エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:新しい政治をめざして ( 139 ) タグの人気記事

by hiroseto2004 | 2017-07-31 23:59 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
今のような激動に当たって、最終的に責任を取りきれるのは、官僚ではなく、選挙で選ばれた政治家です。

官僚は微調整には強いが、凄まじい変動には対応しきれない。また、対応したら今度は議会軽視、憲法違反になりかねない。

また、先進国に移行した日本では、公正な分配が課題になります。官僚による調整よりは、政治家のリーダーシップが有効です。

ならば、上級国家公務員も、政治任用とすべきです。

また、地方については、本庁局長ないし部長以上は、直接選挙でよいのです。なぜならば、地方自治体の局長や部長は大臣に相当します。

ただ、例えば資格は試験合格者に限り、質は担保する。現実には、職員から首長の政策に忠実な人を老若男女問わず選び、首長【候補】が、名簿を有権者に提出し、セットで選んでもらう、という手を考えたらどうか?

その政権が成果があがらないなら、有権者は、首長を落選させ、また、局長や部長もやめさせる【措置はもとの平職員降格】。

自治体も激しい変化にあるなか、いままでの制度では、責任ある仕事はできないと考えられます。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-12-26 00:41 | 新しい政治をめざして | Trackback

国会議員白書スタート!

janjanの国会議員白書がスタートしました。

議員本来の議会活動で、議員を評価するのに役立つ、ということです。

地縁・血縁や利益誘導、あるいは、最近ではマスコミの面白おかしい報道などではなく、議会活動で、評価する。そういう気風を根付かせたいですね。

http://www.janjan.jp/editor/0812/0812170667/1.php


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-12-18 20:10 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
小沢一郎さんが昨日、ラジオで、息子が派遣労働者だと明しました。「政権を担当したら非正規の問題に積極的に取り組みたい」と言うことをいったそうです。【17日中国新聞朝刊】

http://www.dpj.or.jp/news/?num=14790

以上の民主党ホームページによると、息子さんのことは出ていませんが、
「・・・一定の生活ができるセーフティネットを築かなければ不公正、不平等な弱肉強食の世の中になってしまうと述べると、非正規労働者と正規労働者の均等待遇など制度設計を講じる必要があると語った。

 そのうえで、日本を米国頼みではなく内需でお互いが働き、生産者と消費者、労働者と経営者が協力し合える仕組みを精神論ではなく、社会の仕組みとしてつくっていくべきだと強調。「夢を努力で実現できる社会にするためには政治が機能しなければならない」として、明治維新で成し遂げたように、「夢をもってれば力を合わせれば日本は必ず再建できると信じている」と熱く語った。
 
 若者に対しては、「民主主義は、いい政治、いい行政を国民が決定できる仕組みであり、主権者は国民。政治は国民の生活を守ることが最大の使命。担当する人間を決定する権限を(国民が)もっている」として、その権限を行使するべきと呼びかけた。」ということです。


小沢一郎さんがえらいのは、問題を個人的に処理しようとせず、労働者全体の問題として捉え解決しようとしていること。小沢一郎さんなら、息子さんを、知り合いの企業に突っ込むくらい簡単でしょうが、それはしない。そして、労働者階級全体を良くしようとする。

素晴らしいことです。

問題を特権を悪用し、個人的に処理し、あとは国民に対して自己責任だとのたまう議員・公務員がいかにおおいことか?

小沢一郎さんの姿勢は当たり前かもしれないが、今の日本では光って見えます。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-12-17 07:34 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback(1)
Excite エキサイト : 政治ニュース

2008年12月6日 21時03分
<自民>「話し合い解散ある」党幹部 選挙前の首相退陣論も
 度重なる発言修正など麻生太郎首相の迷走ぶりに、自民党内で今後の政権運営への危機感が強まっている。党幹部は6日、来年1月召集予定の次期通常国会で、09年度予算案と関連法案の審議が行き詰まった場合、法案成立と引き換えに衆院解散・総選挙を行う「話し合い解散」があり得るとの見方を表明。選挙前の首相退陣や選挙後の政界再編など政局含みの発言も相次いでいる。

 自民党幹部は6日、東京都内で記者団に対し、「『予算関連法案を成立させる代わりに選挙をする』と民主党と話し合えばいい。麻生首相が衆院を解散しても、自民党総裁選をやって、選挙の顔は別の人というのはあるかもしれない」と述べ、選挙前の首相退陣の可能性にまで言及した。

 一方、衆院選後の政界再編にからむ発言も複数の自民党議員から飛び出した。中川秀直元幹事長は6日、テレビ東京の番組で「自民、民主の双方がビジョンを出し、日本の政治がおしまいにならないよう生まれ変わっていかなければいけない」と指摘。自ら政界再編に動く可能性についても「選挙が終わったら、その瞬間に判断する」と含みを残した。

 中川氏は今月11日、9月の党総裁選に立候補した小池百合子元防衛相らと社会保障に関する議員連盟を発足させる見通し。議連に参加予定の渡辺喜美元行政改革担当相は6日の日本テレビの番組で、今後の政局について「政界はカオスに向かって突き進んでいる。何があっても即座に行動できるようにしておかなければならない」と指摘した。【近藤大介、三沢耕平】

政界は混迷へ突き進むことでしょう。

自民党は間違いなく、分裂が近づいています。

まだ、今は、自民党内の、自民党に嫌気がさしたグループが、離党した場合、最悪の場合、来年9月11日の衆院任期満了までは「野党として冷や飯」を食うことも覚悟しなければならない。

「与党であること」をレゾン・デートルとする自民党議員の多くに、今すぐ離党と言う決断は難しいでしょう。


しかし、「最悪、野党であること期間」が、これから8ヶ月、7ヶ月、6ヶ月と短くなってきます。

2009年度予算が成立した4月には、任期切れまで5ヶ月、となります。おそらく、2008年度が終わるころから、次第に、自民党は分裂含みになる。そして、2009年通常国会の終わりにころには、新党が次々と出来て「訳が分からなくなる」可能性が強くなります。

しかし、だからこそ、むしろ、野党支持者、自民党政治を終わらせたい人々は、これからは短期には「生存権保障」を求めるとともに、中期的な「政策軸」の提示を行わねばならない。

希望の旗を高く掲げていかねばならないのです。

麻生批判、自民批判はもちろんすべきだが、政局評論も、程ほどで良い。やはり、日本が直面しているのは、金融危機だけではない。むしろ、金融危機の影響は、日本はまだ少ないほうである。

むしろ、
1、高齢社会・安定成長時代に対応したセーフティネットの強化(医療、介護、年金、教育、子育てなど)
2、税制による所得再分配機能の強化
3、食料・エネルギー問題に対する対応


が内政面では、緊急課題ではないでしょうか?

そして、外交については「アメリカは、新自由主義から転換する。ただし、アメリカの力が低下する」ことを前提に、組み立てていく必要があると思います。気をつけなければならないのは、「アメリカ批判の勢い余って、排外主義」というパターンに陥らないことです。

日本は、1930年代、イギリスの力が低下した時代に、判断を誤り、戦争に突入してしまったのです。今はアメリカの力の低下の時代。やはり、判断をあやまらないようにしたい。

実を言えば、アジア諸国は、これから、凄まじい少子高齢化に見舞われます。中国もそうですし、韓国もむしろ日本以上に深刻でしょう。タイなども出生率は2を切っていますから、やはり「時間の問題」です。香港、台湾も然り。人口増が続くのは、途上国ながら男女平等度が高いフィリピンくらいのものと思います。

多分、この辺の課題も、共同して対応していく場面が出てくると思います。日本へのアジア諸国の最近の期待は「高齢社会・人口減少社会」の先輩として、学びたい、と言うのが結構あるようですから。

セーフティネットを充実しておくことは、今回のような「有事」にはもちろん有効ですし、「平時」には、女性や若者などが「やりなおし」しやすくなるという効果もあるのです。

そもそも、セーフティネットにお金を回せるようになったことに感謝すべきです。今は、クルマやパソコンは、飽和してきたのですから、工業団地に使う金を、医療や介護、教育、子育て、環境や、サービス産業創出に使えば良いのです。

エネルギー問題についても、例えば、固定価格買取制度を導入すれば、新しい産業を興すことになります。

こうした議論を起こし、次期政権に対して実現を求めていくことが求められると思います。

いろいろ新党が出来たときはとくに「各党を競争させ」るチャンスなのです。今までの「自民党による独占体制」ないししばらく前の「自民党+ネオコン色も強い民主党」による「ネオコン度競争」の時代からすれば、隔世の感があります。これを活かさないといけません。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-12-07 11:59 | 新しい政治をめざして | Trackback(2)
パリテで政治の脱ジェンダー化を 全国フェミニスト議員連盟夏合宿
さとうしゅういち2008/09/04

http://www.news.janjan.jp/government/0809/0809016036/1.php
全国フェミニスト議員連盟の夏合宿が、静岡県富士市で行われました。初日の8月30日は、フランス政治において男女共同参画を推進する力となったパリテについて、講演やパネルディスカッションが行われ、翌日は3つの分科会に分かれた討議がなされました。


政治参画は男女半々を!と思ったら上記の記事のクリックをお願いします。

「高知白バイ事件」やはり冤罪か? 再現実験でスリップ痕つかず
田中龍作2008/09/04

http://www.news.janjan.jp/living/0809/0809036175/1.php

スクールバスに白バイが衝突して警官が死亡した「高知白バイ事件」は最高裁でスクールバス運転手の禁固刑が確定したが、運転手を「守る会」の再現実験によって、有罪の有力証拠とされたスリップ痕が捏造されたとの疑いが強まった。スクールバスをどう走らせても、同じようなスリップ痕はつかないことが分かったからだ。


これは冤罪だ!と思ったら上記ボタンのクリックをお願いします!

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-04 12:16 | 新しい政治をめざして | Trackback
昨日3日は「非核平和行進」が平和公園に到着し、原水禁会員で自治労組合員である私も西区方面からの行進に参加しました。

平和公園では連合広島による行進とも合流しました。

原爆慰霊碑前の終結式で、連合広島会長、広島県原水禁代表委員、広島県核禁会議議長が、挨拶に立ちました。

最後に挨拶にたった核禁会議議長が「核禁会議の赤松です。以下同文。」といったときには笑いもおきましたが、暑さで疲れている組合員らは集会が早く終わるので、大歓迎でした。

被爆者は高齢化が進んでいますし、年々夏は暑くなる一方。若い組合員も個人重視が年々強まっている中で、早めに集会を終えるというのはそれはそれでひとつの見識だと思います。

今日は、原水協系の平和行進も平和公園に到着しました。

原水禁は、基本的に脱原発論で私も民主党員ですが、地域密着型のエネルギーシステムに転換していかないといけないと考えています。また、原発を軍事政権ないし権威主義の国に持たせればどうしても核兵器開発という誘惑に駆られる。北朝鮮しかり、インド、パキスタンしかりです。

IAEAは原発は推進だが、私は、核拡散防止の観点からも、いかなる国の原発にも反対です。

連合は、原発には触れない。

原水協は、多くの人の考えは、原発には反対だが原水禁ほど強く打ち出さない。

核禁会議は旧民社党系で自民党よりもむしろ原発は推進である。

ただ、核兵器廃絶と被爆者救援では、原水協も含めた4者は一致します。

こういう平和問題は、どうしても日本では党派対立いまだに前面に出てよろしくない。

連合をブリッジに原水禁、核禁会議の共闘はできているが、では原水協はどうか?

「独自路線」を大事にする、というのであれば、原水禁独自の分科会が明日5日以降あるわけで、そこで深めればよい。一方、幅広く、というのであれば、原水協も含まないとおかしい。

森滝-草野合意で一時期共闘が成り立っていた時期もあります。しかし、共産党議長(当時)宮本けんじさんが、当時の原水協に介入し、共闘積極派の吉田嘉清さん、古在由重さんらを排除したということもあり、共闘は中断しています。

そういう経緯があるのは私も重々承知はしています。

しかし、一方で、貧困問題では、幅広い共闘が全国レベルで成立しています。

選挙で言えば、民主党候補を社民・国民新党が応援し、共産党も、事実上、民主党を後押しという構図で「民主党をブリッジとした共闘」が成り立っています。

 いつまでも平和運動だけが、過去の経緯にこだわっていても、という思いはありますが、これ以上は申し上げません。

 ただ、なんにせよ、イデオロギー的な話(あいつは何々だからけしからん、というのも一種のイデオロギー)だと運動が割れやすい。

 一方、貧困問題とか、原爆症認定訴訟支援などだと、問題が切実なので、われにくい、というより割れている場合ではない、ということはあると思います。

 やはり、イデオロギーではなく、国民が直面する政治課題の解決を最優先する、というのが大事だと思います。

 いわばイデオロギー対立を繰り返してきた団塊以上の方々がもうすぐ一線を退かれます。

彼ら、彼女らのエネルギーは見習わないといけない。しかし克服しなければいけないものもある。

これから運動を中軸で担っていかなければいけない若手(ここではは40代以下)が何を優先すべきか?答えはひとつ。

 「正しいのは誰だ?」よりも、課題の解決です
e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

課題の解決優先を!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-08-04 21:57 | 反核・平和 | Trackback
共同通信が一昨日から昨日にかけて行った世論調査では、内閣支持率は、31.5%。7月から4.7%上昇。不支持率は48.1%で5.4%減少。

ただし、支持する政権の枠組みづは民主党中心が48.2%で2.9%増。自民党中心も3.6%アップしたが、34.8にとどまりました。

政党支持率は、民主党が30.2%、自民党が28.7%と再び民主党が自民党に差をつけ、以下公明党3.4%、共産党2.9%、社民党1.1%、国民新党0.5%、新党日本0.7%。

内閣支持の理由は「ほかに適当な人がいない」が45.7%。

解散までは、福田さんでいい。こんな人もふえてはいるのではないか。しかし、自民党は勘弁して欲しい、という人が多い。こんなふうに見えますね。

郵政造反組の野田聖子さんを入閣させたのは古い自民党の取り込み狙いでしょう。

ただ、いくら古い自民党の親分を取り込んでも、古い自民党を支持してきた人々がすっかり自民党に愛想をつかしています。農民、医師会などなど。もはや枯れ草に肥料をやるような話でしょう。
国民もそんなに愚かではありません。何度も同じ手ではだまされないでしょう。

安倍さんは小泉チルドレンと造反組(古い自民党)両者の間で日和見をし、訳がわからなくなってKO負けしました。

福田さんは人事的には古い自民党で固めましたから、日和見でKO負けということはないでしょう。
しかし小泉純一郎さんのおかげで党の基礎体力が弱っているため、結局勝てない可能性が強まりました。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-08-03 10:26 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)

自民党最後?の内閣改造

内閣改造が今日行われています。

町村官房長官、増田総務大臣、高村外務大臣、舛添厚生労働大臣が留任。
与謝野馨さんが経済財政担当。伊吹幹事長が財務大臣。二階総務会長が経済産業大臣になりました。

自民党の人事は以下。
幹事長 麻生太郎
政調会長 保利耕輔
総務会長 笹川 堯

古賀誠選挙対策委員長と大島理森国会対策委員長、細田博之幹事長代理は留任

全体としてそう代わり映えしません。

経済政策で言えば、与謝野さんは歳出カットよりは増税志向。

伊吹さんはもともとは亀井派ですから、本来は積極財政論のはずだが、布陣をみれば、思いきった政策転換はない。ただ、歳出カット圧力は低下するかもしれません。

党内融和を目指した布陣ですが、自民党の場合、昔から内紛の時の方が強みを発揮していたのです。

自民党の場合は、内部議論活性化がないのは安定的にみえて、実はメンバーの組織への参加モチベーションがあがりません。

今後も自民党からの支持者離脱がつづくようになると思います。

また、郵政民営化反対の保利さんが三役入りしました。

ただだからといって郵政票が自民党にもどるとは思えませんが。

多分この改造が自民党政権最後の改造になるかもしれません。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-08-01 18:57 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
民主党代表選挙を前にあるべき民主党(野党連合)の政策を提言します(案)

民主党代表選挙を前に、あるべき民主党(野党連合)の政策を考えてみました。みなさんも是非考えていただけますでしょうか?

よろしくお願いします。

1、食料、エネルギー、交通、医療、介護、教育、子育ては地方レベルで保障します

クルマ・原発からクリーンエネルギー・自転車へ!

JR在来線は、地方政府による公営鉄道とします。

地方生活者軽視で納得できないJR西日本のダイヤ「改悪」
http://www.news.janjan.jp/area/0806/0805318399/1.php


市民によるクリーンエネルギーの生産を補助金を出して奨励し、電力会社による買い取りを義務づけます。

農業の所得保障、とりわけ、小規模の有機農業に対して手厚く所得保障を行います。

道路新規建設は減らし、道路整備については、電線地中化や自転車道整備を優先します。

経済への効果

地元から東京のコンサルタントやゼネコンに流れていたお金が地方で循環し、豊かになります。

エネルギー自給率が上がり、アメリカへの従属が和らぎます。

近くを車で済ませた人が自転車を利用し、健康になります。


2、医療、教育、介護、子育てに従事する公務員を増やします。

学生に不人気の幹部候補公務員(そんなに優秀な人は民間に行く)は、不人気に便乗し、減らします。

行政職のえらい人は減らし、現場サービスに従事する公務員を大幅に増やします。

特に女性が多い非常勤を大量に優先的に採用します。年齢制限は撤廃し、新風を吹き込みます。もって大幅に男女共同参画を進めます。

「非常勤は21世紀の奴隷制度」――祇園祭の京都で「2人のマリコ」裁判報告会
http://www.news.janjan.jp/area/0807/0807262913/1.php


同一価値労働同一賃金の原則を導入し、賃金カーブは民間並みにフラットにします。

中曽根・小泉的民営化路線は否定します。

国立大学も再び国営にします。授業料は無料にしますが、卒業は難しくします。


3、国民全員に税法式の年金・セーフティネット

誰もが暮らせるセーフティーネットを!

社会保険は税方式にします。雇い主負担分は法人税に振り替えます。

事務手続きを簡素化しまた、社会保険負担による正社員採用回避を防ぎます。

また、介護保険料は逆累進的なので、所得税に統合することで、弱者にやさしくします。

税方式なので医療も介護も年金もうけはぐれがなくなります。

介護する人を応援する「介護者支援法」をつくり、介護する人の人権を保障します。

介護のために自分の人生を楽しめなければ、それは人権侵害
http://www.news.janjan.jp/living/0803/0803283787/1.php

4、横断的な労働市場と漏れなきセーフティーネット

派遣は専門職以外禁止します。

同一価値労働同一賃金を徹底します。

企業横断的な労働市場を形成します。

雇用保険の受給期間を欧州並みに伸ばします。

これらをあわせて、労働者を移動しやすくし、かつ正規社員にしやすくします。

5、地方への補助金は全廃。消費税を地方に移管します。

消費税は安定的な財源なので地方に移管します。
そもそも欧州の小国で消費税が国税なのは、国が小さいからで、そうみると、日本なら地方税でいいといえます。アメリカはちなみに消費税は地方税です。

国が札ビラでほっぺを叩く補助金は廃止します。

国が地方を縛るための省令や通知は廃止します。

6、衆議院の小選挙区制を廃止し、中選挙区比例代表併用制にします。

小選挙区制は、「若殿」や「姫君」を自民党で増やしただけでした。

中選挙区のときのほうが自民党でも個性的な人が勝ち上がっていました。

また、社民党、共産党、国民新党、新党日本にもきたるべき総選挙で民主党の小選挙区候補者に、すんなりご協力いただくためにも多様な民意が反映する制度にします。

基本は比例代表としながら、同一党内では、中選挙区で勝った人から議席を得る仕組みとします。また、無所属議員も当選しやすくします。

また候補者の四割以上はかならず男女どちらかが占めるようにします。

また参議院は、地方代表だけにします。地方交付税についてのみ優越を参議院に与え、他は衆議院を優先します。

総務(旧自治)官僚の権限を剥奪し参議院に与える形にします。

7、地方議会の機能を大幅強化します

官僚から権限を剥奪し、議会の政策立案能力・監視能力を高めます。

地方分権化で多くの権限が地方に行きましたが、例えば、保育園の担当課が、親しい同僚がいる保育園の監視をするような場合もあります。これでは緊張感を欠きます。議員に監視機能を与えます。そのかわり議員の口利きなどは禁止し、役割分担を明確化します。

地方議員は給料を減らす代わりに人数を増やします。

8、財政運営

景気回復までは積極財政。長期金利5%になるまで続けます。

当面は埋蔵金の活用と政府貨幣の発行でまかないます。(∵国債はお金持ちへの所得逆再分配になるので抑制します。 )

年金積立金を取り崩します(∵貯蓄がたくさんあっても、現在の経済状況では運用に困るだけです)。

累進課税を復活させます。

長期には、環境税を検討します。。

9、外交

アメリカ従属の外交から、バランスの取れた外交に転換します。

アメリカの力の後退をにらみ、米軍基地の整理・撤廃を視野に入れます。

集団的安全保障の枠組みをアジアに構築します。

ロシアや中南米などとも関係を強化し、エネルギーの確保を磐石にします。
(参考:すでに福田政権はベネズエラからの石油確保に動いている)。

核兵器廃絶の先頭に立ちます。

世界中の人々の暮らしを脅かす投機資金への課税を主導します。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-31 22:19 | 新しい政治をめざして | Trackback(3)