エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

アメリカ→サウジアラビア→ワッハーブ派→テロという線。

今回も、その可能性が高いでしょう。アメリカこそが世界最大のテロ支援国家であるというのは事実でしょう。



イラン国会・国家安全保障外交政策委員会のブルージェルディ委員長が、最近のテヘランのテロに触れ、「この陰謀の首謀者がアメリカであることに疑いの余地はない」と語りました。

イルナー通信によりますと、ブルージェルディ委員長は、テヘラン金曜礼拝後に演説し、「アメリカは、イランとの核の対決で敗北を喫し、現在、イランが核の全ての技術を保有していることに苛立っている」と語りました。

また、「イランの政府と国民は、最高指導者の教令と自分たちの信条に基づき、核技術を軍事的に利用することはない」と強調しました。

さらに、イランがシリアとイラクの危機終結を支援していることが、アメリカが陰謀により、イランにダメージを与えようとしていることの最大の理由だとしました。

ブルージェルディ委員長は、テヘランのテロについて、「テロリストの真の目的は、国会に入り込み、国会議員を攻撃することだったが、革命防衛隊の賢明さにより、それは実現しなかった」と述べました。

7日水曜、テヘランのイマームホメイニー廟と国会関連の建物がテロ攻撃を受け、17人が殉教、52人が負傷しました。


by hiroseto2004 | 2017-06-09 18:42 | 国際情勢 | Trackback
イランでは、アメリカやイスラエル、サウジアラビアをバックとしたテロが繰り返されてきました。
ISはもともとはスンニ派のイラクのフセイン大統領の残党が源流です。
イランを目の敵にしています。
今回の犯行グループはサウジアラビアの主流・スンニ派過激派のワッハーブ派と
関係があったようです。

イラン情報省の関係者が、7日水曜朝、テヘランで複数のテロチームがテロ作戦を行い、そのうちのひとつは、作戦を実行する前に逮捕されたと語りました。

イルナー通信によりますと、イラン情報省の関係者は、「この他2つのチームが、イマームホメイニー廟とイラン国会の建物を襲撃したが、イマームホメイニー廟の関係者の賢明な対応により、自爆犯の一人は自爆を行う前に銃撃を受け、もう一人は自爆を行った」と語りました。

この関係者によりますと、もうひとつのテロリストのチームは、テヘラン中心部のバハーレスターン広場で、イラン国会の建物のひとつと訪問者を銃撃しましたが、このチームは包囲されたということです。

武装したテロリストは、7日朝、訪問者を装って国会の建物に入り、警備員と衝突し、彼らに向かって銃を発射しました。

これにより、警備員数名が殉教、または負傷しています。

別のテロチームも、テヘラン南部のイマームホメイニー廟に入り銃撃を始めました。これにより、1人が殉教、4人が負傷しています。






More
by hiroseto2004 | 2017-06-08 20:14 | 国際情勢 | Trackback
テロの原因は英国内にある、とロンドン警察も認めています。
そうであるならば、テロ対策として見ても、シリアを空爆するのは意味がないということになります。
むしろ、テロリストに大義名分を与えてしまうということになるし、イギリス自身が空爆された
民間人にとってはテロリストということにもなります。



ロンドン警察が、最近ロンドンで発生したテロの原因は国内にあるとしました。

ロイター通信によりますと、ロンドン警視庁のディック警視総監は5日月曜、「この3ヶ月間に発生したテロ攻撃は、全て国内にその原因があり、現在イギリスが直面している脅威の大部分は、国外から誘導されているものではない」と語りました。

3日土曜に発生した、イギリスの最近のテロ攻撃では、ロンドン橋で自動車が歩道に乗り上げて歩行者をはねた後、人々がナイフで刺され、7人が死亡、数十人が負傷しました。

このテロ事件についてはテロ組織ISISが犯行を認めています。




by hiroseto2004 | 2017-06-07 17:36 | 事故・災害・事件 | Trackback
英仏が、シリアでの空爆を続け、罪のない人を殺しまくっている限り、テロも難民問題も
終わりは来ないでしょう。



More
by hiroseto2004 | 2017-06-07 17:24 | 事故・災害・事件 | Trackback(1)
アフガンに対話を、米英仏露はイスラム圏蹂躙への反省を

相次ぐテロの犠牲者の皆様に心からお悔やみ申し上げます。

アフガニスタンでは、自爆テロが相次いでいます。先月90人が亡くなる事件が起きています。
一方、ロンドンでもまたテロが発生し、複数の犠牲者が出ています。

アフガニスタンの場合は「政府」といっても日本の戦国時代または、三国志における董卓暗殺直後みたいな感じで、実効支配できている地域は限られている。群雄割拠状態の各勢力の対話を粘り強く追求していかなければならないでしょう。既存勢力が対立を続ける間にISISが勢力を伸ばすという危険もある。

イギリスを含むいわば「帝国主義本国」へのテロは、完全に英米仏露のこれまでの誤りが背景にある。ISIS発生の根源は米英によるイラク侵攻がありました。

冷静に考えると、一般市民を巻き込む空爆をあれだけしておいて、「帝国主義本国」が無事で居られるでしょうか?フランスの場合でもテロに先行して空爆参加がありました。

逆に言えば日本が学ぶべきは、共謀罪を含む取り締まり強化ではテロは抑えきれないと言うことです。
「捕まっても死んでも良いからやったるぞ!」という人間には通用しない。
そう思う人間の総量を減らすことが、テロの確率を減らすことでもある。日本本土でまだISISのテロが起きていないのはまだそうはいっても自衛隊がイスラム教徒を殺していないので、標的としては米英仏露よりは低いと言うことはないか?そう考えると、自衛隊派兵を進める安倍政権とは、テロのリスクを高める政権でもあるのです。



by hiroseto2004 | 2017-06-04 11:43 | 反核・平和 | Trackback
アフガンの首都・カブールでは昨日、テロで多数の犠牲者が出ました。

イラン外務省のガーセミー報道官が、アフガニスタンの首都カーブルのテロを非難しました。

31日水曜、カーブルのドイツ大使館とIRIB通信の事務所付近で、爆弾を積んだ自動車が爆発するテロが発生し、これにより80人が死亡、350人が負傷しました。

イルナー通信によりますと、ガーセミー報道官は、この犯罪行為を非難し、「テロ対策の怠慢により、このような残忍な行動が増えることになる」と強調しました。

ガーセミー報道官はまた、あらゆる暴力に訴え、殺人により目的を果たすことを否定し、「一部の地域諸国や地域外の国の干渉なしに、アフガニスタンの各グループ同士の対話を行うことで、このような非人道的行為のくり返しをふせぐことが期待される」としました。

さらに、テロ攻撃はどこであっても、どのグループのものであれ、どんな口実であっても、非難すべき行為であり、しかるべき措置がとられなければならないとしました。

ガーセミー報道官は、「イランは常に困難な状況の中で、アフガニスタンの政府と抑圧された人々と共にありつづける」としました。


by hiroseto2004 | 2017-06-01 01:03 | 国際情勢 | Trackback
民主主義を萎縮させるテロには甘い一方、テロを招く戦争参加には前のめり、安倍総理
 欧米露で起きているISやISを名乗るテロについては、背景はハッキリ言ってしまえば簡単です。
 英米仏露のキリスト教国が罪のないイスラム教徒の市民を殺しまくっているから。
 日本はそうはいっても、イラク派兵はしていても、自衛隊が直接殺しているわけではないので「攻撃の優先順位」としては低かった。それだけのことでしょう。
 逆に言えば、取り締まりを強化したところで、死んでも捕まっても良いからテロをしてこようという人間を防ぐのは難しいでしょう。
 ロシアでのテロはその良い例です。あれだけプーチンが自分の悪口を言う人間を弾圧しても、テロは防げなかった。
 フランスなどは分かりやすくて、シリア空爆に参加したとたんにテロが起きた。
 そして、単独犯によるトラック暴走のテロも起きており、こんなものは、対策を取っても防ぎきれない。戦争に参加することはテロを招くようなものである。
 さらに、これまで日本において起きている直近10年間のテロは植松聖被疑者による大虐殺事件、元自衛官・栗原敏勝被疑者による宇都宮自爆テロ、杉並区での年配男性による自爆テロ、新幹線放火自爆テロ、少しさかのぼって、マツダ工場内暴走や、秋葉原事件でしょう。これらは全て単独犯です。こういう不安・不満を募らせた単独犯によるテロは、正直、できるだけ人々の生活や将来への不安を減らしていくような政治をしていくしか、対策はないでしょう。
 そして、政治家を狙ったテロとしては2007年の長崎市長暗殺、2006年の加藤紘一自宅放火があります。前者について安倍総理は、「民主主義を狙ったテロ」という点にフォーカスできていませんし、後者については安倍総理の腹心・稲田現防衛大臣が「先生の家が焼けた」などと茶化しています。
 
 民主主義を萎縮させるテロには甘い一方、単独犯のテロには全く、打つ手がない共謀罪には熱心。そして、テロを招く戦争をしやすくする改憲には前のめり。これが総理たちの実像です。
 このような方々にテロ対策を云々する資格はそもそもないでしょう。

by hiroseto2004 | 2017-05-19 21:56 | 安倍ジャパン | Trackback
パキスタンは、イスラム過激派の巣窟と化していますね。
アメリカはそんなパキスタンには甘く、イランには厳しい政策を取ってきました。
イスラム過激派とは誰が育てたか?一目瞭然ですね。


イランのローハーニー大統領が、パキスタン政府に対し、責任のある措置により、イラン南東部の国境警備隊員に対するテロ攻撃の実行犯を早急に特定し、対応するよう求めました。

26日水曜夜、パキスタンとの国境で、イラン南東部スィースターンバルーチェスターン州の国境警備隊員10名が、テロリストの攻撃を受けて殉教しました。

テロ組織がこの攻撃の犯行声明を出しています。

イラン警察のスポークスマンは、イランの国境警備隊員に対する銃撃はパキスタン領土から行われたとし、「このテロの責任はパキスタン政府が負うべきだ」と強調しました。

イラン大統領府のサイトによりますと、ローハーニー大統領は27日木曜夜、メッセージの中で、このテロで任務の遂行中に殉教した国境警備隊員に哀悼の意を示すと共に、国家安全保障最高評議会と外務省に対し、この問題を最後まで真剣に処理するよう求めました。

パキスタン駐在のホナルドゥースト・イラン大使は、27日、パキスタン首相特別顧問と会談し、パキスタンからのテロ組織による攻撃へのイランの正式な抗議を伝えました。

ここ数年、スィースターンバルーチェスターン州の国境地帯では、イランの市民や国境警備隊員が、パキスタンからのテロ作戦によって殉教しています。


by hiroseto2004 | 2017-04-29 21:43 | 国際情勢 | Trackback
e0094315_15233780.jpg


本社社主・さとうしゅういちは、4月27日(木)広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説を実施しました。
最初に、フランス大統領選挙や仏露両国で続発するテロについて言及。
「戦争こそが、難民とテロを生む。」
「新自由主義こそが、格差を生み、テロやトランプ・ルペンのような過激な政治家を生む」
と指摘。
「先進国が新自由主義と戦争を止めればテロも難民も減る」
と訴えました。
そして、共謀罪については、
「植松被疑者による相模原大虐殺も、マツダ工場内暴走事件も秋葉原事件も日本で起きたテロは全て単独犯。共謀罪など意味はない。」
と指摘しました。
後半では、安倍政治の問題点について指摘。
「森友学園事件において、籠池のおっさんが財務相の田村という室長から「特例です」と言われたという音声の証拠が挙がった。安倍昭恵さんの口利きによるものであることは明らかではないのか?ただちに昭恵さんや田村室長らの証人喚問を。」
と強調しました。
さらに、今村復興大臣の辞任については
「そもそも、自民党政治家は2011年の東日本大震災直後の統一地方選挙の際には、『お見舞い申し上げます』
ばかり叫んで、政策議論から逃げていた。復旧支援はもちろん大事だが、広島なら広島の地元の課題は
いくらでもあったのではないか?震災を、政策論議から逃げることに利用していた自民党政治家たちは、
6年後、復興はほど遠い状態なのに、被災者を切り捨てる暴挙に出ている。」
と指摘し、被災地以外の自民党政治家たちは、そもそも、震災を奇貨として自分に都合が悪くなる政策議論
から逃れていただけで、被災者のことはなんとも思っていなかったのではないか?との疑問を呈しました。





by hiroseto2004 | 2017-04-27 15:40 | 安倍ジャパン | Trackback

日本で最近起きたテロ事件って単独犯で共謀罪で防げない

日本でも、ここ10年近くでテロ事件はいくつかあります。

2008年
6月8日
加藤智大被疑者が秋葉原でトラックで暴走、連続殺傷。

2010年
6月22日 引寺利明被疑者がマツダ工場内を暴走。

2015年6月30日
新幹線で年金に不満の年配男性が自爆テロ。

2016年7月26日
植松聖による相模原大虐殺 単独犯

8月7日 
杉並区で、お祭りの行列通過のタイミングを狙い年配男性が自爆テロ。

10月23日
宇都宮市で元自衛官の栗原敏勝被疑者が自爆テロ。

すべて、単独犯です。

これらのテロの防止に共謀罪など全く役に立たないのは明らかです。


by hiroseto2004 | 2017-04-25 16:14 | 安倍ジャパン | Trackback