エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:野党共闘 ( 75 ) タグの人気記事

日本共産党大会が開幕。野党共闘を受けて、今回は、初めて、4野党・会派の代表の来賓あいさつがありました。


by hiroseto2004 | 2017-01-15 18:53 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
左下の安倍晋三さんは、旧来自民(金丸・竹下)の再来をにおわせて、重厚長大産業や田舎のお金持ち層に支持されています。
右上の小池百合子さんは、小泉純一郎さんの正統なる後継者です。
保育問題などでは一定の前進を見せ、特に東京に集中しているグローバルインテリの中の子育て世代(30代から40代で、結婚して子どもがいてそれなりの収入がある)に支持されています。ヒラリークリントンが極めて近いと思われます。

蓮舫代表は、右上の小池=ポストモダニズムと左上の「共産・社民・自由ブロック」(野党共闘を主導)の間で日和見をしておられます。

連合は、民進党と、「左下」の「安倍自民」の間で日和見をしています。

公明党は、都議会で自民党と協力を解消。左下の安倍自民と右上のポストモダニズムの間で日和見を開始しています。

右下の「ムラ社会のポストモダン」は、経済的にも極右で政治的に極右。石原慎太郎さんや植松聖被疑者がその代表選手です。

e0094315_12000958.png
参考記事


by hiroseto2004 | 2017-01-06 12:07 | 思想・哲学 | Trackback
大平喜信衆院議員は12月10日、広島市中区本通りで街頭演説を実施しました。
e0094315_14190556.jpg



臨時国会における与党の暴走を批判する一方で、この間の野党共闘の成果を強調。衆院の憲法審査会でも、公明党も「押し付け憲法論」を否定せざるを得ないことを紹介しました。
自身がこだわりをもって取り組んできたこととして、核兵器禁止条約と学費問題を取り上げました。
核兵器禁止条約へむけた交渉が始まることが賛成多数で国連総会で決まったこと、他方、爆心地出身の岸田外相を先頭に日本が棄権からさらに反対へ後退したことを、紹介し、「政府による被爆地への挑戦だ」と批判ました。
また、政府が打ち出した給付型奨学金について
「どうせやるならドイツ並みに充実した制度に」
などと注文をつけました。

by hiroseto2004 | 2016-12-10 14:01 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback

野党共闘において、連合に左右されないことを蓮舫さんが表明しました。

これまでの経緯を考えればずいぶん思い切ったものです。
ただ、新潟県知事選挙で、連合の集票能力が思ったよりないことも明らかになったこともあるのでしょう。

連合に左右されず=4野党が共闘協議へ-民進代表


 民進党の蓮舫代表は7日、東京都内で講演し、連合が次期衆院選での共産党との協力に慎重な対応を求めていることについて、「連合は最大の支援団体で、最大限尊重している。ただ、選挙区での他の政党と(の協力)まで口を出すものだとは思っていない」と述べ、連合の意向に左右されず主体的に判断していく考えを示した。 
 連合は民進党に対し「共産主義を掲げる共産党とは一線を画すことが大原則」と主張。一方、共産党は選挙協力に当たり相互推薦と政策協定を求めており、民進党は路線を明確にできずにいる。
 これに関し、同党の野田佳彦幹事長は記者会見で「野党4党の協議を加速化して、最大限、議席獲得できるように努力したい」と語り、選挙協力の具体化に向け週内にも共産、自由、社民3党との幹事長・書記局長会談を開く意向を示した。(2016/11/07-17:11)
by hiroseto2004 | 2016-11-08 21:40 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
□新潟県知事選挙と東京都知事選挙、2012~14年頃の国政選挙の違い

新潟県知事選挙では、市民と民進を除く野党が必死で推した米山さんに勢いが出るにつれ、自主投票だった民進党議員も次々と支援に合流しました。最後は、競馬で言えば、第四コーナーを回ったところで逆転し、1馬身くらいリードしてゴールする形になりましたね。
6万票の差という予想外の大差でした。

2016年7月の東京都知事選挙では、無党派層の多くや野党支持層の一部も、自民党を離党した小池百合子現知事に流れました。
その結果、野党共同の鳥越候補が大きく及びませんでした。

新潟県知事選挙と東京都知事選挙を比較すると以下のことが言えます。

・東京では、野党側に当初、気の緩みがあったのではないか。野党票を積み上げれば勝てるという油断があった。与党票+連合票を積み上げれば勝てるという新潟の与党側と同じ油断があった。新潟では逆に危機感からスタートした。

・候補者自身も新潟の与党候補は「組織頼み」、東京の野党候補は自らの「知名度頼み」の側面が大きかったのではないか。その意味では、新潟の与党候補、東京の野党候補は負けるべくして負けたのではないか?

・東京の場合、「政策」よりも漠然とした「既得権打破」(自治労打倒!議員の既得権打倒!)を重視する層が分厚く存在しているのではないか?これは大阪も同じである。その層が小池現知事(大阪の場合は橋下徹さんと「お維」)に流れた感はある。新潟の場合は、そういう層はあまりいないように思える。

また、新潟県知事選挙と民主党政権末期~安倍政権前期(2012年~14年頃)の国政選挙を比較すると以下のことが言えます。

・民主党政権末期~安倍政権前期においては、自民党vs民主党vs市民派(日本未来の党、緑の党など)vs共産党vs維新という構図で、自民党がその結果圧勝しまくった。

比較的政策が近い市民派と共産党でも割れていたし、市民派は民主党への不信を強く残し、民主党は民主党で連合(その傘下の原発・武器産業の労組)への遠慮にとらわれていた。こうした中で民主党は大きく票を減らし、惨敗続きだった。さりとて、市民派も独力では勝ちにほど遠く、民主党や共産党の足を引っ張るだけの選挙結果も目に付いた。さらに市民派の中でも、小沢一郎さんらの評価を巡って細かい争いがあり、まとまらない有様だった。

今回の新潟県知事選挙では、市民派+共産党が担いだ候補に、民進党も雪崩的に合流した。民進党が自主投票だったことが結果として幸いしたのかもしれない。もし、民進党の本流候補が出ていたら、原発政策なども連合への遠慮から歯切れが悪くなり、市民派や共産党票も期待できず、組織勝負では自民党に勝てなかった可能性もあったのではないか?






by hiroseto2004 | 2016-10-17 06:55 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
21:15
米山隆一さんが当選確実です!

新潟県知事選挙の速報です。

無党派層では6割台が米山支持。これは野党系候補の勝ちパターンですね。
自公推薦の森候補は自民党や公明党支持層でも7割台と言うことは、かなり厳しいでしょう。
民進党県連(黒岩代表)は当初は、自主投票の構えで、連合(自治労、日教組、東電労組など)は
自公推薦の森候補を推しました。
しかし、市民+共産、自由、社民が民進党員だった米山さんを擁立。

民進党も一部議員が次々と勝手連的に米山候補を支援。尻上がりに盛り上げ、選挙最終週には民進党の蓮舫
代表も個人として応援にはいりました。

国政選挙、特に2012年衆院選、2013年参院選では、自民党vs民主党(当時)・連合(電力労組など)vs反原発市民が推す候補(vs維新)vs共産党で割れて、
結果として自民党が圧勝しまくり、という構図が続きました。

民主党への市民の不信。他方で、反原発の市民派が推す勢力も力量不足で票が伸びず、
自民党が高笑いという状況でした。

首長選挙と国政選挙では違います。

ただ、民進党が市民+共産、自由、社民に引っ張られる形で勝ちパターンにはいった
今回の選挙は、今後のひとつのモデルにはなるのではないでしょうか?
また、連合抜きでの健闘も大きい。
連合に過剰に遠慮しなくても票が伸びるときは伸びる。そのことも示されましたね。

20:30現在
各社出口調査では野党と市民連合が応援する米山隆一さんが、自民、公明、連合が推薦する森民夫さんをリードしています。
東京電力が目指す柏崎刈羽原子力発電所の再稼働への対応などが争点となった新潟県知事選挙は、午後8時で投票が締め切られ、一部の開票所で開票作業が始まっています。
NHKが行った出口調査によりますと、共産党、自由党、社民党が推薦する医師の米山隆一氏が、自民党と公明党が推薦する前の長岡市長の森民夫氏らをリードし、やや優勢です。
以下は、県選管の特別サイトです。





by hiroseto2004 | 2016-10-16 20:43 | 選挙 | Trackback

総選挙も「できる限りの協力」確認 野党党首会談

10月の衆院補選含め具体化の協議開始で合意

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-24/2016092401_01_1.html

日本共産党の志位和夫委員長、民進党の蓮舫代表、生活の党の小沢一郎代表、社民党の又市征治幹事長の4野党の代表者と参院会派「沖縄の風」の糸数慶子代表による野党党首会談が23日、国会内で開かれました。これまでの4野党党首による合意を確認し、総選挙も「できる限りの協力」をしていくことを確認。10月の衆院補選を含め、具体化のための真剣な協議を開始することで合意しました。


会談で、志位氏は、野党4党が安倍政権と対決する政治的内容として(1)安保法制(戦争法)の廃止、立憲主義の回復(2)アベノミクスによる国民生活破壊、格差と貧困を是正する(3)TPP(環太平洋連携協定)や沖縄問題など、国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない(4)安倍政権のもとでの憲法改悪に反対する―の4点を確認していると指摘。さらに、総選挙でも「できる限りの協力」を行うことは野党4党の党首会談、書記局長・幹事長会談で繰り返し確認されていると強調。野党共闘は参院選1人区でも大きな成果をあげたとして、「次の総選挙での選挙協力を進めるために真剣な協議を開始しましょう」と提起しました。また、10月に行われる衆院東京10区、福岡6区の補選についても、野党共闘を実現すべく、協議を速やかに開始することを提起しました。

 これに対し、蓮舫氏は「これまでの公党間の党首の合意は大変重い。岡田(克也)前代表の路線を踏襲していきます」と発言。今後、4野党の書記局長・幹事長の間で、総選挙と衆院補選での選挙協力の具体化のための協議を開始することで合意しました。

 会談で、志位氏は「総選挙での選挙協力を進めるためには、新しい課題も出てくる」と指摘し、▽共通政策を豊かにする▽政権問題で前向きの合意をつくる▽本格的な相互協力を実現する―などの課題をあげつつ、「まずは協議に入り、協議の中で解決しましょう」と述べました。



by hiroseto2004 | 2016-09-25 06:36 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback

民進党員の医師・米山隆一さんを無所属(離党)で共、社、生が推し、民進党本体が自主投票という構図になりました。自民党系の前長岡市長・森民夫さんとの一騎打ちです。


新潟知事選、米山氏出馬へ 選挙戦の構図固まる

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016092301001127.html?ref=rank

 任期満了に伴う新潟県知事選(29日告示、10月16日投開票)に、民進党新潟5区総支部長の医師米山隆一氏(49)が出馬する意向を固めた。共産、社民、生活3党の働きかけに応じた。3党が推薦し、無所属で立候補する見通し。複数の関係者が23日、明らかにした。午後に記者会見して表明する。

 知事選を巡っては、現職の泉田裕彦知事(54)が8月末、4選出馬を撤回。立候補を表明していたのは前長岡市長の森民夫氏(67)だけだったが、告示直前にようやく選挙戦の構図が固まった。

 米山氏を巡っては、3党が9月17日、民進党新潟県連に擁立を要請。民進は、自主投票を決めていた。

(共同)

by hiroseto2004 | 2016-09-23 19:25 | 地方自治 | Trackback

増田・鳥越氏陣営、政党票を取り逃がす 参院選から大幅減


日本のいわゆるリベラル派の内部では大まかに言って「反戦・護憲、脱原発、反貧困」は共有されていると言って良いでしょう。

東京都においては、そうした有権者の「堅い基礎票」が200万人くらい。これは、大雪の中行われた前回の都知事選挙での宇都宮健児さんと細川護煕さんの票をたしあわせたくらいです。

それに連合東京(100万票)のうちの右派=約50万票(推定)をあわせると、おおまかな東京の野党の基礎票=約250万票になります。




More
by hiroseto2004 | 2016-08-03 16:46 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback

2016年7月10日執行の参院選関連記事です


7月12日(火)
7月11日(月)
7月10日(日)
7月9日(土)
7月7日(木)
7月6日(水)

7月4日(月)

7月3日(日)
7月2日(土)
7月1日(金)

さよなら原発ヒロシマの会、アピールウォーク

6月29日(水)

「海外派兵NO、被災者支援YES」で良かったーー本社社主が共産党政策委員長ならこう言う

6月28日(火)

【参院選広島】本日14時から小池晃書記局長来援・・高見あつみ候補


6月27日(月)

6月25日(土)
6月24日(金)

6月23日(木)

3年半、総理をやってるのにやっていないことを、これからやるはずがないでしょう・・地位協定見直し、介護職員処遇改善・・・


6月22日(水)

6月20日(月)


by hiroseto2004 | 2016-07-12 23:59 | 参院選2016 | Trackback