エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:かき船 ( 15 ) タグの人気記事

広島ブログ

 以下、つくだ守生さんの報道です。

広島市中区の元安橋に浮かぶ料亭かき船「かなわ」が原爆ドーム近く移転したのは世界遺産条約に違反するなどとして、被爆者や周辺住民19人が国に河川占有許可を取り消すよう求めた訴訟の第3回口頭弁論が10日、広島地裁(小西洋裁判長)で開かれました。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-11 22:57 | 環境・街づくり | Trackback
広島ブログ

以下、つくだ守生さんによる報道です。

広島市中区の元安川に浮かぶ料亭かき船「かなわ」が原爆ドーム近くへ移設したことに反対する市民団体「かき船問題を考える会」は28日、「かなわ」周辺で街頭署名をしました。



More
by hiroseto2004 | 2015-11-28 22:27 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ

日本海賊tv
「かき船移設工事強行現場近くからレポート」「さとうしゅういち、戦争法案廃案へ被爆者の恩師の地元府中町で演説」
Ustreamライブ

6月16日23時20分から

日本海賊tv この番組のアーカイブはこちらです。



More
by hiroseto2004 | 2015-06-16 09:14 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
広島ブログ
世界遺産原爆ドームを守りかき船移設に反対する訴訟が6月11日、広島地裁に提起されました。
広島瀬戸内新聞と社主・さとうしゅういちが代表を務める緑の党・ひろしまは、この訴訟原告団を支持し、国に許可の取り消しを求めます。それとともに「訴訟になってしまったのは市の街づくり行政の失敗」との立場から、市民参加のまちづくりを進めるよう求めます。

かき船「かなわ」移設工事強行現場(原爆ドーム近く)からレポート
https://www.youtube.com/watch?v=7p_Z1PCEMrQ
 提訴翌日、現場付近をさとうしゅういちもレポートしました。

以下は被災者県議候補・つくだ守生によるレポートです。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=636078013195502&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=1
e0094315_23125720.jpg

広島市中区の元安川に浮かぶ料亭かき船「かなわ」の原爆ドーム近くへの移転に反対する市民団体「かき船問題を考える会」は11日、国が「かなわ」に出した河川占用許可を取り消すよう求めて広島地裁へ提訴しました。
 訴状によると、原爆ドームが世界遺産に登録された経緯やバッファゾーン(緩衝地帯)の持つ意味を踏まえれば、許可は世界遺産条約や河川法の河川敷地占用許可準則に違反すると指摘。さらに広島市に対して、国以上に世界遺産の保存、保護する義務を負っているにもかかわらず、移転に向けた積極的な関与が見られると告発しています。
 原告は金子哲夫団長、髙橋信雄副団長をはじめ、被爆者や周辺住民ら19人。提訴にあたって支援者ら約40人が「世界遺産原爆ドームを守り、かき船移設に反対する訴訟団」の横断幕を掲げて、地裁前を行進しました。
 訴状提出後に記者会見に臨んだ金子団長は「あの場所は最も多くの市民が原爆の犠牲になったところであり、一民間飲食店が設置されることは容認できない」と決意を表明しました。代理人の石口俊一弁護士は「原告には被爆者をはじめ、付近の碑の維持管理団体、被爆瓦に取り組んできた高校生平和ゼミナール、水害の可能性がある近隣住民などが集まった」と紹介。既に「かなわ」が進めている工事の差し止めの仮処分を求める訴訟も検討中です。
 国交省中国地方整備局水政課は「訴状を見ておらず、コメントは差し控える」としています。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-12 23:17 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ

かき船「かなわ」移設工事強行現場(原爆ドーム近く)からレポート
https://www.youtube.com/watch?v=7p_Z1PCEMrQ


2015年4月下旬の土曜日早朝、住民に説明もなく開始されたかき船(という名の建造物)「かなわ」の世界遺産・原爆ドーム近くへの移設工事。あれから1か月半。現場近くをレポートします。

関連動画

かき船移転問題を考える討論会 (下)市の無責任に怒号



More
by hiroseto2004 | 2015-06-12 18:33 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ
かき船「かなわ」の移転・新設問題で、住民と「考える会」のみなさんが、議会に陳情しました。
村上あつこ市議からの報告です。

かき船「かなわ」の移転・新設問題で、大手町のマンション住民とかき船問題を考える会のみなさんが、議会に陳情されました。

市議団5人以外に、自民党保守クラブ、改革ネット(3人)も一緒に同席しました。

続いて、局長交渉。
2時間半にわたってやり取りしましたが、議論は平行線のまま…。
今日の゛宿題゛の回答が出来次第再度席をもうけることが確認できてようやく閉会しました。

当局が口を開ければ、話すほどに矛盾が激化します。
なぜ、かなわなのか。ひろしまかき船はどうなっているのか。
なぜ、住民への説明がないまま工事が進んでいるのか、
なぜ、あの場所なのか、
到底納得できる回答はありません。

法的に、手続き上、問題がなければ何をやってもいいわけではありません。
バファーゾーンの景観を守るのは、平和行政だけではありません!。
全庁あげて全職員に問われている問題です。

さぁ、本会議の原稿つくりに取り掛からないと!!



More
by hiroseto2004 | 2015-06-06 05:52 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ

かきレストラン「かなわ」移転工事は依然、強行され続けています。

一時は、住民の抗議でストップした工事ですが、先週から再び再開。

およそ船とは言えないような構造物が依然、元安橋のすぐ南側に工事中です。

被爆者団体も弁護士会もイコモスも地元町内会も反対・慎重を求める意見書を出している。
地域の人たちも、洗濯物や布団をベランダに干さずに景観維持に協力してきたのです。

そもそも、景観審議会にかけることもなく、率先して景観を破壊することを市がお膳立てしてきた。

そして、広島市長選挙で松井市長が再選されるとすぐに工事を強行した。

松井市長は、自分が再選された=かき船移設信任と勘違いしているのではないか?
あるいは、そのようにこじつけているのではないか?

いずれにせよ、選挙に勝ちさえすれば、何をしてもいいと思い込んでいる安倍総理にそっくりです。
そして、その松井市長を自民党、公明党と一緒に推薦してしまった民主党と連合広島。わたくし・さとうしゅういちも、一時期でもこうした組織に所属していたことを心から恥じるしかありません。



More
by hiroseto2004 | 2015-05-30 12:37 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ
広島土砂災害被災者県議候補・つくだ守生(日本共産党公認、緑の党・ひろしま推薦)。
かき船の原爆ドーム近くへの移転問題で密着取材です!

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=626901114113192&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=1&theater


広島市中区の元安川に浮かぶ料亭かき船「かなわ」を原爆ドーム近くへ移転させるため22日、護岸のサクラの木が伐採されました。移転に反対する市民団体「原爆ドーム・平和公園地区へのかき船(水上レストラン)移転・新設問題を考える会」(略称=かき船問題を考える会)が伐採しないよう20日に提出した抗議文を、松井一実市長は無視しました。
 大亀信行事務局長は「原爆ドーム内のバッファゾーン(緩衝地帯)内の景観が変わることを住民に全く知らせることもなく、一企業の利益のために一方的に伐採することは許されない」と憤っています。
 考える会は20日、近隣住民への説明もなく工事の強行を容認している松井市長へ公開質問状を提出。今後は、工事差し止めの仮処分と国による河川占用許可の取り消しを求めて広島地裁に提訴しようと、月内にも原告団を結成する構えです。

e0094315_03235735.jpg





More
by hiroseto2004 | 2015-05-24 03:26 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島ブログ

日本海賊TV 2015.05.18 広島瀬戸内放送


安佐南区古市橋駅前街頭演説「カープのプレイボールを家や球場で観られる日本」/中区NHK広島前街頭演説「総理、イランに喧嘩を売っていいのですか?」/かき船問題、市の不誠実な発言に怒号/かき船問題現場を取材


More
by hiroseto2004 | 2015-05-19 12:02 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
広島ブログ

4月25日に着工が強行された「かき船かなわ」の原爆ドーム近くへの移設工事。説明会もなしに早朝の工事開始に住民の怒りが爆発。市に抗議し、それを受けて業者が工事を中断しました。市の肝いりで進んだこの事業ですが、市は世界遺産のバッファーゾーンにおける事業を平和行政や景観の観点から議論もせずに決めた拙速さを、業者におかれてもこれまでの木で鼻をくくったような態度を反省していただきたいものです。




More
by hiroseto2004 | 2015-05-13 22:39 | 広島市政(広島市議会) | Trackback