エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:中央代表選管 ( 1 ) タグの人気記事

「高松和夫議員が、民主党代表選挙において、白紙の投票用紙を、サポーターから回収した」と報道された事件。

秋田県代表選管は中央選管に報告しましたが、中央選管は不受理としました。

「代表選挙投票用紙回収」騒ぎ、結局「根拠薄弱」
http://www.janjanblog.com/archives/14459



http://kazuo-takamatsu.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-b374.html

中央選管、報告書受理せず

本日(9月7日)の一部全国紙でも取り上げられておりますが、私の地元・秋田の県紙である秋田魁新報は、投票用紙回収の件について「中央選管は不受理」という大きな見出しで次のように報じております。

以下、一部を抜粋しました。

白紙の投票用紙の提出を依頼したとされる問題で、党中央代表選挙管理委員会は6日、党県代表選管の報告について、『根拠が不明確』などとして受理しなかった。県代表選管に対し、調査を尽くしてから報告するよう求めた。

中央選管はこの日、高松議員と県代表選管の佐藤哲治委員長(秋田市議)から聴き取りした上で▽白紙の票を高松議員事務所に届けるよう依頼したとされる人物が特定できていない▽県代表選管が委員会を開いたり、高松議員本人から事情を聴いたりしていない―などを理由に不受理とした。

聴き取りに対し、高松議員は『事実無根。私を含めた『当事者』とされる人が県代表選管から何も事情を聴かれておらず、手続き自体もおかしい』と主張。(※以下省略、全文は本日付紙面でご確認ください)

魁紙には、このように書かれております。

この報道内容を皆さんはどう受け止めたでしょうか。ひと言で申し上げるならば、党の権威ある中央選管が、秋田から提出されたものは「根拠が不明確であり、受理できない」とつき返したということに他なりません。

この件に関して、多くの皆さんから激励のメールが寄せられております。この場を借りて、皆さんのご厚情に深謝を申し上げます。


続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2010-09-08 08:06 | 新しい政治をめざして | Trackback