人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

新AML立ち上げのための賛同人募集の呼びかけ・・新AML設置趣旨

転載歓迎。心ない人々によって消滅に追い込まれた旧AMLにかわって、新 しい「民衆のメーリングリスト」が立ち上がろうとしています。皆さん、振るってご参加ください。以下




……………………………………………………………………………………………………………
 新AML立ち上げのための賛同人募集の呼びかけ
                           &
  新AML設置趣旨
              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】
1. 新AML立ち上げの経過と賛同人(呼びかけ人)募集の呼びかけ
2. 旧AMLの閉鎖と新AML立ち上げの意義について(設置趣旨)
3. 新AMLの運用・運営方針とメール発信のルールについて
   3-1 新AMLの運用の基本的な考え方について
   3-2 新AMLの運営方針について
   3-3 メール発信のルールについて
4. 新AMLの賛同人(呼びかけ人)の応募要領について(〆切日:5月15日)
5. 新AMLの名称と投稿先及び開始日時について
   5-1 新AMLの名称
   5-2 新AMLの投稿先
   5-3 新AML立ち上げの開始日時(5月20日午前9時)
6. 新AMLの参加要領について
7. 会員登録受付の開始日時


         2009年5月10日         発起人委員会:長船青治 楠正昭 田中宏治 仁井谷明 東本高志 増田都子 薮田徹
         設置責任者:楠正昭
         メーリングリスト管理人:楠正昭 仁井谷明
管理人連絡先メールアドレス:pml-owner@list.jca.apc.org
 


1. 新AML立ち上げの経過と賛同人(呼びかけ人)募集の呼びかけ

 私たちは、体制的あるいはメインストリームではない貴重なオルタナティブな情報発信・情報交換の場
として旧AMLがこれまで果たしてきた役割を高く評価しています。それだけに突然の旧AMLの閉鎖を
残念に思うとともに、旧AMLを超えた、さらに公開を前提とした広範な市民運動の横断的なネットワーク
を早急に再構築する必要があるという点で認識を共有し、メールでの意見交換と対面での話し合いを重
ねてきました。

 以下に新発起人委員会の話し合いで合意した新AMLの「設置趣旨(仮)」及び「運用・運営方針(仮)」
を掲げます。お読みいただき、この新AMLの賛同人(呼びかけ人)になっていただきたいと思います。
ぜひともご協力ください(応募要領は4を参照してください)。

 また、新AMLの立ち上げ及び開始日時は下記の5-3のとおり5月20日午前9時となっていますの
で、新AML立ち上げの件について、みなさまがお持ちのブログやみなさまが所属するMLなどに情報を
積極的に発信していただければ幸いに思います。

2. 旧AMLの閉鎖と新AML立ち上げの意義について(設置趣旨)

 小倉氏は「amlの閉鎖について」(旧AML 25014)で、次のように述べておられます。

「amlは、社会運動の分野を横断した新しい流れをインターネットという道具の活用を通じて側面から支
えようという目的で設置されました。しかし、インターネットを使ったさまざな情報発信の選択肢が利用
可能な現在、メーリングリストとしてのamlの使命は終わったと考えます。今後、amlがどのような形で登
場可能かは、若干の検討の期間をいただきたいと思います」
 私たちは「インターネットを使ったさまざな情報発信の選択肢が利用可能な現在」というような楽観的
な認識は共有できません。GoogleやYahooあるいはマイクロソフト等のネット上の巨大勢力によって情
報の囲い込みが猛スピードで進みつつあり、一方で、民衆の側の情報発信・情報交換の場は蛸壺化
しているというのが現状ではないでしょうか? AMLはそのような中で、横断的な民衆の情報発信・情
報交換の場として機能していたと思います。小倉さんが、独断的にAMLを閉鎖したことに対して、この
ままそれを受け入れることはできないと考えます。
 新しいAMLはこのような視点から、旧AMLを超えて、さらに広範な民衆の情報発信・交換の場とし
て再構築していきたいものだと思います。これまでのAMLは環境系やジェンダー系の情報は多くなか
ったように思います。そのような情報も含みつつ民衆の横断的な場が必要なのではないかと思います。

 また、旧AML参加者の中には旧AMLの閉鎖をオルタナティヴ運動の崩壊や自壊ととらえる見方も
あるようですが、私たちは、それが崩壊や自壊であるのかという点は疑問です。そのような見解には前
提としてAMLには「オルタナティヴ運動」という「運動」があったかのような判断があるようですが、私た
ちはAMLはオルタナティブな「運動」の情報の発信・交換の場であったと理解しています。AMLは体制
的あるいはメインストリームではない情報の発信・交換の場ではなかったでしょうか? また、さまざま
な民衆の活動、運動あるいは戦いという意味でのオルタナティブではなかったでしょうか? それぞれ
の活動や運動あるいは戦いは、ときには低迷し、あるときは高揚するものだと思われます。オルタナテ
ィブ運動と一括りにして、その興隆や崩壊を検証するとすれば、それは私たちの役割ではないと思いま
す。

 AMLの存在意義はインターネットの普及によって、オルタナティブな運動にとって、情報発信と交換が
劇的に変化したこと、そしてそれを民衆の武器として利用するということであったと思います。インターネ
ットそれ自体がペンタゴンの軍事情報網に侵入し、それを換骨奪胎したという出自を持っています。まさ
にオルタナティブそのものです。しかし、そのインターネットが変質し、いまや巨大な体制的あるいはグロ
ーバルな金融・商業勢力に席巻され始めています。AMLの現時点での閉鎖はインターネットのこの潮流
に飲み込まれることだと思います。
 AMLは大多数の参加者にとっては、夾雑物はあっても貴重なオルタナティブな情報発信と情報交換の
場であったと思います。Googleなどの巨大化した勢力によって、情報の囲い込みが進行している中にあっ
て、民衆の側はそれぞれの方法や環境によってこのツールを情報交換や伝達に利用しています。それ
を有機的・横断的に結びつける場を提供してきたのが旧AMLであったと思います。
 小倉氏はAML廃止の理由として、「インターネットを使ったさまざな情報発信の選択肢が利用可能」に
なったということと、管理能力の不足を挙げられてますが、後者についてはAMLの自壊ということに当て
はまるかも知れません。しかし、前者については、代替の環境を提示しないままの閉鎖は安易に過ぎた
ように思います。
 オルタナティブな民衆の側がインターネットをツールとして活用できるということは、私たちとは志向を異
にする側にも利用できるということです。彼らはあるいはAMLを潰すことに快感を持っているかも知れま
せん。しかし、たとえそうであってもその彼らの行動を実力排除するべきとは考えていません。それは私
たち自身の活動や運動によって凌駕していくべきものではないかと思います。

 小倉氏は「AML設置趣旨などの改訂について(管理人)」(旧AML 3082)で次のように述べています。

「オルタナティブ運動メーリングリスト(以下AMLと呼びます)は、日本および国外における平和、反戦、環
境、労働、ジェンダー、人権や市民的な権利、社会的なマイノリティーの権利などのために活動している
様々な市民運動、社会運動、民衆運動に関する情報や資料の交換を目的とするものです。これらの運
動は地域の草の根の運動から国際的なNGOの運動まで幅広いものですから、当面運動のジャンルは
問いませんが、侵略戦争に反対すること、軍隊をなくすこと、人々の基本的な権利のための闘いに寄与
することなどを目的とするものであって、たとえ市民運動や草の根の運動であっても民族差別やナショナ
リズムを煽ったり人々の人権を侵害するような運動に寄与するためのものではありません。
 AMLが豊かな運動のためのメディアとなるかどうかは、以上のような趣旨に賛同される皆さんのさまざま
な情報・資料の提供にかかっています。より意味のあるメーリングリストに成長できるよう是非とも皆さん
がお持ちの情報をお寄せ下さい。また、国内だけでなく、海外からの情報、あるいは海外への情報発信
なども積極的に扱っていきたいと考えています。
 参加資格は特に問いませんが、設置趣旨および「ガイド」にある条件に著しく反する場合には参加登録
の取り消し等の措置をとることがあります(設置責任者 小倉利丸)」
 
 この趣旨については方向性として、現在でも私たちに異論はありません。新AMLにもこのような方向性
の趣旨は入れておいた方がよいのではないかと思います。正規の立ち上げ趣意書にはこの方向性での
文案も加えたいと思います。

3. 新AMLの運用・運営方針とメール発信のルールについて

3-1 新AMLの運用の基本的な考え方について

 新AMLは運用の面では旧AMLと同様にJCA-NETサービスを活用したメーリングリストとします。現
在では無料のMLやブログはいくらでもあります。しかし、それらのインフラを支えているのはコマーシャリ
ズムです。それは情報保護の観点からはきわめて危険な状況です。ある日突然それらの情報が消滅し
たり、売り渡されたりしないという保証はありません。JCA-NETは発足の当時から民衆の側の自主運
営です。自前のサーバーと回線を維持してきました。その試みは容易なものでなく、何度も危機的状況に
あり、現在も同じですが、これを維持していく努力を重ねています。

 また、旧AMLがそうであったように、これから立ち上げる新AMLも公開のMLとして立ち上げたいと思い
ますが、それは民衆の側に立って、誰でも情報にアクセスでき、かつ情報発信できる場としてです。無料の
アカウントやMLはいくらでもありますが、それらは情報の囲い込みの危険を伴っていますし、公権力に限ら
ず、さまざまな権力側からの介入があったとき、民衆の権利を守ってくれる保証もないと思います。それら
を総合すると新AMLとしてもJCA-NETサービスを活用することがもっとも望ましいと私たちは判断しまし
た。

 JCA-NETのサービスが現在の技術レベルからすれば、十分なものでも満足できるものでないのは確か
です。それに応えるためにはかなりの投資が必要です。しかし、それを割り引いても独立したサーバーと
回線を維持していく意味はあります。AML的なものを再構築していかなくてはならないと考えるのはこの点
にあります。JCA-NET以外でそれを模索しようとしても、ネットの巨大勢力に取り込まれますし、サービス
として対抗しようとするのは困難ですが、メーリングリストを有効利用して、民衆の側の情報発信・交換を保
証していくことは可能です。
 JCA-NETはまさに現在のインターネット世界の中でオルタナティブそのものだと認識しています。その
意味ではオルタナティブ運動の自壊というレベルでは、いまだ持ち応えているといっていいかも知れません。
オルタナティブな運動はJCA-NETも含めてさまざまな形であると思います。AMLの閉鎖という局面で、
それに異議を唱え、さらにそれを乗り越えて新しい場を、たとえ非力であっても再構築していこうとしている
のは以上のような認識によります。
3-2 新AMLの運営方針について

(1)新AMLは旧AMLを超えて、さらに広範な民衆の情報発信・情報交換を目的とします。情報のジャン
ルは問いません。これまで環境系やジェンダー系の情報は必ずしも多くはありませんでしたが、そのよう
な情報の今後の発信にも期待します。また、旧AMLと同様に国内だけでなく、海外からの情報、あるいは
海外への情報発信なども積極的に扱っていきたいと考えています。

(2)参加資格は特に問いませんが、会員登録が必要です。

①住所
②氏名
③メールアドレス
④使用するハンドルネーム

をご記入の上、件名欄に「登録希望」と明記して、下記宛にメールを送ってください(④以外は要必須。
ただし、ML管理者以外には公開されません)。

メール送り先:pml-owner@list.jca.apc.org

折り返し「グループ参加のお知らせ」というタイトルのメールを返信します。約一週間経っても返信のない
場合は恐れ入りますが再度上記手続きを繰り返してください。

(3)会員登録の中止、一時中断、配信再開、アドレスの変更などはいつでもできます。「会員登録中止」
「一時中断」「配信再開」「アドレスの変更」などとそれぞれ明記して下記宛にメールを送ってください。

メール送り先:pml-owner@list.jca.apc.org

(4)何かご質問やトラブルの場合は下記宛にメールを送ってください。

メール送り先:pml-owner@list.jca.apc.org

(5)月1000円(年間12000円)のJCAのML維持会費は年1回の会員へのカンパ要請で賄うこととします。

3-3 メール発信のルールについて

(1)原則として情報交換のメーリングリストですので、若干の意見交換を除いて討論、論争はこのメー
リングリストでは控えてください。

(2)本メーリングリストへの投稿は公開と転載の自由を原則とします。ただし、「転載禁止」の但し書き
がある場合は公開も転載も禁止とします。

(3)実名、ハンドルネームでの投稿の選択は自由とします。ただし、いずれの場合も投稿者は投稿内
容に責任を負ってください。
(4)投稿の削除については、投稿者本人の了解がとれた場合に行います。他の人の投稿を削除して
ほしい場合は、まず投稿者本人と直接相談して削除の了解を得てください。

(5)新AMLに投稿されたメッセージはアーカイブに保管・公開されます。が、永続して保管される保証
はありませんので、必要なメッセージは各自で保管するようにしてください。

(6)新AMLはさまざまな情報を取り扱いますので、メンバーにとっては不要な情報もあるかも知れま
せん。メールの本数を負担に感じられる方は、参加登録をした上で、配信停止措置を取ることができ
ます。配信停止をしてあっても、投稿は可能ですし、web上で投稿されたメールで公開されたメールの
閲覧は可能です。ただし、この場合は「転載禁止」吹きのあるメールは閲覧できません。

(7)このメーリングリストには管理者のほか運営委員を若干名置き、メーリングリストの運営に著しい
障害が生じた場合などのトラブルの対応を委ねます。参加者は管理者と運営委員の判断を尊重する
ものとします。なお、管理者、運営委員も一投稿者として投稿することができるのはもちろんです。
その場合の管理者、運営委員の主張や論説は一投稿者としての個人の責任に関わるものであって、
管理者、運営委員としてのものではありません。管理者や運営委員がトラブルの対応を委ねられると
きは個人の主張や志向を離れて公正・公平な判断が求められることはいうまでもありません。なお、
発起人委員会のメンバーは新AML発足後、運営委員会を構成し新AMLの円滑な運用の任にあた
ることとします。また、現在の運営委員のほとんどは男性で女性が少ないことから、ジェンダー平等の
観点からも女性の運営委員を若干増員したいと考えています。現在、交渉中です。

(8)メーリングリストの管理者及び運営委員は〈存在感がないほどよい〉を旨とし、民主的な運営を心
がけますが、下記のような不適切な行為が繰り返される場合には合議の上参加者登録の取り消し等
の措置をとることがあります。

 1 プライバシーの侵害、誹謗中傷など人格権侵害の疑いがあるような言動が繰り返される場合。
 2 このメーリングリストの趣旨に著しく反する場合。
 3 その他このメーリングリストの運営に著しい障害となると判断された場合。

4. 新AMLの賛同人(呼びかけ人)の応募要領について

 新AMLの賛同人(呼びかけ人)になっていただける方は下記宛のメールの件名に「賛同人になりま
す」と記した上で、本文に氏名、住所を記入して下記のメールアドレス宛にご送付ください。応募の〆
切は5月15日とさせていただきます。

メール送り先:running@list.jca.apc.org

5. 新AMLの名称と投稿先及び開始日時

5-1 新AMLの名称は下記のとおりとします。

新AMLの名称:PML(Peoples mailing list/民衆のML)

5-2 新AML(PML)の投稿先アドレスは下記のとおりとします。

新投稿先メールアドレス:pml-@list.jca.apc.org

5-3 新AML(PML)立ち上げの開始日時は下記のとおりとします。

2009年5月20日午前9時

6. 新AML(PML)の参加要領について(3-2の(2)に同じ)

参加資格は特に問いませんが、会員登録が必要です。

①住所
②氏名
③メールアドレス
④使用するハンドルネーム

をご記入の上、件名欄に「登録希望」と明記して、下記宛にメールを送ってください(④以外は要必須。
ただし、ML管理者以外には公開されません)。

メール送り先:pml-owner@list.jca.apc.org

折り返し「グループ参加のお知らせ」というタイトルのメールを返信します。約一週間経っても返信のない
場合は恐れ入りますが再度上記手続きを繰り返してください。
7.会員登録の受付開始は5月15日からとします。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






新AML立ち上げのための賛同人募集の呼びかけ・・新AML設置趣旨_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

新AML立ち上げのための賛同人募集の呼びかけ・・新AML設置趣旨_e0094315_1847474.jpg



by hiroseto2004 | 2009-05-10 20:14 | 声明・申し入れ | Trackback