人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー

都議会「政権交代」は地方自治に大きな転機・・・さらば「諦め」といおう

都議選で自民党・公明党が過半数割れすれば、地方自治にとり、30年ぶりの大きな転機となります。ふと、1979年に、革新都政が崩壊してから奇しくも30周年になるのを思い出しました。

 革新都政(大阪府など他の革新自治体でも)崩壊30周年でもある今年、名古屋市長選、さいたま市長選、千葉市長選、静岡県知事選で、自公系候補が、民主党推薦候補に敗北しています。その総仕上げ的な意味合いが「都議選自公惨敗」にあると思います。

ひとつは、日本全体の「自民党体制」の崩壊。もうひとつは地方自治における「オール与党体制」の崩壊。この二つの大きな意味があると思います。前者については、多くのマスコミも触れるでしょうから割愛します。

地方自治は、基本的にはとくにいわゆる革新自治体が崩壊した1979年以降、「オール与党」体制が続いてきました。1960年代後半から70年代は、大阪、京都、東京などで社会党、共産党を中心に野党共闘で首長が活躍したのですが、79年の統一地方選挙で多くの革新自治体が崩壊。その後も革新自治体の数は基本的に減り続け、1991年には一部を除いてほとんどみられなくなってしまいました。

1980年にいわゆる社公合意で、野党共闘から共産党を排除しました。しかし、実際には、地方自治では「社公合意」は「自社公民オール与党体制」として機能していきます。公明党も、社会党と組むより、たちまち与党としてうまい飯を食わせてくれる自民党につき、社会党もそういう道をとっていった。労組もそれを支えたのです。千葉市が典型例で自公系官僚出身者に労組が相乗りするというパターンが長年続きました。

そんな体制が1980年代以降、多くの自治体で続いたのです。東京の場合、青島知事の初期など、瞬間的な例外はありますが、1979年以降は自公民体制、1991年の鈴木都政4期目以降は社会党も与党に加わり「自社公民体制」となり、そうしたオール与党体制が石原都政の2期目まで続きました。

東京周辺など大都市部では、勤務先と自宅が遠い人が多いために、地方自治への関心も低下しがち、という要素も加わります。

地方圏は地方圏で、女性や若者が特に参加しにくいという風土があります。しかし、いずれにせよ、「オール与党体制」の罪も重かったと思います。

もちろん、官僚もそれを利用して地方支配を強めました。とくに中曽根政権以降、大型のハコモノを借金を地方交付税(最近では合併特例債)で面倒を見て、どんどん作らせ、地方財政を悪化させ、中央に頭があがらないに状態にしていったのです。そして儲かったのは結局、東京の大手企業はかりなり、という「オチ」です。

 小泉政治以降は、土豪の反発もありますが、一方で岩国に見られるように、政府・官僚による飴玉に土豪的勢力が屈して、艦載機受け入れを推進するという場面も見られました。

 官僚、大手企業、そして土豪的な勢力。これらがオール与党体制のもと、ガッチリ押さえてきたのが、つい最近までの少なくない自治体での地方自治の実像といっても過言ではなかったでしょう。

広島県でも福山市でも、鞆の浦埋め立て架橋などが暴走するのは「オール与党体制」も背景にあります。福山市などは共産党と一名の無所属市議を除けば全員与党です。福山市や広島県の場合は、自民党の金子国土交通大臣の異議さえ無視して突き進もうとしている有様です。

 そうした「オール与党」体制の中、有権者、とくに国政で野党に投票するような有権者もばかばかしくて、東京でも福山でも地方選挙では投票に行かない。それが、2005年都議選での投票率42%(世田谷区の場合)、福山市長選での29%という惨状につながっています。

投票率29%!で福山市長選挙に現職再選
http://www.news.janjan.jp/election/0808/0808114296/1.php


投票率が低ければ、地主などの地域の有力者や、創価学会などの組織票が威力を発揮します。

そして、その中で、共産党以外の野党地方政治家や労組までも、自公体制(官僚+大手企業+土豪+創価学会)に追随してしまう、という悪循環もありました。

しかし、そうした悪循環が、民主党による首長選挙独自候補ないし、野党共闘候補擁立増加により、徐々には断ち切られてきたように思います。「野党共闘」といっても、まず民主党が自公と相乗りしていたら、最初から話にならないのは当たり前です。

 もちろん、最近では、そうした場合は、今度は、無党派候補に期待が集まったりしてます。横須賀市長選挙が良い例です。

横須賀市長選で「疫病神」になった小泉元首相
http://www.news.janjan.jp/government/0906/0906295997/1.php

オール与党体制を民主党が積極的に崩すことで、地方自治も面白くなってきました。都議選にしても、静岡県知事選挙にしても「総選挙に利用した」という批判はあるかもしれない。

 でも、総選挙が近い事を利用して、都政を有権者の手でチェンジできるのだ、という実例をしめしたことは、歴史的に意義がありました。

今後は、これらの「地方版政権交代」を生かし、もっと政策議論ある、良い意味での緊張感溢れる地方自治が展開されていけばいいと思います。

 革新自治体崩壊以降現われた「オール与党体制」を背景とした地方自治の閉塞感。これが、30年経った今、振り払われていく事を願います。国政も地方も次の時代へチェンジしていかねばならないのです。30年前まであった革新自治体よ再び、というわけではもちろんない。当時の革新は「高度成長」を前提としており限界がありました。やはり今は「みんなが参加して作る」ということが重要です。

 ですから、選挙時だけでなく、今後は、きちんと身近な自治体についてもっと「WE」が関心を持っていくことです。選挙で新しい人を選んだだけでは「チェンジ」のスタートラインに立っただけなのです。

関連記事:都議選でも「静岡現象」再現すれば与党大惨敗
http://www.news.janjan.jp/election/0907/0907106708/1.php

Excite エキサイト : 政治ニュース
2009年7月11日 19時04分
都議選、12日投開票 政権交代、是か非か
 政権を懸けた次期衆院選の前哨戦と位置付けられる東京都議選(定数127)が12日、投開票される。自民と民主を中心に与野党がぶつかる構図は衆院選と重なり、自公が過半数を維持できるかが最大の焦点だ。結果次第では麻生首相の進退にまで影響する可能性がある。国政を直撃する1066万都民の審判が下される。世論調査や取材によると、民主が第1党をうかがう勢いで、自公が懸命に巻き返している。



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

森田健作千葉県知事に辞職を求める署名呼びかけ 森田健作氏を告発する会
MIXIコミュニティ・森田健作さんに突っ込み

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






都議会「政権交代」は地方自治に大きな転機・・・さらば「諦め」といおう_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

都議会「政権交代」は地方自治に大きな転機・・・さらば「諦め」といおう_e0094315_1847474.jpg



熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ
とくらたかこ応援団

都議会「政権交代」は地方自治に大きな転機・・・さらば「諦め」といおう_e0094315_21534643.jpg
京野公子がんばれ!
by hiroseto2004 | 2009-07-11 17:45 | 地方自治 | Trackback