人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

オバマイラク電撃訪問と中東情勢の今後

Excite エキサイト : 国際ニュース

エキサイトニュース
<オバマ大統領>イラクのバグダッド電撃訪問
 【ジブチ和田浩明】欧州・トルコを歴訪していたオバマ米大統領は7日午後(日本時間同日夜)、イラクの首都バグダッドを電撃訪問した。就任後、大統領のイラク訪問は初めて。

 大統領は同日、バグダッドの米軍基地キャンプ・ビクトリーで駐留米軍のオディエルノ司令官と会談した。その後、イラクのマリキ首相らとも会談する予定。AP通信によると、大統領は「イラク国民が、自分の国への責任を果たす時が来た」と述べた。イスタンブールから米国に戻る途中、駐留部隊への感謝の意を示すため、イラク訪問を決断したという。

 大統領は2月、イラク駐留米軍14万人強のうち10万人前後を2010年8月までに撤退させ、11年までに全面撤退する方針を表明している。その一方でアフガニスタンへの増派計画を発表しており、イラクからの撤退によって対テロ戦争の軸足をアフガンへ移す姿勢を示している。


オバマさんの電撃訪問。イラクへ行くときはたいていアメリカ大統領は電撃訪問の場合が多い(治安上の問題もあるでしょう)が、今回は、「撤退」の下準備になります。

ただ、困難があると思います。イラク国内に何十箇所もある基地から撤退するのは生易しい作業ではなく、ベトナム戦争の時のようになりかねない。

そこで、イランやシリアとも接近し、退路を確保しようとしている、ともいえます。

もちろん、シリアなどとの接近は、ガザ虐殺などで敵を増やしているイスラエルへの牽制もあるでしょうが・・。

イスラエル(シオニスト、国際金融で活躍する人たちとはまた違う)は、長期的には調子に乗りすぎて、アメリカから切られることがあるのではないか、と思われます。イスラエルのロビイストはアメリカでは活動禁止ということも3月には伝えられています。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






オバマイラク電撃訪問と中東情勢の今後_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

オバマイラク電撃訪問と中東情勢の今後_e0094315_1847474.jpg

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/10004453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-04-08 07:22 | 国際情勢 | Trackback