エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:非常勤は21世紀の奴隷制度 ( 3 ) タグの人気記事

春だ、傍聴だ!

館長雇止め・バックラッシュ裁判

控訴審第5回 2009年3月13日(金)13:30


大阪高等裁判所 74号法廷

--------------------------------------------------------------------------------

館長雇止め・バックラッシュ裁判に5回目の春が来ました。
4年前の2005年春、初めての裁判が大阪地裁で開かれました。
2年半後、一審敗訴。山田裁判長は、豊中市が嘘にまみれた陰湿な手法で三井さんを排除したことは認めながら、違法とまではいえない、と言いました。
三井さんは、「10発殴られたら法律でなんとかするけど、5,6発だろう、我慢しろ」と言っているような判決だと憤り、控訴。舞台は大阪高裁に移りました。
膨大な証拠と弁護団による明晰な主張、脇田滋・浅倉むつ子両教授による意見書、全国から寄せられた陳述書によって、被告豊中市側の人格権侵害が暴かれました。
2009年3月13日は豊中市側からの書面が出ます。
逆転勝訴に向けて、傍聴席を満席にしましょう!

皆さんの物心両面からのご支援のおかげで
今年も元気に闘います。3月13日大阪高裁でお会いできますように。


チラシはこちら


--------------------------------------------------------------------------------

弁護士解説つき交流会 14時ころ 大阪弁護士会館へ

法廷終了後の午後2時ごろから大阪弁護士会館(裁判所から徒歩3分)。
裁判長が「12月は結審のつもりで・・・」と言っていたため、三井弁護団は、 昨年末、豊中市の不正や虚偽を総合的にまとめた書面を出しました。
それに対して豊中市は「2月末までに反論する予定」と、引き伸ばしにかかり ました。どんなつじつまあわせをしてくるのでしょうか。
この裁判は「女性問題の教科書」です。「21世紀の奴隷解放運動」です。
弁護団によるわかりやすい解説で、裁判の意義とゆくえを学びましょう。

 寺沢勝子、 川西渥子、 大野町子、 渡辺和恵、 石田法子、 宮地光子
 長岡麻寿惠、 紀藤正樹、 越尾邦仁、 島尾恵理、 溝上絢子、 中平史   (常任弁護団)  

●2009年3月13日(金) 午後2時ころ
● 大阪弁護士会館 大阪高等裁判所より徒歩3分


お問合せ 館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会(ファイトバックの会)
〒530-0047 大阪市北区西天満2-3-16 絹笠ビル1F
            大野協同法律事務所内
            Tel 06-6365-5215  


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-02-23 01:31 | ジェンダー(すてっぷ裁判) | Trackback
自民党の「日本の移民政策」に騙されるな! (現政権にノー)
http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50198441.html

という、よいエントリーがありました。

以下が、まさに自民党の本音でしょう。

「派遣、パートの奴隷層の数が足りないので、海外からの移民で賄(まかな)いたい」

政府与党の考えの核心は、恐らくこんなものであろう。大企業が望む低賃金労働者をいかに確保するのか、それも短期間で補充可能な方法は何があるのか、そういった観点で、1,000万もの移民を考えているに過ぎない。高尚な考えや、熟慮して練り上げた理念があるわけではなく、単に「大企業の要請」や「税収の確保」だけを目的とした浅知恵にしか過ぎない。

そもそも人口減少社会に陥らせたのは行政の責任であって、それを盾に移民政策の正当性を訴えるのは、責任転嫁に他ならないのではないだろうか。

・社会保障費の縮小
・競争社会による生活の余裕のなさ
・リストラを是とする会社慣行の横行
・大企業優遇に反して、家計への冷遇
・子育てを安心して出来ない社会情勢
・小児科医の激減(医療崩壊)


行政の責任、政治の責任について、ざっと挙げてみた。やることもやらずに、機械的に働く為だけの奴隷層を海外から輸入する、そんな事が許されていいのか!!!

日本という国は、日本人の中に奴隷層を作り、そして海外から人材を輸入する事で、奴隷層の拡充を図ろうとしている。民主主義という思想は、人間として平等を謳うものであり、身分制度をこの地球上から撤廃する、という事から、歓迎された代物であって、民主主義国家の中で、公然と奴隷層を位置づける事は、まさにデモクラシーへの背信行為である。


日本は社会保障が手薄です。雇用保険も生活保護も手薄。

だから、むちゃくちゃな条件でも足元を見られた労働者は働かざるを得ないのです。

まずは、崩壊したセーフティネットの建て直しです。

それもせずに、奴隷を増やすのは何事でしょうか?

ところで、介護労働者をインドネシアなどから受け入れることになっていますが、これも、結局日本人介護労働者を奴隷のように酷使し、みんなやめていったからという安易な考えで補充しているだけではないですか?


非常勤は21世紀の奴隷制度!

自民党の移民政策は21世紀の奴隷貿易!


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-08-03 11:46 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
公立高の非正規職員350人が解雇の危機 橋下府知事「イルミネーションの方が大事」
http://www.news.janjan.jp/area/0808/0807313372/1.php
さとうしゅういち2008/08/02
橋下知事が、年収100万そこそこで働いてきた府立高校の非正規職員350人を解雇しようとしています。大阪府立高等学校教職員組合の役員を務める知人によると、知事は労使交渉で「イルミネーションよりも私たちが下か」と問われ、「私のビジョンの中ではそうです」と答えたそうです。


どうすればよいか、私も大阪府の人間ではないからくわしいことはわかりません。何とか知恵を絞ってほしい。

なんとしても雇用を守るため、最善を尽くせ!と思ったら記事下部のボタンをクリックしてください。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

雇用を守れ!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-08-03 11:05 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback(1)