エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:福田康夫 ( 53 ) タグの人気記事

外交は悪くない福田さん

政権を投げ出した福田総理。ただし、外交面では悪くはなかったと、考えられます。

大国相手にも意外というべきことは言ってます。

アメリカに対してはバイオエタノール問題で、異論を唱え、食糧危機を加速するアメリカ的バイオエタノールが国際的にお墨付きをもらうのを阻止しました。

中国については、福田さんが弱腰だという非難をする人々がいますが、ガス田問題などは、かなり日本は「実を取った」と思います。
むしろ中国国内での方が不満は大きいらしいが、「靖国参拝をしない親中派」福田が相手なのでぶつぶついいながらも受け入れざるをえないでしょう。

エネルギー分野でそれなりに長期的な視野で外交は良い仕事をしたのが福田総理だと思います。


記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
e0094315_1847474.jpg

by hiroseto2004 | 2008-09-13 16:20 | 国際情勢 | Trackback
BBCの報道
http://news.bbc.co.uk/


すでにアメリカのぺロシ議長が広島を訪れたことのほうが上に来ています。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7593298.stm

Pelosi visits Hiroshima memorial

Pelosi is next in line to the presidency after Vice-President Cheney
The speaker of the US House of Representatives has laid flowers at a Japanese memorial to atom bomb victims.

Nancy Pelosi, a Democrat, is the highest ranking US figure to visit the site in Hiroshima, the first city in the world to suffer a nuclear attack.

More than 140,000 people were killed by the American bomb, dropped towards the end of World War II in 1945.

Mrs Pelosi is in Japan for a meeting of parliamentary speakers from the Group of Eight (G8) major industrial nations.

Mrs Pelosi and the other G8 delegates visited Hiroshima's Peace Memorial Park before heading into an all-day meeting.


See a graphic showing how the Hiroshima attack took place
The speaker of the House of Representatives is the third most senior politician in the US, after the president and vice-president.

Although former President Jimmy Carter visited the memorial in 1984, his presidency had ended at the time and the visit was not made in any official capacity.

The bombing of Hiroshima marked the beginning of the end of the war in the Pacific.

A US B-29 plane dropped the five-tonne "Little Boy" bomb on the morning of 6 August 1945.

Three days later, a second nuclear bomb was dropped on the city of Nagasaki, killing about 80,000 people.

Japan surrendered a week later.


世界史の流れからすれば、アメリカの現役のNO.3の権力者がヒロシマを訪れたことのほうが、福田退陣より大事、といえると私も思います。

みなさんもご存知と思いますが、アメリカというのは根強い原爆投下肯定の国です。

もちろん、すぐに謝罪、ということはないにしても、訪れて、犠牲者を悼むことと、原爆を正当化することにはどうしても矛盾が出てきます。

やはり、アメリカが核を使ったことを反省すること。それが、すべての核問題を解決する根っこになると思います。


朝鮮日報の報道
http://www.chosunonline.com/article/20080902000017


人民日報日本版(中国語)
http://japan.people.com.cn/


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-02 20:06 | 国際情勢 | Trackback
NYタイムズでは、福田総理の辞任の扱いは、国際面の「タイの非常事態宣言」「イラク・アンバール州への自治権返還」に次ぐ三番目でした。

Thai Army Chief Renounces Force
By SETH MYDANS and THOMAS FULLER 4:30 AM ET

Vincent Yu/Associated Press
Riot policemen with shields blocked a street near Government House in Bangkok early Tuesday.
The Thai government declared a state of emergency in Bangkok after violence with protesters escalated.

Times Topics: Thailand

U.S. Hands Back a Quieter Anbar
By DEXTER FILKINS
The handover of the Iraqi province, once a stronghold of the Sunni insurgency, marked a long-delayed milestone.

Japan’s Prime Minister Resigns

By MARTIN FACKLER
Yasuo Fukuda stunned Japan by announcing his resignation after one difficult year in office.

タイの非常事態宣言のほうがアメリカ的には深刻。日本の総理は誰がなろうが関係ない、ということなのでしょうか?

Japan Prime Minister Resigns

Published: September 1, 2008
TOKYO — Prime Minister Yasuo Fukuda announced on Monday night that he would resign, abruptly ending his chronically unpopular government after just a year and leaving Japan’s governing party scrambling to find fresh leadership ahead of crucial national elections.

Skip to next paragraph
Enlarge This Image

Toru Hanai/Reuters
Prime Minister Yasuo Fukuda cited a series of “longstanding problems” for his resignation.

Related
Times Topics: Yasuo Fukuda Times Topics:Japan
Enlarge This Image

Toru Hanai/Reuters
Prime Minister Yasuo Fukuda announced his resignation at a news conference at his official residence in Tokyo on Monday.
Mr. Fukuda’s surprise announcement, made at a hastily called news conference, startled Japan and appeared to plunge the world’s second largest economy into further political confusion. Last year, Mr. Fukuda’s predecessor, the rightist Shinzo Abe, made an equally sudden resignation.

Mr. Fukuda’s decision was particularly unexpected because he took office last September as a veteran political insider widely counted on, after Mr. Abe’s hasty departure, to bring stability and restore the Liberal Democratic Party’s tarnished credibility. In the end, Mr. Fukuda, 72, lasted about as long as Mr. Abe, roughly a year.

His resignation was also surprising to many because it came just a month after he had reshuffled his cabinet, and just days after he unveiled a $17 billion economic stimulus package.

Still, there had been widespread speculation that Mr. Fukuda, suffering from low ratings, might resign before the coming national elections, to give the party a chance to install a more popular leader. According to that thinking, the governing party might then call a snap election, hoping to ride the new leader’s initial wave of approval to victory in the polls.

Most speculation on a successor has focused on Taro Aso, an outspoken, conservative former foreign minister who is now secretary general of the Liberal Democratic Party. Mr. Aso, whom Mr. Fukuda defeated to become prime minister last year, has not said whether he will run again.

The Liberal Democrats will convene to select their new leader. Since they control the lower house of Parliament, which chooses the prime minister, their selection will automatically acquire the post. The selection process is expected to take about two weeks, during which time Mr. Fukuda will remain in office.

Mr. Fukuda, whose brief and unsuccessful term makes him unlikely to be one of the most favorably remembered Japanese prime ministers, fumed that he faced an uphill battle almost as soon as he took office. His short stint in office was also marked by a series of missteps and scandals, including allegations of graft at the Defense Ministry and his own cavalier comments about the government’s apparent loss of the pension records of tens of millions of Japanese.

Despite his political credentials, he proved incapable of breaking a parliamentary deadlock that delayed the selection of a new central bank chief and the renewal of a law allowing Japanese ships to refuel American and other vessels involved in the war in Afghanistan. These setbacks, along with the owlish Mr. Fukuda’s own colorless style, hurt his approval ratings, which dropped below 30 percent in recent polls.

“To be honest, from the beginning, longstanding problems appeared one after the other, and I had to face them,” Mr. Fukuda said at the news conference, which was nationally televised. “Dealing with them worked me to death.”

He said he wanted to get out of the way for a new leader to break the current stalemate in Parliament, where the opposition controls the upper house, and to prepare the party for the elections.

“This is the perfect timing to not cause people too much trouble,” Mr. Fukuda said.

However, business leaders and opposition politicians were quick to criticize his abrupt exit, especially after Mr. Abe’s sudden departure.

“It is an utterly irresponsible way to quit,” Kozo Watanabe, a senior adviser at the Democratic Party, was quoted as saying by Kyodo News. “I cannot help worrying about what will happen to this country’s politics.”

Indeed, a lack of strong leadership has plagued Japan, even as it has grappled with a host of new problems, including the rise of neighboring China and a slowdown in its $4.7 trillion economy. The resignations of both Mr. Fukuda and Mr. Abe, who led short-lived, unpopular governments, have highlighted the lack of stability here since the popular Junichiro Koizumi stepped down two years ago.


上記の記事を見る限り、安倍さんは「rightist」=右翼で麻生さんは「conservative」=保守という評価をNYタイムズからはもらっているようです。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-02 19:50 | 国際情勢 | Trackback
福田総理の退陣を受けて、麻生太郎幹事長が早くも総裁選挙に出馬を表明。

さらに、小池百合子さんが総裁選挙に出るのでは?という向きもあります。

総裁選挙を行えば、自民党に注目が向き、ご祝儀相場で支持率が上がるというのが一般論としてあります。

それはそうなのですが、二回も政権を投げ出したのを国民は見せ付けられています。

「二度あることは三度ある。」というのが日本のことわざであります。

小池さんの場合は、新自由主義者である、というのがネックでしょう。今の情勢は景気を最優先すべき情勢で、公明党もそれを求めています。

公明党の選挙協力が無ければ自民党は勝てませんが、小池さんの今のスタンスではそれは難しいでしょう。

仮に小池総理となっても、野党側は新自由主義を徹底的に批判すればよいのです。麻生総理よりも対立軸はわかりやすくなるでしょう。

いずれにせよ、無責任な政党にはこれ以上政権は任せられないと思います。


福田首相辞任で与党は解散・総選挙を行い、国民の信を問うべき 山岡委員長

 山岡賢次国対委員長は2日午後、国会内で、福田首相の辞任に伴い、自民党の大島国対委員長が、「9月12日に予定されていた臨時国会の召集を延期したい」との意向を示してきたことを受けて、記者団の前で語った。

 山岡国対委員長は、大島・自民党国対委員長が申し入れを行う前に野党国対委員長会談を行ったことを語り、その中で、「国会召集日も決まり、これから論戦という所で、一度ならず二度も同じようなやめ方をした」と遺憾の意を示した。

 さらに、「このようなことが続いている以上、国民に信を問う責任がある。与野党だけの問題ではなく、国民全体の政治不信を招くのではないか」との考えを表し、国民の信を問い新しい政治を作るべきと語った。

 また、大島自民党国対委員長から今回の辞任騒動についてお詫びはあったかとの質問に対して山岡国対委員長は、「特にない。大島国対委員長も困惑した表情を浮かべていた」と与党内においても混乱している様子が伺えることとなった。

 最後に、新しい自民党総裁に代わることで、次の政権浮揚につながることになると思うかとの質問には、「一般論的にはそうだが、このように政権を投げ出すことが続いているので、国民の皆さんも政治をきちっとしてくれと思っているであろう」と、新政権になっただけでよいと見る向きはないとの考えを示した。




e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-02 18:56 | 新しい政治をめざして | Trackback(2)
福田総理退陣:もう許してはいけない自民18番・「トカゲの頭切り」
さとうしゅういち2008/09/02

http://www.news.janjan.jp/government/0809/0809016048/1.php
「総理だけ代えて、自民党政権は延命する」という、自民党の「18番」狙いが露骨に見えてしまい、どっちらけです。自民党はピンチになるといつもそうした「トカゲの尻尾きり」ならぬ「トカゲの頭切り」を行って延命してきました。しかし、「2代続けて政権を任期半ばで放り投げる」というのは末期的症状ではないでしょうか?


麻生政権は、おそらく小渕政権にかなり似たスタンスのものになるのではないか、と予測しています。それは公明党との関係が背景です。

小渕政権当時、公明党は98年参院選で得票を共産党に抜かれてあせっていました。一方、自民党はもちろん政権を維持したい。両者の利害が一致して、自自公協力、そして自自公政権が成立したといえます。

 公明党は男女共同参画など「一定の譲歩」を自民党から引き出し、与党の優位性も強調しながら支持を広げた。その代わり、小渕政権は、大手企業減税や派遣労働者法原則自由化、周辺事態法制定を行いました。

 しかし、小泉政権後半になると、公明党の支持基盤の低所得者層が悲鳴を上げ始めた。安倍政権では安倍さんがその上古臭いイデオロギーを振り回したため、女性を中心に潮を引くように公明党支持者の元気がなく、2007参院選で惨敗した。

 そのことも背景に支持者への人気取りが必要になってきた。一方、麻生さんの基盤はセメント会社だ。ということは「大手企業が儲かる景気対策」+「公明党支持者をなだめる程度の飴」の組み合わせが予想されます。

 大半の庶民にとっては、恩恵はないとまではいいませんが、やはり、多くはない。もっといい景気対策があるんじゃないの、ということは明白だと思います。

「福田総理辞任劇」もう政権交代しかない
岩崎信二2008/09/02
http://www.news.janjan.jp/government/0809/0809016051/1.php
安倍前首相と何ら変わらない「政権投げ出し辞任」そっくりに思えます。テレビを見て驚きました。怒るより呆れました。もうこうなったら一度、大きな政権交代しかないのでは、と考えます。


労働法軽視「偽装経営者」の温床になるか?市民会議提案の労協法案を考える
上田仁2008/09/02

http://www.news.janjan.jp/living/0809/0808315930/1.php
労働者協同組合は、労働者が出資金を出し合い、労働者が協同経営を行い、自ら労働に従事する、出資・経営・労働の合一した「新しい働き方」として注目を集めつつあります。法案が「労働を商品としない」との労協の本旨に相反するのではないか、ワーキングプアの新たな火種となりかねないとの不安を禁じえません。


上記記事の懸念は私も共有せざるを得ません。今の経営者と労働者の力関係を考えれば、きちんと労働者保護を目配りしなければ「雇用労働」どころか「雇用労働以下」のものになりかねないと思います。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-02 12:37 | 新しい政治をめざして | Trackback(2)
自民党にはもはや統治能力がない!
そう感じた総理退陣でした。

そもそも、自民党はすでに1980年代には古い政治モデルになっていました。

高度成長期であれば、大手企業をまず育て、それによる波及効果で福祉も充実、というモデルもあったと思います。国によるセーフティネットは手薄だが、家族や企業がそれを代行していた。ところが、それは、セーフティネットからはみ出た人が食えなくなるという問題を引き起こしましたし、先進国でも男女不平等が激しい国にいつのまにか日本はなってしまいました。

 しかし、当時は中曽根総理が国鉄民営化などで、世論に溜飲を下げてもらうなど巧妙に政治を進めたと思います。っそして、アメリカに追随する政治を強化し始めました。

 もちろん、新しい労働運動への転換ができなかつた野党側にも問題はありました。

 そうはいっても、中曽根総理に始まったアメリカ追随政治が割合地方の反感を買い、1989 年参院選では 大敗しました。自民党は窮地に陥ります。1993年には政権を失います。

 そこで1994年、自民党は日本社会党を引き込んで政権を維持しました。社会党を踏み台にした自民党は橋本政権で新自由主義を本格化しました。

 それにより、大不況を招き、1998年参院選で大敗しました。そこで後を継いだ小渕さんは公明党を引き込んで政権を維持しました。

 さらに「自民党をぶっ壊す」と叫んだ小泉純一郎さんを投入してバカ受けしたのです。

 しかし、そんなセコい手も限界です。公明党も支持層が悲鳴を上げています。自民党の支持層も離反しています。そして、何より人材の払底が著しいと思います。

 正直「福田さんもこの程度の人物か」と失望せざるを得ませんでした。

 潔く国民への 大政奉還を行い、審判を仰ぐのが筋です。



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-02 08:23 | 自END | Trackback(1)
自民党のやってきた十八番はピンチになると「トカゲの尻尾きり」ならぬ「トカゲの頭きり」です。

 自民党総裁および総理大臣だけ代えて、国民の不満を静める。それに国民はうまくいなされ、自民党政権は永続してきました。

 しかし、もういい加減にしましょう。

二代続けて、このような無責任な政権の放り出し方です。

こんな無責任な政党に政権をこのまま任せておくわけにはいきません。

ただ、今後は、党首は原則として4年つとめることをルール化すべきだと思います。

人気のない政権は、4年おきの総選挙で潔く負けて下野する。

こそこそ逃げて組織としての責任をあいまいにして延命しない。こういうことが必要だと思いますが、みなさん、いかがでしょうか?




e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-01 23:44 | 新しい政治をめざして | Trackback(2)

福田総理が退陣

 福田総理が退陣の意向を固めました。

 後継には麻生さんが有力という報道がもっぱらです。

 福田さんは、後期高齢者医療制度をはじめ、アフガン派兵問題など、もっぱら小泉総理の行ったことの付けに悩まされた、といえます。

 参院の与野党逆転状況も、はっきり申し上げれば長年の自民党政治、ことに小泉政治による悪影響が安倍総理の時代になって顕著となり、おきたものです。まさに「長年の自民党政治」および「小泉政治の尻拭い」に終始して、退陣していく、といえます。その意味ではお気の毒な面もあります。

 ただ、福田さんも、ワークライフバランスへの取り組みなど、野党への妥協の要素もあって、小泉さん・安倍さんの路線を見直すような部分もあり、わたしはそのこと自体は評価していました。しかし、思い切った景気重視への転換ができないことに、わたしは苛立ちを覚えていました。

 案の定、支持基盤に生活が苦しくなっている低所得者層が多い公明党や、麻生太郎さん、中川昭一さんら、元来から割合積極財政を主張していた自民党内の勢力にも反発を受け、政権が持たなくなったと思われます。

 さらに、「改革クラブ」が民主党から2名離党して結成されたが、意外と飛び出る人が少なく、国会対策にも行き詰まった、ということではないでしょうか?

 麻生さんは、プライマリーバランスを2011年度までには均衡にするという目標を見直すべき、という立場です。また麻生さんと仲がよい中川昭一さんは「中央公論」では、税方式の基礎年金や育児・教育の国費負担など、数十兆円の景気対策を主張しています。公明党は「定額減税」を主張しています。

 間違いなく、麻生政権は小泉・安倍よりは積極財政に転ずるでしょう。そして、「積極財政の効果が浸透するが、『総理交代』による『ご祝儀』効果が切れない」ようなタイミングで解散総選挙、というのが、オーソドックスに考えたシナリオです。


 しかし、わたしが思うには、麻生政権における積極財政とは、まず「えらい人」と「公明党支持層の一時的な人気取り」にしかならない、とシビアに考えています。

 予想される麻生政権のあり方は、おそらく1998年発足の小渕政権と似てくるでしょう。小渕さんは、公明党の要求を容れて「地域振興券」をばら撒きつつも、大手企業やお金持ちの減税を優先し、また、労働者派遣の規制緩和を行い、今の貧困の拡大の要因を作っています。

 また、周辺事態法を制定し、今のアメリカ従属の安保政策の流れを決定付けました。

 野党側はどうすべきか。景気対策をすること自体の是非はもはや問うべきではない、と考えます。

 自民党を批判する場合には、自民党政府による総合景気対策は「中身が小規模すぎ」であり、「庶民や地域が潤いそうもない」という文脈で批判すべきです。

 また、麻生さんらの男女共同参画に対する考え方ははっきりってしまえば古臭い、とわたしは考えます。「サザエさん」のような家族を理想とされるとうかがっていますが、正直申し上げて、家族の形がすでに多様化している現代にはマッチしないと感じます。もうないものを前提にしても、たとえば子育てや介護などで、家族に負担をかけるだけになりかねません。

 一方で、間違っても、小泉純一郎さんのような、新自由主義の立場から批判すべきではありません。

 日本の社会保障費はすでにアメリカを除く先進国と比べればGDPに占める比率は低いのです。セーフティネットが家族や企業に頼れる人以外は手薄である日本で貧困が蔓延するのは当然なのです。

野党が主張すべきはたとえば以下のような主張です。

1、20兆円から30兆円規模の対策を5年間は行う。財源は、特別会計の剰余金の活用を行い、さらに、足りない部分は、政府が直接お金を発行してまかなう。政府の発行するお金は、政府が保有する金融資産の額を上限として歯止めとする。

2、後期高齢者医療制度は廃止する。国保は低所得者からは取らず、累進的保険料とする。
また、年金と介護は、保険料方式をやめ、税方式とする。具体的には、保険料のうちの個人負担部分は所得税に、事業主負担部分は法人税に振り替える。
当面は、仁徳天皇に倣い、庶民への介護保険料、国保料などは3年間免税する。

3、すべての人に、200万円をめどに最低所得を保証する。失業給付も税方式とし、給付期間は数年単位にする。生活保護を受けやすくする。それにより、再チャレンジしやすくする。

4、国立大学は再国営化し、高等教育は無料化し、進路の選択肢をすべての階層の子どもたちに広げる。

5、ワークシェアリングを行いつつの公務員増加を行う。特に不足している勤務医や、介護労働者を公務員として雇い人材を確保する。それにより、地域でぐるぐるお金が回るようにする。また、非常勤公務員を短時間正規公務員とする。その代わり、同一価値同一労働賃金の原則により、行政職のえらい人の給料は現行より引き下げ「ワークシェアリング」を公務員の中でも行う。

6、小泉さんによってカットされた地方交付税交付金5.1兆円を元に復元する。

7、JRは再国営化し、思い切った設備投資で在来線を機能強化し、クルマから鉄道に交通をシフトさせる。また、バスも公営化すべきは公営化し、小さなバスを便数多く循環させてクルマから乗客をシフトさせる。

 当面は、ガソリン税の暫定税率などを撤廃して負担経験を行う。 一方、クリーンエネルギーへの固定価格買取制度を設ける。

貧困問題、食糧問題、エネルギー問題への不安にこたえつつ、思い切り景気が浮揚するような政策を採るよう主張すべきです。

 ここまでくれば野党側も「正攻法」しかありません。

 小泉政治を否定するどころか、その前の中曽根政治も否定すべきです。そして、自民党政治における権威主義を否定する。それにより「麻生政権」との違いを出していく、という「正攻法」で攻めるべきでしょう。

 キャッチフレーズ的にはたとえば「原発・道路からクリーンエネルギー・公共交通へ」「東京中心から地元雇用創出へ」などが考えられます。
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080901-00000968-san-pol
福田首相、辞任の意向
9月1日21時23分配信 産経新聞


 福田康夫首相は1日夜、緊急記者会見を開き、内閣を総辞職すると発表する。福田内閣は昨年9月の発足から1年が過ぎたばかりだが、揮発油(ガソリン)税の暫定税率をめぐる与野党攻防でガソリン価格が1カ月の間にリットル当たり25円程度上下する混乱を引き起こしたほか、4月に導入した後期高齢者医療制度に関しても「高齢者いじめ」と世論から強い反発を受け、内閣支持率は2割程度にまで低迷していた。

 7月には、北海道で開催した主要国首脳会議(洞爺湖サミット)を経て、人心一新のため念願の内閣改造を断行したが、大幅な支持率回復はなく、秋の臨時国会を前に、新テロ対策特別措置法案の延長の是非や新たな経済対策、衆院解散総選挙の時期などで連立を組む公明党との関係も微妙になっっていた。福田首相はこうした状況から、今後、自らが政権を維持することは困難と判断したとみられる。福田首相の後継には、自民党の麻生太郎幹事長が有力視されている。

 福田首相は平成18年の小泉首相退任に伴う自民党総裁選への出馬を検討したが断念。だが19年9月に安倍晋三前首相が体調不良などを理由に突然退陣したため、その後行われた自民党総裁選に出馬し、麻生幹事長(当時)と争って勝利して第91代首相に就任した。

 内閣総辞職は、内閣を構成する首相と全大臣が一斉に辞職することで、国会はただちに、国会議員の中から新たな首相を指名し、新内閣が発足する。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-01 22:16 | 新しい政治をめざして | Trackback(5)
小泉・安倍・福田 平和祈念式で見た三者三様
さとうしゅういち2008/08/08

http://www.news.janjan.jp/government/0808/0808074012/1.php
私は2000年に広島県に移住して以来、毎回、平和祈念式典に出席しています。おかげで、小泉純一郎さん、安倍晋三さん、福田康夫さんという歴代3総理の生の声を聞く機会に恵まれました。その時の三者三様の振る舞いについて、分析します。


三者三様でした。なるほど、と思っていただけたら記事下部のボタンのクリックをお願いします!

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-08-08 12:26 | 新しい政治をめざして | Trackback(3)

何が「安心実現」だ!?

 中国国内でギョーザ中毒事件が起きていたという情報が1ヶ月以上たって公表されました。

またアメリカの原子力潜水艦が佐世保で放射能漏れしていたのが伏せられていたという問題。さらに横須賀などでも漏れていたという情報まででています。

 第一の問題として政府が組織的に隠蔽していたのかどうか。だれがどうしたのか?

 第二にそうではなくて総理に役人が情報を渡していなかった可能性があるのかどうか。

どちらにせよ大問題です。

原子力潜水艦ですが、漏れたのか漏らしたのか、というのも問題になりそうです。例えば、「二次冷却水の圧力でバルブが持たないから、わざと垂れ流した」というのが恒常化していないかどうか。

とにかく、不安にさせることを政府はしています。何が「安心実現」かと突っ込みたくなります。

記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

何が安心実現だ!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg

by hiroseto2004 | 2008-08-07 21:16 | 新しい政治をめざして | Trackback