エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:西部住民の会 ( 4 ) タグの人気記事

以下、つくだ守生さんによる報道です。

岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会(共同代表=菊間みどり氏ら)は23日、岩国基地への最新鋭ステルス戦闘機F35B戦闘機の配備計画が危険を増大するとして、県と廿日市市へ要請書を提出し、日米両政府に計画を撤回するよう求めました。同計画は22日に岩国市と山口県へ、23日に広島県へ伝達されました。
 要請書は「同機は開発途中ともいわれており、昨年7月に実践運用が始まったばかりで、今回初めて海外基地に配備され、未知の部分も多い」と事故の危険性を指摘。「岩国基地を飛び立つ米軍戦闘機の多くが、広島県上空を飛行しており県民の不安は大きくなる一方です」と訴えています。

【資料】
広島県知事 湯崎英彦 様
2016年8月23日

 岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会
 共同代表 池上 忍 菊間みどり 吉田正裕

県民の安全・安心を守るための緊急要請

 8月22日、F35Bステルス戦闘機の岩国基地配備の伝達が岩国市及び山口県に行われました。
 岩国基地に配備されるのは、垂直離着陸できる海兵隊仕様のF35Bで、艦上での運用が想定されます。配備数は16機で、2017年1月に10機がFA-18ホーネットと交代、同年8月に6機がAV8Bハリアー垂直離着陸機と入れ替わる「機種変更」と説明しています。
 しかし、同機は開発途中ともいわれており、昨年7月に実戦運用が始まったばかりで、今回初めて海外基地の配備が行われ、未知の部分も多く、事故や騒音増大の不安もあります。説明によると騒音は「岩国市街地への影響は大きくない」としていますが、FA18ホーネットにはない垂直離発着訓練も想定され、とても納得できる内容ではありません。
 しかも、今回の伝達は被害が増大する廿日市市など広島県側の自治体には何の説明もありません。現状でも岩国基地を飛び立つ米軍戦闘機の多くが、広島県上空を飛行しており県民の不安は大きくなる一方です。加えて、低空飛行訓練による騒音の増大も懸念されます。
 県民の安全・安心を守るためにも、岩国基地の強化につながるF35配備撤回を日米両政府に求めてください。

        以上


by hiroseto2004 | 2016-08-24 21:45 | 岩国 | Trackback
広島ブログ
西部住民の会は、廿日市市長に空母艦載機の移駐に反対を貫くよう要請しました。
最近、広島市内でも米軍機が我が物顔で飛び回っています。廿日市市も広島市も連携してしっかり国と米軍に物申すよう、住民が働き掛けていきましょう!



More
by hiroseto2004 | 2015-12-09 11:00 | 岩国 | Trackback
広島ブログ
 被災者県議候補・つくだ守生による報道です。

 日本共産党の大平喜信衆院議員は29日、広島市や廿日市市、北広島町で今月9、11、13日の午前7時過ぎに米軍機が爆音を轟かせて飛行した現地を視察しました。米軍岩国基地や世界遺産の宮島などの飛行空域を一望できる廿日市市の経小屋山へ登頂。植木京子市議が同行しました
 「岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会」の坂本千尋事務局長と「瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク」の伊達純事務局次長が案内し、「これまでの目撃は1~2機だったが、今回は6機が編隊を組んで飛んだ」と説明。大平議員は「低空飛行でなくても、6機が同時に飛べば大変な音になる」と語りました。
〔写真〕伊達事務局次長(右)の案内で視察する(左から)植木、大平の両氏=29日、広島県廿日市市

e0094315_23231092.jpg



More
by hiroseto2004 | 2015-06-29 23:26 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback
広島ブログ


岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会(柴田もゆる氏ら4共同代表)は17日、米軍機の低空飛行訓練の中止などを求めて、防衛大臣と中国四国防衛施設局長に要請書を提出しました。坂本千尋事務局長ら5人が広島市中区の中国四国防衛局を訪れ、竹林義孝報道官に要請書を提出しました。
 要請書は「地域住民は空を覆う凄まじい爆音と『いつか落ちてくるのではないか』との不安に日々、脅かされ続けている」と告発。厚木基地からの空母艦載機部隊の岩国基地への移駐を撤回することなどを求めています。竹林報道官は「いただいた意見を本省に伝える」と答えました。
 坂本事務局長らは同日、中区の県庁も訪れ、県知事にも同様の要請書を提出しました。
〔写真〕竹林報道官(右)に要請書を提出する坂本事務局長(その左)=17日、広島市中区

つくだ 守生's photo.

https://www.facebook.com/morio.tsukuda/posts/637619589708011
広島市内で米軍機とみられる騒音が今月9、11、13日の3日間、午前7時過ぎに発生した問題をめぐり、日本共産党市議団(中森辰一団長、5人)は15日、松井一実市長に要請文を提出しました。
 要請文は「編隊を組んで飛行する戦闘機の機影を目撃した」などの情報もあり、「市民からの目撃情報待ち」ではなく、市として情報把握に努めるよう要求。「平和都市ヒロシマの上空を低空飛行し、騒音をまき散らすことは認められない」として、国と米軍に対して「飛行訓練をやめよ」と申し入れるよう求めています。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-17 21:15 | 広島市政(広島市議会) | Trackback