エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:アメリカ ( 113 ) タグの人気記事

「日本の優位」の終焉を象徴する「明治維新150年」に


日本という国は、そもそも、遣隋使や遣唐使、「日宋貿易」(平清盛)とか、「勘合貿易」(足利義満~大内義隆)とかいって、中国から文化を取り入れて来たのが長きにわたる伝統である。


明治維新以降は、欧米のものをいち早く取り入れることで、アジアの中では「優位」を保ってきた。


しかし、その優位は完全に崩れている。


本当のことを言えば、1930年代には、日本は中国を日清戦争頃のイメージで捉えていて、舐めまくっていた。しかし、戦争をふっかけたものの、意外と中国軍も近代化していて、苦戦をしたのだったが、そのことを指摘する人は少ない。


そして、現在。日本の一人あたりGDPは、シンガポールや香港はもちろん、イスラエルにも抜かれたし、大卒初任給で言えば韓国にも抜かれた。日本の場合、大手企業の年配男性正社員が昔の名残で高給をもらっているが、彼らが退職すれば、全体でも韓国に抜かれるのではないか?結局、「アジア一」から「ミドルパワー」に戻る、ということだ。


ハッキリ言ってしまうと、明治維新から150年になる2018年は、「日本凄い」と言っている場合ではなく「150年経って、元の地位(アジアの中のミドルパワー)へ戻りつつある」ことを直視する年にすべきだろう。


以下の高野孟さんの論考も参考にされたい。





by hiroseto2004 | 2017-08-22 20:07 | 歴史 | Trackback
アメリカで内戦の確率が10-15年以内に60%?!
しかし、トランプの暴走を背景とした内戦の可能性がないとは、わたしももはや断言できません。
「洒落になっていない」レベルで、「内戦」まではいかなくとも、「アメリカの空中分解」(具体的には
州がアメリカから離脱する形を取るだろう)の可能性は高まっていると思います。

A day after the brawling and racist brutality and deaths in Virginia, Governor Terry McAuliffe asked, “How did we get to this place?” The more relevant question after Charlottesville—and other deadly episodes in Ferguson, Charleston, Dallas, St. Paul, Baltimore, Baton Rouge, and Alexandria—is where the United States is headed. How fragile is the Union, our republic, and a country that has long been considered the world’s most stable democracy? The dangers are now bigger than the collective episodes of violence. “The radical right was more successful in entering the political mainstream last year than in half a century,” the Southern Poverty Law Center reported in February. The organization documents more than nine hundred active (and growing) hate groups in the United States.

America’s stability is increasingly an undercurrent in political discourse. Earlier this year, I began a conversation with Keith Mines about America’s turmoil. Mines has spent his career—in the U.S. Army Special Forces, the United Nations, and now the State Department—navigating civil wars in other countries, including Afghanistan, Colombia, El Salvador, Iraq, Somalia, and Sudan. He returned to Washington after sixteen years to find conditions that he had seen nurture conflict abroad now visible at home. It haunts him. In March, Mines was one of several national-security experts whom Foreign Policy askedto evaluate the risks of a second civil war—with percentages. Mines concluded that the United States faces a sixty-per-cent chance of civil war over the next ten to fifteen years. Other experts’ predictions ranged from five per cent to ninety-five per cent. The sobering consensus was thirty-five per cent. And that was five months before Charlottesville.

“We keep saying, ‘It can’t happen here,’ but then, holy smokes, it can,” Mines told me after we talked, on Sunday, about Charlottesville. The pattern of civil strife has evolved worldwide over the past sixty years. Today, few civil wars involve pitched battles from trenches along neat geographic front lines. Many are low-intensity conflicts with episodic violence in constantly moving locales. Mines’s definition of a civil war is large-scale violence that includes a rejection of traditional political authority and requires the National Guard to deal with it. On Saturday, McAuliffe put the National Guard on alert and declared a state of emergency.

Based on his experience in civil wars on three continents, Mines cited five conditions that support his prediction: entrenched national polarization, with no obvious meeting place for resolution; increasingly divisive press coverage and information flows; weakened institutions, notably Congress and the judiciary; a sellout or abandonment of responsibility by political leadership; and the legitimization of violence as the “in” way to either conduct discourse or solve disputes.

President Trump “modeled violence as a way to advance politically and validated bullying during and after the campaign,” Mines wrote in Foreign Policy. “Judging from recent events the left is now fully on board with this,” he continued, citing anarchists in anti-globalization riots as one of several flashpoints. “It is like 1859, everyone is mad about something and everyone has a gun.”

To test Mines’s conjecture, I reached out to five prominent Civil War historians this weekend. “When you look at the map of red and blue states and overlap on top of it the map of the Civil War—and who was allied with who in the Civil War—not much has changed,” Judith Giesberg, the editor of the Journal of the Civil War Era and a historian at Villanova University, told me. “We never agreed on the outcome of the Civil War and the direction the country should go in. The postwar amendments were highly contentious—especially the Fourteenth Amendment, which provides equal protection under the law—and they still are today. What does it mean to deliver voting rights to people of color? We still don’t know.”

She added, “Does that make us vulnerable to a repeat of the past? I don’t see a repeat of those specific circumstances. But that doesn’t mean we are not entering something similar in the way of a culture war. We are vulnerable to racism, tribalism, and conflicting visions of the way forward for our nation.”

Anxiety over deepening schisms and new conflict has an outlet in popular culture: in April, Amazon selected the dystopian novel “American War”—which centers on a second U.S. civil war—as one of its best books of the month. In a review in the Washington Post, Ron Charles wrote, “Across these scarred pages rages the clash that many of us are anxiously speculating about in the Trump era: a nation riven by irreconcilable ideologies, alienated by entrenched suspicions . . . both poignant and horrifying.” The Times book reviewer noted, “It’s a work of fiction. For the time being, anyway.” The book’s author, Omar El Akkad, was born in Egypt and covered the war in Afghanistan, the Arab Spring, and the Ferguson protest as a journalist for Canada’s Globe and Mail.

Before Charlottesville, David Blight, a Yale historian, was already planning a conference in November on “American Disunion, Then and Now.” “Parallels and analogies are always risky, but we do have weakened institutions and not just polarized parties but parties that are risking disintegration, which is what happened in the eighteen-fifties,” he told me. “Slavery tore apart, over fifteen years, both major political parties. It destroyed the Whig Party, which was replaced by the Republican Party, and divided the Democratic Party into northern and southern parts.”

“So,” he said, “watch the parties” as an indicator of America’s health.

In the eighteen-fifties, Blight told me, Americans were not good at foreseeing or absorbing the “shock of events,” including the Fugitive Slave Act, the Supreme Court’s Dred Scott decision, the John Brown raid, and even the Mexican-American War. “No one predicted them. They forced people to reposition themselves,” Blight said. “We’re going through one of those repositionings now. Trump’s election is one of them, and we’re still trying to figure it out. But it’s not new. It dates to Obama’s election. We thought that would lead culture in the other direction, but it didn’t,” he said. “There was a tremendous resistance from the right, then these episodes of police violence, and all these things [from the past] exploded again. It’s not only a racial polarization but a seizure about identity.”

Generally, Blight added, “We know we are at risk of civil war, or something like it, when an election, an enactment, an event, an action by government or people in high places, becomes utterly unacceptable to a party, a large group, a significant constituency.” The nation witnessed tectonic shifts on the eve of the Civil War, and during the civil-rights era, the unrest of the late nineteen-sixties and the Vietnam War, he said. “It did not happen with Bush v. Gore, in 2000, but perhaps we were close. It is not inconceivable that it could happen now.”

In a reversal of public opinion from the nineteen-sixties, Blight said, the weakening of political institutions today has led Americans to shift their views on which institutions are credible. “Who do we put our faith in today? Maybe, ironically, the F.B.I.,” he said. “With all these military men in the Trump Administration, that’s where we’re putting our hope for the use of reason. It’s not the President. It’s not Congress, which is utterly dysfunctional and run by men who spent decades dividing us in order to keep control, and not even the Supreme Court, because it’s been so politicized.”

In the wake of Charlottesville, the chorus of condemnation from politicians across the political spectrum has been encouraging, but it is not necessarily reassuring or an indicator about the future, Gregory Downs, a historian at the University of California at Davis, told me. During the Civil War, even Southern politicians who denounced or were wary of secession for years—including Jefferson Davis—ended up as leaders of the Confederacy. “If the source of conflict is deeply embedded in cultural or social forces, then politicians are not inherently able to restrain them with calls for reason,” Downs said. He called the noxious white supremacists and neo-Nazis the “messengers,” rather than the “architects,” of the Republic’s potential collapse. But, he warned, “We take our stability for granted.”

He dug out for me a quote from the journalist Murat Halstead’s book “The War Claims of the South,” published in 1867. “The lesson of the war that should never depart from us,” Halstead wrote, “is that the American people have no exemption from the ordinary fate of humankind. If we sin, we must suffer for our sins, like the Empires that are tottering and the Nations that have perished.”

Eric Foner, the Columbia University historian, won the Pulitzer Prize, in 2011, for his book “The Fiery Trial: Abraham Lincoln and American Slavery.” Like the other scholars I spoke to, Foner is skeptical that any future conflict will resemble America’s last civil war. “Obviously, we have some pretty deep divisions along multiple lines—racial, ideological, rural versus urban,” he told me. “Whether they will lead to civil war, I doubt. We have strong gravitational forces that counteract what we’re seeing today.” He pointed out that “the spark in Charlottesville—taking down a statue of Robert E. Lee—doesn’t have to do with civil war. People are not debating the Civil War. They’re debating American society and race today.”

Charlottesville was not the first protest by the so-called alt-right, nor will it be the last. Nine more rallies are planned for next weekend and others in September.



アメリカのメディアが、アメリカでの内戦の勃発に警告を発しています。

アメリカの雑誌ニューヨーカーは、16日水曜、現在、900の人種主義団体やヘイト団体がアメリカで活動しており、アメリカで2度目の内戦の危機が迫っているとしました。

ニューヨーカーはまた、バージニア州のシャーロッツビルの事件や、ファーガソン、チャールストン、ダラス、ボルチモア、アレキサンドリアで発生した死亡事件に触れ、現在アメリカで進行している危険性とは、アメリカの一連の暴力事件の勃発を超えるものだとしました。

ニューヨーカーのアナリストは、10年から15年の間にアメリカで内戦が起こる確率は60%だとして、「トランプ大統領は、選挙戦の中、あるいはその後で、暴力を政治的な目的の推進のためのモデルだとしている」と述べました。

シャーロッツビルで発生した人種差別的運動の中で、若者一人が車で人種差別反対者の抗議デモに突入し、これにより女性1名が死亡、19名が負傷しました。



by hiroseto2004 | 2017-08-17 20:08 | 国際情勢 | Trackback
  • ラブロフ外務大臣

ロシアのラブロフ外務大臣が、アメリカによる対イラン制裁を無責任な行為だとし、「イランのミサイル防衛予算の増額は、国連安保理決議には違反しない」と語りました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、ラブロフ外相は16日水曜、ロシア・モスクワで、ボリビアのワナクニ外務大臣と共同記者会見し、「アメリカによる対イラン制裁は、アメリカの都合に合わせて核合意のバランスを崩すことを目的とした無責任な行動であり、この重要なバランスに弊害をもたらし、それを崩す可能性がある」と述べています。

また、アメリカが制裁を継続した場合、イランが核合意から離脱する可能性がある、としたイランのローハーニー大統領の15日火曜の発言に触れ、このようなことが起こらないよう、またアメリカが核合意に違反しないよう希望するとしました。

アメリカは、イランが先月27日に行った衛星ロケット・スィーモルグの打ち上げ実験が核合意の精神に違反するとしていますが、このような実験は禁止されていません。

一方、フランス外務大臣も声明を発表し、核合意をめぐる再協議に反対を表明しています。


by hiroseto2004 | 2017-08-17 19:52 | 国際情勢 | Trackback
これは、イラン側の強がりでは全く無いと思います。
イランは、アメリカによる制裁に対応するために「アメリカへの石油輸出に依存する経済」から完全に脱却しました。
自動車産業や科学技術の発展など、目を見張るものがあります。
そして、核合意以降は、ロシアや中国はもちろん、イギリスや独仏、日本、東南アジアや中南米など、幅広い国と経済関係を深めています。
アメリカのもくろみは完全に失敗したと思います。アメリカ自体も地位が低下している中で、「制裁だ!」と拳を振り上げても、効果が薄い。そのことを示したと思います。
なお、イランは、核兵器禁止条約賛成国であり、平和祈念式には国家代表はもちろん、芸術関係者も多数参加していただきました。
感謝申し上げます。


イラン国会のラーリージャーニー議長が、「イラン大統領就任宣誓式に各国の代表が参加したことは、アメリカなど一部の国によるイラン孤立化政策が失敗したことを示す」としました。

5日土曜、ローハーニー大統領の就任宣誓式は、イランの関係者及び、外国や国際機関の100以上の代表団が参列して5日土曜、国会議事堂で実施されました。

IRIB通信によりますと、ラーリージャーニー議長は、8日火曜、国会会議で、105ヶ国から高官130名を含む来賓500人が大統領就任式に参加したことは、各国の政府がイランとの関係に関心を寄せていることを示すものだ」と述べました。

また、「アメリカや一部の国はイランの孤立化に向け数十億ドルを費やしているが、今回の就任式への各国の参加はこのアメリカの計画を失敗させた」と述べました。

また、アメリカの対イラン追加制裁に触れ、「100カ国の代表団がイランを訪問したことは、これらの国がイランとの通商関係を持つ意向があり、アメリカの制裁が注目に値しないことを明らかにした」としました。


by hiroseto2004 | 2017-08-08 19:58 | 国際情勢 | Trackback
  • ハーメネイー師、ローハーニー大統領

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「制裁は、敵の望みに反して、イランをこれまで以上に強化した」と強調しました。

ハーメネイー師は、3日木曜、イラン大統領の任命状の認証式で、「制裁はさまざまな問題を生み出したが、我々が国内の可能性や能力に注目するきっかけとなった。そのため現在、敵の望みに反し、イランは革命当初よりもはるかに力をつけている」と語りました。

また、「アメリカの現政権の関係者など、一部の人々は、はっきりとイラン国民に敵対しており、一部の陰謀も、ビロードの手袋の下に隠されてきたが、これらすべてにより、イランの国民と体制責任者は自負心を高め、敵の陰謀に対抗する道を見出すことになった」としました。

さらに、アメリカの政権は、あらゆる覇権主義者以上に不遜で侵略的だとし、「40年に渡る国際的な活動は、理不尽な大国に屈することによる負担は、彼らに抵抗することによる負担をはるかに上回ることを示している」と強調しました。

ハーメネイー師は、衛星ロケットの打ち上げに関する最近の騒動に触れ、「この衛星ロケットの打ち上げは、科学的、技術的な通常の活動であり、国家に必要なものであったが、それについても彼らは騒ぎ立てている」と述べました。

また、政治家は、悪意を抱く者たちの口実や陰謀に対抗するため、イスラム的、革命的なアイデンティティを維持し、防衛、経済、文化の分野で、計画的かつ献身的で強力な活動を行う必要があると勧告しました。

さらに、認証の会合の重要性として、国家のトップの担い手たちの選出における国民の役割を挙げ、「この認証式は、イスラム革命の勝利以来、12回目の式典であり、国民の選択や票の影響力を示している。この大きな成果は、革命によって実現した」と述べました。


by hiroseto2004 | 2017-08-04 13:13 | 国際情勢 | Trackback

イラクのクウェート攻撃から27年

イラク(サダム政権)のクウェート攻撃から27年。

今となっては、ソビエトという敵を失ったアメリカが中東を「仮想敵」に想定し、「空爆しまくる」端緒だったように思える。

その後2003年のイラク戦争で、アメリカがサダムを打倒。

その後の混乱の中から誕生したISが暴れまくった。

いま、もう一度、歴史を検証し直すことが大事ではないだろうか?

by hiroseto2004 | 2017-08-02 15:29 | 国際情勢 | Trackback
どうみても、トランプ(アメリカ)の主張のほうが無理筋ですね。

核兵器禁止条約に参加している淫乱を、参加していないアメリカが「追加制裁」するという。

アメリカも、イランが核合意を遵守しているとも認めている。それなのに「制裁だ!」という。

日本の安倍政権の論理破綻も無茶苦茶だが、この問題に関しては、アメリカも無茶苦茶なのは間違いない(トランプだけでなく、イランを「悪の枢軸」呼ばわりしたブッシュを含む多くのアメリカの大物政治家も)。

イランの方は、粛々と日本も含む多くの国と関係を深化し、アメリカの制裁も大して痛くない態勢を構築してしまっています。アメリカもいい加減にしないと、ますます孤立していく。

関連記事
アメリカ、イランを追加制裁で挑発もイランの核合意遵守は認める

http://parstoday.com/ja/news/world-i32992
ロシア、アメリカの対イラン制裁を非難

ロシア外務省の武器管理および不拡散担当局のウリヤノフ局長が、アメリカによる対イラン制裁を非難し、この制裁は完全に根拠がないとしました。

アメリカ財務省は、18日火曜、イランのミサイル計画への関与など、さまざまな理由で、イランと外国の18個人・団体を制裁対象としました。

こうした中、トランプ大統領は、17日月曜、イランの核合意の遵守を認めました。

ウリヤノフ局長は、20日木曜、「アメリカのイランに対する新たな制裁は、イランと6カ国の核合意を弱める原因となるだけだ」と語りました。

ロシアのリャブコフ外務次官も、20日、アメリカ政府による対イラン追加制裁を批判しました。

トランプ政権の発足により、アメリカ政府はイランに対してより敵対的な政策を取っています。

アメリカは、イランのミサイル実験を国連安保理決議2231への違反だとし、この実験には、核弾頭を搭載できるミサイルが含まれていると主張していますが、EU上級代表の報道官は、最近、イランのミサイル実験は核合意に違反していないことを認めています。

イランはこれまで何度も、イランの弾道ミサイルは核弾頭を搭載するためには設計されておらず、最高指導者の教令でも核兵器の使用は禁じられており、核兵器を必要ともしていないと表明しています。

イランはまた、常に、NPT核兵器不拡散条約を遵守することを表明しています。

by hiroseto2004 | 2017-07-21 20:10 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
アメリカはイランに追加制裁を実施し、挑発しています。
他方でアメリカはイランが核合意を守っていること自体は認めざるを得ない。
イランも、着実に欧州各国や中国、ロシア、さらには日本と経済関係を強化し
挑発に乗らないようにしているというのが現状です。
もちろん「あんまりひどいと核合意から離脱する」ということもちらつかせては居ますが。
ちなみに、繰り返しますがイランも核兵器禁止条約には参加しています!


  • アメリカ財務省

アメリカ政府が、イランのミサイル計画に関与したとして、新たに18の団体や個人を対イラン制裁(対象者)リストにくわえました。

アメリカ財務省のウェブサイトは18日火曜、同省の財産管理局が非合法的な活動や、国外で刑事(訴追の対象となる活動を支援したことを理由に、イランの18の企業、団体や個人を新たに制裁の対象に追加したことを明らかにしました。

今回の制裁は、7人の個人、イランの革命防衛隊への支持活動に関与した5人、そして、ひとつの団体とそれに関連する3人を対象にしています。

アメリカの対イラン追加制裁が行使された一方、17日月曜、アメリカのトランプ大統領は、イランが核合意の取り決めを完全に履行したことを認めており、これは大統領就任以来2回目のことです。


by hiroseto2004 | 2017-07-19 22:14 | 国際情勢 | Trackback(1)
当然、日本の選挙にも干渉していたそうです。


CNNが、アメリカ政府は1946年から2000年の間に、47カ国で行われた81の選挙に干渉したと伝えました。

CNNは、番組の中で、アメリカのメディアは昔から、アメリカの選挙におけるロシアの影響について調査しているとして、アメリカが世界各国の選挙にまったく干渉していないのだろうかという疑問が出ることはほとんどないとしました。

カーネギーメロン大学・政治戦略研究所の研究員は、CNNのインタビューで、アメリカの他国の選挙に対する干渉を社会学の観点から調査しているとして、アメリカは1946年から2000年までの間、47カ国の81の選挙に干渉したとしました。

この研究員は、1948年のイタリアの選挙に対するアメリカの干渉を例に挙げ、「アメリカは、選挙で共産党が勝利することを恐れていた、このため、全力で共産党の勝利を妨害した」としました。

また、数十年間にわたり、アメリカがチリ、アルゼンチン、日本、西ドイツ、ブラジル、インドネシア、レバノン、マレーシア、イランの選挙に干渉してきたことに触れ、アメリカはたいてい、自国に同調する候補や政党を支援してきたとしました。

さらに、このうち、3分の2は秘密裏に、3分の1は公然と行われたとしました。


by hiroseto2004 | 2017-07-17 13:38 | 国際情勢 | Trackback
第二次世界大戦でアメリカがやったことがきちんと裁かれていない。
そのことが、結局、アメリカが民間人を殺戮しまくるということにつながっているとも
思います。

アメリカの平和と繁栄のためのロン・ポール研究所が、「アメリカの空爆による民間人の殺害は目新しいことではなく、アメリカの過去の戦争において古い歴史を有している」としました。

ロンポール研究所のインターネットサイトは、アメリカのマティス国防長官は、ISISとの戦争に触れると共に、このような状況の中で、民間人の犠牲は人生の現実のひとつだと語ったとしました。

また、「アメリカはなぜ、良心の呵責にさいなまれずに中東全土で民間人の殺害を続けられるのか?その答えは簡単である。これらのアメリカの兵士の祖父の世代も、第二次世界大戦で多数の民間人を殺害し、しかも当時、彼らは民間人の殺害が戦争による副次的な被害であると見せようとはせず、むしろ都市や民間人を攻撃することは、アメリカの政策の一部だった」としました。

一部の人々は、トランプ政権時代、衝突に関する規定がゆるくなったため、今年の3月だけで、アメリカが主導する有志連合軍のイラクとシリアへの空爆で、民間人1484人が犠牲になったとしています。

あるNGOは、「アメリカがISISに対する有志連合の戦争を初めて以来、これまでに彼らの空爆で、3100人の民間人が死亡した」としました。ISISとの戦争とは関係のない世界の他の地域におけるアメリカの無人機による攻撃でも、これまでに3674人の民間人が死亡しました。2015年、アメリカは、アフガニスタンの病院を、医療関係者や患者と共に壊滅させました。

この情報筋は、「アメリカは、戦車を破壊するために設計されたミサイルを、民間人の殺害に使用している。アメリカは、サッカー競技場の広さの土地を壊滅する威力を持つ爆弾を、人口密度の高い住宅地で使用している。アメリカは、木槌でハエを殺す政策を用いながら、民間人の殺害は偶然のものだったと主張している」としました。

こうした中、アメリカは、第二次世界大戦中、敵国の民間人を最大限に殺害する空爆を計画していました。例えば、通常、レンガや石でできていたヨーロッパの都市の住宅に対し、アメリカとその同盟国は、これらの住宅を破壊するため通常爆弾を使用しましたが、多くの家が木でできていた日本では、通常の爆弾では思うような効果が現れなかったため、アメリカは焼夷弾を使用していました。

アメリカ空軍は、日本の都市や農村を焼き尽くすことができるように爆弾を設計するため、ユタ州に日本の村と同じものを作りました。この実験で、アメリカ空軍は、日本の家の屋根に傾斜があり、軽量の焼夷弾の多くが屋根から下に落ちていくこと、日本の家の屋根を壊し、家の中に落ちて内側から火事を起こすためには、さらに重量の焼夷弾が必要であることを悟りました。歴史的な資料は、アメリカが、日本の木造の都市に大きな火災を引き起こす計画を、日本の真珠湾攻撃のずっと前から立てていたことを示しています。1945年3月10日、アメリカのB29戦闘機300機が、同時に東京の空を焼き尽くしました。この爆撃で、数十万人の日本人が死亡し、100万人以上が住む家を失いました。そしてアメリカは後に、これ以上に恐ろしい原爆を広島と長崎に投下しました。

朝鮮戦争でも、アメリカは、次々に爆弾を投下し、北朝鮮の人口のおよそ20%を殺害しました。ベトナム戦争でも、アメリカは、この国の多数の人々を空爆によって殺害しました。現在、アメリカ国防長官は次のように語っています。

「民間人の犠牲は人生の現実で、避けることができない」

このことから、専門家は、アメリカとその連合軍による空爆で、中東の民間人が死亡していることが偶然だとする主張を疑いの目で見つめているのです。


by hiroseto2004 | 2017-07-05 16:26 | 国際情勢 | Trackback