人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

「街宣右翼」と「表敬訪問事件」

Excite エキサイト : 社会ニュース

<デビ夫人>街宣車の男性とトラブル 東京・渋谷
 19日午前9時半ごろ東京都渋谷区のタレント、デビ夫人の自宅前で、デビ夫人と右翼団体の関係者とみられる男性がトラブルになり、警察官が駆け付ける騒ぎになっていたことが警視庁渋谷署の調べで分かった。

 同署によると、男性が街宣車のスピーカーでデビ夫人を非難していたところ、デビ夫人が自宅2階から投げつけた植木鉢が街宣車に当たった。さらにデビ夫人は表に出て街宣車をカメラで撮影しようとして男性と小競り合いになり、カメラが破損したという。

 男性は、デビ夫人が北朝鮮のミサイル発射に関し、北朝鮮を擁護する趣旨の発言をしているとして非難していたという。【神澤龍二】


街宣右翼が、デビ夫人の自宅まで押しかけて街宣活動をしていたようです。

個人宅まで押しかけ、がなりたてる、という街宣右翼。言論の自由をはきちがえているといわざるを得ません。

そうやって挑発しておいて、トラブルに持ち込む、というのが手口です。

さて、4月4日に暴力行為法違反で逮捕された増木重夫さんや、彼が関西支部長などを勤めていた団体のリーダー・西村修平さん、桜井誠さんらの行動もこれに似てます。

西村さんらは、東村山市内のブティックを「創価学会」と決め付けて押しかけ、そこにいた元警察署副署長の男性に押し出されると、「イタイイタイ」などと叫んで「被害者」を装いました。(いわゆる「表敬訪問」事件)。
http://www42.atwiki.jp/higashimurayama/pages/41.html

最近では、増木容疑者、西村さんらは五百旗頭・防衛大校長宅まで押しかけ、街宣を行なっていました。

「街宣右翼」であろうと西村さん・増木容疑者であろうと、このような手口を「言論の自由」の名で許しておくのはおかしいのではないでしょうか?人権の「内在的制約」の範囲を超えているのではないでしょうか?

創価学会はわたしも過去、繰り返し批判しています。しかし、このような批判の仕方が正しいとは決して思いません。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






「街宣右翼」と「表敬訪問事件」_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

「街宣右翼」と「表敬訪問事件」_e0094315_1847474.jpg

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/10087742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Die Weblogta.. at 2009-04-21 18:19
タイトル : 自殺できない皇族って哀しいね♪ [わざと再掲載]
 体調が宜しくないので,07年8月22日に書いた記事をそのまま再掲載します.  憂歌団の「当れ!宝くじ」の替え歌っぽいですが.(^^;)「愛国心」が如何に危険かを告発したい! 好きな女を追いかけて 好きな女を追いかけて 拳銃で心中哀しいね 巡査長は悲しいね だけど,ただの警官にや 他に出来る「自殺」はない 当れ!拳銃 当れ!彼女に 当れ!自分の心臓に〜♪ 好きな女が出来たとしても 身分違いは許されぬ恋 毎日クラブに通っていても 結婚できない哀しさを 交尾もできない哀しさを 酒で紛らわす毎日は...... more
by hiroseto2004 | 2009-04-20 20:29 | 事故・災害・事件 | Trackback(1)