「ほっ」と。キャンペーン

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:広島市 ( 80 ) タグの人気記事








 地方自治体のブラック化が問題になっています。

京都新聞では、滋賀県の職員20人が、年間1000時間以上の残業をしていたと報じられました。

ちなみに、広島市でも、年間1000時間以上の残業は41人にのぼり、最高は、1700時間をこえています。

昨年は、若手女性職員が自殺するという悲劇も起きています。

滋賀県庁で、昨年度の時間外勤務(残業)が年間1000時間を超えた知事部局の職員が20人に上ったことが、県のまとめで分かった。最長の職員は1396時間で、434万円の残業手当が支払われていた。長時間勤務による過労が社会問題となる中、職員の健康や財政への影響が問われそうだ。

 2015年度に1000時間を超えた職員が最多の部署は財政課の9人。同課は「予算編成時期を中心に各部局へのヒアリングや協議の資料作成などで、どうしても遅くなってしまう」とし、個人の残業時間の最長も財政課だった。

 そのほか、子ども青少年局、彦根子ども家庭相談センターでも各3人が1000時間を超えた。同センターは「児童虐待の通告が増え、人も増やしているが件数がそれ以上に伸び、駆け回っている状態」と説明。総合政策部や健康医療福祉部、商工観光労働部、土木交通部など幅広い部局で1000時間を超える職員がいた。

 県も問題視し、各所属での時間外勤務計画や残業ルールをつくってきた。その結果、1000時間以上の職員は13年度の28人、14年度の29人から減少。1人当たりの月平均時間も13年度の18・5時間から15年度は18・3時間に減った。

 ただ依然高水準で、超過勤務手当の総額は16億9300万円(15年度一般会計決算)と高止まりしている。県は本年度さらに定時退庁日の徹底や、2カ月連続で長時間勤務をした職員の所属長に改善策を報告させるなど対策を強化しているという。

 県職員組合の清水庄次執行委員長は、この10年で行政部門の職員が約600人減っていることを挙げ「人は減ったが業務は減らず、質、量ともに職員の負担は増している」と指摘。「職員は責任感で仕事をするが、長時間勤務は命にも関わる問題。疲労などが県民サービスの低下にもつながりかねない」と話し、職員の増員を求めている。


by hiroseto2004 | 2017-02-14 10:13 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
広島市の松井市長は2017年2月6日、記者会見し、2017年度予算案など、市議会2月定例会に提案する議案を発表しました。
(赤字ボールドは本社による。)
ポイント制により、ボランティア活動に参加したり、介護予防事業に参加した人に1万円を上限に現金を支給。
他方、パスピーなどの形で6000円を補助する事業は廃止で検討するそうですが、如何な物でしょうか?

また、要支援の人が利用する事業の内、基準緩和型の事業の報酬を8割程度と想定していますが、如何な物か?
そんなことで、参入する事業者がどれだけいるのか?
問題点は尽きません。




More
by hiroseto2004 | 2017-02-06 18:09 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
高齢者外出、福祉サービス利用とボランティアだけに補助??
広島市は、現行の高齢者用のパスピーなどへの補助を廃止し、福祉サービス利用とボランティア活動参加のための外出に絞って補助するという方針を検討中です。
現行制度は以下。


しかし、普通に、買い物へ行ったり、趣味で外出することも、十分、認知症の予防になるんですけどね。
そもそも、高齢者の暴走事故を理由に高齢者に対して「免許を返上しろ」というなら、高齢者の外出支援は、充実してしかるべきです。

by hiroseto2004 | 2017-02-04 14:41 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島市が「地域公共交通網形成計画」を策定しました。


by hiroseto2004 | 2017-02-04 08:36 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
大雪警報が広島・呉に発令中です!
新幹線も徐行運転など影響が出ました。


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170115/Jiji_20170115X394.html
 日本付近は強い冬型の気圧配置が続き、気象庁は15日、北日本(北海道と東北)から西日本の日本海側を中心に、大雪や吹雪、交通の乱れなどへの警戒を呼び掛けた。東日本や西日本の太平洋側の平地でも大雪になる所があるという。
 同庁によると、北日本から東日本の上空には氷点下39度以下の寒気が流れ込んでおり、強い冬型の気圧配置は16日にかけて続く。北日本から西日本では非常に強い風が吹く見込み。海は大しけとなる所がある。
 降雪や強風で全日空は56便、日本航空も12便が欠航し、計3100人以上に影響した。JR東海と西日本によると、東海道新幹線は一時、浜松―新大阪間の上下線で通常より速度を落として運転。山陽新幹線も西明石―新下関間で徐行運転を行い、いずれも遅れが出た。
 15日午前11時までの24時間降雪量は富山市で48センチ、岐阜県飛騨市で47センチを観測。同11時の積雪は青森市で2メートル51センチ、福島県檜枝岐村で1メートル65センチとなった。広島市でも19センチを観測した。
 16日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸と関東甲信80センチ、東北70センチ、北海道と東海60センチ、中国50センチ、近畿40センチ。
 16日にかけての最大瞬間風速は北海道と北陸35メートル、東北30メートル。波の高さは東北と北陸、近畿、小笠原諸島6メートル、北海道と伊豆諸島、中国5メートルの見込み。 

by hiroseto2004 | 2017-01-15 15:18 | 事故・災害・事件 | Trackback
e0094315_09563097.jpg

e0094315_09565207.jpg
上空1500mで-12度以下という異常な寒波により、広島市や廿日市市など広島県南部でも大雪になりました。
大雪警報が広島市や安芸郡、呉市、大竹市、廿日市市に発令中です!
警戒してください‼

平成29年 1月15日08時22分 広島地方気象台発表

広島県の注意警戒事項



by hiroseto2004 | 2017-01-15 09:55 | 事故・災害・事件 | Trackback(1)
 2015年度から実施された介護保険法「改正」により、広島市でも2017年度から「介護予防・日常生活支援総合事業」が始まります。
対象者は、介護保険において要支援と認定された人と、広島市の場合は「基本チェックリスト」で対象者に該当すると判断された人です。

 窓口は各区の健康長寿課と地域包括支援センターで、まず「対象者窓口確認表」により、介護保険の要支援・要介護認定を申請することを勧める人と、チェックリストによる判定を勧める人を振り分け、該当する人は、ケアプラン案をつくった上で、医師ら専門家で構成される地域ケアマネジメント会議にはかり、対象者に事業を利用してもらいます。
 「介護予防・日常生活支援総合事業」は一般介護予防事業(地域高齢者交流サロンや介護予防拠点、認知症カフェ)と「介護予防・生活支援サービス」の訪問型サービス・通所型サービス(要支援のサービスから訪問介護から通所介護から移行)からなります。
 
「ケアマネジメント会議(仮称)」では、「現行サービス」の利用にするか、「緩和した基準のサービス」(スタッフの資格など事業者の指定要件を緩和)にするかなどを決めます。

2017年4月のスタートへ向けて課題は多く残っています。

・「チェックリスト」の判定は誰が責任を持つのか?市民が不服がある場合、どの部署が対応するのか?
・基準緩和型の通所サービスの利用は、市の案では利用期間は原則3~12ヶ月とされているが、安易なサービスの打ち切りにつながりかねないのではないか?
・現行サービスの利用か、基準緩和型のサービス化の振り分けの基準が不明。
・地域ケアマネジメント会議はどこで行うのか?会議の回数や件数は?
・緩和した基準のサービスは現行サービスの8割程度の報酬単価としているが、低すぎないのか?そもそも介護業界で人手不足の現在、手を挙げる事業者がいるのか?手を挙げたとして持続可能なのか?
等の問題点が明確化ないし解決されていません。
このままではサービスの量・質とも確保できず、大混乱になりかねません。




by hiroseto2004 | 2016-12-05 22:34 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
台風13号と前線の影響で全国的に大雨。広島市東区でも21時30分過ぎから雷鳴を伴った大雨になっています。
広島県北部の庄原市では大雨洪水警報、そのほかの地域にも大雨や洪水、雷などの注意報です。
熊本・大分大震災や北海道・東北大水害の被災地の皆様、特にご注意ください。

by hiroseto2004 | 2016-09-07 21:54 | 事故・災害・事件 | Trackback
現在、広島市、呉市などの広島・呉地方全域に大雨洪水警報です。

広島市東区の広島瀬戸内新聞本社でも午前1時頃から激しい雨が降り始めました。
降り始めからの広島市中区の雨量は7時で47ミリ、8時で53.5ミリに達しました。
呉市では8時現在57.5ミリ、大竹市では75.5ミリに達しています。
山口県岩国市では90ミリに達し、100ミリに迫っています。
今後も、強い雨雲が山口や九州北部にあり、広島へ向かっています。
どうぞ、警戒してください。
危険な崖や川には近づかないことです。

土砂災害警戒判定メッシュ情報


by hiroseto2004 | 2016-07-13 07:26 | 事故・災害・事件 | Trackback
http://www.jma.go.jp/jp/warn/3410000.html
大雨洪水警報が出ました。警戒してください。
ここ3週間ほどの雨の量は異常です。土砂災害などに警戒しましょう。

平成28年 7月12日21時38分 広島地方気象台発表

広島県の注意警戒事項
 広島県では、土砂災害に警戒してください。南部では、低い土地の浸水や河川の増水に警戒してください。


===================================
広島市 [発表]大雨(土砂災害、浸水害),洪水警報 [継続]雷注意報 
 特記事項 土砂災害警戒 浸水警戒 
 土砂災害 警戒期間 13日未明から 13日夕方まで
   注意期間 13日夜のはじめ頃まで
 浸水 警戒期間 13日未明から 13日昼前まで
   注意期間 13日昼過ぎまで
   3時間最大雨量 80ミリ
 洪水 警戒期間 13日未明から 13日昼前まで
   注意期間 13日昼過ぎまで
 雷 注意期間 13日夕方まで
 付加事項 はん濫 竜巻

by hiroseto2004 | 2016-07-12 22:11 | 事故・災害・事件 | Trackback