エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:雇止め ( 22 ) タグの人気記事

広島ブログ
「カフェ・ベローチェ雇止め事件」は東京高裁において、本日、組合・労働者側にとって勝利的な和解となりました。
地裁での不当判決から見れば前進でした。

1、2016年2月16日、東京高等裁判所民事第5部において、「カフェ・ベローチェ」を運営する株式会社シャノアールが、同千葉店で足かけ9年にわたって、アルバイトとして勤務してきた女性労働者(控訴人)を、雇止めした事件において、和解が成立した。
2、裁判上の和解の内容に従い、和解の内容を下記のとおり発表する。

(1)控訴人(首都圏青年ユニオン組合員)と被控訴人(株式会社シャノアール)は、東京高等裁判所平成27年(ネ)第4699号地位確認等請求控訴事件について、平成28年2月16日、裁判所の和解勧告に基づき和解した。

(2)本件和解の骨子は以下のとおりである。
①控訴人と被控訴人は、本件紛争が円満に解決したことを相互に確認し、以後相互に相手方を非難する言動及び相手側の社会的信用を損なう行動を行わないことを確認する。

②控訴人と被控訴人は、控訴人と被控訴人との間の労働契約は平成25年6月15日の満了を持って終了していることを相互に確認する。

③被控訴人は、控訴人に対して、解決金を支払う。

3、今般の和解は、控訴人が理不尽に職を奪われたのち、地裁判決で不利な立場に立たされた控訴人と組合にとって、高裁の裁判官が、原審の判断に疑問を呈したうえで提案した内容を元に進められた和解協議の末得られたものである。内容的にも、解決金が得られたこと等から、組合は、勝利和解と評価している。



More
by hiroseto2004 | 2016-02-16 21:34 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
京都大学時間雇用労働組合【ユニオン・エクスタシー】の組合員二人が雇止めになり、撤回を求めて当局を訴えていた裁判。

許せない! 大学労働者有期雇用制度と雇止め
http://www.janjannews.jp/archives/2784741.html


3月31日、京都地裁は、なんと、二人を【自己責任】論で切り捨てる不当判決を出しました。

ただでさえ低賃金なのに、【低賃金だから家計補助。家計補助だから首を切ってもいい】と切り捨てられる有様でした。

雇い止め裁判の判決を受けて

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2011-04-19 15:59 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
途上国の特に女性の貧困問題の研究で有名な嶋田ミカさんが、2009年度末で、龍谷大学を雇い止めにされた事件。

嶋田さんは、七月、雇用継続を求める訴えを京都地裁に提起。

許せない!手前勝手な雇い止め 龍谷大学を嶋田ミカさんが提訴!
http://www.janjanblog.com/archives/11295


8月20日、初めての口頭弁論が開催されます。

わたくし・さとうしゅういちも、遠くからですが嶋田ミカさんを応援させて頂きます。

以下は、わたしが、

なんで有期雇用なん!?大学非正規労働者の雇止めを許さない関西緊急集会に参加した際の記事です。

許せない! 大学労働者有期雇用制度と雇止め
http://www.janjannews.jp/archives/2784741.html

◇お金は余っているのに約束破って雇止め
 
 龍谷大学のSさんは、経済学部の特別任用教員助手。面接の場で、大失敗が無い限り、更新されますよと言われていました。合理的な「期待権」はあるはずです。
 
 ところが、昨年の6月、突然、雇止めの通知を受けました。「職場のサービスランニングセンターが機能不全なので、助手を安定的に確保するために雇止めにする」というわけのわからない理由でした。要は、当局の不始末を、助手に転嫁し、エライ人はだれも責任を取っていないのです。
 
 実を言えば機能不全は口実で、パワハラ的な面があるそうです。「教授会が認めた人以外は雇い止め」というだけで、経営上の合理性もないのです。龍谷大学はお金も余っており、矛盾に満ちています。第一、自分たちと似たような地位の特別任命教授も雇止めになっていません。年齢制限の上限まで勤め上げている。
 
 教職員組合に頼み、組合には団交以外出ませんと通知しました。12月に役員団交。1月に行なわれた団交では、「組合が教授会が決めたことを侵すので、学問の自由を侵す『憲法違反だ』とわけのわからない開き直り」があったそうです。


教育分野もまた、労働者が使い捨てられています。小学校から、大学に至るまで、人を育てる場で、人を使い捨てられていることに、憤りを感じます。

嶋田ミカさん。よく勇気を持って訴えられました。わたくし・さとうしゅういち、最後の最後まで応援させて頂きます。

教育現場の人の使い捨て問題は、わたくし・さとうしゅういち、政治課題としても一生懸命取り組ませて頂きます。


また、「嶋田ミカさんの雇用継続を求める会」 のホームページが開設されました。
http://skoyokeizoku.jimdo.com/

嶋田さんのブログもできています。

嶋田ミカの雇い止め日記
http://skoyokeizoku.blog130.fc2.com/



会では、引き続き、賛同人を募集しておられます。

続きはこちらをどうぞ
by hiroseto2004 | 2010-08-19 18:19 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
許せない! 大学労働者有期雇用制度と雇止め
2010年03月02日労働・雇用大阪さとうしゅういち

http://www.janjannews.jp/archives/2784741.html

大学でも本来例外であるべき有期雇用が横行しています。
 
 そうした中、多くの大学労働者が雇止め期限である年度末を迎えようとしています。その一ヶ月前の2月27日、「なんで有期雇用なん!?大学非正規労働者の雇止めを許さない関西緊急集会」が開催されました。

龍谷大学の脇田滋教授が、「脱法的有期雇用の法的問題点と課題」と題して講演しました。脇田さんは、有期雇用について、「そもそも労働法基本原則を逸脱する」と正面から斬りました。

また、各大学の当事者らから報告があり、「障がい学生支援は全国どこでも有期雇用なのに、有期雇用で契約書に渋々サインした事を自己責任だといわれる。」(関西学院大学)「大学当局は、(金が無いわけではなく)池を埋め立てて豪華な求刑所を作っているが学生は利用しない」(大阪大学)など、不条理な実態があきらかになりました。

なんで有期雇用なん!?大学非正規労働者の雇止めを許さない関西緊急集会
 http://nandenan0227.blogspot.com/



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-03-02 12:40 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
 ここ数年、非正規雇用のが増加が問題となっていますが、大学でも本来例外であるべき有期雇用が、横行しています。

 そうした中、多くの大学労働者が雇止め期限である年度末を迎えようとしています。その一ヶ月前の2月27日、「なんで有期雇用なん!?大学非正規労働者の雇止めを許さない関西緊急集会」が開催されました。

この日の司会は、京大でストライキをしている井上さん(くびくびカフェ)と関西学院大学の大椿さんが勤めました。

小川さんは、非常勤職員に対して、「5年で雇止め」条項を京大が導入することに対して、抗議のストライキを、井上さんとともに敢行。2009年3月31日で雇止めとなってしまいますが、その後も、京大時計台前で、「くびくびかふぇ」を開催しています。

関西学院大学の教務部に勤務する障碍を持つ学生のコーディネーターの大椿さんは主催者として、「くびくびカフェの行動に勇気付けられ、「普段おかしいなあ」と感じていた事を新聞に投書した。くびくびカフェは「おかしいなあと思っていた事を言語化してくれた。」と今回のイベントを開催したに至る経緯を振り返りました。

その上で、「「いろんな大学の人とつながって行く中で、増幅している有期雇用をとめる必要がある。有期雇用は人を育てる気が無いシステムだ。問題を語り、考え、次の行動につなげたい。」と決意を述べました。

そして、龍谷大学教授の脇田滋教授が、「脱法的有期雇用の法的問題点と課題」と題して講演しました。

脇田さんは、有期雇用について、「そもそも労働法基本原則を逸脱する」と正面から斬りました。

以下は脇田さんのお話の概要です。

実態による労働者保護・常用雇用の原則・雇用形態による差別禁止・直接雇用の原則・公正労働条件保障・
団結権保障の6つの原則がみたされていない。

そして、1980年代くらいまで主流だったいわゆる日本的雇用慣行は、一見原則を満たしているように見えるが、これも問題点がたくさんあったのです。

・企業別に大きく労働条件があった。
・公的な職業訓練、社会保障が不十分(セーフティネットの企業主義)。
・女性は結婚、育児までの雇用が基本だった。
・労働組合が企業別という世界に例が無い。(こうしたものは、御用組合であり、いけない。欧州では企業を超えた産業別組合。)

EUでは、ILO,EU原則を踏まえて、現実的な規制を加える。日本のような野放図な無原則な非正規雇用拡大は先進国では例が無い。こういうことは、欧州は「非典型雇用」と呼んでいるのです。また、雇用は不安定な場合でも、弊害を除去するため、均等待遇を導入しており、派遣労働のほうが賃金が高いのが欧州の原則です。そして、欧州の労組は非正規労働者も代表しています。

しかし、日本の非正規雇用は、雇用が不安定な上に待遇が悪いのです。こんな雇用政策は世界に例がありません。正規の雇用の夫に従属しているという前提で、パートタイムの賃金が低いのです。

こんな状態は、欧米にも韓国にも無い、世界に例が無い状態ですが、1980年代はじめに労働省が認めてしまったのです。それが、今のフルタイムのパートのベースになってしまう。

官製ワーキングプアで、年収140万円です。700円を2000時間。こんな非正規雇用が広がったら、正規雇用は意味がなくなります。高学歴で優秀な人が最低賃金で働いてくれるので、これで済んでしまう。正社員は
いらなくなるのです。女性ではいまや、過半数が非正規雇用。

2009年秋でILO自体が日本の異常な状態を確認しています。

労働基準法14条は、長期の有期雇用を規制しています。有期雇用の期間を一年に制限しています。これは、戦前の丁稚奉公を規制していると思います。逆に、今、問題の短すぎる契約への規制は無いのです。また、最近出来た労働契約法は、余り内容は無いですし、パートタイム労働法。条約採択の前年に駆け込みで実施したもので有効性が薄い。

それでも、解雇法理を踏まえた判断はされています。東芝柳町工場臨時工の雇止め事件では、雇用継続を使用者に命じています。

一方、公務員(任期付公務員)の場合は、東芝と違う判断がされています。大阪大学図書館事務補佐員事件(1994年)では、公務員法による「任用」であると認定。行政庁の判断に基づく任用行為だから、という理由で、雇用継続を否定しました。

しかし、公務員でも少し流れは変わっています。中野区保育士事件(2007年11月28日)では、「仕事内容も継続的ですし、首を切った後も、臨時の人を雇っている。」状態でした。東京高裁は、任用の仕組みのために継続は出来ないが、「期待権の侵害」があった、と認め、1年分の賃金と弁護士費用を含めた損害賠償を労働者は勝ち取りました。その後、組合交渉で職場復帰を果たしています。

一方、「一定期間を上限とした有期雇用」が、民間企業・私立大学でまず広がります。雇用継続を求められる裁判で負けてしまうので、それを回避するための「せこい」手です。

立命館大学では3年で雇止めにする条項を契約時につけました。背景には、1985年雇用機会均等法ができたとき、「有期雇用にすれば、平等に働かせる必要がなくなる。」と大学側が考えたのです。龍谷大学も嘱託職員をたくさん導入し、つい最近まで「35歳まで3年契約」を行ないました。そうしてやとった人の95%は女性です。

立命館大学は独自の派遣会社を設立、有期、パート、派遣を活用しています。関関同立は、同時に「5年」に引き上げました。

国立大学は2004年に法人化し、民間とおなじ判例が適用されるようになります。そこで、民間と同じような脱法のために、「*年で雇止め」条項を京大も阪大も入れたわけです。

労働契約法16条の「解雇無効」が、「当事者の合意による期間設定」に優先するが強行規定です。「有期雇用」というのはそもそも無効ではないでしょうか?ドイツでは、有期雇用は正社員の賃金を1割り増しにしている。有期雇用を簡単に使わせないようにしている。

ようやく、声が集まりかけてきた。有期雇用の連帯を強めていく。声を上げて可視化していくことが必要だ。
そういう中で、企業別組合は、歴史的役割をしていない。ストをしない、裁判をしないのは組合とはいえない。

しかし、皮肉にも立命館では、正規と非正規は半々で、こうなると非正規の組合が過半数を取れる可能性がある。企業を超えた連帯が必要だが、経営側も、非正規をふやすことで、敵対者を作り出している。

昨年の総選挙での政権交代は無意識のうちに「こういうことはおかしい」という声の結集ではなかったか?有期雇用はおかしいという声を意識的にすべきだ。

各地から生々しい現場報告

この後、各地から生々しい報告がありました。

京都大学 くびくびかふぇ 小川さんは、「2009年2月に「5年で首」に反対してストライキ。おかしいと思った井上さんと一緒にスタート。なんのためにこんなことするのか、感覚的におかしいな、と思ったのがはじまりだった。そして、脱法行為のためということがわかった。非常勤の職は首にしてもトラブルにもならないなどという当局側の話を聞いた。こんなに馬鹿にされていたら、みんな、働くのはばかばかしくなる。1年で感じたのは、「差別だな」ということだ。」

大阪大学のYさんは「関西単一労働組合阪大分会」所属。

最初に就職したときは、非正規職員は各係に一人くらいだった。17年たったいま、非正規の人。公務員法にも労基法にも助けてもらえない。法人化で、「法の谷間」から救われるかと思ったら、3-6年の雇用期限が設定していた。その上、職務・職能給を導入し、職員の9割が200万円以下に甘んじている。また、当局側は、常勤職員に転換試験に合格すれば、継続できる、というお知らせをしている。だが、(常勤職員になれる人はごく少数で)それで競争させられ分断させられる。当局側は、組合側に説明しようとしない。地方労働委員会への救済申し立てをしている。

また、同分会のS組合員は以下のようなメッセージを寄せました(代読・K組合員)

医学部で助手をしていて、パワハラ受けて退職強要された。教授が、お前がプラスチックを抜くと、実験が失敗すると、難癖をつける。「Sがやるとかならず失敗」などと言いふらす。

危険が伴わない実験のときにフェイスガードをつけさせるなど恥ずかしい思いをさせる。仕事を干される。毎日干されてうつ状態になった。退職同意書に印鑑をつけという。そんなとき、目に留まったのが組合のビラ。
パワハラ強要、退職強要を抗議してくれた。

代読したK組合員は「Sさんは元気になった。退職強要されたとき、おかしいのではないかと決心して抗議したからではないか?」と紹介しました。

今後は、3月中ごろに団体交渉の予定で、「細切れに使い捨てにする大阪大学を許さない。」決意です。

大阪大学のWさん(任期付教員) は、「全学大討論会」を豊中キャンパスで企画しました。

「労働組合的に連帯して戦うことが大事。研究行為というのは一人でやっているわけではなく、多くの人でやっている。みんなでやっている。正規教員が他人事で済ませられるのはおかしい。」と提起。

そして、「「雇止め」を機に「大学とは何か?」という討論を行った。経営としても非合理的ではないか?

参加してくれた学生からも「憩いの場であった池が新しい建物になってしまった。しかし居心地が悪い。」
という意見が出た」。

このように、雇止めをしてまで、箱モノに投資してもそれが役立っていない状態への批判が出されたそうです。

また、「阪大だけが非常勤講師=准委任契約(俗に言う一人親方)と強弁している。雇止めのとき、当人に、一切言わない。「依頼しない」だけ。4月に大学にいくと、メールボックスが無い。「君、今年から無いよ」といわれて終わりだ。」ということ。

「交渉でも、道義的にはともかく、法的に問題は無いと、当局は強弁していた。昨日(2月26日)の団交でも、「法的に問題あったらなにやってもいいとはおもいません。」とさすがに言い出した」そうです。

阪大のせこさに呆れてしまいました。

立命館大学で2000年前後からイタリア語の非常勤講師をしていた遠藤礼子さんからは

「外国人の先生だけに年限がついている。国籍の差別だと運動している人がいないか、と考えて「ゼネラルユニオン」に出会った。2005年、外国人中心に一日ストライキを実施。ただ、そのときは当時は支援側で「当該」ではなかった。」

その後「教員の問題だけ考えていいのか?職員の方は3年上限で雇止めになっていた。そのことが気になり始め、2006年の労働者代表選挙に立候補。非常にたくさんの非正規職員が投票してくれた。働いている人たちの不満が表れた。」と振り返りました。

2007年に遠藤さんが解雇された後、09年に内藤さんという人が立候補しても4割の得票を得たそうで、やることに意義がある、」というわけです。

ストライキは、「遊んでいたわけではないが、楽しかった。」と振り返りました。いまは、女性団体「WAN」で解雇争議に突入しています。「クビクビカフェ」にちなんで「クビクビピザ」屋をやっているそうで、「楽しく無いと続かない。」というのが遠藤さんのモットー。

もちろん遠藤さんも「硬い運動ももちろんあっていい」「いろんなスタイルがあり、で盛り上がっていけばいい。」と多様な運動のやり方を強調しました。

そんな遠藤さん、2010年からは、枚方市の非常勤職員になり、「3年雇止め」の当事者になった、と報告し、笑いを誘いました。

関学 大椿さんは、教務部に所属し、障害者の就学支援を行なう。障害者の学生がいかに快適に学べるかは、いまや、大学評価のひとつです。しかし、コーディネーターは全国的に有期雇用です。

それなのに、「4年という契約に納得してサインしたでしょう?」と当局には交渉でいわれるのです。

これでは、障害コーディネーターは自己責任だといわれるのとイコールになっているわけです。

長期的に学生に関わる業務なのに、「4年ごとにあたらしい知識と技術を持った人をいれるのが、人事政策。」
ということしか当局は言わないのです。わたしたちは、働きながらでも、能力を蓄積しており、最前線のことをやっているという自負があります。

今、後任を公募していますが、これまでは、公募四年生卒、5年以上の社会人経験という条項がありましたが、今回 4年生卒ないし短大卒。 32.6万円、ボーナス6か月分。という条件でしかない。(低い水準の人材でもよいということ)。そんな大椿さん、2010年3月31日で雇止め期限がきますが、「解雇されたあとも運動を続ける。安定した雇用の中で専門性を発揮できるよう継続雇用勝ち取り、雇用環境を改善する呼び水にしたい。」と決意を述べ、喝采を浴びました。

京都精華大学嘱託教員労組「SOCOSOCO」からは、運動に協力している学部生が代理で出席しました。日本語リテラシー教育部門では、8人のチューターが働いていますが、3年間で雇止めというわけです。

当局は、「有期雇用であるからには、雇用継続の上限が無いといけない。」とわけのわからない事を
言い出すそうです。そして、「他の大学と同じようにやっている。」という本音がポロリと出たそうです。

結局交渉では雇止め廃止までは勝ち取れず、組合交渉の前からHPに後任の公募が出ていました(首を前提)。結局、雇止めになった人も再応募できるということは勝ち取りましたが、それに応募するかといえば、「そういう気になれない」というのが、当事者です。結局、「君たちには何の期待もしていない」というメッセージを当局が発しているからです。

大学の就職課では、「正社員になったほうがいいよ」、というアドバイスをしている職員が非正規というブラックジョークのような状態です。学内の6割が非正規雇用で、まさに、非正規雇用で大学は回っています。

■龍谷大学のSさんは、経済学部の特別任用教員助手。面接の場で、大失敗無い限り、更新されますよといわれていました。合理的な「期待権」はあるはずです。

ところが、昨年の6月、突然、雇止めの通知を受けました。「職場のサービスランニングセンターが機能不全なので、助手を安定的に確保するために雇止めにする」というわけのわからない理由でした。要は、当局の不始末を、助手に転嫁し、エライ人はだれも責任を取っていないのです。

実を言えば機能不全は口実で、パワハラ的な面があるそうです。「教授会が認めた人以外は雇い止め」というだけで、経営上の合理性もないのです。龍谷大学はお金も余っており、矛盾に満ちています。第一、自分たちと似たような地位の特別任命教授も雇止めになっていません。年齢制限の上限まで勤め上げている。

教職員組合に頼み、組合には団交以外出ませんと通知しました。12月に役員団交。1月に行なわれた団交では、「組合が教授会が決めたことを侵すもので、学問の自由を侵す「憲法違反だ」」とわけのわからない開き直り。があったそうです。

進展は無く、組合も弱腰で、当てにしない。というSさんですが、「最後まで諦めないでがんばってほしい。」と励ましました。

北海道大学のOさんは、「北大でも山積。解決どころか、深刻さ。3年期限付き雇用が深刻。最初4年間は派遣会社のスタッフとして法学研究科の講座の教員を支援する職員が定年退職した後任だった。その後、派遣と直接非正規採用どちらにするかを選ばされた。3年期限だが派遣よりはいいので。実際は契約期間は1年間、更新は可。という内容です。」

大同工業大学(名古屋)

非常勤講師が、ペンネームを使っていいか?と聞いたところ、「やめてください」といわれ、その後、契約そのものを解除された、という、前代未聞の事件です。

文部科学省も、「ペンネームを使ってよくない」とはいっていない。

「使っていいか?」と聞いただけでなぜこんなことになるのか?メールしても、電話してもいない。そこで、団体交渉を申し入れました。大学側は、「契約が成立していないので」と言い逃れをしたので、斡旋を申し立てました。しかし、これは不調になったため、名古屋地裁に訴訟を起こしました。そして、2月19日の判決に先立って和解を行ないました。具体的には、採用手続きについて、透明性、信頼性を高めるような成果を勝ち取りました。

その後、脇田さんから、各地からの感想への講評と、質問への回答が行なわれました。

脇田さんによると、事務職員を雇止めにするのは、「正規職員は数年後ごとに異動する。非常勤職員が長くいると、正規職員が非正規職員に仕事を教わることになり、職場の雰囲気が壊れるから」という思いを正規職員側が持っていることも大きいのではないか、ということです。

そして、そもそも、自己責任論を加速したのは東大を中心とした労働法学であり、これを批判しなければらなら無い。また、そもそも、労働者としての魂が問われる。元々は、ストライキは犯罪だった。それを運動により、権利として勝ち取ってきた。じっとしてはなにも進まない。などと檄を飛ばしました。

その後、出席者で、1、三月末雇止め解雇を許さない!2、(3,4,5)年でくびルールは撤廃せよ!3、非正規労働者の使い捨てをやめよ!4、派遣も有期もNO!5、同一労働同一賃金を獲得しよう!6 女性の貧困化をとめよう!7 大学の非正規労働者のネットワークをつくろう!(以上、小見出し)のアピールを採択しました。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-02-28 00:36 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback(1)
集会のお知らせ+賛同・呼びかけのお願い
 きたる2月27日に、大学非正規労働者の、3年でくび・4年でくび・5年でくび・6年でくびなどの有期雇用に反対する集会を開きます。大きな運動にしていきたいと思います。
 賛同していただける方、一緒に呼びかけしてくださる方を求めます。

「なんで有期雇用なん!? 大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」
★基調講演:脇田滋さん(龍谷大学/労働法)
★現場からの報告
★アピール採択
2010年2月27日(土) 13:00~16:00 エル・おおさか7階708会議室

【呼びかけのチラシ(PDF)】

▼呼びかけ文

 大学、官公庁、一般企業の間で、更新の年限を定めた有期雇用が広がっています。
 恒常的な業務であるにもかかわらず、数年で一律に雇い止めとなる有期雇用、私立大学ではずいぶん前から導入され、既に常態化していますが、国立大学でも 2004年の法人化以降、各大学で有期雇用が導入されてきました。京都大学では5年。大阪大学では6年[*1]。今年3月、全国の国公立大学、私立大学で大量の解雇が実施されます。
 現在大学で働く非正規労働者の多くは女性です。大学に限らず、非正規労働の根底には女性労働の搾取の問題があります。
主婦のパート仕事として位置づけられ、夫に扶養されることを前提にしているため待遇は改善されず、それが今では20代・30代の女性・男性がおかれる当たり前の労働環境になりつつあります。
 数年ごとに雇い止めを行い、人だけ入れ替えるのは単に「首のすげかえ」であり、反復更新を繰り返すことにより、更新期待権が生じないようにするための方法です。しかし、多くの非正規労働者は「有期雇用であることを知って契約にサインしたのだから、雇い止めになっても仕方ない。」と諦めます。けれども、私達は声を上げます!

 「なんで有期雇用なん!? そもそも、有期雇用自体がおかしいんちゃう!?」

 有期雇用は「人を育てない・育てる気がない」、人々の働く力を貧困化させていくシステムだと考えます。
 更新や雇い止めの不安に怯えながら働くのではなく、腰を据えじっくりとその仕事に携わりたい!
 同じ仕事をしているのであれば、正規労働者と同一の賃金・待遇を!
 その思いを抱えた関西の国公立・私立大学の非正規労働者たちが大学を超えて集まり、今年3月末に各大学で行われる雇い止めを実行させないため、緊急集会を開くことになりました。
 有期雇用に疑問と不安を抱きつつも、声を上げられない非正規労働者の方々に「共に声を上げよう!」と呼びかけ、有期雇用の問題性[*2]を明らかにし、抜本的な解決策を皆さんと共に考える場にしたいと考えています。

[*1] 阪大は法人化以前からの長期非常勤職員も今後5年で雇い止めにすると発表しました(一部を特例職員として登用)。
[*2] 現在、派遣法改正が国会で論議されています。派遣から直接雇いになったとしても、それが期限付きの有期雇用なら、労働者は不安定なままです。派遣と有期雇用を正しく規制していくことは、非正規労働者の生存を守るために必須の、車の両輪といえる問題だと私たちは考えています。

▼呼びかけ団体

京都大学時間雇用職員組合 ユニオンエクスタシー
関西単一労働組合 大阪大学分会
関西非正規等労働組合 ユニオンぼちぼち
京都精華大学嘱託教職員組合 SocoSoco
関西圏大学非常勤講師組合
大学をどうするか!共に考える全学大討論会実行委員会(大阪
大学)
アルバイト・派遣・パート関西労働組合
(2010年2月3日現在)

▼賛同していただける方(個人・団体)

お名前・ご連絡先・メッセージをメールでお送りください(その際、お名前・肩書き・メッセージの公開の可否もあわせてお知らせください)。
→ nandenan0227★gmail.com (★を@に置き換えてください)

▼一緒に呼びかけをしてくださる方(個人・団体)
実行委員会では定期的に会議を開いています。
そのご案内など差し上げますので、上記アドレスまでご連絡く
ださい。

▼賛同カンパをお願いします。
「2/27関西緊急集会へカンパ」と記載の上、郵便振替口座
00950-5-204933
キョートット出版 までお願いします。



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-02-26 20:37 | イベント情報 | Trackback
京都大学では、非常勤職員に対して、契約更新を5年までとする条項を導入していました。

これに対して、「京都大学時間雇用職員組合」メンバーが抗議の座り込みを時計台前で実施。それに対して、大学側は2008年度末でメンバーを雇止めとしました。組合側は、「くびくびカフェ」を開いて対抗しています。

・京都大学でストの組合員らがカフェをオープン 2009/04/18
http://www.news.janjan.jp/living/0904/0904161694/1.php

そして現在、訴訟が双方から提起されている状態です。

このたび、京大当局側が、5年条項を見直すことを表明しました。前進はみられますが、まだまだです。

しかし、非常勤職員というのはもはや「臨時的職務」ではなく、恒常的な職務を担っている実態があります。

均等待遇実現へ向け、弊紙は引き続き、京都大学時間雇用職員に連帯します!

総長がついに5年条項見直しを正式表明

総長がついに5年条項見直しを正式表明
■京大、非常勤の再雇用可能に 「雇い止め」で (共同通信)
(人事担当)塩田浩平副学長のコメント「非常勤職員が行うのは臨時的職務。5年程度で見直すのが適当」。

■雇用期限迎えた非常勤職員 京大が新規採用制度 (京都新聞)
「限られた人件費の中で円滑に部局を運営するための措置」。松本紘総長のコメント「非常勤職員の業務は補助的、臨時的なものに限られ、常勤との境界は明確にしておく必要がある。常勤を目指す場合は登用試験があり、門戸は開かれている」。
※学内登用試験は例年150人ほどが受験して、合格者は2、3人です。

■京大が非常勤職員の再雇用決定 (産経新聞)
松本総長のコメント「非常勤職員と常勤職員の境目は明確にしなければならない」「優秀な非常勤職員には(再雇用で)門戸を開きたい」。

■京大:5年雇い止め見直し (毎日新聞)
「反対する元非常勤職員2人によるキャンパスでの座り込みから訴訟合戦に発展。京都地裁は09年10月、元非常勤職員側に土地明け渡しを命じたが、2人は学内でカフェを開いて抵抗を続けている。」

■京都大非常勤職員、審査通れば再雇用できる方針を発表 (朝日新聞)
「京大では、雇い止めになった非常勤職員の抗議活動が続いていた。」


http://extasy07.exblog.jp/12053060/
5年条項の見直しが決定されたらしいことについての声明
一、私たちは5年条項の完全撤廃を求める。仕事があるのに「5年でくび」になること自体がおかしい。一部に「5年条項が撤廃されると職員の首が切れなくなる」との誤解があるが、合理的な理由さえあれば、解雇は可能である。

一、京大はメンツにこだわらず、すっぱりと条項を廃止して、社会に範を示せ。

一、見直しに、非常勤職員の声が反映されていないのもおかしい。結局、雇われる側にとっては、不安定のままである。あえて5年条項を残すことで、ひどい上司の恣意的な意向が反映され、「再雇用」が支配の道具となる可能性もある。

一、京大の場合、採用時に5年条項について説明を受けていない職員が多く、契約書にも書かれていない。「5年でくび」は合意の上での契約とはいえない。(たとえ説明されていたとしても、違法性の高い5年条項は、無効と判断される可能性が高い。)

一、団交がもうすぐ開催される。当該の職員はぜひ参加してほしい。

京大の見直しの骨子
5年条項は維持(全員5年でくび)。ただし
①公募を行い、5年満了者もこれに応募できる。
②審査や経費については部局が責任を負う。
③再雇用された場合、新規採用者の扱いとなる。


2010/02/27 なんで有期雇用なん!? 大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会

http://nandenan0227.blogspot.com/


2月27日には以下の集会も開催されます。

「なんで有期雇用なん!? 大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」★基調講演:脇田滋さん(龍谷大学/労働法)
★現場からの報告
★アピール採択
2010年2月27日(土) 13:00~16:00 エル・おおさか7階708会議室

【呼びかけのチラシ(PDF)】

▼呼びかけ文

 大学、官公庁、一般企業の間で、更新の年限を定めた有期雇用が広がっています。
 恒常的な業務であるにもかかわらず、数年で一律に雇い止めとなる有期雇用、私立大学ではずいぶん前から導入され、既に常態化していますが、国立大学でも 2004年の法人化以降、各大学で有期雇用が導入されてきました。京都大学では5年。大阪大学では6年[*1]。今年3月、全国の国公立大学、私立大学で大量の解雇が実施されます。
 現在大学で働く非正規労働者の多くは女性です。大学に限らず、非正規労働の根底には女性労働の搾取の問題があります。主婦のパート仕事として位置づけられ、夫に扶養されることを前提にしているため待遇は改善されず、それが今では20代・30代の女性・男性がおかれる当たり前の労働環境になりつつあります。
 数年ごとに雇い止めを行い、人だけ入れ替えるのは単に「首のすげかえ」であり、反復更新を繰り返すことにより、更新期待権が生じないようにするための方法です。しかし、多くの非正規労働者は「有期雇用であることを知って契約にサインしたのだから、雇い止めになっても仕方ない。」と諦めます。けれども、私達は声を上げます!

 「なんで有期雇用なん!? そもそも、有期雇用自体がおかしいんちゃう!?」

 有期雇用は「人を育てない・育てる気がない」、人々の働く力を貧困化させていくシステムだと考えます。
 更新や雇い止めの不安に怯えながら働くのではなく、腰を据えじっくりとその仕事に携わりたい!
 同じ仕事をしているのであれば、正規労働者と同一の賃金・待遇を!
 その思いを抱えた関西の国公立・私立大学の非正規労働者たちが大学を超えて集まり、今年3月末に各大学で行われる雇い止めを実行させないため、緊急集会を開くことになりました。
 有期雇用に疑問と不安を抱きつつも、声を上げられない非正規労働者の方々に「共に声を上げよう!」と呼びかけ、有期雇用の問題性[*2]を明らかにし、抜本的な解決策を皆さんと共に考える場にしたいと考えています。

[*1] 阪大は法人化以前からの長期非常勤職員も今後5年で雇い止めにすると発表しました(一部を特例職員として登用)。
[*2] 現在、派遣法改正が国会で論議されています。派遣から直接雇いになったとしても、それが期限付きの有期雇用なら、労働者は不安定なままです。派遣と有期雇用を正しく規制していくことは、非正規労働者の生存を守るために必須の、車の両輪といえる問題だと私たちは考えています。

▼呼びかけ団体

京都大学時間雇用職員組合 ユニオンエクスタシー
関西単一労働組合 大阪大学分会
関西非正規等労働組合 ユニオンぼちぼち
京都精華大学嘱託教職員組合 SocoSoco
関西圏大学非常勤講師組合
大学をどうするか!共に考える全学大討論会実行委員会(大阪大学)
(2010年1月21日現在)

▼賛同していただける方(個人・団体)

お名前・ご連絡先・メッセージをメールでお送りください(その際、お名前・肩書き・メッセージの公開の可否もあわせてお知らせください)。
→ nandenan0227★gmail.com (★を@に置き換えてください)

▼一緒に呼びかけをしてくださる方(個人・団体)

実行委員会では定期的に会議を開いています。
そのご案内など差し上げますので、上記アドレスまでご連絡ください。

▼賛同カンパをお願いします。

「2/27関西緊急集会へカンパ」と記載の上、郵便振替口座 00950-5-204933 キョートット出版 までお願いします。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-01-31 09:55 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
(下記転載歓迎)
・・・・・・・・・・・・・

「なんで有期雇用なん!? 大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」賛同・呼びかけのお願い

きたる2月27日に、大学非正規労働者の、3年でくび・4年でくび・5年でくび・6年でくびなどの有期雇用に反対する集会を開きます。大きな運動にしていきたいと思います。
賛同していただける方、一緒に呼びかけしてくださる方を求めます。

「なんで有期雇用なん!? 大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」
2月27日(土)1時~4時 エルおおさか7階708会議室

★基調講演 脇田滋さん(龍谷大学/労働法)
★現場から報告
★アピール採択

主催: 「大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」実行委員会
http://nandenan0227.blogspot.com/

よびかけのチラシ(PDF)
http://kyototto.com/image/nandenan0227pre.pdf

*** 呼びかけ文

大学、官公庁、一般企業の間で、更新の年限を定めた有期雇用が広がっています。
恒常的な業務であるにもかかわらず、数年で一律に雇い止めとなる有期雇用、私立大学ではずいぶん前から導入され、既に常態化していますが、国立大学でも2004年の法人化以降、各大学で有期雇用が導入されてきました。京都大学では5年。大阪大学では6年*。今年3月、全国の国公立大学、私立大学で大量の解雇が実施されます。
現在大学で働く非正規労働者の多くは女性です。大学に限らず、非正規労働の根底には女性労働の搾取の問題があります。主婦のパート仕事として位置づけられ、夫に扶養されることを前提にしているため待遇は改善されず、それが今では20代・30代の女性・男性がおかれる当たり前の労働環境になりつつあります。
数年ごとに雇い止めを行い、人だけ入れ替えるのは単に「首のすげかえ」であり、反復更新を繰り返すことにより、更新期待権が生じないようにするための方法です。しかし、多くの非正規労働者は「有期雇用であることを知って契約にサインしたのだから、雇い止めになっても仕方ない。」と諦めます。けれども、私達は声を上げます!

「なんで有期雇用なん!?そもそも、有期雇用自体がおかしいんちゃう!?」

有期雇用は「人を育てない・育てる気がない」、人々の働く力を貧困化させていくシステムだと考えます。
更新や雇い止めの不安に怯えながら働くのではなく、腰を据えじっくりとその仕事に携わりたい!
同じ仕事をしているのであれば、正規労働者と同一の賃金・待遇を!
その思いを抱えた関西の国公立・私立大学の非正規労働者たちが大学を超えて集まり、今年3月末に各大学で行われる雇い止めを実行させないため、緊急集会を開くことになりました。有期雇用に疑問と不安を抱きつつも、声を上げられない非正規労働者の方々に「共に声を上げよう!」と呼びかけ、有期雇用の問題性**を明らかにし、抜本的な解決策を皆さんと共に考える場にしたいと考えています。

* 阪大は法人化以前からの長期非常勤職員も今後5年で雇い止めにすると発表しました(一部を特例職員として登用)。
** 現在、派遣法改正が国会で論議されています。派遣から直接雇いになったとしても、それが期限付きの有期雇用なら、労働者は不安定なままです。派遣と有期雇用を正しく規制していくことは、非正規労働者の生存を守るために必須の、車の両輪といえる問題だと私たちは考えています。


*** 呼びかけ団体

京都大学時間雇用職員組合 ユニオンエクスタシー
関西単一労働組合 大阪大学分会
関西非正規等労働組合 ユニオンぼちぼち
京都精華大学嘱託教職員組合 SocoSoco
大学をどうするか!共に考える全学大討論会実行委員会(大阪大学)
関西圏大学非常勤講師組合

2010年1月21日現在


*** 賛同していただける方(個人・団体)

お名前・ご連絡先・メッセージをメールでお送りください。
(お名前・メッセージの公開の可否もあわせてお知らせください)

nandenan0227*gmail.com (*を@に置き換えてください)


*** 一緒に呼びかけしてくださる方(個人・団体)

実行委員会では定期的に会議をしています。
そのご案内などもいたしますので、是非ご連絡ください。


*** 賛同カンパをお願いします。

「2/27関西緊急集会へカンパ」と記載の上、郵便振替口座
00950-5-204933
キョートット出版 までお願いします。


・・・・ 参考 ・・・・

最新情報は「2月27日 なんで有期雇用なん!?」のブログをご
覧ください。
http://nandenan0227.blogspot.com/

京大の5年条項の問題点について(A4)
http://kyototto.com/image/5year.pdf

以下ユニオンエクスタシーのブログより
大学職員の雇用年限問題 http://extasy07.exblog.jp/10158783
京大の5年条項 http://extasy07.exblog.jp/11792295/
阪大は法人化以前に採用された非常勤職員も5年後くび?
http://extasy07.exblog.jp/11665473/
関西学院大の「4年雇い止め」に反対します 
http://extasy07.exblog.jp/11800078
京都精華大学の3年でくび問題
http://extasy07.exblog.jp/11986343/

(転載ここまで)
記事へのご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-01-22 12:52 | イベント情報 | Trackback
(転載)
WANはウェブマスター業務の外注化を撤回せよ!
http://wan.or.jp/modules/report/details.php?bid=81
あけましておめでとうございます.
ユニオンWAN委員長/年末までWANウェブマスターをしていた遠藤礼子です.

私はWANの立ち上げ直前の3月半ばにWANのウェブマスターとして雇用されました.「とりあえず3年間は保障する」という話でした.私が採用された時点で,サイトの中身どころか,制作業者との打ち合わせも出来ていない状態でしたが,相当な無理をして5月末の公開まで持ち込みました.その後公開した状態で,おかしいところを修正する作業を半年ほど必死に進めて,あとは細かいところを調整すればなんとかひととおり形になるかな,と思っている矢先の,12月11日(金)「サイト運営について相談がある」として突然会議が開かれ,ウェブマスター業務を外注することが決まったと一方的に通告されました.
出席者は,理事3名と私.
以下は,理事長から説明された内容のメモの転記

・トップページが見にくい
・直帰率が上がっている
・(遠藤さんはややこしいことは)勤務時間内に電話でと言うがそれでは対応しにくく,迅速なニーズに対応した動きがしにくい
・リニューアルをすることになったが,実際はまだ先になる
・同時に,管理をしてくれると言う業者がでてきた
・業者にたのめば,運営がスムーズに行ってコストがかからな

・遠藤さんのやっていることの大半を安いコストで業者がやっ
てくれることになった

メモ以上,以下Q&A

Q 要するに解雇ということか
A 解雇ではない 他のことをしてもらう
Q 賃金は変わらないのか
A 同じ賃金のままというわけにはいかない

その後,いろんなやりとりがあった後,「今の説明は何一つ雇用に手をつける理由にならない.争議をかかえたらもっと大変なんだから考えなおした方が良い」と私が理事に警告し,その日は時間切れでした.私がダブルジョブの日で,次の職場に走る必要があったからです.

翌週12月14日(月),ユニオンWANから,「ウェブマスターの業務のアウトソーシング/外注を白紙撤回すること」等,4項目の要求を,理事長あてに送付しました.回答の期限は,12月25日(金)としました.

その後12月22日(火)に,理事長から私に「11日の話に誤解があったようですが,今行おうとしているのは,サイトのリニューアルであって,担当業者を**社から取り換える,ということです.遠藤さんの仕事のアウトソーシングというわけではありません」(伏字引用者)というemailがありました.私の仕事の外注は撤回された,これで安心して年が越せると喜びましたが,後にそれはぬか喜びであったことが判明します.

25日(金)には,回答書のかわりに理事が4人でやってきて,ふ
たたび会議が開かれました.

出席者は,使用者側理事4名,労働側2名.
以下は,理事から説明された内容のメモの転記.

・リニューアルとプチ・リニューアルの2段階でリニューアルすることになった
・サイト・リニューアルが必要な理由は
 ・アクセス数が停滞している
 ・どこに何があるのかがわかりにくい,検索がしにくい,ぱっと見が悪い,など,訪問者からの声がきびしい
 ・直帰率が高くなっている
 ・内容はいいのにアクセス数が上がらないのはユーザビリティーが悪いから
 ・財政状況を改善したい/NPO会員を拡大したい
 ・高齢者向けにサービスする必要がある
 ・広告収入を得るためにアクセス数UPが必要
・秋くらいからリニューアル業者との交渉を行って,12月14日
はプレゼンをして業者を決定した
・xoops(という現在使っているシステム)はダメだという結論になり,システムを全部入れ替えるリニューアルを行うことになった
・プチ・リニューアルもすでにやりはじめた.遠藤さんでは難しいと判断して全部業者にやってもらうのことになった.それが合理的であると判断した.
・(遠藤さんの勤務時間を)週2日に減らしてから連絡時間が折り合わなくなった.
・業者は曜日・時間を問わず対応してくれる

という説明でした.あれ?ぜんぜん撤回されてないじゃない!メールでの「誤解」というのは何のことだったのかと聞けば「遠藤さんの仕事のアウトソーシング【がメイン】というわけではありません」の意味だったんだそうで・・・トホホ.

その上で,労働時間を半分にしたうえで,賃金を下げて,今よりもっと簡単な仕事をしてもらいたい,という提案がありました.賃金が,今の40~50%くらいだとすれば,収入は今の20~25%になる計算です.

また,前回の説明では,業者の方が安くやってくれるということが理由のひとつとして上げられていましたが,この日は,安いのは理由ではない,と説明されました.

ところで,労働条件の変更をともなわない,業務命令や配属変えは,使用者の権利ですが(例外はあります),労働条件の変更をともなう場合は別です.労働条件の不利益変更には,解雇同様,厳しい規制があります.そんなことが一方的に出来るとでも思っているのは,いかにも世間知らずのWANの理事なのですが,相手が無邪気でも,やられる方はたいへんです.

この半年私が必死に頑張ってなんとか形にしてきたことをどう思っているのかと聞いたら,それはもう,ここまでやってこれたのは遠藤さんのおかげだ,なんてことをさらっと言ってました.

そんなわけで,年末に,改めて,一方的に仕事を干されたことが言い渡されて,年越しを迎えました.だから,元旦に,フォントが小さく固定されてしまった等の変更は,私が行ったことではありません.

世間知らずのWAN理事のことですから,先のことは何も考えずに,私の仕事を干したんだと思いますが,私から仕事をとりあげるのは簡単でも,賃金を1/5にするのは簡単ではありません.

さて,こんな目にあって,私は,2001年3月に当時非常勤講師として働いていた大学で,あまりにもひどい顛末で雇い止めになったときのことを思い出します.

当時私は,非常勤講師組合には加入してはいましたが,労働者の権利のことなんか何一つ知らなかったし,誰に相談するべきかも知りませんでした (非常勤講師組合も当時は実に頼りなかったのです).それで,とりあえず,手近な友達数人に相談してみたら,片っ端から「かわいそうだけど世の中そんなもんだ」「かわいそうだけどあんたも悪い」というようなことを言われて,本当にひどい目にあいました.そんな中にひとりだけ「あなたが闘うなら私は支援する」と言ってくれた人がいて,それが,当時の私の大きな心の支えでした.そのときは最終的に「泣き寝入り」を選択したけれど,このときの悔しさと「あなたが闘うなら私は支援する」という言葉のありがたさは,私のその後の活動の大きな原動力となりました.

それから9年,非常勤講師組合とゼネラルユニオンの活動の中で,数え切れない労働争議を経験して,今なら,2001年と同じことがおこっても,泣き寝入りという選択はありえませんが,当時は,泣き寝入りを選択せざるを得なかったのです.

WANで仕事を干された状態で新年を迎えましたが,当然ながら,不当に仕事を干されたくらいで自主退職するとか,賃金を1/5にすることをあっさり受け入れるような状況にはありません.社会情勢も,私も変わったし,何より,当時と違って私を支援してくれる人がたくさんいます.ちなみに上記の「あなたが闘うなら私は支援する」の人は,WANの理事で,今回は逆の立場にいるのですが,こういう面倒くさい状況も非営利団体にありがちな話かと思います.

世の中には,ひどい目にあわされても,闘いたくても闘える状況にない人がたくさんいると思います.私が今闘える状況にあることは,本当にありがたいことです.だから,ちょっと面倒くさくはあるけれども,きっとこれも良い経験になるにちがいないし,争議には楽しいこともいっぱいあるので,せいぜい頑張ろうと思います.

長文最後まで読んでくださってありがとうございます.説明不足の点がたくさんありますが,今日はこのへんにして,各論については,日をあらためて詳しく報告・説明させていただきます.

ご支援どうぞよろしくお願いします.

ユニオンWANへの支援のメールは uwanアットprecariato.info
まで!

ユニオンWAN委員長
遠藤礼子



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-01-04 19:42 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
京都大学を提訴しました!


■京都大学相手に… “抗議小屋”の男性が提訴 MBSニュース
↑昨日夕方のニュースが動画で見られます。「今の非正規の働き方自体がおかしい。“人”として扱われていない。みんな『おかしい』と思ってる。『おかしい』という声を上げることが大事」と、私がいいことを言っています。
■[2009-06-18]「“くびくびカフェ”の元京大生」

↑ちなみに、前回の毎日放送「VOICE」の放送はこんな感じでした。

■元非常勤職員2人が京大提訴 「雇い止め無効」と主張 (共同通信)

■「雇い止め」無効求め提訴=京大の元非常勤職員-地裁 (時事通信)
■雇い止め:元非常勤職員2人、京大を提訴 (毎日新聞)
■雇い止め不当 京大提訴 2組合員、京都地裁に (京都新聞)
■京大の非常勤職員が大学を提訴 (KBS京都)


いよいよ、裁判闘争に突入しました。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-07-02 20:57 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback