エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:都民ファースト ( 1 ) タグの人気記事

石原慎太郎さんは、本日の証人喚問で醜態をさらしました。

正直、石原慎太郎を現役の時にもっとチェックできていれば、ここまでひどいことにはならなかったのに、という思いはあります。

さて、公明党と都民ファースト(極右で有名な野田数代表)が都議選へ向けて連携しています。

冷静に考えると、公明党+大都市部の極右+一部リベラル(インテリ層)と言えば「新進党」です。

新進党は、農村部の自民党(農業、医師会など)や、旧日本社会党(自治労・日教組)へのアンチパシーを持つ人々を糾合したといえるでしょう。

もっと言ってしまうと、当時の自社さ政権=「田舎自民の古くささ」も嫌い、「自治労・日教組」も嫌い、という人が、「野合」したのが新進党である。

そして、経済政策では、自民党を右へ引っ張っていったといえるでしょう。
海外派兵という意味では、当時の自社さ政権を右へ引っ張っていった。
ただし、先の大戦への反省だけは、自民党よりは積極的であった。
すなわち、先の大戦を反省しつつ、国連の枠組みでガンガン自衛隊を出そう。これが新進党だった。
経済政策について言えば、自民党の企業主義の社会保障には反対であったが、その中身はサッチャー的な
小さな政府論と、一部リベラルの個人単位のセーフティネット論(江田五月さんあたりが主張)が「アンチ自民、アンチ自治労・日教組的」なところを落としどころにしていたといえます。
結果として、全体として自民党を右へ引っ張っていったのが1990年代の新進党の役目であったと総括できます。

それを20年後に復活させようとしているのが、小池百合子さんではないか?
細川護煕さん、ついで小沢一郎さんの腹心であった小池さんが安倍総理が揺らぎだした今、総理を虎視眈々と狙っているという所でしょう。

公明党+野田数的(大都会の)極右+大都市のグローバルインテリを基盤とする政党(勢力)。
新進党ともいえるし、2001年の小泉政権ともいえる。(その意味では小泉政権は「新進党政権」だった、という言い方も可能です)。




by hiroseto2004 | 2017-03-20 21:12 | 東京都政 | Trackback