エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:食料自給率 ( 4 ) タグの人気記事

 10月22日告示・11月8日投票の広島県知事選挙を前に、政策提言を行ないたいと思います。

 地域経済を活性化する方法として、広島県内限定の藩札(地域通貨、政府紙幣)をいま流行の【社会実験】として導入します。

 まず、今までは、お金がどんどん地域外に出て行く経済に地方はなっていました。企業誘致で大枚をはたいてせっかく工場を誘致しても、雇ってくれるのは派遣ばかりでした。それによる利益は本社に送られる。これでは地域経済が衰退するのは当然です。

  そこで、地域の中でお金がグルグル回るようにすればよいのです。その切り札として藩札を考えています。

 具体的にはどうするか。

 第一に、県職員、教職員の給与はカットされていますが、カットをなくす代わりに、一定割合を地域通貨で支給すればよい、と考えます。

 第二に、この藩札は地域通貨は、利子がつかず、むしろ「時間が経てば価値がさがる」ようにすることです。
そうすると、みな急いで消費に回すでしょう。

 第三に、この地域通貨をうまく農業活性化と組み合わせることです。広島県内には、耕作されない農地が多くあります。一方で、りんごからレモンまでなんでも採れるのが広島県の農林水産業の強みです。多品種少量生産です。そのために、「ルール」がグローバリズムだと大変不利です。現在のところ、食料自給率はわずかに28%です。

 しかし、地域内で食料品自給をめざすようにするのであれば、大変有利になります。 そのためにも【食べ物も買える】地域通貨を導入すべきです。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg


広島市長・秋葉忠利

みんなであたらしい広島県をつくる会

e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif


以下の野党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-08-14 20:46 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
誤解招く「低い食料自給率」より「高い海外食料依存率」で国際交渉を
九鬼信2008/09/19

http://www.news.janjan.jp/living/0809/0809157217/1.php
日本の食料自給率は40%と聞けば、自給率を上げなければならない、外国からの食料輸入を抑制すべきだ、という議論になり勝ちだ。ところが「食料依存率が60%」と外国との協議で発言し、食料安保の面から「依存率」を抑制したい、といえば、多くの外国当局者は納得するのではないか。米国の農業経済研究家が、こんな助言をしており、わが国関係者は、聞く耳を持つべきだ。物はいいようで、相手の心に届くものなのだ。


この記事は面白いです。弊紙も今日から「食料依存率」と言う言葉を使ってみようと思います。

たかが言葉。されど言葉。いや、言葉は政治の全てかもしれないのです。

 言葉使いによって、実現すべきことが実現できないなら、言葉を改めるのに躊躇すべきではないでしょうね。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-19 20:52 | 農業・食料 | Trackback

航空貨物に重課税を

日本人は、飛行機で輸入した食品を大量に「食い漁っている」と言えます。

「舶来」ならまだいい。「飛行機」でバンバン新鮮な味を楽しむというのは、まるで奈良時代の貴族・長屋王が牛乳を楽しんだのに匹敵する。

もちろん、日本国内では格差が拡大している。

だが、航空燃料が安いのをいいことに日本人のほぼ全員が奈良時代なら貴族と同じことをすることにはちっとも持続可能性はない。

国内のガソリン税は現段階では上げられない。

したがってとりあえず、航空貨物に重課税を行うべし。

グローバル化による環境コストを負担していただく。今まで、グローバリズムの環境コストはほとんど負担されていなかった。

とはいえ、お金持ちはかなり輸入品が高くなっても高級品は金に糸目をつけず、買うだろう。

それにより得られた税収は国内外の弱者に還元すべきである。

そうすれば、弱者は助かるし、地方の農業も助かる。

記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg

by hiroseto2004 | 2008-08-06 13:09 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
8月2日、福山市の男女共同参画センター「イコールふくやま」で、エソールひろしま大学公開講座があり、広島大学生物圏科学研究科の田中秀樹教授に「食卓から見えなくなってしまった“農”」とのテーマでご講演いただきました。

田中さんは
1、食品が遠くからやってくる(いわゆるフードマイルズが世界でもダントツ一位)「遠距離化」
2、社会の変化により、消費者が「食べるだけの人」になってしまい、農業がどんなものかわからなくなる「遠方化」が起きていると指摘。栄養バランスがよい日本型食生活は崩れ、総菜などに頼るように変化していると指摘しました。

そして、農業自体も、モンサントなどに見られるように、超大型機械やGPSを使用するなど、まるで工業のようになっている、としました。

そして中国のWTO加盟で、アメリカの大豆が中国に流れ、それが中国の農業の野菜シフトを招き入れ、韓国市場を席巻、さらに韓国の野菜が日本に流れ込み、とくに野菜の大量生産の分野が圧迫されている、と紹介しました。

しかし、最近では、中国やインドなどの食料需要増加やバイオ燃料、投機マネーの影響で食料が高騰し、金さえあれば買える状況ではなくなった、として、広島でも、地域から食料自給をめざすべきだ、としました。

その上で、どうすればよいかを考える材料として広島の農業の歴史と現状を紹介しました。

広島の食料自給率はわずかに23%。下から12番目で東京や大阪など農業がほとんどない府県があることを考えると実質最下位に近いそうです。

また、広島は平地での農業は盛んではなく(広島市と福山市という都会になっている)中山間地に集中しているのが特徴です。米も、東広島市や三次市の山間部が多く、棚田が多い。だから、都会に八割が住む県民にとり農村は見えにくいのです。

しかし、実際には北部山間部ではりんごがとれ、南部沿岸ではみかんがとれるという多様な自然にめぐまれ、山も信州や四国のように険しくありません。だから山間でも農業をため池と棚田が特徴としてできます。

広島県民は水田、里山、山林をうまく組み合わせ、米、和牛、木炭など多様な山の恵みを生かした農業をしていました。和牛の放牧で堆肥をつくるなど、栄養がぐるぐる地域で回る仕組みだったのです。まさに環境からいえば理想的だと私も話を聞きながら感心しました。

ところが、経済効率だけから見ればこういう非効率になってしまう。

高度成長以降、次第に高齢化が進みました。
最近は、グローバリズムの直撃を受け、自給野菜生産も含め農業が衰退、耕作放棄が二割に達し、これらがまた地力を弱め、松茸の生産量も昔は数百トンあったのが今は数トンに低迷しています。いまや多くの集落が維持不可能です。

広島は日本農業の衰退のフロントランナーなのです。

しかし、一方で、農村の地域づくりに危機感をもってとりくむフロントランナーにも広島はなっています。

具体的には、農家が複数集まって農産物を売る直売市があります。

また、生産協同のための集落型法人導入、さらに福祉のネットワークなど、旧来ムラ社会とは違った形でのネットワークが広がっています。

田中さんは、特に女性と高齢者の役割が重要になっていると強調しました。
さらに、都会の人が農村を訪れ、魅力を言うことで、「何にもない」と自虐的だった地域の人が誇りを取り戻すことになる、と都会の人の役割も重要としました。

売るための農業ではなく、暮らしに根付いた、また、高齢者の生きがいとしての福祉としての、多面的な農業をめざすべきとしました。

このようにして、小さな産業複合体をつくり、都市型市場経済、グローバリズムの影響から自立化すべきとしました。

そして、古い農村社会や慣習ではなく、新たな協同にすることで女性の役割を社会的に認めることによる農村社会変革が必要だと提起しました。

広島県民全体の課題としては、地産地消は、商品づくりより、顔と暮らしが見える関係づくりが大事ではないか、そして広島の地域資源を生かした暮らしを広めることが必要ではないかと提起しました。

また、それにより逆に都会でも農業が見直されるのではないかと期待しました。実際、広島市の秋葉市長は、三期目にはいり、農業への普及啓発に力を入れだしていますから、この提起はタイムリーだと感じました。

もちろん、質疑応答では悲観的な意見も出ました。国の政策に農家が振り回されている。自治体の農政関係者からは「わが街で農業を、と若い人にうかつに薦められない」と憂慮する声がでました。

田中さんは、「国や県の政策はどうか」との質問に対し、「残念ながら国は、大規模化する農家しか助けない方針だ。広島も「選択と集中」という名目でその路線だ。これでは広島の農業は厳しい」と憂慮しました。

そして、「学者は何ができるか」という質問に対しては「学者は非力。最後に国を動かすのは国民。」と、国民意識に期待しました。

講演を通じ、広島県民が、何を農村で都会ですべきか見えてきました。

一方で、国の政策が壁として立ちはだかっていると改めて確認させられました。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-08-02 19:22 | 農業・食料 | Trackback(3)