エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
先の大戦では民間人の被害は「等しく受忍すべき」とされて、事実上、国家の戦争責任は免責されてしまった。

被爆者援護法も、結局は「国家補償」ではなく「社会保障」として行われている。

いまも、「民間人の被害への補償」の定めがないことは変わっていない。その状態で、戦争なんぞする資格は日本にはあるのだろうか?

佐藤正久とか言う副大臣が、グアムへ向かう朝鮮のミサイルを途中で迎撃しないといけない、と言う趣旨のことを言っているそうだ。
■佐藤正久・外務副大臣(発言録)
 北朝鮮から日本の上空を飛び越えてグアムの方へ(ミサイルが)行く。そういう時、日本の自衛隊は本当に撃ち落とさなくていいのか。日米同盟の真価が問われている。リスクを共有しない同盟はない。もしも(北朝鮮からのミサイルが)日本の上空を飛び越え、(日本が)撃ち落とせるのに撃ち落とさず、グアムに被害が出たら、日米同盟はどうなると思うか。皆さんの商売でも、自分が本当に苦しい時に親友と思った人間が背を向けたら、もはや親友とは言えないかもしれない。まさに今、同盟国・日本の覚悟が問われている。(「英霊にこたえる会」と「日本会議」が主催した「戦没者追悼中央国民集会」のあいさつで)

だが、宇宙空間は、そもそも、国際法上、日本の領空ではない。
軌道を逸れたり、故障して日本に落ちてくるのであれば、これを打ち落とすのは2014年7月1日の解釈改憲前も法制局が認めてきた「個別的自衛権」の範囲だ。しかし、順調にグアムに向かうものを打ち落とせばこれは、朝鮮への宣戦布告と同等にみなされるだろう。

だいたい、そもそも、アメリカ自体が「アメリカファースト」に舵を切っている。アメリカ軍は日本の自衛隊なんぞに頼らなくても、40隻のイージス艦を使
迎撃は出来るし、そもそも、日本の上方を通過中の高速度の状態で迎撃なんて技術的に不可能だろう。

佐藤らは、朝鮮とアメリカの間での、外交交渉(裏ではすでにかなりやっている)にも、表での激しい言葉のやりとりにも参加できない疎外感から、「参加している」感を醸し出そうとしているのかもしれない。

おそらく、状況は、外交交渉へ進んで行くであろうが、そうはいっても偶発的衝突の危険は残る。「火遊び」参加は止めた方が良い。

そもそもアメリカからも純軍事的には当てにされていないし、万が一戦争に参加したとして、補償の規定もない状況で、「火遊び」に参加するなどもってのほかであろう。

by hiroseto2004 | 2017-08-16 13:11 | 安倍ジャパン | Trackback
そもそも、朝鮮がミサイルを発射したとして、「予定通り」グアムへミサイルが向かったら、日本上空では打ち落とすことは無理でしょう。また、下手に途中で手を出せば、朝鮮に対する戦争行為と見なされるでしょう。

朝鮮のミサイルが途中で失速するという「間抜け」なことになったときのみ、PAC3は用をなすということです。この場合は個別的自衛権の行使となる。

基本的に、今回は、というより、いつもですが、日本も韓国も基本的に朝鮮に相手にされておらず、アメリカと朝鮮の問題になってきています。そして、トランプが「(取り巻きも含めて)普通の大統領ではない」(ブッシュでもなければクリントンでもない)ことによる不測の事態こそ問題です。

中東やアフガンなどでのISとの「非対称」戦争なら「軍需産業」の儲けになるという文脈で、オバマ政権でさえも空爆はしまくりです。
しかし、東アジアで、経済そのものに甚大な被害が及ぶ戦争については、避けたいのがアメリカでも支配層の圧倒的多数ではないのか?
最終的には最後の経済成長フロンティアに朝鮮を取り込みたいのではないか?スタバがない唯一の主な国ですから。

ただし、トランプ政権そのものが「合理的な動きが出来ない」という状態にある。主要ポストの官僚も空白がまだ少なくない中で、何をトランプがするか分からないし、その結果として偶発的衝突、と言うのが怖い。緊張を持続させて軍事産業を儲けさせるつもりが、大変なことになりかねない。

トランプに、うまく北東アジア非核地帯条約、そして朝鮮戦争終結へ、持っていかせるよう働きかけることも日本政府のやるべきことでしょう。間違っても、米朝戦争を待望し、それに参戦しようなどと思ってはいけない。そもそも金氏朝鮮も日本は相手にしていないのに、わざわざリスクを日本が増やす必要はどこにもない。
トランプに
「平和条約締結交渉を開始しよう、だから核・ミサイル開発を停止せよ」
と言わせることが大事である。
逆に言えば「トランプが普通ではない」ことを上手く利用できれば、朝鮮戦争終結へは持って行ける可能性はあると思います。
だが、それには相当の国際的な市民運動が必要でしょう。


PAC3がまず、高知に配備されました。北朝鮮のミサイルが上空を通過するおそれがある中国・四国地方について、防衛省は、迎撃ミサイル・PAC3の配備を進めています。
 北朝鮮はグアム周辺へのミサイル発射計画を発表し、「島根県・広島県・高知県の上空を通過する」としています。防衛省は不測の事態に備え、名指しされた3県と愛媛県に地上配備型迎撃ミサイル・PAC3の配備を11日夜から進めています。

 このうち、高知県香南市の高知駐屯地には午前5時半ごろ、数台の車両とともにPAC3が到着しました。

 「陸上自衛隊の高知駐屯地に迎撃ミサイル・PAC3を載せているとみられる車両が到着しました」(記者)

 PAC3はこの後、島根・広島・愛媛にも順次、配備される見通しです。(12日06:16)

by hiroseto2004 | 2017-08-12 15:20 | 国際情勢 | Trackback
  • トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領が、再び、北朝鮮に対する軍事攻撃を示唆しました。

トランプ大統領は、異例の発言の中で、北朝鮮がこれ以上アメリカを脅かせば、世界がこれまで目にしたことのないような炎と怒りに直面することになると語り、北朝鮮に対してアメリカを脅かさないよう求めました。この発言は、西側のメディアが、北朝鮮が小型核爆弾の製造に成功したと伝えた後に行われました。この報道が事実であれば、北朝鮮は、弾道ミサイルに搭載可能な核弾頭の製造能力を保有することになります。

アメリカのトランプ政権は、北朝鮮との軍事的な衝突の可能性を高めることで、北朝鮮とその同盟国である中国やロシアを後退させようとしています。そのため、トランプ大統領は、異例の発言により、北朝鮮に対して全面的で破壊的な攻撃を示唆しているのです。

アメリカは、世界最強の軍隊を保有し、数百個の核弾頭により、北朝鮮との戦争において、この国に大きな償いきれないダメージを与えることができます。とはいえ、アメリカも、北朝鮮の報復措置を免れないでしょう。北朝鮮は現在、アラスカ、ハワイ、アメリカ西海岸を射程圏内とするミサイル能力を有しており、地域のアメリカ軍基地を攻撃することもできます。

アメリカは、日本と韓国におよそ8万人の兵士を駐留させており、彼らは北朝鮮の報復の格好の標的になるでしょう。アメリカと北朝鮮の戦争の犠牲者は、第二次世界大戦の犠牲者数に達するとする見方もあります。

核兵器政策と紛争解決への取り組みを助成する「プラウシェアズ基金」のジョセフ・シリンシオーネ理事長は、「アメリカが北朝鮮に対する軍事行動に出れば、北朝鮮も対抗措置を講じるだろう。北朝鮮は、韓国との国境に兵器を保管しており、これらのミサイルは、簡単に韓国の首都ソウルに到達する」と語っています。

アメリカと北朝鮮の間で戦争が起こった場合、アメリカの同盟国である日本と韓国もそれに巻き込まれ、中国もそれに参加せざるを得なくなります。日本、中国、韓国が国際貿易において大きなシェアを占めているため、東アジアでの軍事行動は、世界の経済を破綻させる可能性もあります。アメリカもまた、その甚大な影響を蒙ることになるでしょう。

東アジアでの戦争による破壊的な影響に注目すると、トランプ大統領の脅迫は具体的なものではなく(現実的な根拠に欠け)、単に北朝鮮と中国をけん制するためだけのものだと見られます。こうした中、トランプ大統領の脅迫は、地域の緊張を高める可能性があり、敵対する国々の間の偶発的な衝突を招きかねないのです。


by hiroseto2004 | 2017-08-11 11:15 | 国際情勢 | Trackback

21日、アメリカのトランプ大統領がサウジで武器を売る一方、朝鮮の金正恩「帝」がミサイルを発射した。


朝鮮の指導者(金正恩帝)が良いとは思わない。

しかし、朝鮮のミサイルは今のところ一人の外国人も殺していない。

(工作員による拉致はあったが、ミサイルそのものは人を殺していない。)


しかし、ブッシュやオバマやトランプがサウジに売った武器は、確実に罪なきイエメンの市民を殺しているのだ。

イエメンでは空爆による直接の犠牲に加え、医療破壊によるコレラが蔓延している。


以上の事実は確認しておきたい。


そういえば、そんなに朝鮮(金正恩)のミサイルが危ないなら、なぜ、17日、高浜原発を再稼働したのでしょうか?危ないなら日本海側の原発は特に、再稼働どころか廃炉でしょう。

要は、トランプが先制攻撃をしない限りは、朝鮮側からわざわざ先制攻撃することはない。そのことは日本政府もわかりきっている、ということでしょうかね。


by hiroseto2004 | 2017-05-22 18:24 | 国際情勢 | Trackback
これで、双方に話し合いの意思があるのが明らかになりました。
このことをここで確認しておきましょう。


北朝鮮の外交官が、条件が整えば、アメリカとの話し合いを行う用意があるとしました。

北朝鮮外務省のチェ・ソンヒ・アメリカ担当局長は13日土曜、ノルウェーから北朝鮮に戻る途中、この条件について、より詳細に説明するのを控えました。

韓国・ヨンハプ通信は外交筋の情報として、チェ局長は最近、ノルウェーに向かった北朝鮮代表団の団長を務め、アメリカの専門家と会談したとしました。

アメリカとの対話に向けた北朝鮮の用意は、アメリカのトランプ大統領が少し前に、北朝鮮のキムジョンウン労働党委員長と会談する用意があると表明した中で行われました。

このトランプ大統領の表明は、アメリカで多くの反対に直面しました。


by hiroseto2004 | 2017-05-13 22:02 | 国際情勢 | Trackback

北朝鮮が、シオニスト政権イスラエルは世界の平和を脅かす存在だとしました。

イルナー通信によりますと、北朝鮮の朝鮮中央通信は、政府の声明を発表し、シオニスト政権イスラエルは核兵器を保有しており、国際機関はその事実に目を瞑っているとしました。

これ以前に、シオニスト政権のリーベルマン戦争大臣は、北朝鮮のキムジョンウン朝鮮労働党委員長を狂った人物と呼び、「この国との戦争が起これば、イスラエルにもその直接の影響が及ぶだろう」と語っていました。

北朝鮮政府の声明は、リーベルマン戦争大臣の発言を厚かましいものだとし、「このような恥ずべき醜い発言は、北朝鮮政府にとって真剣な挑戦と見なされる」としました。

さらに、シオニスト政権は、このような問題により、自分たちの中東における占領政策や犯罪から国際世論の目をそらそうとしていると強調しています。

リーベルマン大臣は、北朝鮮を世界の平和や安定を崩す存在だとし、「核戦争は北朝鮮だけのものであっても、中東にまで広がる可能性がある」と語っていました。

シオニスト政権は、少なくとも200個の核弾頭を有していますが、その核活動は、いかなる機関の査察も受けていません。


by hiroseto2004 | 2017-05-02 10:35 | 国際情勢 | Trackback

アメリカだって昨日、ICBM発射したやんけ。
ICBMは、朝鮮(金正恩帝)のノドンとは比べものになりまへんで。

そりゃ、朝鮮のノドンも挑発だけど、ICBMよりずっとしょぼい。

とにかく、朝鮮半島は1950年以来、ずっと戦争状態である。

このことが一番問題です。

この戦争状態を終結させることだ。

さもないと、挑発合戦の延長線上に偶発的に何が起きるか分からない。今まで何もなかったことは僥倖だったが、その僥倖が未来永劫続くとするのは、危険すぎる。

by hiroseto2004 | 2017-04-27 15:01 | 国際情勢 | Trackback
いったいどうなっているのでしょうか?
いずれにせよ、最新の情報を冷静に確認する以外にないでしょう。
騒ぎすぎず。しかし、安倍総理がトランプに媚びを売って、結果としてトランプを「その気」にさせるようなこと
になったらまずい。そのことだけは阻止することは大事ですね。




by hiroseto2004 | 2017-04-24 22:15 | 国際情勢 | Trackback
【ミサイル】「イラク(サダム)の二の舞」を避けんがための金氏朝鮮とイランの行動

イランと金氏朝鮮(三代目皇帝・金正恩氏)が相次ぎ、ミサイル実験に成功したと伝えられています。

イランのミサイルについては、迎撃用のミサイルであって、あれこれ、他国が文句を言う筋合いのものではありません。
それでも、アメリカは、イランに文句を付ける材料にするでしょう。

金氏朝鮮の金正恩「帝」については、せっかくの友好国のマレーシアに喧嘩を売ってなにをやっているのだか、さっぱり分かりません。マレーシア人を出国禁止にするというのは明らかな国際法違反です。

ただ、ミサイルに関して言うと、「三分の理」は朝鮮側にもある。

イランとイラクと北朝鮮は、ブッシュ大統領時代の2002年にアメリカ政府により、「悪の枢軸」と決めつけられました。「核も含む先制攻撃」でぶっ倒しても良いという「国家安全保障戦略」、そして「テロとの戦い」の戦略が策定されたのです。

そして、実際に、アメリカは2003年にイラク(サダム政権)に侵攻し、これを打倒したのです。

「大量破壊兵器がないが故に、サダム政権(イラク)はアメリカに倒された。我が国は、アメリカに攻撃されないよう、抑止力を持たねばならない」

そのようにイラン指導部、そして金氏朝鮮の先帝(金正日「帝」)は考えたのではないか?

イランの核開発、そして、金氏朝鮮の核実験とミサイル実験はそのような文脈で行われのではないか?

金氏朝鮮は、「在日米軍基地」を標的としているという。
冷静に考えるとそれは朝鮮の立場に立って考えると、自然です。自分たちののど元に突きつけられたナイフとしての在日米軍。それを逆に人質に取ってやろうと思ったとしててもおかしくはないのです。

要は、イランにしても朝鮮にしても「アメリカからは先に攻撃してこない」という保障が欲しいのです。
この15年間の動きを見ればそれは明らかです。

金氏朝鮮がやっていること(事実上、マレーシア国民を人質とすること)が国際法違反ではあっても、だからといって、これまでの歴史的な経過を確認しなくて良いというわけではないでしょう。







by hiroseto2004 | 2017-03-08 11:56 | 国際情勢 | Trackback