エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:移民政策は21世紀の奴隷貿易 ( 1 ) タグの人気記事

自民党の「日本の移民政策」に騙されるな! (現政権にノー)
http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50198441.html

という、よいエントリーがありました。

以下が、まさに自民党の本音でしょう。

「派遣、パートの奴隷層の数が足りないので、海外からの移民で賄(まかな)いたい」

政府与党の考えの核心は、恐らくこんなものであろう。大企業が望む低賃金労働者をいかに確保するのか、それも短期間で補充可能な方法は何があるのか、そういった観点で、1,000万もの移民を考えているに過ぎない。高尚な考えや、熟慮して練り上げた理念があるわけではなく、単に「大企業の要請」や「税収の確保」だけを目的とした浅知恵にしか過ぎない。

そもそも人口減少社会に陥らせたのは行政の責任であって、それを盾に移民政策の正当性を訴えるのは、責任転嫁に他ならないのではないだろうか。

・社会保障費の縮小
・競争社会による生活の余裕のなさ
・リストラを是とする会社慣行の横行
・大企業優遇に反して、家計への冷遇
・子育てを安心して出来ない社会情勢
・小児科医の激減(医療崩壊)


行政の責任、政治の責任について、ざっと挙げてみた。やることもやらずに、機械的に働く為だけの奴隷層を海外から輸入する、そんな事が許されていいのか!!!

日本という国は、日本人の中に奴隷層を作り、そして海外から人材を輸入する事で、奴隷層の拡充を図ろうとしている。民主主義という思想は、人間として平等を謳うものであり、身分制度をこの地球上から撤廃する、という事から、歓迎された代物であって、民主主義国家の中で、公然と奴隷層を位置づける事は、まさにデモクラシーへの背信行為である。


日本は社会保障が手薄です。雇用保険も生活保護も手薄。

だから、むちゃくちゃな条件でも足元を見られた労働者は働かざるを得ないのです。

まずは、崩壊したセーフティネットの建て直しです。

それもせずに、奴隷を増やすのは何事でしょうか?

ところで、介護労働者をインドネシアなどから受け入れることになっていますが、これも、結局日本人介護労働者を奴隷のように酷使し、みんなやめていったからという安易な考えで補充しているだけではないですか?


非常勤は21世紀の奴隷制度!

自民党の移民政策は21世紀の奴隷貿易!


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-08-03 11:46 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)