「ほっ」と。キャンペーン

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:東電福島第一原発事故 ( 156 ) タグの人気記事

米山知事は、年度内にも、原発事故の健康への影響検証、柏崎原発の避難計画に関する委員会を設けるそうです。



新潟県の米山隆一知事は4日の記者会見で、県が独自に東京電力福島第1原発事故を検証している「技術委員会」とは別に、福島事故による健康への影響と、県の柏崎刈羽原発の避難計画について検証する委員会をそれぞれ設置し、年度内にも概要を示す方針を明らかにした。
 これら3つを統括する委員会の設置も目指す。検証の期間は「普通に考えれば3~4年はかかると思う」と話した。
 米山知事は昨年10月の知事選で「(福島事故の)検証なしに再稼働の議論は始められない」として、事故の健康などへの影響や、避難計画の検証を公約に掲げていた。

by hiroseto2004 | 2017-01-05 15:03 | エネルギー政策 | Trackback
何という血も涙もないことでしょうか。
外国にはぽーんと何兆円も出す政府が、自国民の1万2千世帯程度を救えないとは?!

 東京電力福島第一原発の事故を受けて、約1万2千世帯に無償で提供されてきた住宅支援が来年3月に打ち切られる。対象になるのは、政府の避難指示が出ていない区域からの「自主避難者」たちだ。

 「家を出て行けと言われて、崖っぷちだ」

 10月26日、東京・永田町の参院議員会館。約20万人分の署名が入った箱を前に約180人が集まり、口々に不安を訴えた。原発事故後に自宅を離れ、避難先で住宅の無償支援を受けてきた「自主避難者」らだ。

 政府と福島県は避難指示の有無…


by hiroseto2004 | 2016-11-17 21:08 | 東日本大震災 | Trackback

東電福島第一原発の汚染水がなんと東京ドーム一個分(水124万トン分)に迫りつつあります。


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161022/Jiji_20161022X976.html?_ga=1.112102916.1202369926.1461237180

 東京電力福島第1原発事故で、建屋や保管用タンクなどにたまった放射能汚染水の総量が100万トンを超えたことが22日、東電の資料で分かった。汚染水は今後も増え続けるのは確実で、タンクの不足も続いている。

 東電の公表資料によると、20日時点で1〜4号機の建屋やその南側にある建屋にたまっている汚染水は計約8万3400トン。放射性物質濃度が極めて高く、漏えいの危険もある。これらの建屋には地下水が流入。海側の汚染地域でくみ上げられた汚染地下水の一部も建屋に移送する作業が行われている。

 東電は2018年8月には建屋内の汚染水を全てくみ上げられるようにタンクを増設するとの計画を示しているが、実現性は不透明だ。 


by hiroseto2004 | 2016-10-22 20:51 | 東日本大震災 | Trackback
台風16号。各地に大雨をもたらしました。被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。
さて、台風による大雨の影響で地下水位が上昇し、汚染水が流出のおそれ、ということです。
さらっと報道されていますが、大丈夫なのでしょうか?

台風 福島第一原発 汚染された水が流出のおそれ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160921/k10010701141000.html

台風16号の接近に伴う雨の影響で、東京電力福島第一原子力発電所では、護岸付近の地下水の水位が上昇し、汚染された水が港湾内にあふれ出るおそれが高まったということで、ポンプでくみ上げるなどして流出を防ぐ対策を進めています。

東京電力によりますと、台風16号の接近に伴う雨で地下水が上昇するのを抑えるため、くみ上げ用のポンプを増やすなどしましたが、想定を超える雨があり、20日夜、10時前の時点で地下水の水位が地表とほぼ同じ高さにまで上昇したということです。
このため、雨が地下に浸透できない状況になり、敷地内で汚染された水が地表を通って港湾内にあふれ出るおそれが高まったということです。
東京電力は、ポンプでくみ上げるなどして流出を防ぐ対策を進めるとともに、汚染された水を採取して放射性物質の濃度についても調べるとしています。


by hiroseto2004 | 2016-09-21 05:55 | 東日本大震災 | Trackback
9月22日に「さようなら原発 さようなら戦争」大集会を開催

 安倍政権の暴走によって、川内原発、高浜原発に続き、8月12日には伊方原
発も再稼働されました。これに対して、さようなら原発1000万人アクションは、
「止めよう!辺野古埋立て国会包囲行動実行委員会」「戦争させない・9条壊す
な!総がかり行動実行委員会」の協力を得て、9月22日に「さようなら原発 
さようなら戦争大集会」を開催します。多くの方のご参加を!

 日時 2016年9月22日(木/休日)11:00~15:00(デモ出発)
 会場 東京・代々木公園B地区、けやき並木
 交通 「渋谷駅」「原宿駅」から徒歩10分
   ※地図 http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access039.html
 内容 12:00~ 第一部 トーク(福島の現状と課題)、歌(寿)
    13:30~ 第二部 トーク(呼びかけ人あいさつ、著名人発言
             福島からの報告、沖縄基地問題、戦争法問題
    15:00 デモ行進 原宿・表参道方面コース、渋谷方面コース
 主催 「さようなら原発」一千万署名市民の会
 連絡先 03-5289-8224(原水禁)

 ■詳しくはこちら⇒ http://sayonara-nukes.org/
by hiroseto2004 | 2016-09-09 20:51 | イベント情報 | Trackback
今日、福島・浪江(福島第一原発跡地地元)の一部地域で、竜巻で壊滅的な被害があったのを一時帰宅の住民が発見しました。

恐ろしいことです。

福島第一原発跡地を直撃すれば事故の終息作業に大きな影響が出るどころか、更に放射能もれも拡大しかねなかったでしょう!

浪江で竜巻か...屋根が吹き飛ぶ 居住制限区域、人的被害なし

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160825-103499.php


More
by hiroseto2004 | 2016-08-25 13:57 | 事故・災害・事件 | Trackback
伊方原発が8月12日、運転を再開してしまいました。
そうした中で伊方原発運転差し止め広島裁判の第二回口頭弁論が広島地裁で行われました。
3月11日に提起されたこの裁判は、これで、原告と被告・四国電力双方の主張一応出そろった形になりました。
報告集会では、福島からの避難者でもある原告からも訴えがありました。
次回11月30日は、8月3日に二次提訴した原告の皆様の意見陳述になります。
また、同時並行的に、本訴訟の判決が出るまでの間、運転差し止めの仮処分を求める申し立ての審尋は9月13日(火)に第四回、9月20日(火)に第五回審尋が行われます。






e0094315_13164233.jpg
e0094315_19402018.png
e0094315_06391604.png
こんなことになるまえに、なんとしても伊方原発停止を勝ち取りましょう!



by hiroseto2004 | 2016-08-22 17:46 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
伊方原発再稼働を巡り、中村時広愛媛県知事は「福島と同じことが起きることはない」と豪語されました。
「同じこと」は起きないでしょうね。
伊方で原発震災となれば「もっと悪い」ことが起きるでしょう。
福島では放射能の多くが太平洋に流れましたが、伊方では、放射能が瀬戸内海という内海に閉じ込められ、大変な濃度の汚染となるでしょう。
さらに、伊方では、福島と違い、汚染水をためておくタンクの置き場もありません。
また、伊方では福島と違い、原発が半島の根元にあるため、避難も難しいでしょう。


by hiroseto2004 | 2016-08-14 23:34 | エネルギー政策 | Trackback
国境なき記者団の調べによると2016年の日本の報道の自由度は、世界180カ国中72位に転落しました。

東アジアでは、台湾の51位、モンゴルの60位、韓国の72位に次ぐ4位です。下は中国の176位と北朝鮮の179位のみです。

安倍政権になってから、報道の自由度は右肩下がりです。






More
by hiroseto2004 | 2016-04-21 07:35 | ジェンダー・人権 | Trackback
広島ブログ

つくだ守生さんによる報道です。

福島原発事故から5年にあたって脱原発を求める「フクシマを忘れない!さようなら原発ヒロシマ集会」(同実行委員会主催)が12日、広島市中区の中央公園で開かれました。中国5県から約1000人が参加して「島根も上関(山口県)も伊方(愛媛県)もどこにも原発の建設を許さない」とのアピールを採択しました。

e0094315_22230951.jpg



More
by hiroseto2004 | 2016-03-12 22:24 | エネルギー政策 | Trackback