人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

千葉市長選挙、共産の独自候補擁立なら自殺行為では?

いったんは、民主、共産、新社会、市民ネットでの共闘に合意したはずです。

ところが、共産党系団体が、それを反故にするような行為に出ています。

信義というものをどう考えておられるのか。

熊谷候補は、民主党を離党しています。

さらに、共産党地区委員会が、独自候補を検討という情報もありますが、どうなのか。現時点で、共産党にとって何のメリットもないと思います。もう、告示まで1週間ちょっとしかないのです。いまさら、独自候補を立てても、急には票はでないでしょう。

それがまた、却って党自体に悪影響を及ぼすのではないでしょうか?

ただ、「市民の千葉をつくる会」には共産党員の方も個人の資格で参加しています。今後彼らを含めて市長選に勝利し本当のあるべき千葉市をたくさんの人たちと行動を共にしたいと考えています。

そのためにはいつまでもつまらないことにこだわっていたくはありません。

千葉における政権交代のため、最善を尽くしましょう。

■共産系団体 熊谷氏を支援せず
(朝日新聞千葉版 2009年5月20日)
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000905200001

 6月14日投開票の千葉市長選で、共産党が構成団体に名を連ねる「あたらしい千葉・みんなの会」は19日までに、独自候補を擁立しない一方で、立候補を表明している市議の熊谷俊人氏(31)を支援しないことを決定した。共産党県中部地区委員会も、民主党が推薦する熊谷氏への推薦や政策協定はせず、民主と共産の共闘は実現しない運びとなった。

 みんなの会は、15日の役員会で独自候補擁立を断念、熊谷氏の支援もしないことを確認した。
小柴晃事務局長によると、共闘に向けて調整してきたものの、15日の役員会では、民主党を離党したとはいえ、同党の国会議員らと熊谷氏が並んだ2連ポスターから「民主色」の強さを懸念する声が挙がるなどして、共闘は実現しなかったという。

 統一候補擁立を目指していた市民団体「市民の千葉をつくる会」は、5月上旬に熊谷氏と政策協定を結ぶことを決めたが、みんなの会は、同会とは共闘しないとしており、共産党も共闘しないとみられる。共産党県中部地区委員会は、「独自候補擁立の可能性を検討中」としている。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






千葉市長選挙、共産の独自候補擁立なら自殺行為では?_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

千葉市長選挙、共産の独自候補擁立なら自殺行為では?_e0094315_1847474.jpg




とくらたかこのブログ

千葉市長選挙、共産の独自候補擁立なら自殺行為では?_e0094315_21534643.jpg
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/10292888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-05-23 07:46 | 千葉市政 | Trackback