エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:トランプ ( 138 ) タグの人気記事

この人は、あまりにもいろんな国を敵に回しすぎですね。
そりゃあ、総スカンを食います。

イランと米英仏露中独による核合意を破棄するなどということを言い出すトランプ大統領。

「大統領、気は確かか?」
と言いたいが、結局アメリカという国の崩壊が、こうした指導者が選ばれることにつながっています。

日本の安倍総理も、朝鮮への強硬姿勢についてはトランプを持ち上げつつも、イラン大統領と会談するなど、対イラン外交ではトランプと距離を置く有り様です。

国連総会でのアメリカのトランプ大統領の演説に、世界各国の政府関係者が反発しています。

IRIB通信によりますと、フランスのマクロン大統領は国連総会でトランプ大統領の演説に回答を示し、「核合意の破棄は大きな過ちであり、この合意を守らないのは無責任だ」と語りました。

また、スウェーデンのカール・ビルト元首相も、「スウェーデンは核合意を支持する」とし、国連総会でのトランプ大統領の演説を非難するとともに、ツイッター上でこの演説を不当なものだとしました。

アメリカ国務省のカービー元報道官も、トランプ大統領の演説を恥ずべきものだとし、「トランプ大統領は、相互尊重や協力ではなく、衝突や対立を語っている」と述べています。

さらに、ベネズエラのマドゥロ大統領も、同国に対するトランプ大統領の表明に反応し、「トランプ大統領は国際政治における新たなヒトラーだ」としました。

アメリカのファインスタイン上院議員も、ツイッター上で、国連は、平和を支持し、高めるための場であるとし、「トランプ大統領は、国連のこうした立場を、戦争を示唆する場として利用している」と語っています。

また、オバマ政権下で大統領副補佐官を務めたベン・ローズ氏も、ツイッター上でイランに敵対するトランプ大統領の発言を批判し、「トランプ大統領は、同盟国を完全に遠ざけようとしている」と述べました。

トランプ大統領は、就任後初の国連総会において、外交的な慣習に反する異常な演説により、イランや北朝鮮、シリア、ベネズエラ、キューバなどの国に強く反対する立場を示しました。



by hiroseto2004 | 2017-09-22 01:52 | 国際情勢 | Trackback
イランは、欧州はもちろん、近隣のトルコ、インド、そして日本、さらには東南アジアや中南米とも関係を深めています。
アメリカが挑発を繰り返す中で、むしろアメリカの方が孤立気味ですね。



  • イラン大統領、「イランの戦略は、世界との幅広い協力だ」

イランのローハーニー大統領が、アメリカ・ニューヨークで、「イランの戦略は、世界との幅広い協力だ」と語りました。

IRIB通信によりますと、ローハーニー大統領は、17日日曜夕方、ニューヨークの空港に到着後、記者団に対し、「最高指導者が語ったように、イランの戦略は、世界との幅広い協力であり、この戦略は国際社会において、容易に実践することができる」と語りました。

ローハーニー大統領は、「この訪問の目的は、国連総会に出席し、イラン国民の声を世界に伝えること、また地域の困難な状況について説明することだ」としました。

さらに、「現在、特にミャンマーのロヒンギャ族のイスラム教徒に関して、困難な状況が見られている」としました。

ローハーニー大統領はこの訪問で、国連総会で演説を行うとともに、地域や世界の最も重要な問題、ミャンマーのイスラム教徒の状況に関するイランの最新の立場を説明します。

また、国連事務総長の他、国連総会に出席する各国の首脳とも、二国間問題や国際問題について話し合いを行う予定です。

ローハーニー大統領はまた、17日夜、アメリカに住むイランの有識者らを前に、核合意について、「イランの人々は歴史の中で、常に約束を履行してきた。相手側が約束を履行する限り、イランもそれを守り続ける」と語りました。

さらに、核合意は、国連安保理に支持された数カ国の合意であり、その離脱は、一国の政府による政治的な取り決めの蹂躙を意味するとしました。

国連総会は、9月19日から25日まで開催されます。






More
by hiroseto2004 | 2017-09-18 20:14 | 国際情勢 | Trackback
  • トランプ大統領、クウェートのサバハ首長
    トランプ大統領、クウェートのサバハ首長

アメリカのトランプ大統領が、イラン恐怖症政策を続ける中、再び、イランをテロ支援で非難しました。

CNNによりますと、トランプ大統領は、ホワイトハウスでクウェートのサバハ首長と共同記者会見を行い、アメリカの政府高官が常に行っている、イランを非難する主張を繰り返し、「アメリカ政府は、イランの脅威に対抗するため、地域のアラブ諸国を支援する」と語りました。

また、アメリカからの数十億ドルの武器購入に関するクウェートの決定に満足の意を示し、「地域の平和を強化するには、イランに対抗することが不可欠だ」と語りました。

さらに、中東に生まれた危機へのアメリカの関与や、シリアとイラクで活動するテロ組織への支援には触れず、「地域のテロ組織を支援しているのはイランだ」と主張しました。

アメリカによるイラン恐怖症政策や、トランプ大統領によるイランがテロを支援しているとする主張の一方で、イラクとシリアの政府関係者が認めているように、イランはこれまで、両国のテロとの戦いにおいて、最大の支援を行ってきました。


by hiroseto2004 | 2017-09-08 18:32 | 国際情勢 | Trackback
くどいようですが、イランは核兵器禁止条約の賛成国です。
そのイランに、アメリカが、無理矢理因縁を付けようとしています。
だが、それは結果としてアメリカの孤立を招くのではないか?
というのが、アメリカ国内も含めた多くの識者の見立てです。




More
by hiroseto2004 | 2017-08-27 21:25 | 国際情勢 | Trackback
アメリカで内戦の確率が10-15年以内に60%?!
しかし、トランプの暴走を背景とした内戦の可能性がないとは、わたしももはや断言できません。
「洒落になっていない」レベルで、「内戦」まではいかなくとも、「アメリカの空中分解」(具体的には
州がアメリカから離脱する形を取るだろう)の可能性は高まっていると思います。

A day after the brawling and racist brutality and deaths in Virginia, Governor Terry McAuliffe asked, “How did we get to this place?” The more relevant question after Charlottesville—and other deadly episodes in Ferguson, Charleston, Dallas, St. Paul, Baltimore, Baton Rouge, and Alexandria—is where the United States is headed. How fragile is the Union, our republic, and a country that has long been considered the world’s most stable democracy? The dangers are now bigger than the collective episodes of violence. “The radical right was more successful in entering the political mainstream last year than in half a century,” the Southern Poverty Law Center reported in February. The organization documents more than nine hundred active (and growing) hate groups in the United States.

America’s stability is increasingly an undercurrent in political discourse. Earlier this year, I began a conversation with Keith Mines about America’s turmoil. Mines has spent his career—in the U.S. Army Special Forces, the United Nations, and now the State Department—navigating civil wars in other countries, including Afghanistan, Colombia, El Salvador, Iraq, Somalia, and Sudan. He returned to Washington after sixteen years to find conditions that he had seen nurture conflict abroad now visible at home. It haunts him. In March, Mines was one of several national-security experts whom Foreign Policy askedto evaluate the risks of a second civil war—with percentages. Mines concluded that the United States faces a sixty-per-cent chance of civil war over the next ten to fifteen years. Other experts’ predictions ranged from five per cent to ninety-five per cent. The sobering consensus was thirty-five per cent. And that was five months before Charlottesville.

“We keep saying, ‘It can’t happen here,’ but then, holy smokes, it can,” Mines told me after we talked, on Sunday, about Charlottesville. The pattern of civil strife has evolved worldwide over the past sixty years. Today, few civil wars involve pitched battles from trenches along neat geographic front lines. Many are low-intensity conflicts with episodic violence in constantly moving locales. Mines’s definition of a civil war is large-scale violence that includes a rejection of traditional political authority and requires the National Guard to deal with it. On Saturday, McAuliffe put the National Guard on alert and declared a state of emergency.

Based on his experience in civil wars on three continents, Mines cited five conditions that support his prediction: entrenched national polarization, with no obvious meeting place for resolution; increasingly divisive press coverage and information flows; weakened institutions, notably Congress and the judiciary; a sellout or abandonment of responsibility by political leadership; and the legitimization of violence as the “in” way to either conduct discourse or solve disputes.

President Trump “modeled violence as a way to advance politically and validated bullying during and after the campaign,” Mines wrote in Foreign Policy. “Judging from recent events the left is now fully on board with this,” he continued, citing anarchists in anti-globalization riots as one of several flashpoints. “It is like 1859, everyone is mad about something and everyone has a gun.”

To test Mines’s conjecture, I reached out to five prominent Civil War historians this weekend. “When you look at the map of red and blue states and overlap on top of it the map of the Civil War—and who was allied with who in the Civil War—not much has changed,” Judith Giesberg, the editor of the Journal of the Civil War Era and a historian at Villanova University, told me. “We never agreed on the outcome of the Civil War and the direction the country should go in. The postwar amendments were highly contentious—especially the Fourteenth Amendment, which provides equal protection under the law—and they still are today. What does it mean to deliver voting rights to people of color? We still don’t know.”

She added, “Does that make us vulnerable to a repeat of the past? I don’t see a repeat of those specific circumstances. But that doesn’t mean we are not entering something similar in the way of a culture war. We are vulnerable to racism, tribalism, and conflicting visions of the way forward for our nation.”

Anxiety over deepening schisms and new conflict has an outlet in popular culture: in April, Amazon selected the dystopian novel “American War”—which centers on a second U.S. civil war—as one of its best books of the month. In a review in the Washington Post, Ron Charles wrote, “Across these scarred pages rages the clash that many of us are anxiously speculating about in the Trump era: a nation riven by irreconcilable ideologies, alienated by entrenched suspicions . . . both poignant and horrifying.” The Times book reviewer noted, “It’s a work of fiction. For the time being, anyway.” The book’s author, Omar El Akkad, was born in Egypt and covered the war in Afghanistan, the Arab Spring, and the Ferguson protest as a journalist for Canada’s Globe and Mail.

Before Charlottesville, David Blight, a Yale historian, was already planning a conference in November on “American Disunion, Then and Now.” “Parallels and analogies are always risky, but we do have weakened institutions and not just polarized parties but parties that are risking disintegration, which is what happened in the eighteen-fifties,” he told me. “Slavery tore apart, over fifteen years, both major political parties. It destroyed the Whig Party, which was replaced by the Republican Party, and divided the Democratic Party into northern and southern parts.”

“So,” he said, “watch the parties” as an indicator of America’s health.

In the eighteen-fifties, Blight told me, Americans were not good at foreseeing or absorbing the “shock of events,” including the Fugitive Slave Act, the Supreme Court’s Dred Scott decision, the John Brown raid, and even the Mexican-American War. “No one predicted them. They forced people to reposition themselves,” Blight said. “We’re going through one of those repositionings now. Trump’s election is one of them, and we’re still trying to figure it out. But it’s not new. It dates to Obama’s election. We thought that would lead culture in the other direction, but it didn’t,” he said. “There was a tremendous resistance from the right, then these episodes of police violence, and all these things [from the past] exploded again. It’s not only a racial polarization but a seizure about identity.”

Generally, Blight added, “We know we are at risk of civil war, or something like it, when an election, an enactment, an event, an action by government or people in high places, becomes utterly unacceptable to a party, a large group, a significant constituency.” The nation witnessed tectonic shifts on the eve of the Civil War, and during the civil-rights era, the unrest of the late nineteen-sixties and the Vietnam War, he said. “It did not happen with Bush v. Gore, in 2000, but perhaps we were close. It is not inconceivable that it could happen now.”

In a reversal of public opinion from the nineteen-sixties, Blight said, the weakening of political institutions today has led Americans to shift their views on which institutions are credible. “Who do we put our faith in today? Maybe, ironically, the F.B.I.,” he said. “With all these military men in the Trump Administration, that’s where we’re putting our hope for the use of reason. It’s not the President. It’s not Congress, which is utterly dysfunctional and run by men who spent decades dividing us in order to keep control, and not even the Supreme Court, because it’s been so politicized.”

In the wake of Charlottesville, the chorus of condemnation from politicians across the political spectrum has been encouraging, but it is not necessarily reassuring or an indicator about the future, Gregory Downs, a historian at the University of California at Davis, told me. During the Civil War, even Southern politicians who denounced or were wary of secession for years—including Jefferson Davis—ended up as leaders of the Confederacy. “If the source of conflict is deeply embedded in cultural or social forces, then politicians are not inherently able to restrain them with calls for reason,” Downs said. He called the noxious white supremacists and neo-Nazis the “messengers,” rather than the “architects,” of the Republic’s potential collapse. But, he warned, “We take our stability for granted.”

He dug out for me a quote from the journalist Murat Halstead’s book “The War Claims of the South,” published in 1867. “The lesson of the war that should never depart from us,” Halstead wrote, “is that the American people have no exemption from the ordinary fate of humankind. If we sin, we must suffer for our sins, like the Empires that are tottering and the Nations that have perished.”

Eric Foner, the Columbia University historian, won the Pulitzer Prize, in 2011, for his book “The Fiery Trial: Abraham Lincoln and American Slavery.” Like the other scholars I spoke to, Foner is skeptical that any future conflict will resemble America’s last civil war. “Obviously, we have some pretty deep divisions along multiple lines—racial, ideological, rural versus urban,” he told me. “Whether they will lead to civil war, I doubt. We have strong gravitational forces that counteract what we’re seeing today.” He pointed out that “the spark in Charlottesville—taking down a statue of Robert E. Lee—doesn’t have to do with civil war. People are not debating the Civil War. They’re debating American society and race today.”

Charlottesville was not the first protest by the so-called alt-right, nor will it be the last. Nine more rallies are planned for next weekend and others in September.



アメリカのメディアが、アメリカでの内戦の勃発に警告を発しています。

アメリカの雑誌ニューヨーカーは、16日水曜、現在、900の人種主義団体やヘイト団体がアメリカで活動しており、アメリカで2度目の内戦の危機が迫っているとしました。

ニューヨーカーはまた、バージニア州のシャーロッツビルの事件や、ファーガソン、チャールストン、ダラス、ボルチモア、アレキサンドリアで発生した死亡事件に触れ、現在アメリカで進行している危険性とは、アメリカの一連の暴力事件の勃発を超えるものだとしました。

ニューヨーカーのアナリストは、10年から15年の間にアメリカで内戦が起こる確率は60%だとして、「トランプ大統領は、選挙戦の中、あるいはその後で、暴力を政治的な目的の推進のためのモデルだとしている」と述べました。

シャーロッツビルで発生した人種差別的運動の中で、若者一人が車で人種差別反対者の抗議デモに突入し、これにより女性1名が死亡、19名が負傷しました。



by hiroseto2004 | 2017-08-17 20:08 | 国際情勢 | Trackback
朝鮮戦争は法的には終わっていない。

そのために、朝鮮から見ると、アメリカ(正式には国連軍)が、朝鮮にとっての最大の脅威である。

そこで、朝鮮はアメリカと交渉し、戦争状態を終結させる平和条約を結びたい。
そのために、核・ミサイルを交渉材料としている。

というのが、実際の所でしょう。

朝鮮にとっては相手はアメリカのみ。

日本を攻撃するとしても、朝鮮を攻撃するアメリカ軍基地を狙ってのものです。

アメリカ軍が先に攻撃をしなければ、朝鮮がわざわざ攻撃することはない。
他方、トランプは、取り巻きと打ち合わせせずに、過激な発言を繰り返している。
ここに、リスクがあります。

日本の安倍政府は、わざわざ、「俺も巻き込まれたい」としゃしゃり出ているようにしか思えない。

敢えて皮肉を言えば、「アメリカと朝鮮やりあっていて、自分もかやの外ではつまらない」
というスタンスではないかと疑われます。

純軍事的に見れば、グアムのアメリカ軍から見れば、「自衛隊ごとき」にミサイルを迎撃してもらわなくても結構なのですよ。
上昇軌道に乗っているミサイルを打ち落とすのは難しい。他方、グアムに向かって落ちてくる前のミサイルを迎撃できる確率は
自衛隊が日本上空で迎撃できる確率よりはるかに高い。

自衛隊もそれはわかっていて、単純に、万が一のグアムへの発射の際、朝鮮のミサイル技術が未熟で、失敗して、途中で落下することのみを想定しているだけです。

日本が出来ることは、あとは、「朝鮮は核を放棄し、アメリカは、朝鮮に核攻撃をしない保障をする」交渉のテーブルに着くよう
求めることのみでしょう。

具体的には「そうすれば、トランプさんも名声を残せますよ」と勧めることくらいでしょう。

by hiroseto2004 | 2017-08-13 15:36 | 国際情勢 | Trackback
そもそも、朝鮮がミサイルを発射したとして、「予定通り」グアムへミサイルが向かったら、日本上空では打ち落とすことは無理でしょう。また、下手に途中で手を出せば、朝鮮に対する戦争行為と見なされるでしょう。

朝鮮のミサイルが途中で失速するという「間抜け」なことになったときのみ、PAC3は用をなすということです。この場合は個別的自衛権の行使となる。

基本的に、今回は、というより、いつもですが、日本も韓国も基本的に朝鮮に相手にされておらず、アメリカと朝鮮の問題になってきています。そして、トランプが「(取り巻きも含めて)普通の大統領ではない」(ブッシュでもなければクリントンでもない)ことによる不測の事態こそ問題です。

中東やアフガンなどでのISとの「非対称」戦争なら「軍需産業」の儲けになるという文脈で、オバマ政権でさえも空爆はしまくりです。
しかし、東アジアで、経済そのものに甚大な被害が及ぶ戦争については、避けたいのがアメリカでも支配層の圧倒的多数ではないのか?
最終的には最後の経済成長フロンティアに朝鮮を取り込みたいのではないか?スタバがない唯一の主な国ですから。

ただし、トランプ政権そのものが「合理的な動きが出来ない」という状態にある。主要ポストの官僚も空白がまだ少なくない中で、何をトランプがするか分からないし、その結果として偶発的衝突、と言うのが怖い。緊張を持続させて軍事産業を儲けさせるつもりが、大変なことになりかねない。

トランプに、うまく北東アジア非核地帯条約、そして朝鮮戦争終結へ、持っていかせるよう働きかけることも日本政府のやるべきことでしょう。間違っても、米朝戦争を待望し、それに参戦しようなどと思ってはいけない。そもそも金氏朝鮮も日本は相手にしていないのに、わざわざリスクを日本が増やす必要はどこにもない。
トランプに
「平和条約締結交渉を開始しよう、だから核・ミサイル開発を停止せよ」
と言わせることが大事である。
逆に言えば「トランプが普通ではない」ことを上手く利用できれば、朝鮮戦争終結へは持って行ける可能性はあると思います。
だが、それには相当の国際的な市民運動が必要でしょう。


PAC3がまず、高知に配備されました。北朝鮮のミサイルが上空を通過するおそれがある中国・四国地方について、防衛省は、迎撃ミサイル・PAC3の配備を進めています。
 北朝鮮はグアム周辺へのミサイル発射計画を発表し、「島根県・広島県・高知県の上空を通過する」としています。防衛省は不測の事態に備え、名指しされた3県と愛媛県に地上配備型迎撃ミサイル・PAC3の配備を11日夜から進めています。

 このうち、高知県香南市の高知駐屯地には午前5時半ごろ、数台の車両とともにPAC3が到着しました。

 「陸上自衛隊の高知駐屯地に迎撃ミサイル・PAC3を載せているとみられる車両が到着しました」(記者)

 PAC3はこの後、島根・広島・愛媛にも順次、配備される見通しです。(12日06:16)

by hiroseto2004 | 2017-08-12 15:20 | 国際情勢 | Trackback
  • トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領が、再び、北朝鮮に対する軍事攻撃を示唆しました。

トランプ大統領は、異例の発言の中で、北朝鮮がこれ以上アメリカを脅かせば、世界がこれまで目にしたことのないような炎と怒りに直面することになると語り、北朝鮮に対してアメリカを脅かさないよう求めました。この発言は、西側のメディアが、北朝鮮が小型核爆弾の製造に成功したと伝えた後に行われました。この報道が事実であれば、北朝鮮は、弾道ミサイルに搭載可能な核弾頭の製造能力を保有することになります。

アメリカのトランプ政権は、北朝鮮との軍事的な衝突の可能性を高めることで、北朝鮮とその同盟国である中国やロシアを後退させようとしています。そのため、トランプ大統領は、異例の発言により、北朝鮮に対して全面的で破壊的な攻撃を示唆しているのです。

アメリカは、世界最強の軍隊を保有し、数百個の核弾頭により、北朝鮮との戦争において、この国に大きな償いきれないダメージを与えることができます。とはいえ、アメリカも、北朝鮮の報復措置を免れないでしょう。北朝鮮は現在、アラスカ、ハワイ、アメリカ西海岸を射程圏内とするミサイル能力を有しており、地域のアメリカ軍基地を攻撃することもできます。

アメリカは、日本と韓国におよそ8万人の兵士を駐留させており、彼らは北朝鮮の報復の格好の標的になるでしょう。アメリカと北朝鮮の戦争の犠牲者は、第二次世界大戦の犠牲者数に達するとする見方もあります。

核兵器政策と紛争解決への取り組みを助成する「プラウシェアズ基金」のジョセフ・シリンシオーネ理事長は、「アメリカが北朝鮮に対する軍事行動に出れば、北朝鮮も対抗措置を講じるだろう。北朝鮮は、韓国との国境に兵器を保管しており、これらのミサイルは、簡単に韓国の首都ソウルに到達する」と語っています。

アメリカと北朝鮮の間で戦争が起こった場合、アメリカの同盟国である日本と韓国もそれに巻き込まれ、中国もそれに参加せざるを得なくなります。日本、中国、韓国が国際貿易において大きなシェアを占めているため、東アジアでの軍事行動は、世界の経済を破綻させる可能性もあります。アメリカもまた、その甚大な影響を蒙ることになるでしょう。

東アジアでの戦争による破壊的な影響に注目すると、トランプ大統領の脅迫は具体的なものではなく(現実的な根拠に欠け)、単に北朝鮮と中国をけん制するためだけのものだと見られます。こうした中、トランプ大統領の脅迫は、地域の緊張を高める可能性があり、敵対する国々の間の偶発的な衝突を招きかねないのです。


by hiroseto2004 | 2017-08-11 11:15 | 国際情勢 | Trackback

トランプの暴走を批判すると共に、もう一つのアプローチは「トランプは、選挙中の公約を守ろう。」ですね。

中国はすでに先制核攻撃をしない、と明言しています。

ですので、アメリカとロシアが核兵器を使わない。そして日韓朝は核兵器を持たない。

これにより、北東アジア非核地帯条約をつくる。

具体的なアイデアの一つとして、トランプ大統領を説得して、北東アジア非核地帯条約締結を推進すべきだ。

(ア) そのために、トランプ氏の選挙中の約束を再確認する。それは、

北朝鮮と話をする

「世界の警察官」は辞める

日本と韓国に核武装を勧めない

(イ) これを元に、安倍総理大臣あるいは外務大臣がトランプ大統領に北朝鮮に乗り込んで次の合意を取り付けるようアドバイスすべし。

アメリカが北朝鮮には核を使わないことを保証

ロシアが日韓に対して核を使わないことを約束

日本・韓国・北朝鮮は核兵器を持たない

アメリカ・ロシア・中国はこれら三カ国に対して核兵器を使わないことを   保証

(ウ) これで、北東アジア非核地帯条約ができる。


支持率が下がり、名誉回復の手段を模索しているトランプ・安倍組に提案する価値はある。


被爆72周年原水爆禁止世界大会 第二分科会

――大切な点だと思いますので補足です――

被爆72周年原水爆禁止世界大会のまとめで、今年は各分科会毎の報告が短かったような気がしているのですが、私が出席した第二分科会についての補足をしておきます。このブログでは何回かアップしている内容ですが、一回で読めるようにまとめておくことにも意味があるのかもしれませんので、私の発言部分を要約しておきます。「自分の喋ったことを大切だと思うのは誰でも同じ」という前提も踏まえてお読み下さい。

核兵器禁止条約の成立は、歴史的出来事


それにも比肩する「核廃絶に近付いた」出来事が31年前、1986年にあった。レイキャビックで開かれたレーガン・ゴルバチョフ会談で両首脳は、「全ての核兵器廃絶」に合意していた。

Photo

その合意は、軍産複合体や官僚組織の反対にあい、陽の目を見ることはなかったが、核廃絶の一歩手前まで行ったという事実は、核廃絶が不可能だという人たちへの反論になる。


「絶対的」な力を持つと信じられているアメリカ大統領やソ連の書記長でも世界を動かすことができないことの証明になるのだか、では誰が世界を動かせるのか?


それは、「世論」だ。

世界の核弾頭数を示すグラフを見ると、1986年をピークに右肩下がりの傾向がハッキリしている。1986年にレーガン・ゴルバチョフ会談が反映していたのは、世界の世論が核廃絶を望んでいたという事実で、その後の減少は世論の力の結果だ。

Photo_2

もう一つのグラフは、核実験数の推移を示している。1996年には包括的核実験禁止条約が締結された。しかし、アメリカ等の国々が批准していないためにまだ効力はない。にもかかわらず、1996年ころから、核実験数はほぼゼロになっている。これも世論の力だ。

Photo_3

この世論の力を背景に、核兵器禁止条約は作られた。市民運動ならびに志を同じくする国々が取った作戦は次のようなシナリオに沿って実行された。

(ア) 核兵器の非人道性をアピールし、人類の生存が最優先されるべきことをせかいに広める。そのための運動を市民の力で世界的に展開する。

(イ) その運動に公的・政治的力を与えるために、非核国が中心になって、国家のレベルでも世界の世論を盛り上げる。

(ウ) その結果として、核保有国が積極的に賛成しなくても核兵器(使用・保有・脅迫に用いること等)禁止条約締結の機運を盛り上げる。

(エ) 国連の組織の中に存在する、大国の拒否権が行使できないメカニズムを上手く生かして条約を作ってしまう。

(オ) 国際世論に押されて、核保有国も究極的には、消極的であっても条約に参加せざるを得なくなる。

このシナリオ通り、国連総会の多数決による決定で、何の権限も持たない「国連公開作業部会」を作り、そこで市民社会の代表と志を同じくする国々が、核保有国や核依存国(その代表が日本)の妨害にもかかわらず、人類史的なレベルでの議論を行い、2017年に核兵器禁止条約締結のための多国間交渉をするという多数派を形成した。国連総会がそれを受けて、今年の3月から7月までの交渉を行い77日に条約の成文を採択した。


核兵器禁止条約の持つ意味を何点か指摘しておく。

(ア) 前文で「被爆者」に言及したことは、被爆体験と被爆者のメッセージが世界的に共有されたことを意味する。

(イ) 条約によって核兵器が禁止されたことは、「こんな思いを他の誰にもさせてはならない」という被爆者のメッセージの具現化である。それは、被爆者の「使命」である「核廃絶」実現への大きなステップでもある。

「道徳」から「法律」へという高次元化の意味も大きい。それは、市民社会の活用出来る「語彙」を増やしたともいえる。つまり、核保有国や核依存国内で進められてきた核廃絶運動が新しい説得手段を手にしたことを意味する。そのロジックは、

1. 「核兵器は国際法違反」

2. 「法律違反を犯さないためには、条約を批准すれば良い」

3. 「国会議員に働きかけよう」

というもので、例えばアメリカ国内で、子どもたちが大人に働きかける上でも効果的な道具になる。

(ウ) 50か国の批准を必要とする「発効」は今回の採択に賛成した国が122あることから時間の問題だ。

(エ) 核保有国・依存国の批准も上記のロジックとその応用で時間の問題。

核兵器禁止条約が成立した背景には、二つの大きな流れがある。それがあるからこそ、核保有国・依存国の参加も自信をもって予測できる。


一つは、世界の非核兵器地帯条約。南半球は既に、全て非核兵器地帯だ。

Photo_4

その詳細は次の通り。

1 南極条約 (1959) 2013年に50か国 

2 トラテロルコ条約 (1967)  中南米の全ての国33か国プラス核保有5か国批准 

3 ラロトンガ条約  (1986)  南太平洋の13か国・地域プラスロ、中、仏、英批准--米は署名のみ

4 バンコク条約 (1997) ASEAN諸国10か国――核兵器国は全て未署名 

5 ペリンダバ条約 (2009)  アフリカ諸国54か国中、28か国批准、仏、中、英が批准、米ロは署名のみ

6 セメイ条約 (2009)  中央アジア5か国  

7 モンゴル非核兵器地帯宣言(1992)と地位の確認(1998) 核保有5か国が、「モンゴルに協力する誓約の再確認」を発行(2000)

もう一つは、市民運動の歴史だ。市民運動は世界の非暴力化のために大きな成果を残してきているが、1996年に国際司法裁判所が発した「勧告的意見」で、「一般的には」という制限が付いてはいても、核兵器の使用ならびに核兵器による脅迫は「国際法違反」という判断を引き出したのは、市民運動だと言っても良い。勧告的意見に至る歴史を振り返ってみると、次のようにまとめられる。


まずは、南太平洋で核実験を繰り返していたフランスを国際司法裁判所に提訴して、核実験を止めさせたという実績がある。

(ア) 1966年から1974年までフランスはムルロア、ファンガタウファ環礁で44回の大気圏核実験を行う。

(イ) 民衆の不安と怒りが大圧力になる。

(ウ) 1973年1月、オーストラリア政府はフランスを「核実験は違法」の廉でICJに提訴すると警告

(エ) 1973年5月NZが、翌月オーストラリアもICJに提訴

(オ) 6月、ICJは、8対6で、NZAUSの立場を認める仲裁的意見を発表。

(カ) フランスは大気中核実験の中止を決定


この成功を元に、「世界法廷プロジェクト」と呼ばれる市民運動が立ち上げられ、国際司法裁判所に勧告的意見を求める決議を国連総会ならびにWHOが採択し、1996年の結果に至る。

(ア) 1986年、元判事のハロルド・エバンズ提案

(イ) 1989年、IPB, IALANA, IPPNW, PGA等のNGOの間でWCPへの支持が高まる。

(ウ) 1993年5月14日、WHOが総会で、ICJに勧告的意見を求めるよう決議、9月に受理された

(エ) 1994年12月15日、国連総会はICJに勧告的意見を求める決議を採択、数日で受理される

こうした運動を国家として受け止め、市民の声を代弁したのがニュージーランド。その中心にいたのがロンギ首相。彼の言葉を引用すると「もしニュージーランドのような国が核兵器に対してノーと言えないのならば、どのような国が核兵器に対してノーと言えるのか。もしニュージーランドのような国が核抑止論なくしては安全であり得ないとするならば、どのような国がそれなくして安全であり得るのか」

日本政府は、ニュージーランド以上に被爆者ならびに市民の声を代弁すべきだ。特に「唯一の被爆国」という言葉を頻発しているのが日本政府であることの責任は取らなくてはならない。総理大臣ならびに関係大臣は

(ア) 自分が大臣であるときに核兵器禁止条約が採択されるなどということは、一世紀に一度あるかないかの出来事として、歴史的な意味を考え、

(イ) 唯一の被爆国日本の「大臣」としての責任を果すべき。

(ウ) それは、被爆者の悲願実現を最優先することであり、「ヒロシマ」そして「唯一の被爆国」としての世界的な位置付けを考えると、核兵器禁止条約を採択した世界の圧倒的多数の市民や国々への責任も果すべき、ということでもある。

(エ) そのためには、選挙民からの発信が一番効果的

具体的なアイデアの一つとして、トランプ大統領を説得して、北東アジア非核地帯条約締結を推進すべきだ。

(ア) そのために、トランプ氏の選挙中の約束を再確認する。それは、

北朝鮮と話をする

「世界の警察官」は辞める

日本と韓国に核武装を勧めない

(イ) これを元に、安倍総理大臣あるいは外務大臣がトランプ大統領に北朝鮮に乗り込んで次の合意を取り付けるようアドバイスすべし。

アメリカが北朝鮮には核を使わないことを保証

ロシアが日韓に対して核を使わないことを約束

日本・韓国・北朝鮮は核兵器を持たない

アメリカ・ロシア・中国はこれら三カ国に対して核兵器を使わないことを   保証

(ウ) これで、北東アジア非核地帯条約ができる。


支持率が下がり、名誉回復の手段を模索しているトランプ・安倍組に提案する価値はある。


by hiroseto2004 | 2017-08-09 20:41 | 国際情勢 | Trackback
トランプ大統領がこの長崎原爆の日に、「北朝鮮は炎と怒りに見舞われる」と発言しました。

おいおい。一瞬、金正恩の発言かと思いましたよ。

ICBM開発に踏み切った(金氏)朝鮮の最終的な狙いは、体制維持のため、アメリカと国交を結ぶことです。

それを考えると、トランプ大統領が、「金正恩ばり」の発言をすることは、どういう結果を招くか?

金正恩に
「それみろ、アメリカは朝鮮にとって現実的脅威だ。先制攻撃してくるぞ。」
と、核開発の正統性を与えることになりかねません。
クリントンやブッシュらアメリカのエスタブリシュメントの主流を占めているいわゆる「ネオコン」ないし
「ポストモダニスト」が良い政治家だとは毛頭思いませんよ。
格差拡大しまくり、空爆しまくり、という罪は重い。

ただし、ブッシュのアフガン戦争にしても、イラク戦争にしても一応、911テロへの個別的自衛権
発動という大義名分がありました。ただし、テロの黒幕はサウジアラビアだったわけで、ブッシュの罪は
もちろん重いですが。

しかし、現時点で朝鮮側から先制攻撃もなければ先制攻撃の動機もないときに、わざわざ挑発的な言辞を弄する。
トランプはクリントンやブッシュと違い、露骨に人種差別的なことをするのが怖い。

「黄色人種の地域がどうなろうが知ったことではない。」そんな考え方でトランプに暴走されてはたまったものではありません。
トランプが暴走→捨て鉢で朝鮮がグアムへの核攻撃や原発へのテロ(日本や韓国についてはこっちのほうが可能性は大きいと思う)
という事態を憂慮します。

ともかく、「戦争が終わっていない」ということが、核軍拡競争を招くのは1998年頃の「インドーパキスタン」にしても、1980年頃の「イスラエルーイラク」にしても、歴史的な教訓です。
最終的に朝鮮における戦争を法的に終わらせる。そのことへ向けた各主体の努力を!


【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ワシントン・ポストが8日、「北朝鮮が小型核弾頭の製造に成功した」と報じたことは、事実とすれば北朝鮮が米本土を直接脅かす核戦力を確保するという、トランプ政権が恐れていた「悪夢」がついに到来したことを意味する。

 しかしこの日、米国内でそれ以上に大きな波紋を広げたのは、トランプ大統領が「北朝鮮は炎と怒りに見舞われる」などといった、金正恩(キム・ジョンウン)体制顔負けの言辞で軍事行動に踏み切る意思を明言したことだ。

 米国の大統領が、他国から軍事攻撃を仕掛けられたというのでなく、「脅し」をかけられたことへの報復として戦争に言及するのは極めて異例だ。

 トランプ政権は、国連安全保障理事会が5日採択した北朝鮮制裁決議を踏まえ、ティラーソン国務長官らを中心に、中国やロシアも巻き込んだ国際的な対北包囲網の強化に取り組んでいる。最終目的は「外交を通じた北朝鮮の核放棄」だ。

 しかし、トランプ氏の発言は、北朝鮮問題の平和的解決に向けた国際連携の動きに逆行するものだ。むしろ、北朝鮮による「グアム島攻撃」の警告からも明らかなように、北朝鮮を無用に刺激し、米軍の攻撃は「現実の脅威」であるとの宣伝材料を差し出し、核開発を進める口実を与えることになりかねない。


by hiroseto2004 | 2017-08-09 20:27 | 反核・平和 | Trackback