エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

タグ:介護職員 ( 13 ) タグの人気記事

俺(本社社主)は、介護の給料を上げると約束する枝野さん推しだな

野党共闘云々も大事。
だけど、わたしは、介護職の給料を上げると(前原さんよりは)ハッキリ約束している枝野さんに期待ですね。


枝野さんの脱・緊縮財政宣言
「リアリズム」は経済政策でも貫く、と明言した。
《私は緊縮財政論者だと批判されています。しかし、ここで明言します。現状の私は緊縮財政論者ではないし、いまの日本の状況で緊縮はありえません。
いまの安倍政権が取り組んでいる金融緩和を、政権交代で打ち切ることは不可能です。私が首相になっても継続します。金融政策は時々の状況で判断するもの。「べき論」だけでは進められない。》
脱緊縮派宣言である。無駄は削りつつ、しっかり財政出動をする。ただ、自民党とは、お金の使い道が違うのだと強調する。
《看護師、介護職員、保育士など、低賃金で潜在需要がある、公的な仕事があります。その賃金底上げのために、財政出動をします。
これは景気対策なんです。正しい理念だからということもありますが、景気対策だからやるんです。》
労働者は、自分の利益のためにこの政治家を推す、ということをもっとやって良いと思うし、それは恥ずかしいことではない。

逆に、サービス受給者の立場で「現物サービス充実」に期待して、前原さん推し、というお年寄りがいても、それはそれで尊重しますよ。

とにかく、大金持ちや大企業幹部は、一生懸命、「自分の利益のために政治家を推す」のをやっているんだから。

最終的に、いろんな利益代弁者が議論して決まるのが民主主義国家なんだから。


by hiroseto2004 | 2017-08-22 20:16 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
今日は、わたしにとり、ヘルパーとして今の会社での一周年でした。

あっという間の一年ですが、まずは、ここまで仕事を続けられたことに感謝です。

その上で、この国が抱えるいろいろな課題も見えてきました。

やはり、今日のような祝日でも、GWでも休みではないことが多いのが介護者。
家族からの不満も高まります。それなのに、給料は低いとあれば、なかなか人材が定着しづらいのも当然です。






More
by hiroseto2004 | 2016-08-11 22:38 | 役人からヘルパーへ | Trackback


https://www.change.org/p/介護職の想い-介護職員が-しんどくて辞めずに働き続けられるように-誰もが必要な介護を-安心して受けられるために-国に声を届けます?recruiter=33239821&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=autopublish&utm_term=des-lg-share_petition-no_msg&fb_ref=Default

私たちは、介護現場で働く介護職員です。私たちは、日々、慢性的な人手不足の中、大人数の高齢者や、介護が必要な方々の生活を、必死に支えています。身体が動けなくなっても、認知症になっても、安心して、地域や施設で暮らしてもらえるように、走り回っています。




More
by hiroseto2004 | 2016-07-22 21:14 | 介護・福祉・医療 | Trackback

三連休も出勤でした

三連休も出勤でした。
これが介護職の実際です。

三連休が一日もやすめないなら家族の苦情も出ます。

それなりの処遇改善を政治が責任をもってしてほしい。

安倍総理の「ヤルヤル詐欺」を許さないため、市民・野党連合とともに奮闘を!

by hiroseto2004 | 2016-07-18 07:05 | 役人からヘルパーへ | Trackback
 おおさか維新の足立康史衆院議員よ。

民進党を「アホ」呼ばわりした発言は百歩譲って許す。許す余地はある。
民進党にも正直「アホ」な部分はたくさんあると思いますよ。
足立議員は指摘しなかったが、たとえば、熊本大震災の後、きっぱり「川内原発を止めろ」と言えないで補選の足を引っ張ったこととか
「アホ」といえるかもしれません。

しかし、足立議員らおおさか維新の許しがたいところは、野党が提出した介護職員の処遇改善を求める法案を、ろくに審議もしないまま、与党と一緒につぶしたことです。

「たいがいにせいよ。」
と申し上げたい。

お年寄りの介護に、GWも正月もありません。
我々介護職員の多くは、GWも通常とそうかわらない勤務で、「遊びに行けない」などと家族に文句を言われながらでも働いています。

しかるに今次通常国会において、足立康史議員らおおさか維新は、与党と一緒に、処遇改善法案をつぶしてしまった。

本当に許しがたい。

繰り返す。
「アホ」くらい言っても許す余地はある。
しかし、今度、また介護職員の処遇改善をつぶしたら、「おおばか維新」の称号を差し上げますよ。

by hiroseto2004 | 2016-05-01 17:32 | 役人からヘルパーへ | Trackback

介護職員、熊本県で不足

 介護職員が不足しています。介護職員自身の被災や、避難した高齢者が介護保険を利用していることなどもあります。
 ともあれ、「福祉社会こそ災害に強い社会」は、今後の災害でも教訓になることです。

<熊本地震>介護職員130人不足 厚労省が派遣要請

毎日新聞 4月30日(土)20時10分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000074-mai-soci


熊本地震の影響により、熊本県内の10市町村の高齢者施設で介護や看護スタッフが少なくとも約130人不足していることが県の調査でわかった。職員自身が被災して勤務できなかったり、避難した高齢者が介護施設を利用しニーズが増えたりしていることが原因。県は厚生労働省に報告しており、同省から要請を受けた各地の団体が応援の派遣を始めている。

 県は地震を受け、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、グループホームなど県内計730施設の大半に要員の調査を実施した。その結果、33施設が職員不足を訴え計127人(4月30日現在)の派遣を求めた。市町村別は、熊本市77人▽益城町14人▽南阿蘇村9人▽嘉島町7人▽美里町6人▽御船町5人▽氷川町3人▽宇城市3人▽甲佐町2人▽阿蘇市1人。要望する職種の大半は介護職で、看護師や施設の調理師などもあった。あくまでも要望人数であり、実際の不足数はさらに多い可能性がある。

 県によると、職員が被災し勤務できない職員が出ていることが人手不足の主な要因。加えて避難所生活に耐えられない高齢者がショートステイを利用するなど、施設の利用も増えて手が回らない施設も出ている。以前から人手不足で、地震が追い打ちをかけている例もあるという。

 厚労省によると、27日までに関係団体や自治体を通じて、全国から派遣可能として1000人以上の登録があり、団体を通じて施設側の希望とのマッチングが始まっている。県高齢者支援課は「個別にボランティアが入っているところもあるが、介護の現場は24時間体制で、一日たりとも休めない。早く人員不足を埋めていかなければいけない」と対応を急いでいる。

 県によると、障害者支援施設でも、熊本市などの5施設で生活支援員など30人が不足。児童養護施設では同市などの3施設で児童指導員など10人が足りていない。【佐野格】

by hiroseto2004 | 2016-04-30 21:20 | 熊本・大分大震災 | Trackback
広島ブログ
以下、つくだ守生さんによる報道です。

日本共産党の辻つねお広島県議は4日の県議会生活福祉保健委員会で、介護職員の処遇改善を求めました。



More
by hiroseto2004 | 2015-12-07 22:59 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ

「安倍首相、特養の追加整備指示=介護離職ゼロへ40万人分超に」

との記事。これは、「介護職員」を「適正な待遇」で増やさなければ無理な話です。


More
by hiroseto2004 | 2015-11-25 22:56 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ
e0094315_09271289.jpg

役人からヘルパーへ。60日目の出勤です。
わたくし・さとうしゅういちは、2015年に入ってからは、基本的にヘルパーの仕事着であるジャージ姿で街頭演説を行っています。
それは、わたくし・さとうしゅういち自身が介護現場を指導する行政マン時代から、「介護で働くみなさんのやる気、責任感に社会全体がただのりしている」という問題意識があったからです。
その根源には、介護職員が女性の割合が多いこと。女性の仕事は経済的に低く評価され、その根源には、女性議員が少ないなどのジェンダー不平等があること。

介護職員は、勤務が不規則で、土日中心の政党や市民運動の集会に出にくいこともあり、余計に政治に声が伝わりにくくなります。

こうした現状を是正することもわたくし・さとうしゅういち自身のライフワークです。
そのためには、介護職員が、選挙に関わり、政治家から認識されることが大事であるとも考えています。
ですから、わたくし・さとうしゅういちは、介護職員の仕事着であるジャージ姿で、野党の予定候補の応援演説を安佐南区や東区など広島市各地で行います。

e0094315_09204655.jpg
今日も良い1日を!



More
by hiroseto2004 | 2015-03-26 09:39 | 役人からヘルパーへ | Trackback
【大量生産人材大量浪費から持続可能な介護へ】
日本は戦後ずっと資源大量浪費大量生産大量消費を追求してきたことに異論はないでしょう。
介護も、大量に特に若者を使い捨て、サービス需要を掘り起こして大量供給するというビジネスモデルが主流になってしまっています。
本当にこれでいいのか?
軽度な人には過剰なサービス供給になっている場合もあります。前もご紹介したとおり、本来被保険者(利用者)の立場にたつべきケアマネが、現実には単独では食えないため、介護施設と同じグループの居宅介護支援事業所のケアマネにならざるをえない。結局、経営者のために、サービスを無理に掘り起こす営業マンをさせられがちです。さらに、実際にサービスを提供する職員は使い捨てである。

一方、一般庶民が高齢になっても安心して暮らせる住まいは不足しています。
かくのごとく、ムリやムラが多い現状があります。

ケアマネの公務員化または、食える水準への報酬引き上げで、独立性を確保し、過剰なサービス掘り起こしはさせないこと。サービス提供現場も人材大量浪費でサービス大量生産ではなく適正な賃金で質を確保すること。
一方で、賃貸住宅政策の充実を組み合わせ、年を取っても安心して暮らせるようにする場所を確保すること。
また、お年寄りも働きたい人は働ける仕組みをつくること。リハビリ効果もあります。

若者に元気を、お年寄りに安心を。介護保険発足から来年で十五年になりますが、今までの問題を踏まえ、直すべきは直さねばなりません。

ケアマネ公務員化論
http://hiroseto.exblog.jp/21700126/
by hiroseto2004 | 2014-02-21 17:24 | 介護・福祉・医療 | Trackback