エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
「橋下的な雰囲気を恐れて組合旗をたたんだ」のなら、反省しないといけない

本社社主(元連合・自治労広島県職員連合労働組合支部執行委員/労働組合・生存のためのメーデー広島実行委員会執行委員長/自治労連広島介護福祉労組組合員)
さとうしゅういち

2011年から2013年頃、とみに、デモなどにおいて「組合旗厳禁」ということが一世を風靡したことがありました。本社(広島瀬戸内新聞)もそういった流れを「是」とした時期があったのは間違いありません。

もちろん、戦国時代のように、「**組合」「**団体」という旗差しものがやたら林立するデモに、一般人がなかなか参加をためらうのも分からないではありません。

また、「団体名」ばかりがめだって、そのデモの趣旨、たとえば「**法改悪反対」「シリア攻撃反対」とか「イラク攻撃反対」「共謀罪反対」などの政策スローガンが埋もれて何のデモをしているのか傍から見てわかりにくい、という笑えない実態もあるのも確かです。

しかし、そういうことを是正するなら良いですが、そうではない文脈で「組合旗(団体旗)」を厳禁していたのではないか?そうだとすると反省しなければならないのではないか?

2011年~2012年当時の時代状況を考えると、橋下徹さんがバカ受けしていた時代でした。

とにかく、「既成政党・既成組織に天誅!」「維新!」という雰囲気が充満していました。

そういうことに影響されて、組合旗をたたんだとしたなら、それは問題ではないか?そのように思うのです。

「俺は違う」と反論されるかもしれませんが、やはり潜在意識のどこかに「橋下徹がバカ受けする時代の雰囲気」にびびってはいなかったか?

本来、「掲げるスローガン」について、幅広い人々に賛同して頂くのが、目的とするならば、そういう工夫をすれば良いだけのことです。組合や団体の旗は「押さえ気味」にして、「当該デモのテーマ」を伝える表現を豊かにすればいいのではないか?

「既成政党・組織に天誅!」という雰囲気に流されて、市民の支持を得ようとしてもそれは一過性のものです。

そして、「天誅」を加えたところで、本当に高笑いしたのは、間隙を突いて2012年衆院選挙で復活した自民党・安倍総理でした。

その「天誅!」という雰囲気そのものも、「生存権を守る」ことに資するものではなく、その後、「生きることさえ既得権益呼ばわりして打倒しかねない」ことにつながりました。
「生きることさえ既得権益呼ばわりして打倒しかねない」というのは、長谷川豊さんや、相模原大虐殺の植松聖被疑者が良い例でしょう。植松被疑者などは、まさに「生きるという既得権益を打倒」してしまったのです。

そういう流れに実は、本紙も含むリベラル派が2011年から2013年前半頃の段階で迎合していたのではないか?そのように思うのです。

迎合した結果、「橋下徹」を調子に乗らせ、「森友問題」を引き起こし、2016年には「長谷川豊」や「植松聖」を発生させた原因の一部はわたしたちにあるのではないか?

いまこそ、そのことへの反省をしなければならないのではないか?

by hiroseto2004 | 2017-04-16 20:51 | 思想・哲学 | Trackback

4・8 共謀罪法案反対! ヒロシマ行動

主催:ストップ!戦争法 ヒロシマ実行委員会

日時:4月8日(土)14:00~

場所:原爆ドーム前集合

約30分の集会の後、デモをします。

集会では、広島弁護士会長、共謀罪法案に反対する各野党の代表から挨拶をいただく予定です。

デモコースは、原爆ドーム北側から出発~相生通東進~八丁堀西交差点右折して金座街~パルコ前右折~本通アーケード西進~元安橋西詰めで解散、です。


by hiroseto2004 | 2017-04-08 16:00 | 安倍ジャパン | Trackback
広島瀬戸内新聞社は23日、広島県労連などが呼びかける「広島地域総行動」に参加しました。

同行動は春闘の一環として行われ、駅頭における朝宣伝に始まり、行政や大手企業、介護施設や各団体への申し入れ・要請、そして、市中心部でもデモや、署名活動などに取り組むものです。

本社は昼休み時間帯のデモに参加しました。

参加者は「最低賃金上昇で地域経済を良くしよう」「パスピー補助廃止を止めろ」「広島市は福祉カットを止めろ」などとコールしながら中区金座街入り口から原爆ドームまで行進しました。


by hiroseto2004 | 2017-02-23 15:28 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

イランでも日本の反安保デモが報道されました!

イランも過去の経緯から、「平和国家である日本」に対する感情は良かった国です。イラン・イラク戦争では、アメリカ、ソ連、イギリスなど世界の主要国の殆どがイラクを支援する中で中立を保ったことも背景にある。しかし、今後は、見方がどう変わるか。過去の遺産を食いつぶしてしまうのではないか?そういう心配がありますね。

日本の反政府デモの継続

http://parstoday.com/ja/news/japan-i17038




More
by hiroseto2004 | 2016-09-22 08:28 | 安保法案 | Trackback
広島ブログ

 日本の社会運動は、ポストモダン思想と日本固有の「ムラ社会」的雰囲気が融合した1990年代に、権力への抵抗という意味では「低迷期」を迎えたと考えられます。市民と権力が対等であるかのごとき幻想も振りまかれ、「抵抗」はダサいという雰囲気も充満していました。

 自民党と日本社会党が連立を組んだことも背景に、筆者が高校から大学時代を過ごした当時の東京でも日本共産党系やマニアックな左翼以外に街頭で大々的に権力に抗議するデモや集会をやる人がほぼ「絶滅」していた状況がありました。筆者は高校~大学時代、東京都心を生活域としていましたが、渋谷であろうが日比谷であろうが、銀座であろうが、大々的なデモなんて今の広島市内よりも見かけないくらい「絶滅」状態でした。

 もちろん、環境問題や情報公開といった問題での市民運動は90年代のほうが盛んだったともいえますが、1960年代、70年代ころの「公害反対」運動に比べれば「上品」な感もぬぐえませんでした。



 

 

 

 

 

 
 


More
by hiroseto2004 | 2016-03-05 23:53 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
広島ブログ
デモに対して爆破予告。ふと、昨年秋にトルコ・アンカラで起きたイスラム国によるテロ事件を思い出しました。
イスラム国が、トルコとクルド人の和平を求めるデモ(クルド人だけでなく、トルコ人の労働組合活動からも参加)を爆破し、多数の死傷者が出ました。
トルコ政府は、クルド人を弾圧する一方、イスラム国には空爆をするふりはするが甘い。イスラム国というのは、「イスラム圏の極右暴力集団」という感じでしょう。ですから、トルコ政府は、弾圧するふりをして、イスラム国が、クルド人をやっつけるのを内心喜んでいる。それと似た構図が、日本でも進行していくと嫌だなと思いました。
いずれにせよ、卑劣な妨害に屈せず、声をあげられてよかったです。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-29 08:20 | 安保法案 | Trackback
広島ブログ

役人からヘルパーへ 著者より

145日+93日目の勤務です。




More
by hiroseto2004 | 2015-12-20 23:09 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ

【デモなどに参加の皆様、お疲れ様でした】
日本国憲法69歳の誕生日でもある11月3日、憲法を守り、活かすために、デモや集会、街頭演説などにご参加の皆様、お疲れ様でした。



More
by hiroseto2004 | 2015-11-03 23:24 | 憲法 | Trackback
広島ブログ
野党側の抵抗により、安保法案の参院特別委員会での総括質疑は遅れています。当然です。

国会外には安保法反対の市民が控えています。

PKO法案の時は、社会党や共産党、新左翼のコアな支持者中心の反対デモはあったものの、「2015安保」とは比べ物にならないほど小さかったと記憶しています。




More
by hiroseto2004 | 2015-09-16 23:39 | 安保法案 | Trackback(1)
【戦争法廃案・安倍政権打倒関連デモなど】
7月23日(木)
広島
◆続いて16日と23日の行動提起です。いずれも木曜日です。私たち、ストップ!戦争法の実行委員会はこれまで、毎週木曜日に本通り電停で街宣を続けてきました。16日と23日は場所を変更し、原爆ドーム前で夕方5時30分から集会をし、そのあと行動に移ります。16日と23日の木曜日は夕方5時半、原爆ドーム前に集まってください。よろしくお願いします。

7月16日(木)
広島
◆続いて16日と23日の行動提起です。いずれも木曜日です。私たち、ストップ!戦争法の実行委員会はこれまで、毎週木曜日に本通り電停で街宣を続けてきました。16日と23日は場所を変更し、原爆ドーム前で夕方5時30分から集会をし、そのあと行動に移ります。16日と23日の木曜日は夕方5時半、原爆ドーム前に集まってください。よろしくお願いします。


7月15日(水)
◆15日の水曜日に、衆院特別委員会で強行採決が行われようとしています。私たちは、午後2時、原爆ドーム前で座り込みをします。続けて夕方5時30分から、市内3カ所で街頭宣伝をします。
1000人委員会は八丁堀福屋前、秘密法ネットは本通り電停青山前、9条の会はメルパルク前です。これら3つの団体に所属していない方は、3カ所どこでも結構です。集まってください。強行採決をするな、強行採決許さないぞ、という声をあげましょう。
この日夕方までに、委員会で採決が強行されてしまった場合も3カ所で一斉に抗議の声をあげます。いずれにしても、ぜひご参集ください。

7月12日(日)
■広島
7月12日(日)
14時から
中央公園東側広場
e0094315_22595059.png

6月20日(土)
■名古屋
【6/20(土)怒れる女子デモ「安倍政権いかんがね!」のご案内】
                 (転載歓迎・重複ご容赦)          
      

 戦争関連法案の審議が国会ではじまりました。
 憲法違反の法制度を、安倍政権はその場しのぎの詭弁とウソで
無理やり通そうとしています。
 
 もう、分別臭い顔で沈黙するのはやめましょう。
 女性こそ、いま声を大にして「戦争はダメ!」と言わなくては。
 
 6月20日に東京で<「女の平和」国会ヒューマン・チェーン>
https://goo.gl/nKwcVc が行われるのに合わせて、
名古屋でも「怒れる女子デモ」を呼びかけます。

 ぜひ、赤いものを身につけて、華やかに、オシャレに、
そして毅然と、
   「アベ政権は退場!」と声をあげましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  <暴走するアベ政権にレッド・カード!>

  「安倍政権いかんがね」 怒れる女子デモ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

と き:6月20日(土)午後1時集合(小雨決行)
ところ:栄バスターミナル前(噴水南)

13:00 ミニ集会
13:45 怒れる女たちのデモ
   (怒れる男子の参加も大歓迎!)

★赤いものを身につけて参加してね。
(服でもスカーフでも、日傘や帽子でも、赤色ならOK)

★暑くなりそうなので、熱中症対策もね。

主  催:怒れる女子会@なごや
よびかけ:大嶽恵子、具志堅邦子、山下律子、早川しょうこ、
     丸山悦子、山本みはぎ、中村あけみ、安楽ともこ

連絡先:ikejosi@gmail.com 090-2922-5767(山本)
facebook: https://goo.gl/C0lr9B

<ちらしダウンロード> https://goo.gl/g4jj1D

6月14日(日)
■東京
とめよう!戦争法 集まろう!国会へ 6・14国会包囲行動!
14:00~15:30
国会周辺

■広島
NO!安保法制 市民集会&デモ いよいよ明後日14日
【日 時】平成27年6月14日(日)14:00~
【場 所】原爆ドーム前

■岡山
【お知らせ】岡山市北区で14日(日)ストップ戦争法案 緊急行動!にとりくみます。午後1時〜ビックカメラ前で宣伝。午後2時〜デモ行進。高島屋前から市役所前まで歩いてアピールします。

6月13日(土)
■東京
STOP安倍政権!6・13大集会
 東京都江東区の東京臨海広域防災公園(JRりんかい線「国際展示場駅」下車徒歩4分、ゆりかもめ「有明駅」下車徒歩2分)。
午後0時20分からプレ企画。0時50分から集会。2時30分からパレード。
問い合わせ先=実行委員会(全労連内)03(5842)5611
■若者を戦場に送らない!許すな!「戦争法案」6・13 千葉県大集会
■ 千葉市中央公園
■ 午前10時半~集会
  同 12時~パレード

■京都
【沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動】5時〜6時半 三条河原町アーケード前

戦争反対 平和がだいすき 声をあげよう大集会
◆日時:6月13日(土)
    13時半開始14時半からパレード
◆ところ:円山音楽堂

◎日本全国デモ情報(マガジン9のホームページ)
 http://www.magazine9.jp/demoinfo/

◎レイバーネット・イベントカレンダー
http://www.labornetjp.org/EventItem

◎デモ・抗議開催情報まとめ(TPP・改憲関連) (@wiki ホームページ)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/pages/1.html#id_04028a20

◎戦争法案阻止のための総がかり行動実行委員会の行動予定
 http://blogs.yahoo.co.jp/hamadayama9/13902427.html

by hiroseto2004 | 2015-07-31 23:04 | 憲法 | Trackback