エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:さとうしゅういち ( 430 ) タグの人気記事

広島瀬戸内新聞TOP

by hiroseto2004 | 2017-12-31 23:50 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback




e0094315_16374274.jpg
10月2日(月)古市橋駅前
e0094315_16350383.jpg
10月1日(日)中筋駅前
e0094315_16392688.jpg
9月28日(木)安佐南区祇園出張所前


本社社主・さとうしゅういちは、衆院解散後、広島市北部各地で街頭演説を実施。
市民と立憲野党による政権交代で「カープのプレイボールを家や球場で安心してみられる日本」をと訴えています。
10月2日(月)には、
「東京都知事の政党も海外でアメリカ軍と一緒に戦争をするための安保法容認(を入党の条件としている)だ。
そのような政党を応援するわけにはいかない。」
と改めて強調。
「枝野幸男さんは立憲主義回復の立場で希望の党には参加しないで新党(立憲民主党)をつくる。
枝野さんは介護職の給料を上げることも
民進党の代表選挙で公約していた。共産党・社民党・自由党の立憲野党と枝野さんらの新党、そして何より市民の協力による政権交代をめざす」
と宣言しました。
そして、
「乾いたタオルを搾り取るように庶民から増税し、安倍総理のお友達の学校法人や原発輸出企業、JR東海にお金を流す政治から、大手企業・お金持ちからも公正に負担頂く政治へ。」
「核兵器禁止条約に署名し、核兵器廃絶の先頭に立つ日本を」
「カープのプレイボールを家や球場で見られるような働く環境を。」
などと訴えました。

広島でも立憲野党による統一候補を最後まで追及し、「立憲主義に基づく」政権交代を!



by hiroseto2004 | 2017-10-02 16:54 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_16282899.jpg


e0094315_16285708.jpg



さとうしゅういちは、衆院が解散された9月28日、広島市安佐南区(広島3区)内各地で街頭演説を実施しました。

安倍総理が
「介護離職ゼロに取り組む」としていることについて
「そもそも、2年前の総裁選で介護離職ゼロを打ち出していた。
自公は圧倒的な議席を持っており、民進党も共産党も当然大賛成の介護離職ゼロの対策は、
総理にやる気さえあればできたはずだ。この二年間、有効な政策が打ち出すどころか
介護報酬引き下げで介護事業所の倒産を増やすなど、アベコベなことをしてきた。
総理に『介護離職ゼロ』なんぞやる気がない証拠」
と指摘。
そして総理が教育に消費税を使うことを問う、としていることについては
「そもそも、消費税を上がった分が福祉に使われているのか?
違う。大手企業や大金持ち減税に使われてきた。」
「そして、安倍政権では、総理のお友達の大学学長や、原発企業やJR東海への無利子融資にお金が使われている。
こうした税金の取り方、使い方をまず改めることが先だ。」
「庶民から乾いたタオルを絞るように増税し、総理のお友達のために使う政治から、大金持ち、大手企業に公正な負担をいただき、庶民の暮らしの不安を解消する政治へ」
の転換を訴えました。
さらに、民進党解党、新党の動きに言及し
「そもそも、自衛隊がアメリカ軍と一緒にテロ対策などと称して海外派兵されることに道を開く
安保法に反対して野党共闘が進められてきた。」
「安倍さんを倒すだけでなく安倍的な政治を終わらせることが大事。」
と指摘し、海外派兵に反対する国会議員が過半数を超える結果をめざすことが大事であり、
そのスタンスから、市民と野党の協力に取り組む、としました。
そして、小選挙区制の問題に言及し
「そもそも、安倍さんが暴走したのも、小選挙区制では公認権を持つ総裁の権限が強くなりすぎるということもある。
また、野党は野党で、特に共産党以外の野党議員は勝つために右往左往することになりがちだ。」
と指摘。
小選挙区制度を廃止し、民意をより正確に反映する制度への改革を訴えました。
また、国家戦略特区についても
「総理の取り巻きで決めてしまうのが問題。特色ある地域作りは大事だが、それなら地方分権が筋だし、国で特別なルールを作るにしても、憲法95条に基づき、住民投票と国会のダブルチェックを経たものにすべきだ。たとえば1949年に出来た広島平和記念都市建設法のようなものにすべきだ。」
などと提案しました。


by hiroseto2004 | 2017-09-29 16:44 | 衆院選2017 | Trackback
e0094315_01182129.jpg


本社社主・さとうしゅういちは、9月6日(水)、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施。
市民+野党共闘による政権交代で、「核兵器禁止条約」への日本の加入と、「北東アジア非核地帯条約」(日韓朝は核兵器を持たず、米中露は使わない)の実現、そして、暮らしに憲法を活かす予算の組み替えを、と訴えました。

歴代自民党政権のアメリカに遠慮した姿勢を
「タイガース戦でカープの新井選手がタイガースの金本監督が『アニキ』だからといって、遠慮して実力を出さないようなものだ。そんなことは許されないだろう。」
「同盟国でも言うべきことは言うべきだ。最初の戦争被爆国・日本が核保有国にもの申さなければ、誰が言うのだ?米中露などはますます核兵器にこだわるし、朝鮮も開き直るだろう。」
と指摘し、核兵器禁止条約への加入を政権交代により実現しよう、と呼びかけました。
さらに、朝鮮半島情勢について、
「全ての国の核実験・核保有・使用に反対しないといけない。その上で、朝鮮半島がずっと法的には
戦争状態だったことが今日の事態の背景にある。朝鮮戦争を法的に終わらせると友に、北東アジア非核地帯を」
と訴えました。
後半では、
「まず、総理のお友達の理事長が行う大学新設や、リニア建設、原発輸出にお金を使う政治を改めなければならない。」
と指摘。
「医療・介護や教育などの不安のないようにする、また、長時間労働などの問題を是正していく、そういうことのために、お金の使い道の変更や、公務員の配置をきちんと行っていく政権交代が必要だ。」
「税金の集め方も、庶民から乾いたタオルを絞るような取り方をこれ以上するのではなく、大金持ちや大手企業にも公正な負担をしていただかないといけない。新政権の元で、佐川国税庁長官に代わる権力やお金持ち、大手企業にびびらない公正な方になっていただき、不公平税制を是正していかないといけない。」
と力を込めました。
そして
「安心して家や球場でカープのプレイボールが見られる日本にしよう。そのための市民+野党の協力による政権交代を実現したい。」
と訴え、広島県内で9月2日設立の広島3区を皮切りに結成の動きが出てきている市民連合の活動を紹介するとともに、「市民連合とは何か」と思われたら検索して欲しい」
などと呼びかけました。



by hiroseto2004 | 2017-09-08 01:34 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_21570539.jpg
e0094315_21571311.jpg
本社社主・さとうしゅういちは、引き続き、安佐南区大町駅前や祇園出張所前など各地で市民連合結成をお知らせし、「核兵器廃絶の先頭に立ち、庶民の暮らし第一の日本を市民と野党の共同による政権交代で」
と訴えました。
核兵器禁止条約に賛成しない安倍政権は「阪神タイガースの金本監督がアニキだからと言って忖度して新井選手が全力を出さないのと同じような話だ」と指摘し、「戦争被爆国日本が核保有国に迫らなかったらアメリカもロシアも中国も核をなくそうとは言わないし、朝鮮だって開き直るだけだ。」と訴えました。
そして、「朝鮮の核・ミサイルを非難するだけでなく、背景にある、戦争状態を終わらせるべき。
朝鮮戦争の法的な終結と北東アジア非核地帯」をなどと力を込めました。
そして、
「加計学園やリニア建設や原発輸出など総理のお友達のために国のお金を使う政治を止める」とともに
「公務員や教員をぶっ叩けば日本は良くなる、大阪、東京は良くなるみたいな威勢のいいだけの政治で日本は良くなるだろうか?」と問いかけました。
そして、
「介護、医療、教育や長時間労働などの問題で庶民が抱える暮らしの不安をなくすため、お金の使い道を変えよう。カープの試合を家や球場で安心してみられる日本をつくろう。そのための政権交代を市民と野党の共闘で実現しよう。」
などと訴えました。


by hiroseto2004 | 2017-09-02 22:05 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_18283834.jpg
古市橋駅前

e0094315_18292308.jpg
中筋駅前



9月2日(土)、広島県内初の「市民連合」となる「3区市民連合」の設立総会が行われます。
2017年9月2日(土)
14時から16時
広島市安佐南区佐東公民館
(安佐南区緑井6-29-25)
その総会を前に、本社社主・さとうしゅういちは、広島3区(安佐南区、安佐北区、安芸高田市、山県郡)の広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施し、市民連合への参加、政権交代への協力を呼びかけました。
「安倍総理のように、お友達の大学理事長(の獣医学部開設)や、総理お友達(JR東海会長)のリニアのためや、原発企業の輸出のために大金を使う政治」
でもなく
「公務員や学校の先生さえ叩きさえすれば大阪や東京や日本は良くなると言う威勢のいいだけの政治」
でもなく、
「世界初の戦争被爆国として、核兵器禁止条約に今からでも参加し、核兵器廃絶の先頭に立つとともに、医療や介護、教育などの庶民の暮らしの安心を第一に考える政治」
をつくるために、市民と野党が協力して、この広島からも国政選挙で統一候補を立てて、政権交代を進めよう、と訴えました。
朝鮮の核・ミサイル問題については、
「佐藤外務副大臣は、「アメリカへ向かうミサイルを日本は打ち落とさないといけない」等と言っているし、総理もアメリカから大金で迎撃用の武器を買おうとしているが、そもそも、朝鮮からアメリカ本土へ向かうミサイルは日本の上を通らないから技術的に迎撃は不可能だし、高さも500Km以上で領空ですらないから(国際法的にも迎撃は)だめだ。」
「そもそも、核やミサイル問題の背景には朝鮮戦争が法的に続いていることがある。朝鮮戦争の主な当事者のうち、朝鮮とアメリカが戦争状態が続いているので、この両国の平和条約をつくるとともに、米中露は核を使わない、日韓朝は核を持たないという非核地帯条約を作ろうではないか。そのためにも政権交代を。」
「安倍総理の政治は腐りきっている。お友達の学校法人のため、JR東海のため、原発企業のための政治は止めなければならない。そして、安倍総理による違憲の立法は全て白紙にすべきだ。」
と力を込めるとともに
「しかし、教員や公務員さえ叩けばいいという威勢のいいだけの政治も生産的ではない。わたし自身も正規公務員から民間の介護職員に転じ、公務員の方がはるかに仕事に比べても待遇が恵まれているのは誰よりも知っている。しかし、たとえば教育や福祉、労働などの行政で、非正規公務員の方が専門性の高い仕事をされながら劣悪な条件であることとか、公務員の獣医さんの待遇が低いことなどの問題もある。国民の暮らしの観点から精査してお金の配分や人の配置をすべきだ。」
と訴えました。
そして、
「本日は防災の日だが、被災者の生活支援など、きめ細かく充実が必要だ。野党も共同で被災者生活再建の支援金の上限引き上げなどの法案を提出している。」
等と紹介し、
「庶民の生活不安を取り除く政治にしていくため、市民と野党の共同で政権交代を。そのためにも、広島初の市民連合にご協力を。市民連合とはなんぞや、と思われたらぜひ検索して頂き関心を持っていただきたい」
などと語りかけました。






by hiroseto2004 | 2017-09-01 18:55 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

本社社主・さとうしゅういちは、8月21日(月)、広島市安佐南区内各地で街頭演説。

e0094315_11451121.jpg


e0094315_11460686.jpg



第一に、安倍ジャパン外務省がジュネーブ軍縮会議での高校生平和大使の演説を中止したことを取り上げました。

「外務省は高校生たちに「核兵器禁止条約に賛成されると困るから」ということで演説を中止したらしい。

核兵器禁止条約は「核兵器保有国と非核国を分断するからだめ」というのが安倍ジャパンの方針だ。
しかし、そもそも、世界最初の戦争被爆国が核保有国に核廃棄を迫らずにどこがするというのだ?」

「外務省や総理がやっていることは、日本にとっての「アニキ」であるアメリカへの忖度(そんたく)でもある。野球に例えれば、カープがタイガース戦で、タイガースの金本監督(元カープの4番)が「アニキ(大先輩)」だからといって、「アニキの機嫌を損ねまい」と言って「ホームランを打ちそうな優秀な若手」を起用しないようなものだ。そんなことをカープの緒方監督がするわけがないだろうが。」
と指摘。

その上で、

「高校生平和大使たちは、自信を持って欲しい。政府は日本の高校生にそれだけの影響力があると認めたのだから」

と励ましました。


第二に、加計学園問題について、

「真相究明のための国会を早期に開会すべきだが総理はしようとしないのは憲法違反だ。」

「公務員獣医が不足しているから獣医学部創設だというのが総理らの理屈だが、公務員獣医の待遇が低すぎるのが

問題。『公務員さえ叩けば、大阪は良くなる、日本は良くなる』などという威勢の良い一部の政治家にびびって、公務員獣医の待遇の

向上をきちんと主張しなかった政治家も反省しないといけない。票が減ることを恐れるあまり、人手不足の公務員については、きちんと待遇を改善しないといけないということを、言えない人間は政治家の資格はないと思う。

と指摘しました。

第三に、森友隠しで悪名高い佐川理財局長が国税庁長官に昇進したことについて
「そもそも、国税庁は、どんな権力者や大金持ちや大手企業が相手でも公正でなければならない。
それを、総理をかばうために『書類は消去した』などと言い逃れをするような人が長官で良いのか?
庶民は、確定申告で「この書類は足りない」と国税に突っ返されたり、独仏より高い消費税を
負担している。他方で、大金持ちや大手企業が違法ではないがセコい方法で儲けている実態が
あり、そうした状況の是正も求められる中で、こんな国税庁長官で良いのか?」
と問いかけ、佐川長官罷免運動への引き続きのご協力をお願いしました。


第三に、政権交代で核兵器禁止条約への日本の参加を実現するとともに、憲法違反の法律を白紙に戻し、権力の暴走を防ぐとともに、総理のお友達にばかりお金を使うような予算を庶民の暮らし本位に改めることを訴えました。

具体的には、安保法や共謀罪、秘密法の廃止、そして、加計学園問題の背景となった国家戦略特区法の廃止を提案。特区法については「こうした趣旨のものを否定はしないが、それならば、住民投票と国会決議を必要とする憲法95条の趣旨に沿ったもので出直すべきだ。」と指摘。

さらに、「総理のお友達の学校法人や、原発企業、必要性が疑われるJR東海のリニアなどにお金が注ぎ込まれる状態を改め、介護や医療、教育の充実や、いざというときの被災者支援を手厚くすべきだ。」

などと訴えました。
最後に、2017年9月2日(土)14時から、広島市安佐南区佐東公民館で開催される「広島3区市民連合」の設立総会への
ご参加と、市民連合へのご協力を呼びかけました。
「3区市民連合」設立総会
2017年9月2日(土)
14時から16時
広島市安佐南区佐東公民館
(安佐南区緑井6-29-25)
e0094315_12134742.jpg




by hiroseto2004 | 2017-08-22 12:16 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_21011028.jpg


本社社主・さとうしゅういちは、8月17日(木)中筋駅前で街頭演説を行い「野党共闘で暮らしに憲法を活かす政権交代」「違憲の立法は全て白紙」を訴えました。

核兵器禁止条約の交渉に参加すらしない自民党政府に対して
「(現在行われている一位と二位の対決で)カープの緒方監督が
カープではなくてタイガースを応援するような話だ。世界最初の戦争被爆国が核兵器国に廃絶を迫らないでどこがやってくれる
というのか?」
苦言。
その上で、
「『対案がない』と野党を批判する自民党だが、核兵器禁止条約については、そのお言葉をそっくり自民党にお返しする」
と皮肉りました。
さらに朝鮮半島情勢については
「そもそもが、根本的には、朝鮮半島での戦争が終結していないのが問題だ。
戦争状態を終わらせるとともに、米露中は核兵器を使わない、日韓朝は核兵器を持たない、放棄するという
北東アジア非核地帯をめざし、粘り強く交渉すべきだ。」
と提案しました。「平和憲法の精神を活かした外交」に切り替えるためにも、
野党共闘で政権交代を、と訴えました。

二番目に、「政権交代で権力による国家の私物化を防ぐとともに、違憲の立法を白紙に戻そう」と呼びかけました。

三番目に、「税金の集め方と使い方を変えよう。総理のお友達の学校法人や、お友達の原発企業、お友達のJR東海のリニアなどにばかり国のお金を注ぎ込むのをやめなければんらない。そして、庶民の暮らしを直接支える医療や介護、保育、教育などの現場に使い道を切り替えるべきだ。」
「税金の集め方も、消費税増税ありきではなく、違法ではないがセコい方法でお金持ちや財務官僚、大手企業などが税金を逃れているのを改めなければならない。」
などと提案。
その上で、9月2日(土)14時~広島市安佐南区佐東公民館で開催される「広島3区市民連合」結成総会への参加を呼びかけました。

広島3区市民連合結成総会
日時 2017年9月2日(土) 14時
場所 広島市安佐南区佐東公民館
http://www.cf.city.hiroshima.jp/sato-k/
所 在 地  〒731-0103 広島市安佐南区緑井六丁目29番25号
電話/FAX  082-877-5200
講師 山田延廣 弁護士



by hiroseto2004 | 2017-08-17 21:20 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_11360605.jpg


e0094315_11361612.jpg
本社社主・さとうしゅういちは、8月10日(木)、広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施。
「自民党は、いつも『野党は反対ばかりで対案がない』というが、核兵器禁止条約については、有効な対案もないまま
反対している。『非核国と核保有国の橋渡し』などと、もっともらしいことを総理や自民党は言っているが、
何か具体的なことをしたかと言えばしていない。『反対ばかりで対案がない』という言葉はそのまま自民党に
のしを付けてお返しする」
とボルテージを上げました。
さらに
「そもそも、世界最初の戦争被爆国・日本が核保有国に核をなくせ、と言わないで、どこが言うのか?
安倍総理がしていることは、カープの緒方監督がジャイアンツを応援するような暴挙だ。」
と指摘しました。
その上で
「朝鮮半島情勢については、まず、戦争状態を法的に終わらせることが、偶発的な衝突のリスクも下げる。
そもそも、緊張状態が続くことが、過去、中東でも、南アジアでも、核開発競争を引き起こした。
日本も韓国も朝鮮も核を持たないこと、他方で、ロシア、中国が日韓に、アメリカが朝鮮に核を使わないことを
確約することで、北東アジア非核地帯条約をつくることが大事だ。」
などと提案しました。
後半では、佐川宣寿(さがわのぶひさ)国税庁長官が「就任記者会見を開けなかった」ことを取り上げました。
「そもそも、国税庁長官とは、どんな権力者や大手企業が相手でも、公正に税金を納めていただくために踏ん張らないといけない。
ところが、(森友に関する)『文書は消去された』などと開き直り、安倍総理のお先棒を担ぐような人間が長官になった。
これでは、記者会見を開けないのも当たり前だ。」
と指摘した上で
「みなさんも確定申告で何度も書類を突っ返されたこともあるだろう。直接税を納めていない人でも消費税は負担している。
税金を司るトップがこんなことで良いのか?」
と訴えました。
その上で
「ネット上でも佐川長官の罷免を求める署名活動が行われている。」
と紹介。
参考リンク 佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める1万人署名運動にご協力ください。
http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html#_ga=2.226599444.808881093.1502420127-1521536726.1502420127

佐川長官を罷免に追い込むよう呼びかけました。
その上で、「「内閣人事局」が総理への忖度ばかりの官僚を増やした。」
などと指摘。
「総理のお友達」が「好き勝手」できる「国家戦略特区」についても、憲法95条に基づき、
国会決議と住民投票のダブルチェックを経た広島平和記念都市建設法や長崎国際文化都市建設法
を見習った制度に切り替えるべきだ、等と訴えました。





by hiroseto2004 | 2017-08-11 11:52 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_22355327.jpg
e0094315_22361055.jpg
いずれも7月17日(月)安佐南区祇園出張所前にて


本社社主・さとうしゅうういちは、広島市安佐南区内各地で「暮らしに憲法を生かす政権交代でカープのプレイボールを家や球場で見られる日本を」
と訴えています。
加計学園のような総理のお友達や、同じく総理のお友達の原発企業のための原発輸出ではなく、
安心して暮らせるための医療や福祉、教育などにお金を使うこと。
憲法違反の国家戦略特区は廃止し、地方に特別のルールを導入するときは憲法95条に基づいた住民投票を実施すること。
企画業務型裁量労働制のように、労働者を働かせ放題にする労基法改悪を安倍内閣もろともやめさせ、
下請けいじめや労基法違反を取り締まることなどを訴えています。


by hiroseto2004 | 2017-07-18 22:41 | 活動報告 | Trackback