エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:小池百合子 ( 32 ) タグの人気記事

今回の森友学園事件を通じて明らかになったことは

1,安倍晋三皇帝・昭恵皇后両陛下と「思想的」にお友達の人間だけが、良い思いをする状態になっていること。

2,そうした状態を維持するため、安倍皇帝への個人崇拝に近い洗脳運動をしていること。
・「そうはいっても安倍さんでなければ外交はだめ」「安倍さんでなければ経済はダメ」などという趣旨のマスコミ人や大学教授による「宣伝」。
・籠池のおっさん(日本会議)や文部科学省的な、偏った定義に基づいた「郷土愛」や「伝統」を強調し、国民はおとなしくしろと言わんばかりの古くさい思想双方。
 双方に分けられる。

これは、チャウシェスク大統領夫妻時代のルーマニアで顕著でした。もう一つの夫婦による独裁と言えば東ドイツ(ドイツ民主共和国)のホーネッカー議長夫妻もそうでしょう。そして、アフリカのいわゆる「失敗国家」では日常的に今でも起きていることです。

東ドイツの場合は、与党の社会主義統一党の他に形式的な野党(衛星政党)が存在しています。
今の日本も、特に、日本維新の会とか、民進党の一部の議員や、大手企業労組一部幹部(組織内議員)の動きを見ると、「衛星政党」としかいえない動きに見えますがいかがでしょうか?

もちろん、そのような「縁故主義」経済では、上手くいかなくなるのはルーマニア、東独、アフリカを見ても明らかです。
あるいは、日本国内の一部の自治体の過疎化の要因も、現実にはそういう縁故主義の腐った実態に嫌気が差して若者が流出しているという問題は無視できないように思えます。そうした、腐ったものを国政レベルまで持ち込んだのが安倍ジャパンであるともいえます。
その背景には、小選挙区制を含む「政治改革」で、議員が総理に逆らいにくくなったと言うことや、「内閣人事局」制度の導入があるでしょう。

付記すると、そうした性質を持っていた自民党政治をぶっ叩くパフォーマンスで小泉純一郎さんはバカ受けし、新自由主義を進めたともいえます。小池百合子さんもそういう路線を狙っているのでしょう。

バンカラ自民(安倍縁故主義)か、ハイカラ自民(小泉・小池新自由主義)かの選択肢しかないというのはあまりにも不毛です。

非安倍で非小泉・小池の第三の道、すなわち、縁故主義を排しつつ、格差是正を行う。
そういう方向をきちんと野党連合は打ち出さなければなりません。


by hiroseto2004 | 2017-03-26 14:37 | 安倍ジャパン | Trackback
石原慎太郎さんは、本日の証人喚問で醜態をさらしました。

正直、石原慎太郎を現役の時にもっとチェックできていれば、ここまでひどいことにはならなかったのに、という思いはあります。

さて、公明党と都民ファースト(極右で有名な野田数代表)が都議選へ向けて連携しています。

冷静に考えると、公明党+大都市部の極右+一部リベラル(インテリ層)と言えば「新進党」です。

新進党は、農村部の自民党(農業、医師会など)や、旧日本社会党(自治労・日教組)へのアンチパシーを持つ人々を糾合したといえるでしょう。

もっと言ってしまうと、当時の自社さ政権=「田舎自民の古くささ」も嫌い、「自治労・日教組」も嫌い、という人が、「野合」したのが新進党である。

そして、経済政策では、自民党を右へ引っ張っていったといえるでしょう。
海外派兵という意味では、当時の自社さ政権を右へ引っ張っていった。
ただし、先の大戦への反省だけは、自民党よりは積極的であった。
すなわち、先の大戦を反省しつつ、国連の枠組みでガンガン自衛隊を出そう。これが新進党だった。
経済政策について言えば、自民党の企業主義の社会保障には反対であったが、その中身はサッチャー的な
小さな政府論と、一部リベラルの個人単位のセーフティネット論(江田五月さんあたりが主張)が「アンチ自民、アンチ自治労・日教組的」なところを落としどころにしていたといえます。
結果として、全体として自民党を右へ引っ張っていったのが1990年代の新進党の役目であったと総括できます。

それを20年後に復活させようとしているのが、小池百合子さんではないか?
細川護煕さん、ついで小沢一郎さんの腹心であった小池さんが安倍総理が揺らぎだした今、総理を虎視眈々と狙っているという所でしょう。

公明党+野田数的(大都会の)極右+大都市のグローバルインテリを基盤とする政党(勢力)。
新進党ともいえるし、2001年の小泉政権ともいえる。(その意味では小泉政権は「新進党政権」だった、という言い方も可能です)。




by hiroseto2004 | 2017-03-20 21:12 | 東京都政 | Trackback

外環道は小池知事になってから強行されましたよね?

外環道は、小池知事になって、なんと日曜日(2月18日)にいきなり強行着工ですよね?

この問題は、日本共産党は衆院議員も都議も区議もそうがかりで抗議行動に参加されましたことに敬意を表します。
それとともに、都議選では十分争点にすべきでしょう。

東京23区の人口密度なら、クルマなんて乗らなくても暮らせるんだから。

世田谷区西部と杉並区西部の新玉川線沿線~小田急線沿線~京王線沿線~井の頭線沿線~中央線沿線~西武新宿線沿線くらいの間を埋める南北方向の公共交通を充実すれば良いんですよ。既存の路線バスでもよいし、LRTでも良い。

そういう方向で、しっかり訴えを。

お願いしますよ、FBFの日本共産党東京都議会議員の皆様!

元杉並区民、元世田谷区民より。


by hiroseto2004 | 2017-02-21 22:01 | 東京都政 | Trackback

2018年2月18日現在の状況は以下です。

1,ブルジョワマスコミ(大手マスコミ)の立ち位置は、「ポストモダニズム」(ネトウヨが呼ぶところの「新自由主義パヨク」)である。国内では小泉純一郎、小池百合子、民進党右派や、メルケル、ブレア、クリントンに近い。

2,マスコミは、同じポストモダニズムの小池百合子東京都知事を熱狂的に絶賛する一方で、トランプ大統領には批判的である。

3,他方、日本の大手マスコミは、トランプとほぼ同じ立ち位置の安倍晋三さんには、腰が引けている。やはり、「遠くのものは批判できても近くのものには及び腰」ということだろう。

4,連合傘下の労働貴族は急速に安倍晋三にすり寄っている。これは、アメリカのラストベルトの労働組合幹部も含めた白人労働者がトランプにすり寄ったのと似ている。→

民進党は「労働貴族党」から脱却のチャンスだ・・化学総連、自民支持へ


5,民進党は小池にすり寄るも、疎んぜられている。同じ「ポストモダニズム」仲間でも、「悪印象」がある民進党とは組みたくないという思いがある。→「トランプ安倍」への対抗策は「クリントン小池」に抱きつくしかないのですか?東京民進党・・新会派名は「東京改革議員団」
※本当は、小池さんも日本新党ご出身と言うことで、根は民主党内ポストモダン派と一緒なのだが、自民党を経由したために、イメージがロンダリングされていると言うことだろう。

6,マスコミは、安倍にへりくだりつつ、小池も応援する構図。これに対して、左上の「多様性尊重」&再分配重視の領域を、市民・労働者が強めていかなければならない。ただ、「左上」領域の活動家や議員内部にも動揺が有り、トランプにすがったり、小池にすがったりと、混乱が見られる。

7,なお、世界的には、右上の「ポストモダニズム」が、下側(国家主義)と左上(新しい左派)の挟撃でフルボッコにされつつある。



e0094315_10425968.png






by hiroseto2004 | 2017-02-18 10:55 | 思想・哲学 | Trackback
今の日本政界は
1,安倍自民党=労働貴族(化学総連、本音では連合の企業労組総体)+田舎お金持ち=トランプ的
2,小池知事=都会のグローバル・インテリ=ヒラリー・クリントン的
が人気を二分しているように思えます。

しかし、圧倒的多数のグローバルインテリでもない、労働貴族でもない、田舎のお金持ちでもない
フツーの労働者・市民の利益を代表する勢力が弱い。
企業主義・家族主義のセーフティネットを改め、個人主義のセーフティネットにする。
それが、緊急の課題でした。産業構造の変化が激しくなり、非正規も増え、終身雇用も
非現実化する中で、ここが本来、もっと可及的速やかに取り組まれるべき課題です。
本来、小沢一郎~鳩山代表の時代の民主党が、そうした傾向の政策を掲げていました。

しかし、政権に就いた後、官僚に敗北し、ぐだぐだになってしまったのです。

いま、もういちど、圧倒的多数の労働者・市民のための政治勢力を再興することが必要です。
アメリカで言えばサンダース、欧州で言えばスペインのポデモスやイギリスのコービンです。

野党共闘は頼りない。しかし、それでも、そういう方向での法案を共同で提案するなど、一定の頑張りが見られるし、市民も野党共闘のそういう部分を応援していかなければならないと思います。

ところが、今の民進党、特に東京の民進党は、小池さん=都会のグローバルインテリ党=日本版ヒラリー・クリントンに完全に抱きついてしまいました。

by hiroseto2004 | 2017-02-16 07:56 | 東京都政 | Trackback
アメリカも日本も小選挙区制の国です。

また、ともに、トランプと安倍という、古い田舎政治家タイプ(田舎お金持ちと重厚長大を支持基盤としている)の首脳が21世紀に登場しています。

しかし、両国の違いは大きい。

それは対抗するリベラルの力量の差です。

アメリカリベラルの民主党のクオモニューヨーク知事は、公立大学の無償化を決断し、原発廃炉を後押ししています。

日本のリベラルは、東京では、日本版ヒラリー・クリントンとも言える小池百合子知事に「すり寄るしかない」的な風潮になっています。

大都市のグローバルインテリを基盤とするヒラリー・クリントン的な政治の焼き直しの小池知事であっても、東京都政では、財政が豊かなので一定程度庶民にも恩恵はあるでしょう。言い換えれば、財政が豊かなために小池さんは左派にも大手企業にもウケる政策をとれるだけの話です。

しかし、小池さんが総理になった場合には、日本全国では、弱者から切り捨てられることになりかねないでしょう。

本社関連記事

「トランプ安倍」vs「クリントン小池」という二者択一でいいのか?

正面突破でボロボロ橋下、融通無碍でまんまと総理へ?小池


他サイト参考記事

by hiroseto2004 | 2017-02-07 12:41 | 思想・哲学 | Trackback(1)
正面突破でボロボロ橋下、融通無碍でまんまと総理へ?小池

これは、広島在住者にとって、大阪の方が東京より身近に感じるということもあるのです。
ただ、以下のことは言える。
橋下徹さんはやりたいことが伝わってきた。
だが、小池百合子さんは「都民ファースト」の看板以外、今ひとつ、伝わってこないのです。完全に、マスコミが持ち上げられた部分が大きいのではないか、と思うのです。

一つには、橋下さんは(是非は別として)「自治労・日教組」、そして「既成政党」をぶっ叩いたので、その辺は非常にわかりやすかったのです。

小池さんは、自民党都議団は敵に回すが、労働組合ないし都職員(管理職も含む)を敵に回して何かやらかすということは、寡聞にして存じません。小池さんは政党に対しても、「丸ごと連携」は拒否しつつも、個々の議員レベルでは、柔軟に対応している。「既成政党否定」ではない。何より本人自身がまだ自民党員(のはずです)。

正面突破で、無茶苦茶やってバカ受けしたのが橋下さんなら、用意周到、柔軟、融通無碍(ゆうづうむげ)で味方を増やしたのが小池さんというところでしょうか。

ただ、東京と大阪を比べた場合、東京は圧倒的に財政が豊かです。従って、保育士待遇改善などの左派受けする政策と、大型ハコモノなど大手企業受けする政策を両方打てる。保革双方を切り崩せるという有利な立ち位置に小池さんはある。ハッキリ言ってしまおう。今の日本で、都知事ほどいま人気取りが出来るポストはない。

橋下さんは、財政が厳しい大阪で、「自治労・日教組打倒!」を叫んで現状批判票を集めるしか、支持率を上げる方法を思いつかなかったのだと思います。それは副作用をもたらします。自治労・日教組(および、それに代表される旧来の公務員制度)に変わる仕組みとして橋下さんの「公募」による区長や校長の登用を図ったが不祥事が続いた。やはり、行政自体が上手く立ちゆかなくなってしまうのです。

ただ、どちらにしても、本質的には新自由主義者である。しかし、小池百合子の方が橋下徹よりもはるかに上手(うわて)である。

この人に都知事という財政が豊かな自治体のトップのポストを渡した時点で、露骨に言ってしまえば次期総理へ向けた地盤固めをさせてしまったということになるでしょう。

とはいえ、財政が豊かな中でも、「都民の生活」と「大手企業」のどちらへ「軸足」を置くか。そのことを、都議会各会派は問われます。

by hiroseto2004 | 2017-02-06 10:38 | 東京都政 | Trackback
東京都の新年度予算案。保育士の給与引き上げなどが目玉になっています。
また政党復活予算を廃止しました。


そのこと自体は評価しましょう。

しかし、「この程度のこと」なら、東京都の今の豊かな財政の中では「誰が知事でも出来る」
話ではないでしょうか?

また、予算編成の透明化についても、そもそも国では2010年度に民主党政権が廃止しています。
後追いに過ぎません。

問題は、小池知事が根本的にどちらのスタンスなのか?

(大都市型の)大手企業応援でトリクルダウン都政を目指すのか?
都民の暮らしの不安を直接取り除く都政を目指すのか?

そのことが問われると思います。

現時点では、小池知事は安倍総理のような重厚長大重視のトリクルダウン(旧保守)ではないが、
グローバルインテリ本位の都会保守であると思われます。

それは、公明党や大阪維新、そして、民進党右派とも親和的である。
それらが合体すれば「新・新進党になる」
ということではないでしょうか?


by hiroseto2004 | 2017-01-29 18:01 | 東京都政 | Trackback
豊洲市場の汚染が問題となっています。

宇都宮けんじさんや日本共産党などはすでに取り上げていた話題ではあります。

ただ、小池百合子さんはこれを追い風にするという方針であったことは事実でしょう。

今回、環境基準の79倍ものベンゼンが検出されました。


小池知事や知事側近の都議(音喜多さん)の反応は硬いものがあります。

築地市場の豊洲移転問題をうまく利用して人気取りするつもりが、想定外に悪い結果が出て慌てているという感じが見受けられます。
ガチで移転中止の決断をするかどうかが迫られる。下手をすると政治生命にもかかわりかねない。

参考までに以下のようなネット上の反応もあります。


さて、都政や小池新党について考える場合、以下のようなことを前提とすべきでしょう。

そもそも、小池さんは、自民党本部とは当面は喧嘩しない方針でしょう。
自民党側も、小池新党により、特に民進党の票を割ると言うことを狙うでしょう。
たとえ、自民党東京都連が大阪府連のように、壊滅状態になっても、民進党も同様に壊滅する。
その上で、小池さんを補完勢力として取り込めば、万々歳です。

他方で、安倍総理への世論の不満が今後高まった場合、特に経団連辺りが、小池新党を「次の与党」として
ウラで支援することになるでしょう。
そもそも、商売上は、安倍路線では古くさすぎるという不満もあるでしょう。
そうはいっても、経団連の特に新興企業には重厚長大重視のアベノミクス、労働側に「配慮」する安倍政権の姿勢、田舎にもばらまく政策には
不満もある。中国との関係が悪いもの都合が悪い。
そこで、小池新党=小池+蓮舫+公明党+二階の「新・新進党」を準備するでしょう。

その場合でも、政権を取ることは困難ではあると思います。
しかし、万が一、小池新党=新・新進党が政権を取ると、間違いなく安倍自民党よりもむしろ新自由主義でひどいことになります。

海外派兵もむしろ反対運動が下火になる分、しやすくなるでしょう。
なぜならば、安倍アレルギーを持つ人も与党支持に回るからです。
現状は、一定数の「反安倍世論」の反対運動で、そうはいっても安倍の暴走もこの程度で済んでいるが、「小池総理」だと、世論の抑止力が全く働かなくなる)起きやすくなるでしょう。

くどいようですが
安倍晋三=4年早いトランプ=田舎お金持ち+重厚長大
小池百合子=新自由主義的な部分を凝縮したクリントン(ないし15年遅れの小泉純一郎)=都会のグローバルインテリ+公明党
です。

その狙いを打ち砕くには、とにかく、野党連合は、格差是正・個人の尊厳尊重を軸とした政治を打ち出すべきなのです。
財政出動はするが、その中身は、重厚長大経由の「トリクルダウン」ではなく、「国民の生活を直接支える」という方向にすべきです。
言い換えれば、企業主義・家族主義から個人主義にセーフティネットを張り替えることです。
もちろん、エネルギー政策は、脱原発であるべきですが、この点はおそらく、小池新党と差別化はしにくいでしょう。

再掲 2017年初頭現在の主要政治家の位置
e0094315_12000958.png



by hiroseto2004 | 2017-01-15 17:45 | 新しい政治をめざして | Trackback
小池百合子東京都知事は何を企んでいるのか。
最終的には女性初の首相だとは思います。

ただ、現実には、大阪維新と一緒で、自民党の補完勢力になるのではないでしょうか?

東京では小池新党により、民進党と自民党はゼロに近いまでに壊滅するでしょう。今の大阪と似た状況です。

そもそも、地方保守を基盤とする自民が都会のポストモダニスト=グローバリインテリに勢力を伸ばそうとすると、地方保守の利害と反する部分が出てきます。TPPなどはその最たる例です。あまりに乖離が激しくなってくると、自民党内の求心力低下になりかねない。

そこで、都会保守=ポストモダニストを橋下と小池に「アウトソーシング」してしまう、という構図になるのではないかと予想されます。

他方で、流れによっては、民進党、公明党が、小池・橋下とくっつく可能性もある。その場合は「新・新進党」となる。
風が吹けば政権を取る可能性はある。

ただし、その場合は、安倍総理よりも新自由主義的で、特に地方にとっては極めて厳しい経済政策が取られるのではないかと予想されます。

保育士などの給与改善、奨学金などの充実など、表面的にマスコミで取り上げられた問題については対処しつつも、根本的な格差是正には踏み込まず、新興大手企業が喜ぶ政策をとる(安倍総理は田舎お金持ち+重厚長大が主)。
そういう政治が予想されます。



by hiroseto2004 | 2017-01-12 08:52 | 政治一般 | Trackback