エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:派遣切り ( 59 ) タグの人気記事

非正社員をポイ捨てする会社は正社員を使い潰す。マツダ過労死事件
司法 | 07:05 | 編集

2008年末から2009年にかけては派遣切りやセコい契約社員雇い止めで指弾されたマツダ。

その前年には若手正社員を過労死に追い込み、さらに追い討ちをかける発言を上司がしていました。

そうしたことを放置していたマツダの姿勢に裁きが下ったのです。

非正社員をポイ捨てする会社は正社員を使い潰す。こういうことですね。


http://www.asahi.com/national/update/0228/OSK201102280020.html

社員自殺、マツダに過失 地裁支部が6千万円支払い命令
2011年2月28日20時34分
印刷
ブログに利用
判決を受け会見する自殺した男性の父親=28日午前10時56分、兵庫県姫路市、新井義顕撮影
 自動車メーカー・マツダの本社(広島県府中町)の男性社員(当時25)が自殺したのは、長時間労働が続いていた男性に対して会社側が適切にサポートしなかったのが原因だとして、兵庫県内の両親が慰謝料など約1億1千万円の支払いを求めた訴訟の判決が28日、神戸地裁姫路支部であった。中村隆次裁判長はマツダ側の過失を認め、約6400万円の支払いを命じた。
 判決によると、男性は2004年4月にマツダに入り、06年11月からエンジン用部品の輸入業務を担当。07年3月にうつ病を発症し、翌4月に社宅で首つり自殺した。広島中央労働基準監督署は09年1月、自殺と仕事の因果関係を認め、労災認定した。
 判決は、男性が輸入部品のトラブル処理をさばくために自宅に仕事を持ち帰った分も時間外労働にあたると認め、「仕事の影響で心身ともに健康を損なっていた」と判断。マツダ側は男性の負担を軽減させるため、上司にコミュニケーションをとらせるなどの適切な支援をする義務を怠ったと判断した。
 また、上司が男性の自殺について「この忙しいのに」などと発言したとし、遺族に対して二重に精神的苦痛を与えたと述べた。雇い主側が自殺後の対応をめぐって賠償責任を指摘されるのは異例。
 判決後、父親は兵庫県姫路市内で開いた記者会見で「マツダは社員の安全と安心して働ける職場環境を整備してほしい」と語った。マツダ側は訴訟で「時間外労働は著しく多いとは言えない」と主張したが、父親らは男性が会社や自宅で使っていたパソコンの起動時間を調べるなどし、自殺直前の3カ月間は厚生労働省の過労死認定基準にあたる月平均80時間以上の時間外労働をしていたと訴えた。
 原告代理人の菊井豊弁護士は「請求額から労災給付金やマツダからの見舞金を差し引いたほぼ全額の支払いが認められた」としている。マツダ広報本部は「遺族に哀悼の意を表します。当社の主張が一部しか認められなかったのは残念。判決文を入手し次第、対応を検討します」などとする談話を出した。(川田惇史、平賀正弘)



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
by hiroseto2004 | 2011-03-01 09:06 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
派遣切りが教えてくれたものは?「非正規キャラバン in ふくやま」開く
http://www.janjanblog.com/archives/6514


6月20日、福山市男女共同参画センター(イコールふくやま)で「派遣切りが教えてくれたもの 非正規キャラバン in ふくやま」(主催主催 活動家一丁あがり講座「非正規キャラバン」グループ、 共催・後援 クオータ制の実現をめざす会ふくやま=代表はさとうしゅういち自身)が行われました。

 一応、わたしは主催者ではありますが、会場を確保などをお手伝いさせていただいただけで、ほとんどは、活動家一丁あがり講座「非正規キャラバン」グループの非正規労働者・求職者の皆さんにお任せしています。

会場のイコールふくやまには、広島から駆けつけた新聞記者を含め、若者からベテランの市議まで、幅広い年代の20人余りが集まり、活発な議論を交わしました。

福山では、事実上初めてとなった「独立系」イベント。鈴木さんたちにわたしも正直に申し上げて学ぶべき点も多い、と痛感しました。「生存ユニオン広島」として、「連合」組合員として、また与党第一党の一員として、さらに行政職員として、「今まで声を上げられなかった人、諦めていた人」の実態や思いが政治や行政に生かされるよう、がんばっていこうと思います。

関連記事
・反貧困「生存ユニオン広島」結成、民主党にメーデー参加者
の声届ける
http://www.janjanblog.com/archives/1771
・原爆ドーム前で「生存のためのメーデー」今年も開催
http://www.janjanblog.com/archives/946
・許せない! 大学労働者有期雇用制度と雇止め
http://www.janjannews.jp/archives/2784741.html

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-06-21 00:50 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
e0094315_19594479.jpg


 6月20日、福山市男女共同参画センター(イコールふくやま)で「派遣切りが教えてくれたもの 非正規キャラバン in ふくやま」(主催主催 活動家一丁あがり講座「非正規キャラバン」グループ、 共催・後援 クオータ制の実現をめざす会ふくやま=代表はさとうしゅういち自身)が行われました。

 基本的にわたしは主催者ではありますが、会場を確保などをお手伝いさせていただいただけで、ほとんどは、活動家一丁あがり講座「非正規キャラバン」グループの非正規労働者・求職者の皆さんにお任せしています。

「活動家一丁あがり」は、次世代の活動家(労働運動・反貧困運動など)を目指して作られた講座です。反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さん、首都圏青年ユニオンの河添誠さんなど、さまざまな方から活動について学んできました。非正規キャラバンとは講座の仲間で結成されたグループです。

活動家一丁あがり!受講生のブログ ~アクティブな市民への道のり~
http://ameblo.jp/icchoo/


■20数名が集まり、活発な議論

 会場のイコールふくやまには、広島から駆けつけた新聞記者を含め、若者からベテランの市議まで、幅広い年代の20人余りが集まり、活発な議論を交わしました。

 非正規労働問題をメインとするいわゆる「独立系」の集会は、福山では、4月29日にわたしたち「生存ユニオン広島」が実施した「生存のためのメーデー」に続き、おそらく、歴史上では二回目です(いわゆる共産党系の県労連さんは、派遣村やシャープの派遣切り問題などでがんばっておられます。)が、4月29日のメーデーは参加者が今回より更に少なかった。そういう意味では、「大成功」の部類に入ります。

 なにしろ、当事者は、余裕がない方が多いし、逆にちょっと余裕がある方だと「自分はあまり関係ない」と思ってしまいがちな問題ですから、参加者数自体を増やすというのはなかなかに大変な作業です。

■地方の不況でやむなく首都圏で違法派遣に

 今回は、三菱ふそうで派遣切りに遭い、会社を相手取って直接雇用を求める訴訟を闘っている鈴木重光さんから、お話を主催者の小川ともこさんとの対談形式により伺い、その後、参加者で自由に議論する形式を取りました。現在、鈴木さんは、再就職をめざして、介護福祉の専門学校に通っておられるそうです。

 鈴木さんは1972年生まれ。仙台で金融系の企業で、中小企業向けの貸付の仕事をしていたそうです。しかし、不況の中、仙台支店が閉鎖。鈴木さんは職を失います。

 仙台では求人はあまりなかった。昔のようには頼る親戚もない中で自分ひとりで食べていけるだけの給料を得られるような仕事があまりなかった。そういう中で、「月給28万円」という求人誌の中の広告を見て、その日のうちに面接を受けた、ということです。

 面接官に「仕事はきついけど、誰でもできるようになる」などといわれ、なんとなく「これでやるしかないのだ」と思い込んでしまったそうです。当時は既に、家賃も滞納になりかかっていたので、そうするしかなかった。それがたとえ、違法派遣だったとしてもです。実際、建前は、「請負会社の正社員」として働いているというものでした。しかし、切羽詰っていた当時、それでもそれを飲むしかなかったのです。

■正社員と同じ仕事なのに・・・

 鈴木さんの仕事は、トラックの内装組み立て。同じ場所で同じ仕事をずっと繰り返します。市ごとの振り分け自体は簡単なのですが、限られた時間でこなすのが難しく、2ヶ月から2ヵ月半くらい慣れるまで時間が掛かったそうです。

 鈴木さんのような派遣も、正社員も同じ仕事をしているのですが、正社員の人は、若手正社員に対するのと、派遣に対するのでは、教え方に差があったそうです。(当然、今後もずっといると思われる若手正社員には丁寧に教える。)。

 そして、ボーナスも昇給もない。誰にも評価されない、と感じたそうです。そこで、正社員の人と線を引くことで、辛うじて自分を保っていた。かくて、鈴木さんは4年間、仲間をつくれなかったそうです。

住むところをどうしよう、という不安

鈴木さんにとって忘れもしない2008年11月18日。

それより前も段々、休みの日が増え、正社員ではない鈴木さんの給料は減るばかりでした。

そうした中、11月18日昼休みに突然、派遣担当の人から「今、時間をください」と電話。工場内のローソンで会うと、担当者は「12月26日で仕事がなくなります」と通告。鈴木さんが何か言い返そうとすると、担当者は「ぼくもこの仕事がなくなるんです。」と言われてしまい、それきり、何も声を掛けられなくなってしまった。
ということです。

仕事に戻った鈴木さんを襲ったのは、「住むところをどうしよう」と言う不安でした。

組合結成のニュースを見て行動に

そうした中、各地で派遣切りに伴い、工場労働者が労組を結成した、と言うニュースをTVでみかけるようになった鈴木さん。「おれもビラまきをしなきゃ」と思うようになったそうです。

そこで、首都圏青年ユニオンに電話。そのとき、委員長の河添誠さんは、大喜びで電話を受け、相談に乗ってくれました。そして、河添さんから、ほかの仲間も連れてきて、といわれました。

しかし、鈴木さんは、4年間仲間を作ってこれなかった。なかなか大変です。ほかの派遣切りに遭った人は実家住まいの人も多く、「俺は大丈夫」と言う雰囲気でした。ただ一人だけ、2歳年上の人が「鈴木さんが一人ではかわいそうだから」という理由でつきあってくれたそうです。

それでも、そのときはまだ、「かわいそうと思われている」「俺は、ほかの派遣切りの人ほど(ひどい状態)ではない」という思い込みは遭ったそうです。

その後、紆余曲折、労使交渉を経て、解雇後もしばらくは寮に住めるようになりました。

その後、年末年始の派遣村を鈴木さんは手伝うようになりました。自分も困窮した鈴木さんが何故ボランティアに携わったか?

それは「かわいそうではない自分」を見せたかったからだそうです。助けてくれた河添さんと「対等になりたい」から。

派遣村に「ホームレスの人が来ている」などと叩かれていましたが、実際には、路上生活の人も、鈴木さんと同じような感じで仕事を転々としていた人が多い。そして、戸籍すらない、部屋を借りる手段も知らないという状態の人もいてびっくりした、ということです。

組合活動で成長

その後、鈴木さんは、組合活動や、「活動家一丁あがり」の活動を通じて、自分が変わっていくのを実感した、ということです。

一方で、組合活動を通じて、(会社側を代表して対応してくれた)正社員の方に対しては、自分を殺しているのだなあと実感したそうです。そういう正社員の人を見ると、「誰か特定の人が悪い」と怒ることはちょっと難しいなあ、と感じたそうです。

「会社をすぐ辞めてしまうのではなく、会社にいながら環境を変える。一緒に変える」という道もある、と鈴木さんは強調します。

現在、裁判闘争を闘っている鈴木さん。支援する傍聴者に対して「ありがたいなあ」と感じているということ。いい影響を受けた、と振り返ります。

■活発な質疑応答

その後、質疑応答や議論がありました。

 政権交代後の貧困問題の状況についてどうかとの質問に対して、鈴木さんは「多くの人が『自分だけは違う』というプライドから生活保護を受けたがらない、下を見て安心してしまっている状況はあまり変わっていない」と指摘しました。

また、「各地を結ぶネットワークが必要」(複数)、「福山で派遣村に従事しているが、やはり個人の責任にしてしまう気風を感じる。生きる権利が誰にもでもある、というところから出発する必要がある」(共産党市議)、「社会的なルールについて教育の段階からきちんと教えていく必要がある。」(契約社員男性)など活発な意見がありました。

わたしからは「小泉さんは地方経済を破壊する一方で、派遣法を緩和した。地方で食えなくなった人をこき使えるようにして、大手企業を儲けさせる狙いもあったと思う。そういう政治を改めるため、選挙で投票するだけでなく、政治家にモノをいっていく必要がある。わたしも民主党を支持してきたが、政権交代したからと言ってすぐよくなるわけではない。生存ユニオン広島では政策提言を民主党に対して行っている」などと紹介しました。

鈴木さんも「反貧困ネットワークと言う形でいろいろ分かれていた運動が、つながるようになった。」「ほかの人の闘いに刺激されることも多い。ネットワークは大事。」などと答えていました。

福山では、これくらいの規模でも「独立系」では初めてです。これはわたしにとってもまだまだスタート地点です。多くの今まで声を上げられなかった人、諦めていた人の声が政治や社会に届くよう、がんばっていこうと思います。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-06-20 19:59 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
派遣切りが教えてくれたもの
-派遣村・反貧困・ユニオンとの出会い

6月20日(日)10時開場 10時15分から11時45分 イコールふくやま(ロッツ地下)大会議室!

「友達なんかぜったい作るまいと思ってきた。でも、いま、仲間の存在が本当に有難い。」 


2008年、突如ニュースに登場したことば「派遣切り」。今回、福山に派遣切りの当事者である鈴木重光さんにお話していただきます。
鈴木さんは三菱ふそうで四年間働いてきました。しかし、派遣切りに直面。職場の同僚とともに個人で加盟できるユニオンに加入し、いまは派遣切りの不当性を裁判で争っています。いまでこそ、鈴木さんは明るく活動していますが、派遣で働いた四年間は、笑顔ひとつ見せませんでした。それは派遣という働き方に原因があります。
派遣は、細切れ契約で、常に不安定な雇用状況におかれています。しかし、それだけでなく、鈴木さんのように人間関係さえもかんたんに遮断するのです。
今回、福山で鈴木さんに派遣という働き方について語ってもらうとともに、派遣切り後、派遣村での活動・反貧困運動との出会い・ユニオンでの活動についても語ってもらいます。
どうか、鈴木さんの語る言葉を通して、現在の若者が直面している状況・そして、その中でも立ち上がり闘う若者の姿を見てほしいと思います。

なぜ、福山でやるの?
 派遣をはじめとする非正規雇用は、とくに工業を主体とする福山のような地域にこそ多く見られる問題です。非正規キャラバンメンバーの一人が広島県府中市出身で、福山の高校を卒業していることから、第一回の開催地になりました。多くの広島県東部の方に若者の状況を知ってもらいたいと思っています。
*主催の「活動家一丁あがり」とは、次世代の活動家(労働運動・反貧困運動など)を目指して作られた講座です。反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さん、首都圏青年ユニオンの河添誠さんなど、さまざまな方から活動について学んできました。非正規キャラバンとは講座の仲間で結成されたグループです。

資料代 500円(非正規のかた・学生は100円、生活困窮者は無料)お願いいたします。

 主催 活動家一丁あがり講座「非正規キャラバン」グループ
                共催・後援 クオータ制の実現をめざす会ふくやま

参加ご希望の方は、事前にご連絡いただければ助かります。   連絡先 mla70550@nifty.com
もちろん、当日参加も大歓迎です。                090-6961-3761(おがわ)

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-06-19 20:11 | Trackback
e0094315_2045655.jpg

e0094315_2045686.jpg

岡山・野宿生活者を支える会の年末年始炊き出しは、今日で終わりました。

しかし、これからも毎週日曜日、ずっと岡山カトリック教会に17時半集合(4月から11月は十六時半)で炊き出しが通年行われます。

やはり、コーヒーをお出しすることひとつとっても、結構習熟には時間がかかります。

あと、課題としては、行政施策が「今回の」不況で失業した人には目が向くが、今まで家がなかった人には手薄ということです。

これはナンセンスな話で、2008年秋のリーマン・ショック以前も、派遣切りはありまくりだった。風邪を引いて休んだだけで、「明日からこなくていい」なんてしょっちゅうでした。女性なら育児休暇さえあるかないかわからない違法状態。

そういうことで職を失った人も多いはずで、そういう人は対策の対象にならないのか?という疑問は湧いてきます。

対象を限定していたら結局いたちごっこにしかならないのです。

ただ、現に行政の穴がある以上、それを埋める活動を民間でせざるをえないわけです。

今後とも、細く長くでも、野宿生活者支援に関わらせていただきたいと思います。

【生活支援】年末年始情報(随時更新)
http://hiroseto.exblog.jp/11837057/

記事へのご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-01-03 20:45 | 活動報告 | Trackback
雇止め・派遣切りをしていた日野自動車ですが、また期間工を募集しているそうです。

おい、チョッと待てよ!といいたい。

解雇した人から優先的に採用すべきではないでしょうか?

http://gatenkei2006.blog81.fc2.com/blog-entry-288.html

日野自団体交渉は15日――私たちは働きたい私たちは働きたい
新たに900人も募集するなら・・・

 日野自動車で働くみなさん、おはようございます。
 暑い夏がまだまだ続きますが、私たち日野自動車ユニオンはみな元気でがんばっています。

●7月末までに2,700人を解雇。ひと月経ったら900人募集
 ・・・これって、どこかおかしくないですか?
 9月3日の新聞報道によれば、日野自動車は900人の期間工を新たに採用する方針を明らかにしました。内訳は羽村600人、新田250人、日野50人で、在庫調整が8月までにほぼ終わったからだそうです。

 すでに8月半ばからハローワークに求人票が出され、求人誌にも大々的な広告が出されていましたが、なんとも身勝手な話だと思わずにはいられません。日野自動車は、昨年夏から今年7月にかけて、実に2,700人もの期間工を解雇したばかりだからです。派遣社員も含めれば、クビを切られた労働者の数は4,000人にものぼります。ホームレスになった人も相当数いました。

 これだけの人の人生をめちゃくちゃにしておきながら、わずか1カ月後に900人も募集するというのですから、開いた口が塞がりません。どのように言い訳しようと、日野自動車は、期間工や派遣社員のことを使い捨て自由な道具としか見ていないのでしょう。

●解雇した人を優先的に採用すべきではありませんか?
 また、私たちは昨年12月いらい、「期間工の募集を再開するなら、これまで働いてきた期間工で希望する者を優先的に採用してほしい」と申し入れを重ねてきたのですが、これについても会社は全く無視したままです。

 ユニオンのメンバーを含めて、解雇され期間工や派遣社員の多くが新しい仕事を見つけることができず、失業保険が切れる人も出始めています。路頭に放り出した期間工をまず職場に戻すことが日野自動車の社会的責任ではないでしょうか。現場にとっても、仕事に慣れた人たちが戻ってきてくれた方が安全面でも品質面でもずっと良いはずです。

●15日に団体交渉が行われます
 こうした事態に対し、私たちは3日、すぐさま団体交渉を申し入れたところ、来週15日夜に交渉が行われることになりました。

 私たちの要求は、
第1に、募集再開の経緯について説明すること、
第2に、解雇した期間工を優先的に採用すること
の2点です。

 日野自動車が誠実な対応をするよう、みなさんの応援をよろしくお願いします。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg


広島市長・秋葉忠利

みんなであたらしい広島県をつくる会

e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif


以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-09-13 23:25 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
派遣切りが起きたとき、すぐ自己責任だ、と叫んだ人たちがいました。

しかし、申し上げたい。多くの派遣労働者(外国人含む)が、そういう労働条件で働いていたからこそ、正社員など中間層以上も、「安く車が買えた」のではないですか?

そのことをすっかり忘れ、「なぜ貯金をしていなかった」「生活保護に頼るのはけしからん」などといっても仕方がない。正直、我々が、安く車を買ってきたことの報いとして、消費者として一定の責任を、税金投入という形で負うのは当然でしょう。(もちろん、儲けた大手企業の責任が重大ですが。)

異常な低賃金で働いてくれる人がいたから、「我々の生活費」が安く済んだ。逆に言えば、他者を踏みつけにして、安く済ませている、ともいえるのです。

そのことは忘れてはいけません。

同時に、異常な低賃金の人を放置して置けばどうなるか。結局、だんだん、国民全体の消費が低迷し、さらに所得が低下するという悪循環に陥ります。結果として、国民全体の首を絞めることになるのです。

最近では、庶民は金がないから安物で済ませる。ところが安物自体が、低賃金労働に支えられています。結局、庶民同士で、安物を買いあって、首を絞めあうような状況に追い込まれているのです。安物買いの銭失いという言葉がありますが、マクロ的な意味での「安物買いの銭失い」状況に国民は追い込まれています。

この悪循環にストップを掛けなければならない。

どんな仕事についていようが、最低限食えるように保障する。そういうふうに、国民的な合意を形成すべきではないでしょうか?そうしなければ、本当にどん詰まりになりますよ。

「米びつが満杯でもいけないが、米びつの底が見えてもいけない。」かつて、こんな名言を吐いたプロ将棋名人がいました。この言葉をもう一度かみ締めたいと思います。

それとともに、上記の状況をまず地方で打破するため、改めて、広島県で社会実験として、藩札を発行し、職員給与(カット分)や、低所得者の生活保障に充てる事を提起したいと思います。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg


広島市長・秋葉忠利

みんなであたらしい広島県をつくる会

e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif


以下の野党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-08-15 10:21 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「フリーター労組の生存ハンドブック~つながる、変える、世界をつくる」

清水直子・園良太 編著/フリーター全般労働組合員ほか執筆 
イラスト&デザイン:いのうえしんぢ

7月21日発売予定 定価1450円+税

はじめに 清水直子

第1章 働く(すべて清水直子)
1 クビ!1 派遣切り・雇い止め ~その時、まずやるべきこと
2 クビ!2 「経営悪化したから解雇」ってアリ?その他
3 労働条件1 そんな条件、聞いてないよ! ~泣き寝入りしないために
4 労働条件2 ピンハネ・搾取に立ち向かう
5 給料 ちゃんと払って当たり前!
6 過労、危険な労働 仕事に殺されないために ~過労や危険な労働
7 セクハラ・パワハラ ~セクハラ、パワハラ、いじめに負けない
8 働く人を守る諸制度 ~労災、雇用保険、社会保険、日雇い雇用保険など
9 まともな仕事に就きたい! ~ハローワークやジョブカフェの利用法、ヤバい求人広告の見分け方
10 資料 労働相談窓口、ホットラインなど

第2章 生き延びる
11 生活保護1 ~いざというときの生活保護申請法 清水直子(協力:湯浅誠さん)
12 生活保護2(応用編) ~清水直子(協力:湯浅誠さん)
13 制度活用 ~(田野新一、フリーター労組執行委員)
14 ギリギリの命を支えあう場がある ~不安定な仲間の命を支える越冬闘争(田野新一)
15 屋根の下に住まわせろ! ~「自由と生存の家」の取り組み(菊池謙、フリーター労組会計)
16 衣も、食も、お金がなくてもクリエイティブに! ~新宿の「NU☆MAN」から(取材:園良太)
17 もし「生きていたい」とすら思えなくなったら ~僕のひきこもり体験から(市野善也、組合員)
18 資料 もやい、生活保護利用支援ネット、反貧困ネットなどの連絡先

第3章 仲間とつながる
19 労働組合という武器の使い方~団結権・団体交渉権・団体行動権(基礎編)、鈴木剛a.k.aQT(副執行委
員長)
20 立ち上がれば勝てる、必ず勝てる~団結権・団体交渉権・団体行動権(応用編)、鈴木剛a.k.aQT
21 街に出てアピールしよう~街頭宣伝・街頭アクション (園良太)
22 デモ1 ゼロからはじめるデモづくり~仲間づくりとコンセプト(園良太)
23 デモ2 デモで表現しよう ~グッズやコール、「サウンドデモ」の作り方(園良太)
24 デモ3 続ける・広めるために~世間との関係:デモ申請・防衛、マスコミや世間との付き合い方(園良太

25 私たちによる、私たちのための情報発信~オルタナティブ・メディアの活用(よねざわいずみ、執行委員)
26 女性どうしがつながる~運動の場での模索(根来祐、組合員)
27 地方はつらいよ~七転び八起き奮闘編(馬野骨介、肥後コミューン運営委員)
28 地域・運動を越えてつながる~「P8」から生まれた連帯(Esaman、LOVE&ビンボー作戦本部・貧乏参謀)

第4章 ステップアップ
29 万国の労働者、休め! メーデーをはじめよう(山口素明、副執行委員長)
30 共同妄想で分断を超える~正規・非正規、性別、国籍etc.(三浦仁士、執行委員)
31 社長はいらない!~恐慌を超える自主生産・自主管理(菊池謙)
32 プレカリアートは増殖する~世界の仲間と手を結ぼう(noiz、組合員)
33 民主主義を想像/創造する~「麻生を倒せ!ないかくだとう」プロジェクト(園良太)
34 戦争と貧困のスパイラルから降りる~殺し殺される世界を変えよう(園良太)

おわりに 園良太

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あとがき  世界や未来へ開かれていくことを願って

 この本はとても多彩な内容になったと思う。労働で困った時、ひとりでは生きていけなくなった時、つながり
たい・何かやりたいと思う時、さらに先の行動や考えを目指す時。人が生きる中でぶち当たる様々なシーンに力
を与えられるものを目指した。フリーター労組は普段から、各自のやりたいことを最大限活かしてつながろうと
している。そうしてこの内容を可能にしてくれた清水さんや組合員のみなさん、全国独立系メーデーのみなさん
、「NU☆MAN」はじめ各地で多彩な活動にとりくむみなさんにまず感謝したい。          
 日本社会で経済不況と格差が深刻化した1990年代以降、私たちには不安・不満や「何もできない」というあき
らめの気持ちが広がってきた。自分もそうした空気の中で育ってきたし、無力感をいつも抱えていた。デモで声
を上げる前に毎年3万人以上が自殺する。たまに登場するヒーローは誰もが市場経済の推進者だった。そこへ世
界恐慌と派遣切りの大津波がやってきた。大企業が世界中へ進出し続ける一方で、私たちは狭い日本の中だけで
閉塞させられ、未来が見えなくなっていく。

 でも同時に僕は「社会運動があるじゃないか」とずっと思っていた。小さな場作りから大きなデモまで、前向きにやれることはたくさんある。すでにここ数年間だけでもサウンドデモや労組作りなど様々なチャレンジがあったし、そこに出会った人たちは、つながれば生きていける、おかしいことには声を上げていいし、自分たち自身で新しいものを作り出せると気づきはじめた。それは世界各地でも行われている。マスコミやネットの不安を煽る情報の渦に飲み込まれ、それらは多くの人にまとめて伝えられる機会が少なかった。何も行動が起きなければ、これからも政府や大企業は私たちの生活と世界を悪化させていくだろう。 

 これは「本」でも同じだ。編集の仕事をしていたので、買う人を悩ませるほどの本が大量生産されてはすぐに店頭から消える現状をおかしいと思っていた。本全体が売れなくなる中で、一部の有名人がただ現状を大ざっぱに語るだけの本が作られ、売れていく。映画や音楽など他の表現分野でも同じことが起きている。それでは、本当の意味で人を勇気付け力を生み出すものは生まれないと思うのだ。

 本書ではそれでも意味のあるものを作りたいと話し合い、様々なシーンで誰もが自分から「使える」本を目指すことにした。もちろん、各項目で述べられたことには限りもあるので、教科書やセオリーのように読まれることは望んでいない。あとはみなさんがこれを踏み台にして新しいものを生み出して欲しい。また狭い意味の雇用問題を超えて未来への希望が見れる内容にしようとした。「つながる、変える、世界をつくる」という副題にもその思いが込められているし、紹介した数々の実践の多様さ・自由さがそれを物語っているのではないかと思う。その目的を完全に理解して「ハンドブック」というタイトルをつけ、この多彩な原稿に適切なアドバイスをし続けてくださった大月書店編集部の岩下結さんと、私たちをよく知り、深い意味を込めたイラストとデザインをくださったフリーターユニオンふくおかのいのうえしんぢさんにも感謝したい。みんなで一つの本を作るのはとても楽しい体験であり、読者の方に少しでも有意義な本になっていたらこれ以上ない喜びだ。 
 もちろん生きていればうまくいかないことはたくさんある。たがどんなにつらい状況に置かれた人でも、人とつながれば自分の人生を自分で決めていくことができる。どうか本書をバックの中に入れて、いつでも使いこなして欲しい。そして周りの人と一緒に読みながら、自分たちのアクションを話し合って欲しい。フリーター労組や本書に書かれたアクションに参加したい、自分もやりたいと思ってくれたら、いつでも気軽に連絡をしてほしい。協力できることはたくさんあるし、どこにでも行きたいと思っている。貧困も差別も戦争も無い世界を目指していこう。そうして誰もが未来へ開かれていくことを願って!

2009年6月 園良太

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

森田健作千葉県知事に辞職を求める署名呼びかけ 森田健作氏を告発する会
MIXIコミュニティ・森田健作さんに突っ込み

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg



熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

e0094315_2317383.gif


とくらたかこのブログ
とくらたかこ応援団

e0094315_21534643.jpg
京野公子がんばれ!
by hiroseto2004 | 2009-07-06 20:03 | 生存ユニオン・独立系メーデー | Trackback(10)
福山シャープ派遣切り問題 4ヵ月で勝利解決
さとうしゅういち2009/04/20
 
http://www.news.janjan.jp/living/0904/0904171737/1.php

広島県の「シャープ福山工場」に派遣されていた労働者が、昨年12月、派遣契約を打ち切られたため組合を作り解雇の撤回を求めていた問題で、4月16日会社側との交渉が決着した。労組関係者らは、「勝利和解」の要因として、若者たちの迅速な対応・結束などをあげ、勝利を称えた。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg

by hiroseto2004 | 2009-04-20 12:42 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback(1)
シャープ福山工場に派遣されていた労働者が、昨年末、派遣期間が残っているのにもかかわらず、派遣契約を打ち切られ、派遣元のキャリアシップから解雇されました。この問題で、解雇された労働者でつくる「福山シャープ関連労組」は、今日16日、会社側と交渉を決着させたことを発表しました。

1、契約残余期間の賃金をキャリアシップが支払う
2、一律の解決金を全員の支払う

契約期間が残っている社員を、派遣先から派遣を打ち切られたからといっていきなり解雇するのは、違法行為です。

会社側は今回、訳がわからない状態の労働者に「退職願い」を書かせてしまったのです。

そこから、労働者は立ち上がり、「当たり前」のことではありますが、会社側に義務を履行させた、といえます。

地域生存権確立の春を!反貧困ネットワーク広島設立 
http://www.news.janjan.jp/area/0902/0902076996/1.php


17日(金)18時半から福山市霞町の学びの館ローズコムで、報告集会があるそうです。連絡先は084-957-5336だそうです。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg

by hiroseto2004 | 2009-04-16 19:13 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback(1)