人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

「疑わしきは罰せず」無視したカレー事件判決

カレー事件関連では、以下の記事がJANJANにUPされていました。

ご一読ください。また考えて見ましょう。

「疑わしきは罰せず」無視したカレー事件判決
山本ケイ2009/04/22
 
http://www.news.janjan.jp/living/0904/0904221965/1.php
和歌山市「毒物カレー事件」の最高裁判決で林真須美被告の死刑が確定する方向となったが、この判決は「疑わしきは罰せず」という刑事裁判の原則を無視している。被告が全面否認する中で動機が明らかでなく、証拠とされたヒ素の同定も目撃証言も確実なものとはいえない。「疑わしい」から罰する論理なら、裁判員制度を前に恐ろしいことだ。



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






「疑わしきは罰せず」無視したカレー事件判決_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

「疑わしきは罰せず」無視したカレー事件判決_e0094315_1847474.jpg

Tracked from ジャッカルの目 at 2009-04-23 09:18
タイトル : 自民党新憲法草案の反国民性(2)、基本的人権制限の現在の..
 昨日の、憲法12条、13条の改悪に関する記事の続きである。  現在の憲法でも、「公共の福祉」の資するために、個人の持つ基本的人権が制限、制約されるケースがありうる。その具体的例をあげ、逆に、そのぎ..... more
by hiroseto2004 | 2009-04-23 08:11 | 司法 | Trackback(1)