人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「広電方式」、秋葉市長も賞賛

広報紙「ひろしま市民と市政」2009年5月1日号掲載の広島市長の日記でも、「広電方式」が取り上げられました。

http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1240993407048/index.html

第128回 権利の守り方 ―広電方式が注目されています―

--------------------------------------------------------------------------------

権利の守り方 ―広電方式が注目されています―



(広報紙「ひろしま市民と市政」2009年5月1日号掲載)



今日はメーデー。労働者の権利を守る運動から始まり、今ではより広範な活動を行う日になりました。今回は、この日に因(ちな)んで私たちの「権利」をどう守るのかについて考えたいと思います。

私の尊敬するリンカーン大統領は、第一次の大統領就任演説中「もし多数派がその数の力のみによって、憲法に明記されている権利を少数派から奪うようなことがあれば、革命が正当化される」と述べています。

また、権利が剥奪(はくだつ)されて行く過程についても鋭い指摘をしています。最初は「全ての人が平等である」との原則で生まれたアメリカが、「黒人を除いて全ての人が平等」と変わり、その先には「黒人、外国人、カトリック教徒を除いて全ての人が平等」だといった形で堕落する傾向です。

後に、リンカーンと同じ趣旨の言葉をドイツの神学者ニーメラーが、ナチスの歴史をなぞって残しています。

「(ナチスは)最初、共産主義者を標的にした。私は共産主義者ではなかったから、何もしなかった。次に彼らはユダヤ人を標的にした。私はユダヤ人ではなかったから何もしなかった。次に彼らは労働組合を標的にした。私は労働組合員ではなかったから何もしなかった。次に彼らはカトリック教徒を標的にした。私はプロテスタントだったから何もしなかった。最後に彼らは私を標的にした。そのとき、私と共に立ち上がる人は誰も残されていなかった」

ジョージ・バーナード・ショーは、これを「私たちの同胞に対する最大の罪は、彼らを憎むことではなく、彼らに無関心であることだ」と述べています。

ちょっと大袈裟(おおげさ)な前書きになりましたが、それは最近、「広電」として親しまれている広島電鉄株式会社の経営者と労働組合による素晴らしい成果の意味を際立たせたかったからです。

昨年から全国的に話題になっている非正規労働者と正規労働者の間には、給与や労働条件等多くの違いがあります。だからこそ例えば「雇い止め」が起きたのですが、広電の労使は、お互いに痛みを分け合うことで、非正規社員を正規社員として雇うという画期的な合意に達しました。

簡単にまとめると、組合は、一部正規社員の給与水準の引き下げに合意し、会社は、より多くの正規社員を雇用することによって生じる経営上のリスクを負うことにしたのです。

厳しい経済環境の下、失業の危機にさらされるかも知れない同僚、社員に対して「無関心」でいることを拒否し、成熟した企業としてまた組合として現実的かつ未来のモデルたり得る「広電方式」を生み出してくれたことを私は心から誇りに思っています。



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






「広電方式」、秋葉市長も賞賛_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

「広電方式」、秋葉市長も賞賛_e0094315_1847474.jpg

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/10160686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-05-02 09:29 | 生存ユニオン・独立系メーデー | Trackback