エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:さとうしゅういち ( 435 ) タグの人気記事

広島瀬戸内新聞TOP

by hiroseto2004 | 2018-12-31 23:50 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
e0094315_23173812.jpg
e0094315_23460596.jpg
e0094315_00151549.jpg







本社社主・さとうしゅういちは、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のノーベル平和賞受賞を直前に控えた12月9日午後、広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施しました。
前半では政府が衆院選後、サラリーマン増税や介護・医療・障がい者福祉切り捨てを怒涛のように打ち出していることを批判。
さらにこの前日に政府が生活保護基準を引き下を検討していることについて、
「所得が低い人から10%の人の支出より生活保護費が高いとしているが、そもそも、そんなに多くの人が
生活保護基準以下でありながら生活保護を受けていない、受けられていなことが問題だ。
政府は、むしろ、働いている人でも生活保護で不足分を受け取れることなどを積極的にアピールするとともに
労働条件の改善にも力を入れるべきだ。」
「会社が倒産するなどで、一時的に所得が下がることは誰でもあり得る。その時に医療などの減免措置や、様々なサービスの
お世話になれればだいぶ違う。しかし、生活保護基準が下がることで、こうした減免やサービスを利用できない人が
出てくる恐れがある。生活保護基準引き下げは生活保護受給者だけの問題ではない。庶民大増税、サービスカットだ。」
などと強調しました。





More
by hiroseto2004 | 2017-12-09 23:49 | 活動報告 | Trackback
e0094315_16282482.jpg
3日イオンモール祇園前
e0094315_16292760.jpg
4日朝 古市橋駅前



本社社主・さとうしゅういちは12月3日から4日にかけて広島市安佐南区各地で街頭演説。
「カープの安部選手は頑張れ!安倍総理は退場。」と訴えました。
安倍総理の「三つの暴走」を批判。
一つ目は「総理のお友達ばかりを優遇する私物化」であり、森友学園問題、加計学園問題に限らず、お友達優遇がひどい、と指摘。
たとえば、総理のお友達の原発企業による輸出を事故対応も含めて政府が全面的にバックアップする一方で、国内の原発事故で非難を余儀なくされている人を避難先の住宅から追い出し、路頭に迷わせるようなアベコベ政治を行っている、と語気を強めました。
二つ目は、選挙が終わったとたんに政府が介護や医療などの負担増を打ち出すと共に、公約だったはずの教育・子育て支援は
羊頭狗肉な内容でお茶を濁そうとしていると指摘。
三つ目は憲法問題で
「総理は、米露英仏のような大国と同じように戦争というリングに乱入したくてたまらないのだ。
そのために自衛隊をわざわざ憲法に書き込もうとしている。」
「しかし、アフガンのカルザイ前大統領も『米軍のせいで死者は増えている』と発言している。」
と紹介。
「アメリカ軍などがテロ対策と称して世界中で行っている戦争は現地の人には大迷惑だ。
そんなことに日本の自衛隊を参加させようとしている。
また、朝鮮問題では、アメリカの軍部ですら戦争になったら大変なことになる、と言っているのに、
安倍総理は突出して対話を否定し、戦争を煽っている。」
「そもそも拉致問題があるのだ。核問題は朝鮮戦争の終結と非核地帯をめざして粘り強く対話を進めつつ、拉致の解決を急ぐべきだ。拉致は一刻の猶予も許されない。」
「総理の政策を『現実的』と持ち上げる識者もいるが、そんな政策は日本が欧米のようにイスラムの人たちから恨みを買い、現地の人にも迷惑がられるだけ。現実的などではなく単なる総理の野望だ!」
などと力を込めました。


by hiroseto2004 | 2017-12-04 17:00 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback


e0094315_15160498.jpg
中筋駅前
e0094315_15260046.jpg
緑井天満屋前
e0094315_15264755.jpg
緑井天満屋前


e0094315_15263002.jpg
祇園出張所前



本社社主・さとうしゅういちは、11月19日(日)、広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施しました。
「カープの安部選手は応援・安倍総理(の暴走)はストップ!」と呼びかけ、
「政府は、衆院選の投票日が終わるとすぐ、サラリーマン増税や年金生活者増税の検討を始めた。
こんなことではますます、経済は落ち込む。中小企業の売り上げにも響くだろう。」
「さらに衆院選終了と同時に、財務省は急性期病床のカットなども打ち出した。安倍総理の総裁選公約である介護離職0にすら背いている」と指摘。
「一方で、自民党の公約のはずの幼児教育無償化については『認可外保育所は対象外』などと言い出した。庶民からは乾いたタオルを絞るように増税する一方でサービスはカットする。こんな暴走を許してはいけない。」
と強調しました。
そして、
「総理は改憲を狙っている。その狙いの一つは9条を変えてアメリカと一緒に戦争することである。そして、総理が国会の追及を受けずにやりたい放題することだ。また、いわゆる緊急事態条項は、国民の命を守るためではなく、今、安倍総理がやっているような国会を開かないでも済むようにするためだ。」
と指摘しました。
「他方で、総理は、トランプ大統領から大量の武器購入している。しかし、武器をたくさん持っていたからと言って日本は安全になるのか?アメリカとくっついて戦争して安全になるのか?考えて欲しい。」
と語りかけました。
「たとえば朝鮮のミサイルを全て迎撃できるのか?サウジアラビアはイエメンを空爆しているが、反撃としてイエメンのミサイルが首都に撃ち込まれている。反撃を全て封じるのは難しいだろう。また、米英仏露ではテロが起きまくっているが、そもそもが米英仏露が、イスラム圏の人たちの恨みを戦争で買っているからではないのか?日本がすべきことは仲裁外交ではないのか?朝鮮半島においては北東アジア非核地帯条約ではないのか?」
と提案しました。
さらに
「安倍さんは、お友達の企業が原発を売る際、事故の場合は日本政府が面倒を見ると約束している。しかし、日本国内では東電福島原発事故の被災者が、避難先の住宅からの立ち退きを求める裁判すら起こされている。そもそも原発をつくった国が生活を破壊したのに、その国が責任を果たさず、外国への原発輸出へ向かうのはおかしい。」
と指摘。
関連
「総理のお友達を潤わすのではなく庶民の暮らしの不安を解消するようお金の使い道を変えること」
「乾いたタオルを絞るように庶民から増税するのではなく、大手企業、大金持ちの方に公正な負担をいただくこと」
を提案するとともに
「総理がやりたい放題するための改憲」を許してはいけないと力を込めました。

これらの街宣のあいまに、さとうは、緑井の天満屋前で広島3区市民連合の街頭宣伝に参加しました。

by hiroseto2004 | 2017-11-19 15:49 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback(1)

Jアラート訓練を無視し、「サラリーマン増税反対」を訴える


本社社主・さとうしゅういちは、11月14日(火)、広島市安佐南区の広島瀬戸内新聞支社近くの祇園出張所や古市橋駅前で、Jアラート訓練を無視し、「サラリーマン・年金生活者増税反対」などを訴えました。

広島県内では衆院選の後、12日に県知事選挙が執行されており、衆院選や県知事選の候補者と間違えられかねないため、本社社主単独での街頭演説はお休みしておりました。

e0094315_13525706.jpg
e0094315_13490682.jpg






訓練に正面から抗議することも、「過剰に危機感を煽る」ことで「国内矛盾から目をそらし、お友だちの武器関連企業やトランプ大統領を儲けさせる」安倍晋三総理によって、当初「演説で述べたかったこと」を乱されるのは本意ではないと考えたためです。


政府税調が検討しているサラリーマン増税は年収500万なら年間30万円の大増税です。また、年金生活者についても、「最近の年金生活者は働いていて、豊かだ」という理由で課税を強化します。しかし、そもそも、年金がたりないから働いている人も多いのに、課税を強化とは、あまりにもふざけています。


衆院選で勝ったとたんにこんなことを政府税調に「検討」させる安倍晋三総理。

そんな総理が「国内矛盾から目をそらし」「武器関連企業に儲けさせる」

ために「過剰に危機感を煽る」土俵に、本社社主は乗りません。トランプ大統領すら、「金正恩と友達に」という趣旨の発言をツイッターでしており、安倍総理の
危機あじり、強硬姿勢は突出して異常です。


この日は、主に、政府による庶民増税 と認可外保育所の「無償化外し」などの公約違反を指摘しました。

その上で、この日、認可された加計学園獣医学部については「公務員獣医を増やすためではなく、留学生のための大学になっている」と指摘。「総理のお友達さえ儲かれば大義などどうでもいいことが明らかになった」と批判。


加計学園など総理のお友達の大学理事長や原発企業など、総理のお友だちを優遇するお金の使いかたを改め、教育や介護や医療、被災者支援にお金の使い方を改めること、また、大金持・大手企業に公正な負担を、などと訴えました。

by hiroseto2004 | 2017-11-14 13:59 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

e0094315_16441972.jpg

本社社主・さとうしゅういちは、2017年10月24日(火)、古市橋駅前など、広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施しました。
広島県内では22日に衆院選が執行された後、26日には県知事選挙が告示されます。
衆院選や知事選挙の期間中は、候補者と紛らわしいので演説は自粛しておりますので、選挙の狭間のこの日、集中して活動を実施しました。









More
by hiroseto2004 | 2017-10-24 17:26 | 衆院選2017 | Trackback




e0094315_16374274.jpg
10月2日(月)古市橋駅前
e0094315_16350383.jpg
10月1日(日)中筋駅前
e0094315_16392688.jpg
9月28日(木)安佐南区祇園出張所前


本社社主・さとうしゅういちは、衆院解散後、広島市北部各地で街頭演説を実施。
市民と立憲野党による政権交代で「カープのプレイボールを家や球場で安心してみられる日本」をと訴えています。
10月2日(月)には、
「東京都知事の政党も海外でアメリカ軍と一緒に戦争をするための安保法容認(を入党の条件としている)だ。
そのような政党を応援するわけにはいかない。」
と改めて強調。
「枝野幸男さんは立憲主義回復の立場で希望の党には参加しないで新党(立憲民主党)をつくる。
枝野さんは介護職の給料を上げることも
民進党の代表選挙で公約していた。共産党・社民党・自由党の立憲野党と枝野さんらの新党、そして何より市民の協力による政権交代をめざす」
と宣言しました。
そして、
「乾いたタオルを搾り取るように庶民から増税し、安倍総理のお友達の学校法人や原発輸出企業、JR東海にお金を流す政治から、大手企業・お金持ちからも公正に負担頂く政治へ。」
「核兵器禁止条約に署名し、核兵器廃絶の先頭に立つ日本を」
「カープのプレイボールを家や球場で見られるような働く環境を。」
などと訴えました。

広島でも立憲野党による統一候補を最後まで追及し、「立憲主義に基づく」政権交代を!



by hiroseto2004 | 2017-10-02 16:54 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_16282899.jpg


e0094315_16285708.jpg



さとうしゅういちは、衆院が解散された9月28日、広島市安佐南区(広島3区)内各地で街頭演説を実施しました。

安倍総理が
「介護離職ゼロに取り組む」としていることについて
「そもそも、2年前の総裁選で介護離職ゼロを打ち出していた。
自公は圧倒的な議席を持っており、民進党も共産党も当然大賛成の介護離職ゼロの対策は、
総理にやる気さえあればできたはずだ。この二年間、有効な政策が打ち出すどころか
介護報酬引き下げで介護事業所の倒産を増やすなど、アベコベなことをしてきた。
総理に『介護離職ゼロ』なんぞやる気がない証拠」
と指摘。
そして総理が教育に消費税を使うことを問う、としていることについては
「そもそも、消費税を上がった分が福祉に使われているのか?
違う。大手企業や大金持ち減税に使われてきた。」
「そして、安倍政権では、総理のお友達の大学学長や、原発企業やJR東海への無利子融資にお金が使われている。
こうした税金の取り方、使い方をまず改めることが先だ。」
「庶民から乾いたタオルを絞るように増税し、総理のお友達のために使う政治から、大金持ち、大手企業に公正な負担をいただき、庶民の暮らしの不安を解消する政治へ」
の転換を訴えました。
さらに、民進党解党、新党の動きに言及し
「そもそも、自衛隊がアメリカ軍と一緒にテロ対策などと称して海外派兵されることに道を開く
安保法に反対して野党共闘が進められてきた。」
「安倍さんを倒すだけでなく安倍的な政治を終わらせることが大事。」
と指摘し、海外派兵に反対する国会議員が過半数を超える結果をめざすことが大事であり、
そのスタンスから、市民と野党の協力に取り組む、としました。
そして、小選挙区制の問題に言及し
「そもそも、安倍さんが暴走したのも、小選挙区制では公認権を持つ総裁の権限が強くなりすぎるということもある。
また、野党は野党で、特に共産党以外の野党議員は勝つために右往左往することになりがちだ。」
と指摘。
小選挙区制度を廃止し、民意をより正確に反映する制度への改革を訴えました。
また、国家戦略特区についても
「総理の取り巻きで決めてしまうのが問題。特色ある地域作りは大事だが、それなら地方分権が筋だし、国で特別なルールを作るにしても、憲法95条に基づき、住民投票と国会のダブルチェックを経たものにすべきだ。たとえば1949年に出来た広島平和記念都市建設法のようなものにすべきだ。」
などと提案しました。


by hiroseto2004 | 2017-09-29 16:44 | 衆院選2017 | Trackback
e0094315_01182129.jpg


本社社主・さとうしゅういちは、9月6日(水)、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施。
市民+野党共闘による政権交代で、「核兵器禁止条約」への日本の加入と、「北東アジア非核地帯条約」(日韓朝は核兵器を持たず、米中露は使わない)の実現、そして、暮らしに憲法を活かす予算の組み替えを、と訴えました。

歴代自民党政権のアメリカに遠慮した姿勢を
「タイガース戦でカープの新井選手がタイガースの金本監督が『アニキ』だからといって、遠慮して実力を出さないようなものだ。そんなことは許されないだろう。」
「同盟国でも言うべきことは言うべきだ。最初の戦争被爆国・日本が核保有国にもの申さなければ、誰が言うのだ?米中露などはますます核兵器にこだわるし、朝鮮も開き直るだろう。」
と指摘し、核兵器禁止条約への加入を政権交代により実現しよう、と呼びかけました。
さらに、朝鮮半島情勢について、
「全ての国の核実験・核保有・使用に反対しないといけない。その上で、朝鮮半島がずっと法的には
戦争状態だったことが今日の事態の背景にある。朝鮮戦争を法的に終わらせると友に、北東アジア非核地帯を」
と訴えました。
後半では、
「まず、総理のお友達の理事長が行う大学新設や、リニア建設、原発輸出にお金を使う政治を改めなければならない。」
と指摘。
「医療・介護や教育などの不安のないようにする、また、長時間労働などの問題を是正していく、そういうことのために、お金の使い道の変更や、公務員の配置をきちんと行っていく政権交代が必要だ。」
「税金の集め方も、庶民から乾いたタオルを絞るような取り方をこれ以上するのではなく、大金持ちや大手企業にも公正な負担をしていただかないといけない。新政権の元で、佐川国税庁長官に代わる権力やお金持ち、大手企業にびびらない公正な方になっていただき、不公平税制を是正していかないといけない。」
と力を込めました。
そして
「安心して家や球場でカープのプレイボールが見られる日本にしよう。そのための市民+野党の協力による政権交代を実現したい。」
と訴え、広島県内で9月2日設立の広島3区を皮切りに結成の動きが出てきている市民連合の活動を紹介するとともに、「市民連合とは何か」と思われたら検索して欲しい」
などと呼びかけました。



by hiroseto2004 | 2017-09-08 01:34 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_21570539.jpg
e0094315_21571311.jpg
本社社主・さとうしゅういちは、引き続き、安佐南区大町駅前や祇園出張所前など各地で市民連合結成をお知らせし、「核兵器廃絶の先頭に立ち、庶民の暮らし第一の日本を市民と野党の共同による政権交代で」
と訴えました。
核兵器禁止条約に賛成しない安倍政権は「阪神タイガースの金本監督がアニキだからと言って忖度して新井選手が全力を出さないのと同じような話だ」と指摘し、「戦争被爆国日本が核保有国に迫らなかったらアメリカもロシアも中国も核をなくそうとは言わないし、朝鮮だって開き直るだけだ。」と訴えました。
そして、「朝鮮の核・ミサイルを非難するだけでなく、背景にある、戦争状態を終わらせるべき。
朝鮮戦争の法的な終結と北東アジア非核地帯」をなどと力を込めました。
そして、
「加計学園やリニア建設や原発輸出など総理のお友達のために国のお金を使う政治を止める」とともに
「公務員や教員をぶっ叩けば日本は良くなる、大阪、東京は良くなるみたいな威勢のいいだけの政治で日本は良くなるだろうか?」と問いかけました。
そして、
「介護、医療、教育や長時間労働などの問題で庶民が抱える暮らしの不安をなくすため、お金の使い道を変えよう。カープの試合を家や球場で安心してみられる日本をつくろう。そのための政権交代を市民と野党の共闘で実現しよう。」
などと訴えました。


by hiroseto2004 | 2017-09-02 22:05 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback