ってしまう。

総理は戦争をするかもしれないが、しばき主義の年配経営者たちは「過労死」という形でたくさんの戦死者をすでに出してきた。そうした状況はいくらなんでもひどいということで総理も重い腰を上げてはいる。労働者側からみれば全然不十分ではあるが、しかし、しばき主義の経営者がいる状況ではああなってしまうのだな、とも思ってしまう。

そして、こうしたしばき主義は、家庭で家事や育児に専念する女性がいるという前提である。日本会議の多くの女性政治家でさえも実践していないことを前提としている。

日本会議メンバーよりも古い、しばき主義で総理を批判する経営者と講談社編集部。

日本の人権がよくならないのは安倍総理や日本会議のせいばかりではないと思う。

しばき主義の年配経営者たち。この岩盤のような存在も、分野によっては総理や日本会議以上に大問題なのではないか?

この問題について限定すると、安倍総理と記事に登場する経営者では安倍総理を支持せざるを得ませんね。

安倍総理も大概だが、安倍総理より上の世代の年配経営者たちも過去の成功体験から全く進歩がない。
なるほど、安倍晋三はひどいかもしれない。しかし、上の世代の経営者たちはもっとひどい、というより
進歩がないと言わざるを得ない。

崩壊の時代とはこういうものである。

ひどい指導者より、もっとひどい元老みたいなひとがいて、その元老たちが、ひどいはずの指導者の引き立て役になってしまうみたいな状況が起きているのです。


# by hiroseto2004 | 2017-04-24 20:22 | 安倍ジャパン | Trackback

これは何ですか?!

ひどいですね。共謀罪ができるまでもなく治安警察法による「弁士中止!」に逆戻りではありませんか?

日本の場合、権力側の逸脱が先にあって、それを追認する法改正が繰り返された歴史があります。

■反原発の街頭アピール、福井県が自粛要請 実行側は反発
朝日新聞 影山遼2017年4月22日2時2分
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK4P5QNZK4PPGJB00K.html

 福井市の福井県庁前の交差点でアピール活動をしている反原発の市民団体に対し、県が活動を自粛するよう文書で要請し、市民団体のメンバー4人が21日に県庁を訪れて抗議した。




More
# by hiroseto2004 | 2017-04-24 17:34 | 安倍ジャパン | Trackback
「橋龍惨敗」を「新自由主義惨敗」にできなかった痛恨
(敬称略)

1998年参院選で自民党は惨敗し、橋本龍太郎は「政治家として心にあるものはある」との言葉を残して退陣した。

橋龍はなぜ、惨敗したか?

それは、
「走れ、走れ龍太郎、小沢小泉かき分けて
 走れ、走れ龍太郎、追いつけ追い越せ引っこ抜け」
とばかりに、野党第一党党首だった小沢一郎※や、総裁選の対抗馬だった小泉純一郎と新自由主義を競い合ったからである。
1997年は凄まじい消費税増税や、規制緩和が行われ、デフレ圧力がかつてなく高まった。
日本共産党と新社会党以外、橋本の新自由主義に反対する者はいなかった。
極めてファッショ的な状況の中で橋龍は「火の玉になる」とばかりに構造改革に突き進んだ。

その結果は、拓銀破たん、山一破たんという日本発の金融恐慌であり、1998年の自殺者3万人突破である。

橋龍の恒久減税への対応がぶれたこともあり、橋龍への国民の怒りは爆発。自民党はわずか45議席にとどまり、惨敗した。橋龍の脂汗がにじんだ顔は忘れられない。

しかし、この参院選は結局のところ、当時は「新自由主義の敗北」という受け止められ方はしなかった。

日本共産党はともかくとして、共産党と同時に議席を伸ばした民主党や自由党に至っては、所属議員の多くが、経済政策でも外交・安保でも自民党の本流よりもむしろタカ派だったりするケースも多かった。それでも、「結果を出せなかった」ことへの「お灸」として、民主党や自由党に投票した人も多かった。

これでは、「お灸」という認識はあっても、それが新自由主義に待ったをかけるまでにはいかなかったのも当たり前である。

おかげで、その後も、新自由主義は繰り返された。小泉純一郎、橋下徹などなど。

その原因の一つは、1998年の参院選で橋龍が惨敗しながら、橋龍が進めた「新自由主義の敗北」という受け止め方がされなかったことにあるのではないか?

そのように思っています。

(ちなみに、橋龍のあだ名は「ポマード」でしたが、実際には水溶性の整髪剤だったそうです。)

※小沢一郎さんは今でこそ、護憲派寄り・社民主義寄りの政治家の代表格の一人ですが、1990年代までは新自由主義、海外派兵、原発推進のチャンピオンでした。


# by hiroseto2004 | 2017-04-24 17:30 | 新自由主義批判 | Trackback
23日15時37分頃、ユーラシアプレートと北米プレートの境界の南サハリン付近でM5.2のやや大きな地震が発生しました。
このプレート境界では、最近では1993年に北海道南西沖地震M7.8が発生しています。

平成29年04月23日15時41分 気象庁発表
23日15時37分頃地震がありました。
震源地はサハリン南部付近(北緯46.3度、東経142.1度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.2と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

北海道  震度2  稚内市開運 猿払村浅茅野* 豊富町西6条*          幌延町宮園町* 礼文町船泊*     震度1  稚内市中央* 稚内市宗谷岬* 稚内市沼川*          浜頓別町クッチャロ* 中頓別町中頓別*          宗谷枝幸町栄町* 宗谷枝幸町歌登東町*          礼文町上泊埼 利尻富士町鬼脇
この地震による津波の心配はありません。

平成29年04月24日05時07分 気象庁発表
24日05時04分頃地震がありました。
震源地は三河湾(北緯34.7度、東経137.1度)で、
震源の深さはごく浅い、地震の規模(マグニチュード)は2.9と推定されます

各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

愛知県  震度1  蒲郡市御幸町* 田原市赤羽根町* 西尾市一色町          西尾市西幡豆町*
この地震による津波の心配はありません。

これは加木屋断層帯付近です。



平成29年04月24日14時40分 気象庁発表
24日14時36分頃地震がありました。
震源地は愛知県西部(北緯35.0度、東経136.9度)で、
震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は3.3と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

愛知県  
震度2  蟹江町蟹江本町*     
震度1  名古屋千種区日和町 名古屋北区萩野通*          名古屋西区八筋町* 名古屋中村区大宮町*          名古屋中区県庁* 名古屋昭和区阿由知通*          名古屋瑞穂区塩入町* 名古屋熱田区一番*          名古屋中川区東春田* 名古屋港区金城ふ頭*          名古屋港区春田野* 名古屋港区善進本町*          名古屋南区鳴尾* 名古屋守山区下志段味*          名古屋守山区西新* 名古屋緑区有松町*          名古屋名東区名東本町* 一宮市西五城*          愛知津島市埋田町* 刈谷市寿町* 豊田市小坂本町          豊田市小坂町* 豊田市長興寺* 豊田市駒場町*          稲沢市稲府町* 稲沢市平和町* 東海市加木屋町*          大府市中央町* 知多市緑町* 知立市弘法*          高浜市稗田町* 岩倉市川井町* 豊明市沓掛町*          日進市蟹甲町* 大治町馬島* 飛島村竹之郷*          東浦町緒川* 愛西市稲葉町 愛西市石田町*          愛西市諏訪町* 弥富市神戸*          愛知みよし市三好町* あま市七宝町*          あま市甚目寺* 長久手市岩作城の内*
岐阜県  
震度1  恵那市山岡町* 各務原市川島河田町*
三重県  
震度1  鈴鹿市西条 木曽岬町西対海地*
この地震による津波の心配はありません。

これは、猿投・高浜断層帯付近ですね。


# by hiroseto2004 | 2017-04-24 17:05 | 事故・災害・事件 | Trackback(1)

介護・福祉の切り捨てを許さない
大阪で5月12日「介護の切りすてアカン!みんなの大集会」」が行われます!福祉の分野の総がかり行動に、ぜひ賛同を寄せていただきたく、白崎さんの呼びかけを転載します。
個人と団体の賛同をお寄せください。
宛先;大阪社会保障推進協議会 osakasha@poppy.ocn.ne.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みなさま
お疲れさまです。白崎朝子です。私の近況をお伝えすると共に、福祉総掛かり行動への再度の賛同と拡散のお願いです。

福祉現場は筆舌に尽くしがたいくらい、悲惨です。以下は私の簡単な近況ですが、9人の認知症利用者さんをスタッフ2人で、掃除、ご飯つくり、服薬・排泄・入浴介助もしながら安全に介護するのは、無理!と叫びたいです。この現状を改善すべく賛同にご協力ください。(匿名も可能です)

〜〜

■「神話」は崩壊…戦場と化しているグループホーム■

昨年、報酬単価引き下げによる経営不振を理由に女性非常勤4人が退職勧奨され、私は小規模デイサービスからグループホームに転職しました。幸い離職率が低い認知症グループホームでした。しかし今年になり異動、介護休暇、病欠、定年退職、産休と怒涛のような状況へ。職員が疲弊し、利用者さんも不穏になりやすく、服薬事故等の介護事故が5倍ほどに増加。私も腱鞘炎が悪化。治療しても治癒しません。いくら身体を張っても都内の最賃なみ。介護福祉士でも+50円のみ。夜勤をしても手取り16万円台。面接に人はきません。施設長は16時間拘束の夜勤を月8回。夜勤後に施設長業務、通院と残業4〜5時間が当たり前。職員の疲弊の影響は利用者さんに…。報酬単価が引き下げられたグループホーム。穏やかなグループホームという「神話」は崩壊、戦場と化しています。
厚労省職員や政治家に、最低1ヶ月は介護現場体験を義務付けたい!!

白崎朝子(安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会)

〜〜
危機的な介護保険に対して介護従事者による「介護・福祉総がかり行動」が立上り、反対集会を行います!ぜひご賛同ください!

5月12日(金)18時半〜
大阪市北区民センター大ホール 「介護の切りすてアカン!みんなの大集会」を行います! 私たち「介護・福祉総がかり行動準備会」は、関西の介護現場で働く介護従事者・事業者、利用者、家族、被保険者、「安心できる介護を!懇談会」、「大阪社会保障協議会」を中心に、全国の介護関係の仲間や、「守ろう!介護保険制度・市民の会(東京)」、「認知症の人と家族の会」等と連携し、活動しています。国は、一昨年から要介護2以下「軽度者」サービスの保険外しと、生活援助・福祉用具の自己負担化を狙ってきましたが、介護関係者を始め多くの市民が大反対したため「先送り」となりました。しかし、利用者に「3割負担」、市町村に「要介護認定率引き下げ」を競わせる介護保険「改定」案が国会に出され、生活援助サービスやデイサービスはさらに基準緩和・介護報酬引き下げが狙われています。 私たちは、「これ以上介護保険改悪をさせない」、「介護従事者の賃金・労働条件を改善」を求めて5月12日に大集会を開きます。集会には、服部万里子さん(日本ケアマネジメント学会副理事長)や介護現場、当事者の会から発言があります。
昨年の11月25日に行った「介護の切り捨てアカン!本気の大集会」には、260名以上の参加者が集まりました。介護従事者・事業者、家族、大手団体、国会議員、ジャーナリスト、労働組合などから個人で260名、140団体・135名の賛同をいただきました。前回の賛同本当にありがとうございました。
再度、今回の集会へのご賛同をいただけないでしょうか。ご検討よろしくお願い致します。        
連絡先/介護・福祉総がかり行動準備会
◆大阪社会保障推進協議会 osakasha@poppy.ocn.ne.jp
◆安心できる介護を!懇談会 大阪市港区南市岡3-6-26 NPOみなと気付電話06-6583-4880  FAX 06-6583-1122(川口・大野)


# by hiroseto2004 | 2017-04-24 16:02 | 役人からヘルパーへ | Trackback