エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:介護報酬 ( 22 ) タグの人気記事

選挙が終わってから急性期病床3割削減

衆院選が終わってから、安倍政府は介護報酬カット/急性期病床の3割削減への議論を本格化させました。
介護報酬の引き下げもです。

選挙が終わるまでは、都合が悪いことは伏せておく。いつものパターンです。

急性期病床の3割削減は正に暴挙。地域医療の崩壊を招きかねない。
そして、急性期の治っていない状態の人が、「医療・介護の連携」の名の下に、在宅介護にも送られていく。
ご家族の負担が増えることにもなりかねません。

そして、介護報酬のカット。特にデイサービスがピンチに立たされます。

いつ利用している事業者が成り立たなくなれば、それこそ、利用者も「難民」になってしまう。

また、リハビリを重視という。それは結構なことですよ。
しかし、他方で、いろいろな人と交流しながらゆっくり過ごすというタイプのサービスだってあっていい。
そもそも、介護保険を民間事業者に任せたのは、サービスの多様性を担保するためではなかったのか?

マクロで言えば、社会保障を「負担」一辺倒にみるのがそもそもおかしい。
「内需拡大」という側面も見るべきである。そうでないから、社会保障はカットし、お友達の大学のためにお金を使ったりするのは良い、ということになるのですよ。




More
by hiroseto2004 | 2017-10-28 15:16 | 介護・福祉・医療 | Trackback
消費税を社会保障に使うと言っておいて介護報酬を引き下げた安倍政権にNO #比例代表は日本共産党

消費税は社会保障に使う。これが自民党の言い分であり、2014年の増税の前提でもありました。

しかし、安倍政権は、2015年の介護報酬改定で介護報酬を引き下げ。その結果として、介護事業者の倒産が相次ぎました。また、現場の給料が上がらないために、人手不足も深刻です。虐待をしたり、「誰某が嫌だ」などという理由ですぐ辞めたりする人も雇わざるを得なくなる有り様です。

介護保険制度の改悪に一貫して反対してきた日本共産党。
消費税増税より不公平税制の是正を主張してきた日本共産党。

#比例代表はなるべく日本共産党
#小選挙区は介護職給与引き上げを民進党代表選挙で公約した枝野さんの立憲民主党や共産党と同じく不公平税制の是正を主張している社民党など立憲野党や立憲無所属の候補者へ


by hiroseto2004 | 2017-10-19 13:00 | 衆院選2017 | Trackback

俺は基本、労働者に徹底して味方したい。

だけど、介護現場に、「社会人としてみてもどうかな?」という人も多いのが事実。
突然、辞めて、翌日以降のシフトにドーンと穴が開くとか、そういうことが多すぎるのが実情です。


はっきり言えば、就業規則に辞める一ヶ月前には通告しろ、と書いてある以上、辞める一ヶ月前に通告しないのは契約違反である。(判例では、就業規則の規定が一ヶ月前までなら、労基法違反ではない、一ヶ月以上だと違反だということになっている。)

若者だけじゃなく、年配者もその点(「社会人としてみてもどうかな?!」)は変わらない。

「こんなキツい仕事をこんなに安くやってやっている」

というのがみえみえのベテラン労働者も少なからず、利用者に悪影響を及ぼすでしょう。


しかし、突き詰めれば、結局、待遇が悪いから、「この程度」の人も採用せざるを得ない。そういう状況に経営者もある。


安倍政権の介護報酬の引き下げが大失敗だった。


待遇を上げることが可能になれば経営者も「問題人物」を採用せざるを得ない状況は脱却できる。

緊急に手を打たないと、特にご利用者様とご家族が大変です。

国の財源の使いみちを変えれば対策は打てるのです。


by hiroseto2004 | 2017-08-05 18:43 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
安倍総理にうかがいたい 「介護報酬カット」「要介護1・2切り捨て」「介護職員処遇改善法案廃案」で「介護離職」ゼロを本当にできるのか?

安倍総理は2015年9月の自民党総裁再選に当たり「介護離職ゼロ」を掲げました。
ご家族の介護で職を離れる人が出ないように。
これが総理の狙いです。
それ自体は大いに結構です。





在宅介護というのも、こういってはなんですが、きわめて難しいのは明らかです。
「自宅で家族が主体となって介護というのは、きわめて難しい。」
このように政府が認識したことでも大きな変化ではあります。
それは大変結構なことですが、「言うこととやることが正反対」
というのが一番の問題です。
第一に、2015年4月の介護保険改悪で介護報酬を削減していることです。さらに、「要支援」対象者の切り捨てを進めていることです。
第二に、2018年4月にも要介護1、2の生活支援サービスを介護保険からはずそうとしていることです。
第三に、五野党が提出した介護職員の処遇改善法案を自公および、自公補完勢力の「おおさか維新」がつぶしたことです。
これらのことをやっておきながら、どうやって「介護離職ゼロ」を実現していこうというのか。
総理に伺いたいものです。

by hiroseto2004 | 2016-07-07 07:45 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ
役人からヘルパーへ 著者より。
145日+94日目の勤務です。

e0094315_21302035.jpg


More
by hiroseto2004 | 2015-12-21 21:27 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ
役人からヘルパーへ。145日+33日目の出勤です。
思えば1年前の昨日、職業訓練校に入校し、介護の道に踏み出しました。

そして、9ヶ月前の昨日、ヘルパーとして働き出しました。


More
by hiroseto2004 | 2015-09-26 15:24 | 役人からヘルパーへ | Trackback
役人からヘルパーへ。61日目の出勤です。
昨日、今日と雲がほとんどない空です。
明日からは、広島県内でも統一地方選挙が、広島市長選挙を皮切りにスタートします。
今の国は、いくら地方創生といっても、片方で、庶民増税、介護報酬カット、子育て手当てカット。そんな中では、地方の庶民に寄り添う姿勢の方に多く、地方議員や首長になっていただきたい。
不要不急の事業をやめ、被災者に寄り添った生活再建に重点を置く方に特に首長になっていただきたい。
また、総理が戦争支援には大盤振る舞い、東日本などの被災者支援は不十分な中、「海外派兵より被災者支援」を国に求められる方に特に被災地かつ平和都市の広島市長になっていただきたい。
フクシマが収束もしないのに、原発が進められる中、伊方原発廃止、上関原発撤回で原発のない瀬戸内海を求める方に多く地方議員や首長になっていただきたい。
安倍晋三総理が国会で多数でありさえすれば何をしてもいいと言わんばかりのいま、市民に耳を傾ける方に特に首長になっていただきたい。
このように思います。
今日も良い1日を!
by hiroseto2004 | 2015-03-28 09:29 | 役人からヘルパーへ | Trackback
e0094315_7343279.jpg

【役人からヘルパーへ26日目の出勤です・・勤務条件により郊外勤務のヘルパーが行きたくても行けなかった広島市中心部でのデモ・集会】
役人からヘルパーへ。26日目の出勤です。
今日は立春です。暦は春とは名ばかり。冷えますね!さて、わたくし・さとうしゅういちがこの一ヶ月あまり、ヘルパーとして勤務してきましたが、なかなか土日は休めません。土日の市民運動のイベントには参加できない状態が続きました。

さらに、勤務場所も徒歩やバス、電車で広島市中心部から1時間以上くらいかかります。
そういう場所ですから、平日夕方18時集合などというデモも参加は困難です。
この一ヶ月でも、上記の理由から、少なくとも五回のイベントやデモに参加できませんでした。

役人時代や介護事務時代には、参加できたイベントやデモに参加できないのはもどかしい思いはあります。
介護労働者の環境は改善しなければならないが、改善しなければならない状態にあるがゆえに、デモや集会に参加できず、改善が遅れてきた構造はあると改めて実感しました。

デモや集会に参加できている方には頑張っていただきたい。しかし、デモや集会に参加しづらい介護労働者のような人の声も伝える工夫を介護労働者として、わたしもしていきたいと思いいます。最近、ヘルパーとしての仕事着で演説するのもその一つです。また、アイデアなどありましたらお寄せください。
by hiroseto2004 | 2015-02-04 07:34 | 役人からヘルパーへ | Trackback
e0094315_7141239.jpg

【役人からヘルパーへ、12日目】
役人からヘルパーへ!12日目の出勤です。
介護職員給与は上げるというが、しかし、結局は経営者次第です。一方で報酬は2・27%引き下げと決定。そもそも、消費税増税とアベノミクス物価上昇で、介護事業者も相当な負担増加なのに。公務員や議員給与は上がる中で憤りを感じます。一方で、ここまで物価が上昇する中で公務員給与を引き下げろとまでは言いません。
むしろ、格差是正で、安心して暮らせるようにすべく、介護労働者側の政治力も上げないといけないと痛感します。
今日は、さとうしゅういち事務所の整理の後、可部線で出勤です。
皆様、今日も良い1日を!
by hiroseto2004 | 2015-01-13 07:14 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ
e0094315_07205723.jpg
たま役人からヘル役人からヘルパーへ。今日は9日目の出勤です。
写真は沈む直前のお月様。東区の自宅付近です。
介護報酬引き下げの議論は当初の財務省案の6%からは圧縮される線で厚労省と財務省の交渉ということです。
確かに社会福祉法人の中には、不適切に利益を貯めているところもあり、地方議員との癒着も指摘されています。
ただ、報酬引き下げは、例えばデイサービスを直撃し、撤退する株式会社も出かねない。
介護職員の給料はあげるというがその具体的かつ効果的なスキームはなく、事業者任せ。
結局、経営者が労働者にしわ寄せして終わるが、さらに人手不足という悪循環になりかねません。
事業者が労働者にきちんと還元する仕組みこそ今、求められています。




つづきはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2015-01-09 07:33 | 役人からヘルパーへ | Trackback